コックしろのおうちで簡単ビストロレシピ

コックしろのおうちで簡単ビストロレシピ

簡単だけどお店で出てくるようなおしゃれな料理のレシピ、

お酒に合うおつまみレシピを中心に紹介していきます。

そのほか、食器、お酒、食べ歩きの話も。

「コックしろのおうちで簡単ビストロレシピ」へようこそラブラブ

おいしいごはんとおいしいお酒で、毎日楽しく、くつろげる食卓でありたい。


堅苦しくなくて、ちょっとおしゃれに。


簡単にできるけどお店で出てくるような料理を作りたい。そんな思いで、


「我が家を小さなビストロに」・・・を目指して、日々頑張っています。


・お店でしか食べられないと思っていた料理をおうちにある食材や器具で簡単に作る


・食器の選び方や盛りつけの仕方で、料理をおいしく、ワンランク上に見せる


  を意識して書いていきます。



レシピの中でわからないことがあったら、お気軽にコメント、メッセージしてください。

料理、ワイン、食器についての質問もわかる範囲でお答えしますので、お気軽に音譜

アメブロ以外の方は、こちらへメールしてください  cookshiro@gmail.com



<当サイトの内容、テキスト、画像、レシピ等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

また、NAVERまとめ等のまとめサイトへの引用を厳禁いたします。>



どうぞ、ごゆっくりコーヒー




クローバー今月の人気レシピクローバー (1か月間でアクセスが多かったレシピをご紹介)



甘さを極限まで引き出した
かぼちゃペーストです。
作り置きに。
もちっとおいしいオランダのおつまみ。熱々がおすすめです。
手作りのカラーパスタ生地のラビオリ。パーティーにもおすすめです。

 

お蕎麦屋さんに行くとついつい注文してしまう鴨せいろ。


自分で作るとお店よりおいしくできると気づいてから、おうちで何度もリピート中です。



大変ご無沙汰しております。


気づくともう11月も後半。


そろそろチョコレートの足音が近づいてきました。(私だけ?)


でもチョコ作り直前まで縫い物をしようと心に決めているコックしろです。


あ。私、今縫い物にハマっています。詳しくはインスタを→ 


今は薄手のコート(初挑戦)を作っているところ。


できた頃には薄手のコートの出番はないのではないかとうすうす気づいていますあせる



さてさて、みなさま鴨せいろはお好きでしょうか?


鴨好きな私はお店でもよく頼むのですが、唯一の不満がネギ。


長ネギの表面をこんがり焼いてお出汁に入れてくれるお店がほとんどなのですが、中が生でシャキシャキのネギがなんと多いこと。


実は私、生のネキや玉ねぎがあまり得意じゃないんです。


辛みもあるし、何より口に残り続けるネギの香りが苦手あせる


ハンバーガーに生の玉ねぎの輪切りが入ってたら、迷わず抜いてしまいます。



でも加熱した甘いネギは大好き。


鍋のネギもクタクタに煮るもんね。



ということで、今回のレシピは生のネギがお好きな方には向きません。あしからず。


でも、私のようにクタクタネギがお好きな方にはたまらない一品です。


以下、ざっくりレシピ。


◆ 材料(4人分)


・ 鴨ロース    1枚

・ 長ネギ     2〜3本

・ 水      1L程度

・ 厚削り鰹節  ひとつかみ程度

・ 塩      適量

・ 醤油     適量

・ みりん    適量

・ 砂糖     適量

・ 三つ葉    お好みで

・ 柚子胡椒   お好みで


・ お出汁     800ml程度

・ 蕎麦      適量



◆ 作り方


 

そばといえばお出汁が命。


鰹節は厚く削ってあるものを使うのがおすすめです。


繊細さよりはガツンとくるお出汁にしたいので、本枯節の薄く削ってあるものより荒節の厚削りの方がよく会います。


 こんなの。

 

水(1L程度)が冷たい状態から鰹節(ひとつかみ程度)を加えて弱火にかけ、ふつふつしてから10分程度弱火で煮出します。


火を止めて、鍋の蓋をして1分程度蒸らし、ザルで越したお出汁を再び鍋に入れ、塩、みりん、砂糖、醤油で味を整えます。


少し甘めがおいしいです♥️


そばをつけて食べるので、ちょっと濃い目の味に仕上げてください。


もちろん麺つゆを使ってもOK。


麺つゆにみりんと砂糖を加えて甘さを足してください。


 

鴨肉は皮付きのものを1枚。


皮目に包丁で格子状に切れ目を入れ、軽く塩をします。


鴨肉はネットでも購入可能。

 

