コロナウイルスの影響の為、
3月2日に上演を予定しておりました、

『金井芙三枝 卒寿コンサート 〜愛を歌う〜』

は延期することとなりました。

ぼくは、
田辺聖子さんの『家つき男を口説く法』という短編小説を、
金井さんと樋口美恵子さんと3人で朗読する予定でした。

入場無料なので、
チケット代の返却などはしなくていいですが、
会場のキャンセル、
そして延期した先の会場の予約など、
大変だと思います。

早くおさまりますように。


遅くなりましたが、

ここ風『トタン屋根でスキップ』

2月11日(火)で大盛況のうちに終えることができました。

満席の初日から始まって、

2日目、3日目はちょっとお客さんが少なかったですが、

それ以降は毎回ほぼ満席、

千秋楽は増席まで出て大入り満席でした。

2度、3度観ていただいたお客さんも多かったです。

観にきていただいた皆様、ありがとうございました。

残念ながら観に来られなかった皆様、次は是非。

共演者のみんな、スタッフさんたち、劇場さん、

お手伝いいただいた皆様、お世話になりました。

今回もとてもいい役をいただきました。

千秋楽の次の日は、

荷下ろし組に合流して、

お蕎麦を食べて、

温泉に入って、

みんなで豚しゃぶを食べました。

 

僕の次の予定は、

 

 

金井芙三枝 卒寿コンサート 〜愛を歌う〜

2020年3月2日(月)

八王子学園都市センター・イベントホール

 

 

シアターRAKU
山元清多没後10年メモリアル 

あちゃらかオペラ
夏の夜の夢
~嗚呼!大正浪漫編~ 

原作:W・シェイクスピア
台本:山元清多
演出:流山児祥

2020年
4月25日(土)~5月4日(月・祝)

Space早稲田

 

 

です。

また観にきてください。

これからもよろしくお願いします。

ここ風『トタン屋根でスキップ』
初日まで3週間を切りました。
2月15日の水曜日には第一回通し稽古も済みました。
まだまだ荒削りですが、なかなか面白いお芝居になりそうです。

2月9日(日)14時の回だけ何故か残席わずか!
他の回はまだまだ余裕です。
特に10日(月)14時の回は余裕ありまくりです。
でも、ご予約はお早めに!

ここ風『トタン屋根でスキップ』
どんなお話かというと、あらすじを書くのが難しい!
特に誰が主役って感じでもなく、みんながそれぞれ物語を持っている。
常連しか来ないような喫茶店で、
ある日起きた2組の“16年ぶりの再会”!

本公演のチラシの裏側にある文章は
「アイツが店の金を盗って
 行方くらました時
 俺は正直ホッとした
 これでホントのことを話さずに済むって」

では、改めて詳細です。

ここ風其ノ十八「トタン屋根でスキップ」

作・演出 
霧島ロック

出演
三谷健秀
天野弘愛
香月健志
斉藤太一

花井祥平(劇団ロクタク)
萩野麻衣
モリマリコ
斉藤ゆき(リジッター企画)
後藤英樹

2月
(受付開始は開演45分前、開場は30分前)

12月1日前売開始

料金
前売:3500円
当日:3800円
風割:3200円
学割:小中高生2500円
リピーター割:2500円(この2月
(受付開始は開演45分前、開場は30分前)

12月1日前売開始

料金
前売:3500円
当日:3800円
風割:3200円
学割:小中高生2500円
リピーター割:2500円(この公演の半券提示要)

全席自由席

予約サイト
後藤英樹扱いの予約はこちら↓
全席自由席

下北沢のシアター711です。
住所は
地図は

です。
下のサイトで行き方を写真で説明してくれてます。



ご予約・お問い合わせ

ホームページ

舞台監督・音響 夕起ゆきお
舞台美術  安倍美波
大道具 新海雄大
照明 矢島千浩(龍前正夫舞台照明研究所)
webデザイン 九里みほ
宣伝デザイン 逸見宣明
協力 BRUTUS、エクリュ、ヘリンボーン


では、劇場でお待ちしております。

皆様、お元気ですか?
ぼくは流行の先取りで、早速インフルエンザA型にかかっておきましたよ。
でも、ここ風劇団員の某女優さんは昨年ワクチンを打っていたにもかかわらずインフルエンザA型に二度もかかったそうですので、油断は禁物ですね。

さて、来年の話ですが、ここ風の新作『トタン屋根でスキップ』に出演します。
今回はいつもより長い期間です。
2月5〜11日(全11回公演)です。
場所はいつもの下北沢シアター711です。
チケット代は
前売 3,500円
当日 3,800円
風割 3,200円
リピーター割 2,500円
年内割 3,000円
です。
年内割とは、12月31日までに予約していただいた方はお安くしまっせ、ただし、日時変更はできまへんでー、というものです。
風割は5日19時と6日14時の2回です。

後藤英樹扱いの予約はこちら↓

どんなお話かというと、あらすじを書くのが難しい!
特に誰が主役って感じでもなく、みんながそれぞれ物語を持っている。
常連しか来ないような喫茶店で、
ある日起きた2組の“16年ぶりの再会”!

