CSリレーションズ社長 増田恭章(ますだやすあき)のブログ

CSリレーションズ社長 増田恭章(ますだやすあき)のブログ

大切に想っていること。素直に感じたこと。伝えたいこと。夢。を、ありのままに書いてます。


今日は、ちょっと凹んだ内容のブログ。





直部下との、やり取りの中で

たまに驚愕の事実を知ることがある。




「え?そんな低レベルの事、言ってんの?」

「は?それ自分の役職に相応しい、考え方?」




今だにそんな事ってある。










こちらが勝手に




「きっと出来てるだろう」

「やってくれるはず」



と、希望的観測で部下の能力を

推測しては、ならないと感じた。








目標達成率などの指標と評価は大切であり

部下の能力を測るには必須。




しかしその実績が何らかの特需的な特殊要因や

先人が残してくれた恩恵などがある場合は

誤解と錯覚を生むから要注意ということ。





お陰様で超重要期である3月業績は

過去最高を叩き出しているが、今回が

それに当たるのかも知れない。




それが本当に自分達の実利なのか?

と、いう事。



今回がそれに当たると思う。



その場合は適切に、目標上方修正が

必要だと感じた。










先日も、私の直部下である幹部と3月の

評価面談に置いて結果の完了を行った際に

その部下の課題が垣間見えた。







数字は嘘をつかない。

これは確かである。





特に利益やKPIは

お客様からの評価の結果なので

未達であれば、そこには必ず原因がある。







なので、それを


「どうしたら出来るか?」と



考えて、行動変化を起こしていく事が

幹部には求められる。




また、幹部であれば未達やミスを

「再発防止」するための「仕組みづくり」を

同時にすることが求められる。






ダメなのは 



「注意していきます」

「細かく見ていきます」

「管理を強めていきます」



とかの、精神論。

具体性やルールも無い、まんま精神論。








これでは、同じ問題は必ず再発する。

それこそ新しく昇格してきた新任店長達は

そんな不要な同じ失敗を繰り返すだろう。




それを仕組みで問題解決するのが

幹部の役割であり、そのPDCAを回すのが仕事。




全て経営計画書のP226に書いてあるんだけど

経営計画書すら活用できてないという現実に

驚愕した。





情けないし、不甲斐ないが

全ては自分の責任なので、そのレベルなら

目標と評価を変えてでもやらないとならない。




危機感しかない。





私は3月の数字の中で失敗した損失を

幹部に自腹で払えとか言ってるのでは無い。

そもそも金額的損失は社長しか負えないし。




しかし、その失敗を繰り返さないための

仕組みづくりの実施責任は負わせる。





その仕組みづくりに向き合う姿勢が

どうやったら良いかわからないとか

考えるのさえ放棄してる思考停止状態なら

すぐさまに幹部を降りてくれ。

マジで話しにならんから。







これは当人の能力を超えた難易度MAXの

無理難題を吹っかけてるのでは無く



当人の

やりたくないという非協力的な姿勢と

やれるはずは無いというネガティヴ思考であり

このどちらであっても幹部としては

確実に不適格であると、私は認識している。










偶然にも8年前のブログでも

同じように店長塾で3月に起こった問題を

仕組みで解決することをやっていた。



8年前のブログ
↓↓↓



この頃の、8年前はまだ社員も

未熟だから、私が指示してやらせていた。






子供が幼稚園生のうちは

親が手取り足取り、褒めながらやらせる。

そのフェーズでは必要なこと。






しかし、義務教育が終わり

大学を卒業し、社会に出てプロとなれば

自分で考えて自分で動かないとならない。




いつ迄も親が面倒を見てくれるのでは無いから。







子供から大人へ

アマチュアからプロへ

機関車型から新幹線型へ




行動変化しなくては未来は無い。

現状維持では、今の若い社員達や

今後入社してくる社員達に

与えるチャンスもポジションも無い。




そんな会社を創るために

命と全財産を賭けてるのでは無いから。








本当はこんな事、言いたく無いし

わざわざブログに書くことでは無いが

自戒とリベンジの期待を込めて

今日はこんなブログとなりました。





今後の行動変化と結果を確認するのみですね。









『良い影響を与える人間力集団となり、日本中を明るく元気にします』












アメリカプロゴルフツアーの

マスターズトーナメント。



2日目終わって松山選手は

トップと3打差で決勝進出。



もう7年連続の決勝進出で、

すっかり慣れてると思うし、

残り2日間に期待が膨らむ。













世界の一流トッププロ達の中で

しっかり結果を残してる松山選手。

本当に素晴らしい!





