新宿駅の駅ビルという超便利な立地。手軽でふらっと立ち寄りやすい。てなわけで、2022年08月05日、ランチとディナーの間の中途半端な時刻に訪問。通し営業はホントにありがたや。

 

卓上には、タイ料理調味料四天王のクルアンポンが常備されている。

 

 

目の前にはそのクルアンポンの説明書きがあるので、慣れていない人にも優しい。

 

 

この日のお目当ては khao ka moo (豚足の中華風煮込み乗せご飯)。辛味の少ない nam chim (タイ式のツケダレ) と kai tom (茹で玉子) つき。khao (ライス) はジャスミン。青菜は kana (ケール) かな?頂上には phak chi (コリアンダー・リーフ) も。

 

別アングルからも。ここのも汁気が多め(←少ない方が好き)だが、そういうものなのかな。現地でも食べてみたい。

 

出血大サービスでサイド・アングルからの画像もご査収くださいまし。チャチャっと食べてサッと退店。

 

----------

 

☆2022年03月25日、お弁当をテイク・アウェイした時の記録。

 

khao pad krapow gai kai dow (鶏肉のホール―バジル炒め乗せご飯・揚げ焼き玉子付き)。いわゆるガパオ・ライス。安定の美味さ。なお、この kai dow は正確に言うと dow じゃないけどね(笑)。

 

pad thai kung (タイ式海老入り焼き米粉麺)。麺は sen lek (中太麺) かな。こちらも安定の美味さ。付属の ma naaw (ライム) を絞るとさらに美味しい!

 

全体画像もご査収くださいまし。

 

今後も、メインとして、おやつとしての料理を手軽に食べさせてもらいたい食堂だ。

 

ごちそうさま。

 

----------

 

※参照過去ログ

 →新宿ルミネのバンコク屋台 / カオサン ( Khao San )【新宿】