CSリレーションズ社長 増田恭章(ますだやすあき)のブログ

CSリレーションズ社長 増田恭章(ますだやすあき)のブログ

大切に想っていること。素直に感じたこと。伝えたいこと。夢。を、ありのままに書いてます。


YouTubeオリラジ中田敦彦観ました。







先日、6月13日のブログで

中国の逞しさについて書いたけど





中国のこの20年余りの成長の一端を

知るのには良い動画です。







私が初めて中国の北京に行ったのは20年前で

その当時はまだ中国が日本より遅れていて

貧しい国という印象でした。




トイレに扉がなく、本当に汚れていて

当時の日本人なら使用できないレベル。





そんな中国はこの20年であっという間に

日本を抜き去り、アメリカと覇権争いを

展開するまでに成長した。




そのスタートは異国に学んだことだと

本編では語られている。



社会主義国としての経済の遅れを

取り戻すために、日本やアメリカや

ヨーロッパ諸国に積極的に学んだと。




学ぶときのポイントは

謙虚さ



日本人が持つ中国人のイメージは

我が強くて我がままで

自己主張が強くて利己主義。




そんな印象とは程遠く

謙虚に学んだそうです。




ここに中国の強かさがある。

自分の弱さを素直に認め、その上で

吸収する時は貪欲に、プライドを捨てて

謙虚になって学べる。



これは強い。



その結果が今の成長である。









私も他社からの学びを重要視してる。

良い会社があれば日本全国でも世界中でも

実際に現地に行って、多くの現場を見てきた。





優秀な経営者に直接会いに行って

教えを請う事をしてきた。





そこにプライドも何も無い。

そもそも自分の未熟さは痛いほど

知っていたし、結果が出てなかったから

能力の低さは自覚していた。




もちろんその事実は

悔しかったし自己嫌悪にもなった。

失敗ばかりだから諦めかけたりもした。

心が折れかけた事は一度や二度では無い。





しかし

どうしても諦められなかったので

行動しまくった。




セミナーにも狂ったように参加したし

本もかなり読んだし教材も死ぬほど買った。




そんな地道な努力を継続する事で

少しづつ少しづつ、良い結果が出てきた。





良い結果を出せない人の特徴として

プライドが高くて学びが浅い点がある。



「そんな事は知っている」と真剣に聞かない。

「出来ている」や「継続してる」という

視点で自分に矢印を向けられない人。




そして、テクニックや仕組みだけを

取り入れようとする。

そんな上辺だけのニセモノが成功するほど

社会は甘く無い。



そんな人は

短期的には器用なので卒なくこなすが

長期的には良い結果を継続する事は無い。




高崖歴や大手企業に多いタイプです。

それなりの大手企業なら、社内営業や

上手な言い訳や免責をすれば誤魔化せるかも

知れないが、既にそんな時代では無い。






外交的には好きになれない中国では有るが

経済成長や進化に賭けるハングリーさには

学ぶものが沢山あると思う。




日本は残念ながら既に負けているのだから。









うちの会社もまだまだ未熟。





異国や他社や他人から、謙虚に貪欲に学び

狂ったように実行する事が大事です。







『良い影響を与える人間力集団となり、日本中を明るく元気にします』









コロナ禍が続く中で

この厳しい時期にでも

挑戦している人達がいる。





新サービスの開始や

新店舗のオープンや

新事業のスタートや

株式上場など。






その挑戦をしている社長や幹部達の活躍を

Facebookやインスタやツイッターなど

SNSを通して、またリアルな関係の中で

見ることが多い。




それは本当に刺激的なこと。




年下も

同年代も

年上の先輩達も。




「類は友を呼ぶ」という法則の通り




挑戦している人の周りには

同じ価値観の人達が集まるから

目にも止まりやすいし、情報も入ってくる。





社長は社内にとどまってはいけない。



未来を作るために