日本のゴルフファンは

皆んな寝不足覚悟で楽しみながら

応援してる。




毎年毎年思うけど、このマスターズって

本当にワクワクするね。




松山選手がんばれー!





『良い影響を与える人間力集団となり、日本中を明るく元気にします』



















高校野球とか

高校ダンス部とか

それぞれの甲子園とか

 


何で感動するんだろうか。







さっき、偶然に家族が観ていたTVで


高校ダンス部がやってた。










観ていて涙が溢れた。




とにかく一生懸命にダンスに

向かってる姿に感動した。






所属してる部員が、本気で真剣で情熱をかけて

やってるから、その取り組み方に、感動する。

















ダンスって、完成されたキレキレも凄いけど

その成長の過程や苦しみを観れることが

価値になるよなーと、感じました。








まずは本気の想いと狂ったほどに没頭する、

そんな事を繰り返してる人が

周りを感動させられる。









私が思うのは。



高校生でも出来るのであれば、

社会人である自分達にも出来ると言う事。



高校ダンス部を無給だけど

社会人の仕事はお金を貰えるんだしね。




学生時代は出来たけど

社会人になって出来ない人も多いが

それだと自分の持ってる力を発揮してない。



もったいないよね。




相手を感動させられる仕事って

誰にでも出来るという事。




誰にでも出来るのだから

イヤイヤやらされ感でやるのではなく

自ら進んで一生懸命やった方が良いよね。








『良い影響を与える人間力集団となり、日本中を明るく元気にします』



















政府が、まんえん防止措置を東京に適用へ。




せっかく先日緊急事態宣言が解除されたと

思ったら、次はまたもや聞き慣れない名前の

対策が始まります。



緊急事態宣言だとか

まんえん防止措置だとか



50年以上生きてきて

初めて聞く言葉であり経験。




コロナは本当にしつこい。





今回も飲食店の時短営業が余儀なくされ

業界の方々には本当にご苦労が多いと思う。




止まって、進んで、止まって、戻って。

そんな事の繰り返し。



本当に試練だと思います。






国から出る支援策の金額は

国民の税金から出ているわけで

結局、そのツケは我々国民に回ってくる。




だから他人事では無い。







我々の通信業界は、今や生活のインフラ業。

無くてはならない商品とサービスであり

恵まれてる業界だと思います。





そんな我々がしばらくはしっかり日本経済を

回す役割を担って行かないとね。






飲食業界、旅行観光業界、イベント業界など

更なる試練ですがここを踏ん張って

乗り越えていきましょう。






『良い影響を与える人間力集団となり、日本中を明るく元気にします』








一年前の今日は、人生で初めて

緊急事態宣言が発令された日でした。






当時は、真っ暗で出口の見えないトンネルに

居るかのように、皆んなが不安でした。





過去ブログを読み返すと当時の事が

鮮明に蘇る。



こんな時、ブログって本当に良いよね。





緊急事態宣言、前日のブログ 2020.4.7
↓↓↓



緊急事態宣言、当日のブログ  2020.4.8
↓↓↓



4月最終日のブログ 2020.4.30
↓↓↓

我々の業界的に、一番と言って良いほどの

繁忙期である3月4月に売上激減しました。




ブログでは平静を装ってるけど心の中では

これが続いたら「倒産」するかもという、

危機感があった。






なので、緊急事態宣言が出た後には

金融機関を全て周り、緊急融資を

お願いするために走り回った。



この時ばかりは、本当にお金の大切さを

あらためて痛感した。心から有り難かった。




また借金は増えたけど、会社が残れば

何とかなると信じてた。













あれから一年。





今でもコロナ禍は収束せずに続いてる。

しかし、我が社は生き残っている。

それどころか、更に強くなって生きている。





あの時に感じていた恐怖は必要な恐怖であり

あれがあったからこそ好転したのは確実。




コロナ禍という兆しに

口だけで実績の出せない幹部は逃げ出したし

チャンスに挑んだ若手が実績を出し成長した。



やはり、こう言う時に本質が見えるね。

ニセモノを炙り出してくれた。




そしてその結果、

我が社は更に筋肉質になった。




それが一年後の今に結果として現れている。






一年前に感じていた不安は今は無く

更に上のステージの課題に取り組んでいる。

本物の新幹線型経営に向けての課題に。





ステージが上がるたびに課題や試練は

今までもそうだったように次から次へと現れる。





不思議なもので、一年前には

不安や恐怖だった事が、一年後には

普通の事に感じられ、淡々と対応できてる。



慣れって怖いね。


でもこれは強くなってる証拠。







という事は

