テストは作戦を立てるだけで10点以上変わります。 | 札幌クリエイト西野のブログ~札幌市西区西野の学習塾

札幌クリエイト西野のブログ~札幌市西区西野の学習塾

札幌市西区にある学習塾「札幌クリエイト西野」のブログです。ほぼ毎日、色々書いています。
住所:札幌市西区西野9条4丁目1-35橋下ビル2F
電話:011-802-5411(代表)
メール:info★create-nishino.com(★を@に変えてください)

9/11(水)は総合学力Aテストですニコニコ受験生にとっては最後の週末ですね。

中3受験生(特に夏の道コンなど受けていない人)は、いよいよ「入試ロード」が始まります雷

これから3ヶ月間、「自分を大切に」頑張りましょう!

 

受験前にやる気無くされても困りますが、大抵総合Aの結果は例年良くないです…例年ABCは出題パターンや出題傾向が入試や道コンと少し違うのでビックリする人もいるかもしれません。

テストの難易度っていうよりも、「テストの受け方が分かっていない」とか、

「225分(45分×5科目)の集中力が持たない」って人が多いのです。

テストは作戦を立てるだけで10点以上変わります時計時計時計時計時計

 

学力Aの国語は、例年大問1に話し合いから読み取る問題、大問3に古文が来ます。

入試と違い、古文のあと(大問4)に長文問題がやってきますので、大問4まで手が届かなかったという生徒が例年多いようです…

解く順番を変えてみる、記述で時間がかかりそうだったら一旦飛ばして先に進むなど、ペース配分は考えておくと良いでしょう。これは英語でも同様の作戦ですが、中学生で英語は長文から…という人は少ないと思います。リスニングもありますので、残り時間だけ気を付けてください。

あとリスニングの挿絵が芸術的で、個人的に好みですもぐもぐもぐもぐもぐもぐ学校で過去問もらったりしたら、是非味わってください(笑)

 

数学は後半の問題が手つかずで終わってしまう生徒が多いようです。大問1の「小問集合(多分18点分)」は出来る限り速攻で片付けたいですね。例年、証明問題は最後に出題されますが、その前の問題が少し難しい(裁量を意識したような)感じです。証明自体は標準的な問題(道コンくらい)ですので、ペース配分が不安な人は、先に証明を解いてからその前の問題に取り組むなど、工夫してほしいともいます。

 

社会は公民が後半(大問5大問6)に来ることが多いです。学校で勉強したばかりですし、何よりAは試験範囲が狭いですから、地理歴史よりも公民から解くってのは大アリです。ただし配点は地理歴史よりも少ないかもしれません。社会は得意なところから手を付けるのは効果的でしょう。

理科も解くのに時間がかかりそうな物理・化学の「第1分野」よりも、植物・動物・天気の「第2分野」から取り組むという作戦はアリです。例年物理化学が前半に配置されるため、今回の得点源になりそうな植物、動物に時間を取ることが出来ず得点できなかった…ということにならないよう気を付けてください。別に大問1から解く必要はありません。

冒頭1~2分で全ての問題をパラパラ眺めてから、作戦を考えてみると良いでしょう羊羊

 

 

北海道の公立高校入試は試験時間が45分で、その割に問題数は多いですから、

一生懸命勉強してもアウトプットが上手くいかなかったり、「作戦ミス」で点数が伸びなかったり…ってのは本当によくあることなんですよね。

勿体無いし、悔いが残ります。高校入試は「基本的に一発勝負」ですからね。

やるからには、とにかく抜け目なく頑張ってほしいと思います。

受験勉強は知識の習得はもちろんのこと、問題を読む、文字を書くなどの解くスピードを上げたり、得意な単元から解き始めるなどの訓練もお忘れなく!

試験を無駄な時間にしないように…科目間休憩では反省よりも次の準備です!

 

今回は以上です。

昨日の記事にも書きましたが、今日から中3は「入試社会・理科」、中1は「3特」など、週末のイベントを毎週実施します。いよいよ「勉強の秋」ですよ~キラキラキラキラ