 


 

フライパンに皮目を下にした鴨肉と5センチ位に切った長ネギを入れてごくごく弱火で加熱します。


鴨の皮から脂が出てきて、ネギがその脂を吸いながらじっくりと加熱されていきます。


10分〜15分たったら(皮目に薄めの焼色がつくくらいが目安)鴨を裏返して表面をさっと焼き、鴨を取り出します。


鴨肉は5分〜10分置いて粗熱を取ります。


後で熱いお出汁にくぐらせるので、ここで中が生でも気にせずに。


ネギはごくごく弱火でさらに好みの焼き加減まで加熱。(青い部分は火が通りやすいので、先にお出汁に入れます)


 

焼いたネギをお出汁に投入します。


この段階で、鴨は薄切りに。(ふたり分作るときは、鴨の半分を冷蔵庫に入れておくと2回楽しめます)


そばも茹でてください。



そばが茹で上がる頃に、お出汁を再加熱して(ここで味の最終チェックをしてください)沸騰直前で火を止め、切った鴨を加えます。


鴨は加熱しすぎると固くなるので、最後にさっと入れるかんじ。


 

器に盛り付け、好みで三つ葉を散らしたり、柚子胡椒を添えます。


柚子胡椒はあったほうが絶対おいしい✨


 

 鴨の旨味を吸ったトロトロの甘いネギは、実は鴨肉よりもおいしい💕


ついついネギをモリモリにしてしまいます。


残ったお出汁もそば湯で薄めてゴクゴク飲めます。


鴨の脂の良い旨みが出ていて、絶品💕



フライパンに残った鴨の脂もぜひ再利用を🎵


茹でたじゃがいもを鴨の脂で焼くと、塩を振るだけでめちゃめちゃおいしいです😄


パスタを作るのに使うのもおすすめ。




チューリップ赤コックしろのInstagramはこちら→ 

ブログで書いていないことも結構こちらにあげてます。

 

 

いつもクリックありがとうございますドキドキ

励みになります音譜

 

 

お願いコック(blogランキング) ぽちっとコック(レシピブログ)

 

私が店主をしているうつわの販売サイト

 

 

先日から茶梅を作っているので、茶梅に使う烏龍茶をちょっと深く考えてみる。の図。

 

 

皆さま茶梅をご存じでしょうか?

 

台湾の定番のお茶請けです。

 

 

台湾に行くと、お茶屋さんで試食させてくれることも。

 

甘酸っぱい梅に烏龍茶の風味が染み込んでいて、食べ出すと止まらない。

 

お茶請けなんだけど、茶梅だけ頬ばることもしばしばです。

 

 

日本だと梅干しにするのが定番だし、甘い梅といえば、煮たものとかシロップ漬けに使った残りしか知らなかったので、初めて食べたときは、凝縮感とおいしさに感動しました。

 

 

それ以来、台湾に行くとお茶と茶梅(とかお茶請け)を山のように買って帰る私。

 

しかし、コロナの影響で長いこと台湾に行けないので、今年は自分で作ることを決意しました。

 

 

今、こんなかんじ。

 

写真の状態になるのに2週間かかっていて、これから茶葉を加えるところ。

 

 

作り方については、また改めてブログに書こうと思っていますが、取り急ぎInstagramのストーリーズハイライトにまとめています。(→コックしろのInstagram

 

梅が出回る時期が終わってしまう前に作ってみようという方は、そちらを参考にしてください。(梅干し用の熟した梅を使うので、今ならぎりぎり作れるかも) → ストーリーズのハイライト

 

工程としては、梅を1度塩漬けにして、その後砂糖漬けにして茶葉を加えて作ります

 

時間はかかりますが、作るのは難しくないのでぜひラブラブ

 

 

さて、本題。


茶梅の作るのに最適な烏龍茶ってどんなのが良いのだろう?ということを真面目に考えてみました。

 

使う茶葉によって味が変わってくるので、ここは手が抜けません。

 

 

ちなみに私の飲む烏龍茶は9割以上台湾茶なので、今回は台湾の烏龍茶に絞って書いていきます。

 

 

烏龍茶といっても様々な味わいのものがあります。

 

お値段もピンキリで、一体何が違うの?と悩んでしまう方も多いはず。

 

 

まず、このお値段の差は一体どこから来るのか?なのですが、一番大きな要因は、収穫量の差

 

「収穫量が少ない茶葉ほど値段が高い」ということです。

 

貴重なものの方が高くなるのは当然と言えば当然。

 