今取り組んでいる課題や試練も

一年後には、ストレスにならないと言うこと。






確かに、一年前の悩みなんて

今振り返ってみると笑い話のネタに

なってる事の方が多い。




同じ事で悩んでることって、そうそう無い。









今、日本は



コロナ問題やら

オリンピック問題やら



で課題はあるけれども

きっと一年後にはこれらを乗り越えて

いる事だと思う。




来年の今頃のブログが楽しみだよね。











と、いう事で




過去を後悔したり囚われたりせず

来てもいない未来を不安に思わず

今、出来ることに集中して行動する事が




明るい未来を創る、そのものだと

つくづく感じる、今日この頃です。






『良い影響を与える人間力集団となり、日本中を明るく元気にします』





遅いのは言われて動くこと

速いのは言われずに動くこと

凄いのは知られずに動くこと


by  福島正伸先生








CSリレーションズは新幹線型。

速いのはくらい、当然にしたいよな。




人が知らないうちに先手を打てるような

そんな人物になりたいね。理想です。




そのためには、まずは


「言われずに動くこと」


それが速いということ。






我が社はまだこのフェーズを管理職の

上の人間から、普通に出来んとね。




その先の、凄い会社になるためには。






『良い影響を与える人間力集団となり、日本中を明るく元気にします』



この4月より大幅な人事異動をした。



昇格や新卒12期生の配属も含めると

全体の40%程が今回異動したことになる。



たぶん過去最多だと思う。



組織が未熟なうちは人事異動のメリットが

わかっていても出来ないもの。



異動した直後は、慣れない環境のために

一時的に仕事の生産性は下がる。

特に、事業部を跨いでの異動はそうなる。




だから、短期的思考で考える幹部は

あまり異動をさせたく無いのが本音。




自分の評価は部下の実績に起因してるので

異動による生産性ダウンは自分の評価ダウンに

直結するから。





しかし、それでは組織の活性化と

社員の成長は阻害されてしまうから

社長は強制的にでも異動を実行しなくては

ならない。




大手企業や強い中小企業で、人事異動が

必ず定期的に実行されてるのは、長期的思考で

考えられているからであり、その負荷にも

耐えられる人と仕組みがあるから。








我が社の人事異動は、まだ店舗異動が

ほとんどで事業部を跨いでの異動は少ない。




今迄は、新規出店が続いていたので

これが強制的な人事異動を引き起こして

いたのだが、今後は出店とは関係なくとも

人事異動の仕組みを会社に根付かせる。





人間は、慣れてしまうとマンネリとなり

成長が止まってしまう。

自ら新しい領域に挑戦するのは簡単では無いから。

だから仕組みにして定期的に行っていく。






店舗異動とは言え、新たな配属先では

マンネリ時には気づかない事が見えてくる。



「こんな良いやり方やアイデアがあったのか」

「こんな事やってたらダメだよな」



と、良い点も悪い点も、

新鮮な目線であれば、気がつくもの。




その気づきこそが「成長の兆し」であり、

宝の山である。






気持ちと感性が、フレッシュなうちに

良い点も悪い点も上司に報告し



元店舗で出来てない事は、情報共有して任せ

現店舗で出来てない事は、自分が率先して

仕組み化する。


この実行こそが、自己成長に繋がる。






ダメなのは、異動先店舗で、出来てない事を



「アレもダメ、コレもダメ」

「全然出来てないじゃん」



と言ってるだけで何もしない人。

自分で改善しないことが最もダメ。








出来てない事は、反面教師にし

自分の成長のチャンスと捉え

自ら進んで好転させる事である。





店長とサブマネージャーは

現場を熟知して居ることが必須なので

この点をやれなくてはその役職の意味なし。




部長は、それを最後までやらせ切ること、

役員は、次の一手を自ら打ち続けていくことが

仕事であり役割。





つまり

常に改善の繰り返しであり

PDCA7回転であり

それが積み重なって業績は好転し

その中で人は成長して自信をつけていくもの。





人事異動は成長に於いて、絶好のチャンス。

この好機と節目を無駄にしては勿体なさ過ぎる。






我が社も、いづれは

事業部がドンドン増え、そこへの異動や

M&Aで買収した企業への異動でさえも

平然と涼しい顔でこなし、行った先々で




次から次へと改善改革を断行して

自ら業績を好転させられる本物の力を

社員達には付けて欲しい。




今はまだ店舗異動レベルだが

いづれ来る、3.4年先をイメージして

今回の人事異動で、まずは実行することだね。





人事異動そのものも

人事異動後の改善と仕組み化も




言われてからやるのでは無く

自ら進んでやれるのが、新幹線型人財であり

それが、自立、自律、自走する人財です。




まずは、上の人間からやれないとな。





