加害させない事で加害者を守っている~モラルハラスメント | 相談実績2000件 女性のモラハラ被害専門カウンセラー【初回30分電話相談無料】 

相談実績2000件 女性のモラハラ被害専門カウンセラー【初回30分電話相談無料】 

心理士資格を持つ専門カウンセラーにあなたはもちろんお子様のメンタルサポートもお任せください。
全国のモラハラに悩む女性からの年間300件のご相談実績から、実例に基づくアドバイスの他、行政書士資格を活用した具体的なサポートも行えます。
初回相談は30分無料です。


テーマ:

---

*6月東京出張相談ご予約状況*

6月17日 予約受付終了

6月18日 予約受付終了

6月19日 予約受付終了

6月20日 予約受付終了

お陰さまで予約は全て埋まりました

キャンセルが出ましたら改めて

ご案内させて頂きます

お問い合わせは

メール:info@yotsuba-houmu.com

電話:092‐338‐8003

でお願いいたします。

---

 

 

 

 

家庭と言う場は本来、

 

安心安全の場でなくてはなりません。

 

 

これまでもう何度となく繰り返し

お伝えしてきた事です。

 

 

 

ですから本来家庭内に、

 

暴力や支配の「被害者」がいては

いけません。

 

 

そしてもし悲しい事に被害者が

生れている場合は、

 

何よりも被害者が暴力や支配から

守られる事は、

 

とても重要で優先度の高い事です。

 

 

 

そしてもう一つ大切な視点は、

 

家庭内に「加害者」も

いてはいけないと言う視点です。

 

 

 

 

昨日のブログで書きましたが、

 

モラ夫と別居した直後の女性達は

大きな感情の波に飲まれ、

 

心の揺り戻しでとてもしんどい思いを

される方が少なくありません。

 

 

モラ夫に対し罪悪感を抱える方も、

とても辛い時期を過ごされます。

 

 

 

家族の環境、家族の形を変える

という事は、

 

非常に大変な事です。

 

 

ただでさえ多くのエネルギーを

必要とする行動に、

 

弱気になってしまう方がいるのも

無理もない事と思います。

 

 

 

弱気になったり、

 

一人自宅に残してきたモラ夫に対して

罪悪感を抱えて辛い思い、

しんどい思いをされている方に

知って頂きたいのは、

 

実はあなたは

モラ夫と別居した事で、

 

自分やお子さんの安全を守った事は

もちろん、

 

モラ夫を一先ずこれ以上の加害者に

しない、

 

と言う行動をもとったのだと

いう事です。

 

 

 

もちろん、モラ夫との別居は

生半可ではありませんから、

 

別居した所で形を変えて色々な攻撃を

されるという事は、十分わかっています。

 

 

けれどそれでも、

 

離れる事で直接的な暴力は

受けなくなりますし、

 

例えばお子さんがいるケースでは

いわゆる「面前DV」と言う虐待を

防ぐことができます。

 

 

 

別居をしたことでモラ夫に対して

申し訳ない思いを抱えている方は、

 

視点を変えれば

モラ夫をこれ以上加害者にしない、と

言う意味ではモラ夫自身をも守っている。

 

 

さらに言えばそれは、

家族を守ったとも言えるんだという事を、

 

知って頂きたいです。

 

 

 

 

 

 

 

今日も最後まで読んで下さって

ありがとうございました

 

モラハラカウンセラー

行政書士/心理士

 

佐藤千恵

 

 

*   *   *   *   *
【初回30分相談無料】
夫からのモラハラに関する
ご相談/カウンセリング
毒親やモラハラが子どもに与える
影響に関する相談/カウンセリング

行政書士よつ葉法務オフィス 
心理カウンセリングルーム

*事務所は東京から福岡市に
移転いたしました*

住所:福岡市西区内浜2-2-16
アクセス:地下鉄空港線/JR筑肥線
姪浜駅南口 徒歩8分
電話:092‐338‐8003
(電話受付:平日10時~17時
*ご相談/カウンセリングは
土日祝日や夜間も行っています)
メール:info@yotsuba-houmu.com

*ご相談は予約制です*
*   *   *   *   *

相談実績2000件 女性のモラハラ被害専門行政書士/心理士 ちえぼぅさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス