今回は、別々の日の出来事です。

 

前回の釣行時、

 

ヤエンホタルを購入しようと、途中でイハラ魔界へ。

 

2Fのヤエンコーナーで見当たらず

1Fのケミコーナーでも見当たらず、、、、、

 

店員さんに聞こうと思うも、ヤエンホタルの名称がわからず

 

僕「ヤエンにケミを付ける為の 黒いピストルの弾みたいな形をしているやつ」

 

店員「??}

 

近くのお客「これかなー。さっき2Fで買いました。」

 

それだー・

 

店員さんインカムで2Fとお話し、

1Fにもってきてくれました 

 

お客さん、店員さん ありがとう。

 

 

 

前回の釣行で、ギャフを用意しようとすると

 

前々回の恵比寿浜岸壁に忘れたもよう

 

予備の玉之柄とギャフで対応。

 

でも

 

玉の柄は、いいのですが、ギャフがいまいち

 

いつもの カツイチ ギャフが欲しい。

 

インターネットで見ると 3000円前後に送料、、、

 

今日、イハラへ

 

感謝祭で 約 2000円(税込) 

 

徳島は、安いのかも。。。。。。

 

最近また、忙しくてヤエンに行けなかったのですが
休みが取れると、ヤエン  です。

本日は、02:30 干潮 現場は 爆風 雨少し

では、タイムラインで

18:30 夕食を家では食べずに タッパーに詰めてもらいます。
オムライスでした。

いつものえさ屋さんで 中 70円を20匹 
今週から10円値上げです。

21:00 甲浦フェリーに到着。事前の天気予報では、風は沖からでしたが
車を降りると後ろからなので、ここで竿だし決定。

先客がエギンガー1名。お話しすると 先ほど着いたが風が強いので
すぐにやめるとのこと。

お断りをして、二本出しように竿建てをセッティングして車の中で
夕食タイム。

21:30 スタート。
やっぱり爆風。竿の動きでは全くあたりがわかりません。
あたりセンサー設置。

22:30 センサーには反応なかったのですが、エサを替えようとすると
のっています。

ミニミニゲット 写メ忘れ

後が続かず。


23:30 たぶん魚? ラインを切られます。

01:00 やっとあたり。ヤエン投入。
違和感あり。ライトをつけてみると、ヤエンが空中で止まってます。
色々しましたが、動かず。
以前にやったように、竿を寝かせて、ヤエンを沈めます。
そのまま ゆっくりとラインを巻いて。
イカのほうからヤエンに近づいてもらいます。

完全に目視状態で、ヤエンがイカの下に入るのを見届け
ぎゃ^-んと合わせに成功



360g


イカを絞めている間に
隣の竿もあたり



新しいヤエンを出してないので
先ほどと同じ方法で、以下に近づいてもらって
合わせます。



先ほどより小さいので 計量せず。200g前後。


その後は、一度当たりましたが、ヤエン投入後すぐに
離されました。


目覚ましを 04:00 に設定。


02:30 頃 あたりセンサーをセットしたまま
おやすみなさい。




03:30 センサーが反応。音が鳴りやみません
外に出ると ラインがグングン出ていきます。

はい

お魚ですね。

慎重にやり取りもせず、強引に竿を動かして
プチンとラインブレイク。


再度 餌をつけて おやすみなさい。




ぐーぐー


ぐーぐー




はい。

お約束通り

07:00 起床。(普段の起床時間にお目覚め)


アジを見ると、ラインがぐちゃぐちゃに絡まってます。

ラインを引き上げて、ほどかずに、切ってゴミ箱へ

再度、餌を投入すると
一台の車が近づいて


「だいちゃんさんですか?」

「はい」

「いつもブログ見てますよ」

僕の読者の方でした。

たわいないお話をして

通勤途中ということで、すぐに行かれました。

しまった、お名前もなにも聞いていない。


愛想なくてごめんなさい。

もし その方もブログをしておられるなら
見てみたかった。


(メッセージかコメントお待ちしております)


08:00 餌を替えようと引き揚げていると
300gほどのイカが抵抗もなく目の前まで ついてきてました。
ヤエンを替えて、投入。即 離され~。


9:00 あたり~ 今度は、何モ考えてなかったのか
いきなりヤエン投入。どうしたんだ俺。

しかもしかも、それが さかな 。ラインブレイク&ヤエンロスト


09:10 再度当たり
 

 





200g

 


11:00 にシシクイ温泉が開くのでそれに合わせて撤収準備。


10:40 急に超土砂降り。 なのに あたってる
おっ 今回で一番重い。5~600gぐらいか?

慎重に。

見えてきた。

アジは、、、、、、見えない
離してる?


追い合わせ。

魚影(イカ影?)まずますの大きさ。

がっちりかかってそうなので、そのまま引き抜き

あれ?











 


そう、目の悪い僕は、近くに来ても 雨で海面が荒れていて
イカと勘違いしてました。
 

 

エソ


この 短いやり取りの間に
服は下着までビショビショ。

撤収前に着替えて

傘をさして撤収。


シシクイ温泉であったまろ。

さらに
自宅までたどり着かず、途中で3時間ほど仮眠。


家に帰って、イカ刺しを作り、
包丁を洗っているときに ツルっ
滑って グサリ 2センチほど切っちゃいました。
深さは浅かったのですが、血が止まらない。


ぐっと抑えて 止血
(僕は、怖がりで血を見るとダメ。妻に手当てしてもらいました)


妻「イカ刺しができた後でよかった~。料理の途中やったら イカに血がついて
食べれんとこやったわ」

アジのエサがある、仕事の休みを取る、そしてヤエン。

 

恵比寿浜岸壁へ

 

出発時 台風は 静岡の南辺り。

 

四国では、はるか南を通過。

 

陸上では ほとんど影響がなかった。

 

18:30 出発

 

途中 エサ屋さんで

 

大 90円 10匹と 中 60円 10匹を注文

 

大将より

無駄なこと

中 15匹に変更

 

当日 こちらのエサ屋さんでの他の予約はなかった模様。。

 

20:30 到着。

 

徳島と違い かなり風が強い

(一度 竿建てが倒れた)

 

広いポイントなので 楽々 3本竿。

 

 

海は、濁りがひどく

白波もたつ状態。

 

でも

 

ゴミは浮かんでません。。。。

 

 

前回より ラインを PEに変更。

 

すごく、アジの動きがわかる

しかも、いままでわからなかったヤエンの到達も少しわかったかも

 

ナイロン 3号から PE1号にかえると 感度抜群。

 

しかし、PEには大きな欠点が

 

前回はなかったのですが

 

風のある時の置き竿は、PEが絡まり 団子状態。

たぶん、手持ちでピーンとラインを張っていれば

問題ないと思いますが、置き竿で ラインがたるんで

風にあおられると 絡まるみたい

 

なので、ほぼ 一晩 完徹 仮眠無し。

 

翌朝 10:00 に納竿

 

300g 1つ。 1打数1安打

 

 

 

その後、小松島の温泉に入って

アジサイ広場で食事

駐車場の端っこで少し仮眠

 

 

 

 

 

いつものように、いつもよりひどく

 

起きたら

 

17:00(笑

 

 

 

 

お盆に行こうと思ってましたが

痛恨の エサ販売止め(アジの入荷なし)

 

 

イカ釣りに行けないならと

 

お仕事モード

 

怒涛の20連勤(笑

 

 

やっとアジが入荷されたので

行ってきました

 

前置きが長くなりましたが

いつもの タイムライン

 

18:30 出発

 

途中 いつもの大将のところで

 

小 50円 20匹調達

 

20:00 恵比寿浜岸壁に到着

ちょっと雨  干潮 23:30

 

先客は エギングの人 1人

釣果をきくと

コツコツと反応はあるが 針がかりしない。

 

 

20:30 2本竿でスタート

 

21:00 小さな当たり

近くまで寄ってきましたが

アジを離してません。

かるく合わせて ヤエンにかかりました

小さいので ぎゃふを使わず

引っこ抜き

 

220g 写真を忘れた。。。。

 

その後は続かず

22:00 イカと思うが、竿を立てたときにすぐ離される。

 