『良い影響を与える人間力集団となり、日本中を明るく元気にします』








競泳女子の池江璃花子選手が

日本選手権で優勝し東京オリンピックの

出場を決めました。




本当におめでとうございます。






スポーツの世界は本当にシビアだから

病気だからと言ってハンデはくれないし

ライバル達も皆んな必死に戦ってる。




前回のリオ五輪代表だとか

過去の華々しい実績など一切関係なく



白血病と戦いながらの今の実力で

勝ち獲った東京オリンピックの出場権。





コロナで五輪開催が一年延期された事も

彼女にとっては不幸中のラッキーとなった。



そんな事も引き寄せたのも

彼女のポジティブさなのかも知れない。








池江選手は復帰後は

「目標は2024年パリ五輪」と言ってましたが

前倒しで東京オリンピック出場も決めました。





本当にすごい20歳です。




私が池江選手の立場だったら

どうなっているだろうか。




彼女に比べたら私に降りかかる試練なんか

本当に、誤差とか、気のせいとかレベル。





それなのに



花粉症がツライとか

仕事の問題が大変とか

ゴルフが下手とか



ほんと恥ずかしくなるね。







この映像を、是非みて欲しい。
↓↓↓






うちの社員達の中にも

また日本中の学生や若い人達にも



なぜ自分は頑張ってるのに認められないのか?

なぜ自分に、不運なことが起こるのか?



と、現実を受け入れられずに

凹んでいる人達がいる事と思う。




その時に、この映像を観て欲しい。

きっと、何かを感じるはずだし

きっと、何か行動変化のキッカケになるはず。





池江選手は「何のために」競泳を続けるのか?

きっと、自分の為だけでは無く、

自分以外の人のためもあると思う。




それであれば、彼女と同じ時代を

生きている私達が、彼女から貰った良い影響を

自分を好転させることに使うことこそ

彼女への恩返しであり、礼儀だと思う。





娘よりも年下の池江選手ではあるが

良い影響を貰うのに年令は関係ない。




私もがんばります。





『良い影響を与える人間力集団となり、日本中を明るく元気にします』










米自動車メーカー「テスラ」の

勢いが止まらない。






第1四半期の納車台数が過去最高。






日本のお家芸である自動車でも

アメリカに負けてしまうのか。




残念だけど、近い将来それが

現実になるのだろう。




ケータイも日本はガラケーで進化し

アップルはiPhoneというスマホを出した。




クルマにも、ガラケーからスマホくらいの

衝撃的な変化進化が起こっている。




テスラの躍進は今に始まったことでは無いが

更に注目度が高まっている。






昨年10月頃には、ドイツバッテリー組み立てサプライヤーを買収。


今後もあらゆるサプライヤーを買収し、EVに関しても全てをコントロール化に置いて、スピードで独自能力を高めていくことだろう。




我々の通信業界も無関係ではないはず。

また生活のインフラである自動車だから

とても影響を受けることになる。




日本の自動車メーカーのような

派手なTVCMなど一切やらず

店舗網も無くて、スマホで購入が完結する。




この販売手法だけ取ってみても

日本の常識とは全くの別次元である事がわかる。








テスラの進化から学ぶことや

必要な恐怖と危機感を感じることは多い。




それを自社の未来に活かさないとな。






『良い影響を与える人間力集団となり、日本中を明るく元気にします』







ブライダル大手のワタベウェディングが

私的整理に入ったニュース。




===========================

ウェディング業界はコロナ禍の売上激減が

酷くて、それが原因かと思いきや

事業承継にその真因があったと。






こんなニュースはとても気になる。

我が社も、そう遠くない将来には

確実に事業承継がやってくる。




私にはワタベウェディングのように

ボンクラ息子は居ないので、必然的に

後継者は身内以外になる可能性が高い。




しかし、やはり後継者選びと育成は

創業者の最後の大仕事になる。



ここを間違えば、このニュースのように

あっという間に大手企業でさえも倒産状態となる。






逆を言えば、優秀な後継者に事業承継できれば

コロナ禍だろうが、震災だろうが、様々な

困難と時代の変化をも乗り越えることが可能。




そのためにも、本文にある通りに

今の事業が50年続くと思わずに

チャレンジをしなくてはいけない。




我が社も創業からの27年間で一度の

赤字も出してない黒字経営をしているが

それは新たな事業に挑戦してきたから。




創業者がいつまでも口を出してるようでは

後継者は育たない。



信じて

任せて

失敗して

改善して

改革して

成長する。




それが最後の大仕事に向けての

社長の役割と責任です。





『良い影響を与える人間力集団となり、日本中を明るく元気にします』