市場の変化を感じるために

刺激的な人達と関わるために



どんどん社外に出なくてはいけない。




会社の未来を創るためには

その役割を誰かがやらないと

市場から見放されてしまうから。





外に出て、獲ってくる情報や機会には

偽物もあるし、それにより損失もある。

100%成功することは有り得ない。



どんな事にもリスクはあり

人は結果論でしか評価しないから

その時点では何が良いか悪いかはわからないし




そんな出来ない理由を言うだけの評論家は

一生成功することも無ければ

関わる人を幸せにする事なんて出来ない。




イチローだって、10回中6.7回は失敗するもの。




うちの会社が通信事業に進出した時にも

100人中100人が失敗すると断言した。

絶対無理と言われた。



業界の常識や、理屈・理論的には

失敗が正論だったと思う。




しかし結果は

反対した人達の期待には

添えないものとなった。




つまり、結果なんてものは



理屈理論を超えた要素もあり

やる人と、やる執念と、やり方によって

違うものになると言う事。







だからこのコロナ禍の逆境の真っ只中にでも



果敢に挑戦している人達がいる事に

何の違和感も感じ無いどころか

むしろワクワクするし尊敬する。




しかし世の中の評論家達は

失敗すると傍観者になっている。




もちろん、挑戦に失敗は付き物だし

失敗する事の方が多いのは承知の上。



しかしたとえ、その回は失敗したとしても

その経験は力となり次に活かす事が出来る。

致命傷にならなければ、ドンドンやれば良い。



そもそも何も持たずに始めたものだし

全てを失っても初めに戻っただけ。

つまり損はない。



逆に経験という力は持っているのだから

また何か始めれば良い。




人を騙したり裏切ったりしなければ

信用さえあれば再起は幾らでも出来るから。




どうもこの考え方は

受け入れられないようだが




組織の長たるリーダーは

少し狂ってるくらいじゃないと

この厳しく変化が激しい時代には

務まらないんだと思う。





これは社長だけの話しではなく

幹部や管理職達にも言える事。











きっと5年後にはその答えが出ているはず。



今、挑戦して、突っ走って、すっ転んで

傷だらけになりながら進んでいる会社や人が

どんな成長と景色を手にしているか。





人生はどんな時も、ワクワクに溢れてるね。







『良い影響を与える人間力集団となり、日本中を明るく元気にします』













コロナショックによる経営破綻が続いてる。

米ブルックスブラザースも。







アメリカの航空業界では

6万人の人員カットのニュース。







日本全国の全9地域で景気判断を下方修正。


===========================


まだまだ世界も日本も

コロナショックに油断は出来ない。




世界は繋がっているので

他人事では無い。





今後も経営破綻のニュースは増えるだろう。

今後も様々な困難があるだろう。




しかしどんな時でも


会社を存続させること

会社を成長させること


を、社長は実現していかなければならない。





その為には

強靭な幹部と社員を育成し

強靭な財務体質も作らなければならない。




コロナショックに

気づかされることは本当に多い。




今こそピンチをチャンスに変えないとな。

社長として

まだまだやるべき事が山盛りです。






『良い影響を与える人間力集団となり、日本中を明るく元気にします』








今年4月入社の新卒11期生達が

先日、社員テストを行いました。





37名中、合格者は19名。

合格率51.4%でした。





テストの題材は経営計画書。

会社のバイブルであり、予言書であり

ルールブック。



それだけ重要なものと位置付けてるもの。






その経営計画書を、どれだけ



覚えているか?

理解しているか?



を、可視化するためのテスト。








それを、どんなに



読み込んでます!

落とし込んでます!