本公演のチラシの裏側にある文章は
アイツが店の金を盗って
 行方くらました時
 俺は正直ホッとした
 これでホントのことを話さずに済むって

では、改めて詳細です。

ここ風其ノ十八「トタン屋根でスキップ」

作・演出 
霧島ロック

出演
三谷健秀
天野弘愛
香月健志
斉藤太一

花井祥平(劇団ロクタク)
萩野麻衣
モリマリコ
斉藤ゆき(リジッター企画)
後藤英樹

2020年2月5日(水)〜2月11日(火)
@下北沢シアター711

2月
5日(水)19時(風割)
6日(木)14時(風割)/19時
7日(金)14時/19時
8日(土)14時/19時
9日(日)14時
10日(月)14時/19時
11日(火)14時
(受付開始は開演45分前、開場は30分前)

12月1日前売開始

料金
前売:3500円
当日:3800円
風割:3200円
学割:小中高生2500円
リピーター割:2500円(この公演の半券提示要)
年内割:3000円(12/31まで予約要、1/1以降の日時変更は通常価格)

全席自由席

予約サイト
後藤英樹扱いの予約はこちら↓


ご予約・お問い合わせ
080-4941-5550
kokokaze_new@yahoo.co.jp

ホームページ
http://kokokaze.web.fc2.com/

舞台監督・音響 夕起ゆきお
舞台美術  安倍美波
大道具 新海雄大
照明 矢島千浩(龍前正夫舞台照明研究所)
webデザイン 九里みほ
宣伝デザイン 逸見宣明
協力 BRUTUS、エクリュ、ヘリンボーン


長々とお読みいただきありがとうございました。
ご予約お待ちしております!
バレエの『ドンキホーテ』のあらすじを簡単に書きます。

ドンキホーテは読書に熱中するあまり、自分がその本に出てくる騎士だと思い込んでしまいます。
そして、近所の農夫サンチョ・パンサを従者として、物語に出てくるドルシネア姫に会うため旅に出ます。(ここまでは今回の公演ではカットしてあります)

舞台はスペインのある街に。
宿屋を営むロレンツォの娘、キトリは、床屋のバジルとラブラブです。
街はお祭り騒ぎで、みんな踊りまくってます。
キトリとバジルも踊ります。
もう1組、闘牛士と踊り子のカップルが踊りますがストーリーには関係ありません。
しかし、ロレンツォはキトリとバジルの仲を良く思っていません。
キトリをお金持ちのガマーシュと結婚させようとしているのです。

そこへドンキホーテとサンチョパンサがやってきます。
ドンキホーテはキトリをドルシネア姫だと思い込んでしまいます。
ドンキホーテとサンチョパンサが巻き起こすドタバタに乗じて、キトリとバジルは駆け落ちしてしまいます。
それを追うロレンツォ、ガマーシュ、ドンキホーテ、サンチョパンサ。

キトリとバジルは隣町の居酒屋へ。
そこでもお客さんたちが楽しそうに踊りまくってます。
キトリとバジルも踊ります。
そこへ2人を追いかけてきた4人が追いつきます。
そしていろいろあって、ドンキホーテとサンチョパンサのおかげで、ロレンツォは2人の仲を許します。

本来はこの後にキトリとバジルの結婚式のシーンがあって終わりなのですが、今回は省略です。



これだけわかっていれば、今回の公演を楽しく観られると思います。

あ、あと、バレエ独特のジェスチャーがありまして、

親指と人差し指、中指を擦り合わせる→お金
右手で左手の薬指を指す→結婚
手の甲で顔の輪郭をなでる(よだれを拭く感じ感じ)→可愛い

などなど。

4000円でバレエを観られるなんてめったにないと思います。
是非観にきてくださいね(^-^)



皆様、ご無沙汰しております!
舞台出演のお知らせです!

次は、なんとバレエです!
ぼくはもちろん踊りません。
上の動画の通り、美人三姉妹が贈る、
バレエ『ドン・キホーテ』より抜粋

第2部では、世良公則&ツイストのドラマー、
ふとがね金太さんと美人姉妹のお父さんのバンドのライブがあります。

1日だけの公演です。
この値段でバレエを観ることができるのは、
そうそうないと思うので、
是非観にきてください。


金海sisters' Ballet Project &
ふとがね金太 why not 3 Live
2019年10月22日(火・祝)
開場 15:45  開演 16:30
上野恩賜公園野外ステージ
全席指定 4,000円

バレエ『ドン・キホーテ』は、
よく上演される演目らしいです。
ドン・キホーテは脇役です。

舞台はスペインの市場。床屋の息子バジルと宿屋の娘キトリの2人は恋仲にありました。しかし、キトリの父親は金持ちのガマーシュと結婚させたいと考えているため、2人の仲を許そうとはしません。

町人や闘牛士たちで活気づく街に、突然風変わりな風貌のドン・キホーテ一行が現れます。ドン・キホーテは、キトリをドルシネア姫だと思い込んでしまいます。

バジルとキトリは手に手を取って駆け落ちします。


というようなお話です。

配役は
宿屋の娘キトリ:金海怜香
床屋バジル:浅田良和
踊り子メルセデス:比嘉萌
花形闘牛士エスパーダ:荒井英之
キトリの友人:金海亜由 八木美帆
お金持ちの貴族ガマーシュ:田中俊太朗
スペインの騎士ドン・キホーテ:香野竜寛
ドン・キホーテのお供サンチョパンサ:黒田なつ子
キトリの父ロレンツォ:後藤英樹
酒場の踊り子:深山圭子

他、総勢60名弱


why not 3 Live 出演者
Vo ふとがね金太
Gt 直塚光弘
Ba 金海幸男
Dr 安藤圭介
Sax 加地直子
Key 加藤実
Dance 金海sisters & バレエダンサー


チケット予約は、
ぼくにご連絡いただくか、
kanaumi.sisters.project@gmail.com
にメールで「後藤さんのブログをみました」
と送ってください(^-^)

当日、秋晴れになることを祈ってます!