ゆうの日単「己事究明」

ゆうの日単「己事究明」

滋賀県東近江市能登川町にある禅寺、大徳寺の住職です。「禅は己事究明である」とは、学問の師の言葉。日々の活動や思ったことを気ままに更新していきます。見て楽しんでいただけたら光栄です。

春、と言って良いくらい、暖かく気持ちの良い一日!。

境内の枝垂れ梅が、まだ僅かながら咲き始めました。

 

この3日間は忙しかった。

全力疾走な日々が続いてますが、、、このまま3月の大般若ラッシュを経て、お彼岸に突入しそうです(^^;)。

ブログを書いてるということは、まだ余裕があると言うことでしょう!。

 

先週は多くの方々のご厚情により、大事な仕事を乗り切りました。

報恩謝徳、しばらくご恩返しの日々を送りたい。

本日は、安土の摠見寺で毎年恒例の歴代和尚毎歳忌。

摠見寺は安土城跡がある安土山の中腹にある織田信長公ゆかりの寺です。

私の差定は奉行、役配は知客。

大事な役を与えていただき感謝してます。

毎年参加させていただいて、随分慣れてきました(^-^)。

 

天気は、朝から雨でしたね。。。

写真は昨日の宿忌前のものです。

 

大河ドラマの影響もあって、観光客も多いようです。

これから3月を迎えるとさらに増えるでしょうね。

 

大徳寺の境内の枝垂れ梅はつぼみが大きくなってきました。

噂では今年は花粉が少ないらしいので、春が楽しみです!。

 

昨日の兼務寺に続き、本日は午前10時より、当寺の涅槃会。

 

涅槃図は少し大袈裟な表現もありますが、感謝・慈しみ・悲しみなど人が本来持っている美しい心がむきだしに表されていて、

見るたびに仏教の根本について考えさせられます。

人は誰しも色んな苦しみを抱えて生きている、それで良いということでしょう。ありのままこそ仏さま!。

 

それにしても、朝から雪が降って寒かったな~。

寒い中、お集まりいただいた皆様、本当にありがとうございます。

今年も皆様と共にお釈迦様への感謝の法要ができたことに感謝。。。

一昨日に降った雪は、ほとんどとけた。

ここ数日、ようやく真冬らしい寒さ。

 

今日午前中は彦根市荒神山の山裾にある兼務寺にて涅槃会。

本当に小さなお堂のお寺ですが、地域の方でしっかり準備して、お参りいただいております。

私はこのシンプルな、信仰心の結晶のようなお寺が大好きです。

伽藍の大きさなどどうでも良い!。

 

堂内は日当たりが良く、自然と温かくなる。そして信者の皆さまと話していると心も温まる。

 

 

そして大徳寺は、明日10時から涅槃会。

午後からは掃除して、涅槃図を本堂にかけて準備してました。

 

明日は寒さが増すらしい。。。

皆さん、体調に気を付けましょう。

 

お釈迦様の教えを改めて学び直す2日間にします。

今年は全然アップしていなかったのですが、、、

境内ではちょうど、ロウバイの花が満開です。

毎年冬はこれが楽しみだ。

近づくと良い香りがします(^^)。

 

こちらはまさに冬の風物詩、山茶花。

もうすぐ終わりの季節、最後の乱れ咲き!

 

相変わらず、うちの山茶花はよく咲く!。

 

明日から天気が荒れそうなので一気に散るでしょう。

 

今日は事務仕事で一日費やした。

毎日やること一杯だ~。