と、アピールしたところで

テストの結果が悪ければ

やってない、知らない、と同じ。




知識や経営計画書はあくまで道具だから

使えないのは無価値。






今回は約半分が不合格。

不合格者は結果から自分の現在値を知ったはず。



ここからどんな行動変化を起こして

次回合格するかの結果を、注視したいと思います。





会社の考え方や大切にしていることや

ルールを知らなければ、成果も出せないから。






そもそも、既存社員達に同じテストを

させたら何%の社員が合格するのだろうか。

幹部でさえも同じ。






今回のテストでも100点満点を取った新人や

高得点者が居たので、ウカウカしてると

半年もしたら、あっという間に抜かれるね。





まあ、知識は使ってナンボなので

このテスト自体で昇給や賞与の評価が

決まるわけでは無い。




なので、この知識という道具を使って

どれだけの成果を出せるのかが重要。




しかし今回の合格者には

「社章」が贈られる。



不合格者は、当然に無し。

これは例年通り。




再テストは2ヶ月に一度なので

合格しないと社章を付けられない期間が

どんどん伸びる。



これはツライね。

普通にダサい。








自分の意思で

自分で選んで



入社した会社の事を

知らないとか、語れないとかは



恥ずかしい事だからね。





経営計画書テスト、大事だね。









『良い影響を与える人間力集団となり、日本中を明るく元気にします』















九州豪雨にて被災された方々に

心よりお見舞い申し上げます。




私が所属するNPO法人日本商店会では

この度の災害に対して何か出来る事は

無いかと動き出しています。



日本商店会HP
↓↓↓






被害の中心となってる熊本県とは

4年前の私が日本商店会の会頭時代に起きた

熊本地震の支援活動で深く関わりました。





当時の支援活動決定報告
↓↓↓


私も直接現地に支援物資を届けました。
↓↓↓









今回も自分達に出来ることで支援活動は

行う事は決まりましたがコロナ感染拡大の

リスクもあり、どのような支援活動が良いか

情報収集しながらスピーディーに動いています。




現地の仲間からの今現在の情報では

泥を掻き出すための高圧洗浄機や

その人員集めが急務との事です。




災害時の情報は刻一刻と変化し

それにより必要なモノやコトも変化しますので

災害時の情報収集と決断は本当に重要です。







まだ被害の全貌も見えず、また雨もいまだに

降っているので引き続き警戒が必要ですが

これ以上の被害が広がらないことを祈るばかりです。







『良い影響を与える人間力集団となり、日本中を明るく元気にします』













今日は月曜なので早朝勉強会の日。




早朝勉強会の価値は、幾つかあるが

発言(アウトプット)する部下が



考えてる事が分かること

考え方をチェック出来る事は大きい。







今日も毎週月曜恒例で行われ、

久し振りに外部のお客様も

ベンチマークで参加して頂きました。





講師は日本橋オフィスで

その他は本社を含めた各拠点で開催。





部下の頭の中と現在地が分かる早朝勉強会。

本当にこの仕組みはすごいと改めて思う。

継続し続けて、もう何年かな。



経営計画書の作成開始と同じだから

12年くらいだろうか。




開催数は、すでに613回となった。

これからもまだまだ継続する。




これこそが他社との差別化となるし

CSリレーションズの原点だから。






しかし。

本当に社員の頭の中が視えるね。

怖いほどに。








『良い影響を与える人間力集団となり、日本中を明るく元気にします』
















今日は都知事選挙でしたが

予想通り、小池さんが再選しました。




コロナ期間中にTVに出まくってたので

その影響は間違い無く追い風になった。





個人的には、新しい風が吹くことを

願ってましたが、知名度の威力って

あらためて凄いと思いましたね。




こんなネット全盛で、幾らでも個人で情報を

取れる時代なのに、知名度が勝ってしまう。

何ともやるせない感じです。




そもそも投票率33.5%だし





投票してる人達のITリテラシーが

高く無ければ、正しい情報より

毎日のTV情報番組に影響されて

しまうのは致し方ない事か。





やはり選挙の有益性を高めるには

投票率というKPIは最重要だろうね。





特に若い世代には選挙に関心を持って欲しい。

期日前投票も出来るんだし。

でも、さすがにそろそろネット投票が

出来る様になったら良いよね。

マジで。







でも、現職の議員さん達は

ネット投票になって投票率が上がるのは

自分にとってのデメリットだから

極限までやらないで引っ張るのだろうけど。





たとえ

ネットで投票出来ずとも

出掛けていくのが面倒であろうとも

国民の義務として自国の政治に関心を持ち

実行、参加して欲しい。






自分の住んでいる街のこと

自分の生活の現在と未来に関係すること

つまり自分事なのだから。









投票率がなぜ重要かを張本社長の

Facebook投稿をシェアしたいと思います。




小学生にでも理解できるような

わかりやすい文章です。

↓↓↓
======================

今日は都知事選挙の投票日。

誰がやったって変わらないから投票しないのではなく

白票だって意味はある。

 投票することがもの凄くめちゃくちゃ大事。

どれだけ投票が大事なのかを

わかりやすく理解するために

自分なりに100人の村で考えてみました。

ーーーーーーーー

100人の村があったとします。

村長を決める選挙。

(前回の都知事選は投票率約60%)

