私は子どもの頃のから
自分の気持ちを
言葉にして伝えることが苦手でした



心で感じていることと
実際に口から出て行く言葉がチグハグ
というのが日常茶飯事



その結果
人間関係も上手くいかないし
1人でいても常に不安
押し込めた気持ちはどんどんドロドロに
発酵していく。。



どうして日記を書くか?




私にとって日記は
精神的窒息を避けるためDASH!



心の換気だね



誰かに言いたくても言えなくて
押し込めて来た想いを



呼吸のように気持ちを吐き出して

心にスペースを作り

新しい気持ちを取り込む作業










今の気持ちを書き出す

気持ちを認めてあげる

その奥にある想いに気付く

これからどうしたいか

どう生きたいかを心に聴く




セルフセラピー日記は

『心』を書き出すもの




頭で書く日記じゃない




世の中の情報や

他人の価値観での

こうすべき

こうあるべきじゃなく




今の自分が感じている気持ちを

知るために心で書く




今心を整えたらこの後も整うし

ボタンみたいに

今ズレてたらこの後もズレる




出来事や問題じゃなく

気持ちで表現してみる




対話を通して自分の

気持ちを分かってあげることが大事




問題が解決しないから

苦しいんじゃなくて




自分の気持ちを

無視してるからしんどい




自分の気持ちを認めて尊重してあげたら

生きづらさも不安も

人間関係の悩みも比較にならないほど

減った




結果

病気になる前の人生より

100倍自分らしく生きられている




私が欲しかった人生を

歩けているしあわせ




心の中でグルグル思い続けるのは簡単




だけどそれを自分の外に出さないと

心がパンパンで窒息する




→書く

→自分に言う

→相手に伝える

→相手に伝わるように伝える




昨日よりちょっと自分を大切にするために


自分の気持ちを自分が分かってあげるために


自分の気持ちを誰かに伝えられるために




セルフセラピー日記を使って

自分自身と対話する方法を

提案しています




『書き方』に固執しないでね




やり方より大切なのは

心の在り方




あなた自身が

どんな気持ちでそれをするのか

どんな想いでそれをやるのか


だよ




ネガティブなところ

弱いところ消さなくていいよ

そこをちゃんと自分が認めてあげる




影の部分もあっていい

あって初めて完璧な自分なんだって

大事にしよう





影があるから光は存在できるんだから晴れ