その後、続かず

 

 

ヒットアラームと目覚まし(04:00)をつけて

仮眠

 

03:00 ヒットアラームが鳴る響く

勢い過ごすぎ

 

おさかな決定

 

しばらく 飲ませて

やり取り開始

 

吐き出さない 

 

アナゴにしては 重い

かなり 重い

 

何の魚か知りたい

 

20分ほど格闘

岸壁まで寄ってきました。

 

でかー

 

網がないので

 

ラインをもって ゆっくりと引き上げ

 

水面からちょっと上がったところで

暴れてライン切れ

 

1mぐらいの エイ

 

まあ、サイズを測ったらリリース予定だったので

口惜しさ無し

 

 

あと1時間仮眠できそうなので

 

車中へ

 

 

 

いつものごとく

 

寝坊

 

5:40 明るくなって 目覚め

 

 

6:00 アジを変えたところで即乗り

 

300g

 

 

 

 

あぶなー

足先にちょこんと針がかり

 

 

 

この後が続かず。

今回は単発

 

朝になってからは

 

アジが30分もしないうちに 

死んでいきます

 

9:00 終了

 

温泉に入って 帰宅

 

 

 

ごめんなさい。今回 写真を撮り忘れました。

 

満月 1:00頃 干潮

 

干潮が夜中なので、ゆっくりと家で夕食後出発。

 

19:00 出発

 

途中 エサを購入。

そろそろ 活きアジがなくなりそうです。

15匹購入

 

さらに 僕の エサを購入。

 

20:30 恵比寿浜岸壁に到着。

端の方(手前の角)で キャンパーが一組。

釣り人はいません。真っ暗。

 

広い釣場なので 3本竿でスタート。

 

 

22:00頃 隣に 知っている人が到着

少しお話ししました。

 

その後、釣れない あたり無い

夏場で仕方ないですが アジもすぐに弱ります。

 

魚のあたりが2回。

アジがボロボロになって引き上げ

 

02:00頃 睡魔に襲われ、隣人に挨拶。

隣人は 剣先を1杯。アオリのあたり無し。

 

アジを迷惑にならないぐらいの位置まで引き寄せます。

 

最後の竿のところに行くと、ちょうど ジージー

竿をきくと確実にアオリです。でも軽い。

 

隣人と会話、2本の味の引き上げをしていたので

当たってからどれくらい時間がたったのかわかりません。

 

すぐに ヤエン投入。 

ゆっくりとリールを巻いていきます。

 

ある程度巻いて、どれくらい近づいたか見るために

ヘッドライトオン。

 

あっ

 

 

あう

 

ヤエンが空中で止まってる。

 

リールを巻くと ヤエンがそのままの位置で

ラインだけ巻かれている状態。

(たまにありますがどうしてだろう)

 

場所的には 竿先より 5mぐらいでしょうか?

 

ラインをもって手繰っても ヤエンは回収できない。

 

うーん

うーん

 

 

ヤエンの回収、再設置を諦め。

 

イカを刺激しないように

ヘッドライトオフ。

 

竿を寝かして、竿先を水中へ。

ヤエンを水中に沈めます

さらにゆっくりとリールを巻きます。

 

ヤエンの位置をそのままで

イカの方から近づけていく作戦。

 

グググ。

 

イカがかかった感触。

 

少しテンションかけて、ちょっとだけ放置。

 

ヘッドライトオン

 

きれいにヤエンがかかってます。

アジも離している

近すぎて、竿を立てることもできない(笑

 

推定500g

 

竿を90度横に向けて

ラインを手繰って

引き上げ

 

 

400gでした

 

今日をこれ以上続きそうにないので

お持ち帰り。

2時間仮眠

 

 

 

 

6:30まで寝てしまい

夜が完全に明けてます。

 

隣人も別の方と変わってました。

(夜明け前に到着したそうです)

 

寝ている間のことをきくと

知り合いも新しい隣人もあたりすらない。

 

8:30 終了

 

帰りに スーパー銭湯に寄り、仮眠 昼食。

 

帰宅。

 

 

お土産があり よかった~