投票率は良くても60%なので

だいたいいつも60人しか投票しない。

前回、小池さんは投票数の約43%を取って当選しているので、100人の村では

投票するであろう60人の43%の25票を取れば当選。

大差で勝ってたので、もう少し少なくても大丈夫。

毎回60人しか投票しないという前提ならば、

もし自分に25票ぐらいは、支持層があるとしたら

まあ下手しなければ勝てるので、

当選した後の仕事もほどほどでやって、

政策も25人のことを考えてやれば、安泰。

しかし、白票でも良いので投票率が100%で

もし100人が必ず投票してくるとしたなら。。。

残りの40人がどこに動くか?

今まで投票してこなかった、40%の40人の票が

どっちに転ぶかで、簡単に落選してしまいます。

そのうちの20人が一番の競争相手に入ってしまったなら。。。

普段の仕事も25票の支持層だけでは安心できないので、

一生懸命に仕事しないとと考える。

今まで投票しなかった層のための政策も考えないといけなくなります。

だとしたら、当選した後の仕事もしっかりやらないと、

という緊張感も生まれる。

どこに入れるのも大事だけど、

投票すること自体が本当に大事。

白票って意味ないかと思ったけど、

ちゃんと仕事するかどうか

当選した後の仕事においてのプレッシャーの意味では、

ちゃんと意味を持ってくると思います。

当選した人の仕事にも影響を与える

=政策にも影響を与える

=自分達の生活にも影響を与える。

ということで、千葉県人ではありますが、

都民の皆様には投票に行ってほしいと思います。

投票は20時までできます!
======================

政治家に緊張感を持たせる。

政治家にキチンと仕事をさせる。




これは当たり前に大切なこと。

政治家の給料は我々の税金であるのだし

政治家は国民のために仕事をするのが

役割であり、公約という約束を守ることは

人として当たり前に、やるべき事であるから。






小池さん。

しっかり仕事をして下さいね。





『良い影響を与える人間力集団となり、日本中を明るく元気にします』





今日はパートナー企業様とのゴルフ。





ゴルフって遊びのようで学びが多い。


もちろん誰と一緒かが重要。





今日も

超が付くほどに、変化が激しい業界で


良い結果を永年に渡り残し続けていて


成長し続けてる企業の経営者や幹部の方々と






ゴルフを通じて1日を一緒に過ごせる時間は


とても学びと気づき満載の価値ある時間。





基本はゴルフなので、ゴルフ関連の話しが

多くはなるのだけれども、時折見せる、

日々の具体的取組みや、その考え方など





鋭利で切れ味抜群のナイフで

切り刻むかのような鋭い発言がある。




ここに、成功のノウハウとヒントが

隠されていて、それを1日を通して

吸収できる事はとても有益な事であり




今日もそんなラウンドになった。

ほんと有り難いです。









その上に、スコアも目標達成。

これも嬉しかった。




安定的にこの辺りのスコアが

出るようになって来ました。






いよいよ、この次はアベレージで

82を達成できるステージに向けて

あと平均3打を縮める更なるチャレンジと

努力が必要ですね。





ここからまた壁がくる。

一進一退を繰り返すもの。

そう簡単には実力とスコアは伸びない。

しかし、この成長を実感する今がとても楽しい。






やはり仕事もゴルフも何歳になっても

成長を実感できることが

そこに向けて挑戦してる瞬間が

自分的にとても心地良い。




つくづく成長中毒だなーと思う。








社員達も、仕事に於ける目標達成と成長を



もっともっと

自ら欲して

自ら実行して




自ら成果と経験を積み上げていく事が

これからはもっともっと必要になってくる。




それぞれの今のステージにおいて

一人ひとりに成長をして欲しいと思う。












偶然にもゴルフの上達と同じくして

自分のマネジメント能力も

成長している実感がある。




マネジメント研修を通じて学び

それを日々の部下との関わりの中で実践して

リアルに経験することで、確実に

能力が身に付いている実感がある。




「知ってる」から「出来る」に変化してる。




「なるほど、こう言うことか」と

腹落ち感と納得感が半端ない。




これがまさに成長。

出来なかった事が出来るようになる瞬間。




理解と実行がセットになり

明らかに進化したと言える。




机上の空論ではない、リアルな成長。








もちろん、実践すると失敗もある。

痛みもある。恥もかく。



しかし、それがあって初めて

能力は身に付いてくる。




筋トレして筋肉痛になって

筋肉が付いてくるのと全く同じ。





そんな意味では

今まさに全身筋肉痛だらけな私です。

筋肉痛=成長痛ということ。




今日も夕方に直部下との評価面談を2件。

その中でもNo2には成長痛に関して伝えた。

今まさに、リアルな日々の部下との関わりで

学んだ事を素直に実践する事が大切だと。





これはCS経営計画書に書いてある。

学んだ事は、必ずリアルに実践して

そしてそこで感じたリアルな経験を

言葉にして伝える事が大切。




学び✖️実践、そしてシェアです。



これを繰り返す事で

自らの脳に刷り込まれ定着する。

また部下にもそのリアル感が伝わるから。





いくらビジネス書を読んでも

成長しない理由はここにある。





学んだ事を実践しない

実践した事をシェアしない



これでは身につかない。






ゴルフも同じ。



いくらスクールに通っても

YouTubeでレッスン動画を観ても

本からゴルフ理論を学んでも




必ずラウンドで実践して

自分の言葉でシェアしないと



成長は見込めない。






そんなことで私は今

仕事もゴルフも成長中。





痛みはあるが、手応えもある。

だから自分と会社の未来にワクワクしてる。



本当に成長って心地よい!








『良い影響を与える人間力集団となり、日本中を明るく元気にします』


















昨日、PCR検査を受けました。

パートナー企業様の好意で会議の後に

多くの方々と受けさせてもらいました。



結果は陰性でした。

全く問題ありません。









テレビのニュースでは昨日も今日も

感染者数が100名を超えたと第二波への

警戒を注意するような報道が多いです。






警戒や予防は絶対に大切なのは大前提として

このデータを良く見ると



右下はPCR検査人数が6/19以降に

急激に伸びているグラフで



左上の陽性者数は、そこまで伸びていない。

つまり陽性率は下がってると読み取れる。



PCR検査数を増やせば必然的に

陽性者は増えるわけだからデータから見ると

収束に向かってるとも見える。





毎日報道されている感染者数報道が

何か別の意図を持って特定の人達の

利益になるようなものでない事を願いたいし




報道されている数字を盲目的に

インプットするのでは無く

その中身を本質的に考えることは

大事だなと思う今日この頃です。






『良い影響を与える人間力集団となり、日本中を明るく元気にします』


白血病で入院していた

水泳の池江璃花子選手が

プールに帰ってきました。






明後日7月4日に20歳の誕生日を迎える前に

久し振りの練習風景がNEWSで

放映されてました。







本当に池江選手は人を惹きつける魅力がある。
















一年半近く入院して抗がん剤治療をして

体力的にも精神的にもキツかったと思うのに

悔しいという気持ちを持ててるのが凄い。




















大病をした事ないので想像すら出来ないけど

どん底を経験して乗り越えてる人の強さ。










まだ闘病中なのに明確な目標を持って

本気で取り組んでる姿に胸が熱くなる。









「強い女性になる」



この最後の一言にグッと来ました。






私も年商60億円、社員数150人の会社を

経営していると毎日毎日様々な問題がある。




しかし、池江選手に比べたら

私の抱えてるプレッシャーや責任など

本当に小さなものだと思う。




そう考えると、自分は本当に

まだまだ弱いなーと痛感する。






19歳の池江選手に良い影響を貰い、私も


「強い男になる」


ことを目指します。





幾つになっても



向上心を持って

試練困難を乗り越え

成長していきたいものです。







『良い影響を与える人間力集団となり、日本中を明るく元気にします』