 

 

で、収穫量の差はどこから来るのか

 

大きな要因のひとつは、茶葉の育つスピード

 

 

茶葉の育つスピードは、気温や日照時間で変わってくるのはイメージできると思います。

 

ざっくり言ってしまうと、高山のように寒いところだと、茶葉は育ちが遅く、標高が低いところだと温かくて茶葉がすくすく育ちます。

 

 

ということで、高山茶は値段が高くなります。

 

 

 

上の写真の左は標高700mの凍頂烏龍茶右は標高2800mの大禹嶺。(標高1000m以上のお茶を高山茶と呼びます。2000m以上だと高冷茶と呼ばれます。)

 

 

写真のは台湾で買っていますが、お値段の差の参考として↓

 

 

 

 

 

こんなに値段の差がありますあせる

 

 

では、高い茶葉を使って茶梅を作ったらおいしいんじゃない?

 

そう思ってしまいそうですが、茶梅に限っては、お金にものを言わせてはいけません

 

 

烏龍茶の味の性質として、標高が高いところの茶葉ほど「繊細な複雑み」があり、標高が低いところのお茶ほど「お茶らしいわかりやすさ」があるから。

 

要は、おいしさの質が違うということ。

 

 

高山のお茶は、繊細でしみじみとしたおいしさがありますが、うっかり食べ物と合わせてしまうと、「あれ?白湯???」と思ってしまうことも。(お茶請けが強い味だったりすると、お茶自体の味が繊細すぎてかき消される)

 

逆に標高が高くないところのお茶は、繊細さはなくてもわかりやすいおいしさや強さがあり、食べ物と合わせた時においしく楽しめることもしばしば。

 

 

梅はとても味の強い果物なので、ある程度強さのあるお茶が向いています

 

ということで、茶梅は値段の高いお茶を使うとおいしくなるとは限りません。

 

標高が低めの味のわかりやすいお茶がおすすめです。

 

高標高の高いところの茶を使うと、思ったよりもお茶の個性が反映されず、とてももったいないことに。

 

高山茶は、お茶自体を楽しみましょう。

 

 

上の写真のお茶なら、断然左の凍頂烏龍茶がお茶らしい風味をプラスしてくれるのでおすすめ。

 

大禹嶺なんか使っちゃ駄目です。

 

梨山茶(標高2000m)もいけません。

 

 

でも、「高山茶を使うことで贅沢な気分を味わえる」ということもあるので、贅沢な気分を味わいたいという目的ならば、止めません(笑)。

 

それでも1500mくらいまでで止めておいた方が良い気がします・・・。

 

 

余談ですが、以前ワインを使ったボンボンショコラを作ったとき、同じ作り手の安いワイン(コート・デュ・ローヌ)と高いワイン(ヴァケラス)を使ったことがあるんです。

 

飲むと断然高いワインの方がおいしかったのだけど、チョコに入れると間が抜けたような物足りなさがあり、断然安いワインの方がおいしく仕上がりました。

 

何かと合わせる時は、値段や単体の味で選んじゃいけないんだなぁ。と痛感。

 

 

チョコと梅では味が違いますが、味の強さという意味では両方強め。

 

そんなわけで、梅と合わせるには、個性がわかりやすいものがおすすめです。

 

 

味がわかりやすいお茶といえば、ミルクやバニラのような甘い風味がわかりやすい品種の「金萱茶」もよさそう。

 

爽やかなお茶の風味と甘い香りが楽しめそうです。

 

 

こちらももちろん標高が高くなると繊細になるので、そこまで標高が高くないものがおすすめです。

 

よく育つ品種なので、値段も手頃なのが嬉しい。

 

 

 

金木犀のお花で香りをつけた「桂花烏龍茶」を使ってもおいしいと思います。

 

金木犀の香りをプラスできて、とても華やかに仕上がりそう。

 

 

 

 

ちょっと贅沢だけど、独特の甘い香りの「東方美人」もおいしいと思います。

 

 

東方美人は、ウンカという虫に噛まれた茶葉をわざと使っています。

 

ウンカが生息できるところなので、標高は比較的低めなのですが、作られる量が少ないので高価です。

 

 

虫に噛まれたことで、フルーティーな香りや蜂蜜のような甘い風味が楽しめるお茶に。

 

発酵度が高いので、爽やかというよりは、落ち着いた風味になりそう。

 

 

 

同じウンカに噛まれた茶葉を使った「蜜香烏龍茶」もきっとおいしい。

 

東方美人とは違う作り方なんですが、ウンカ由来の甘い香りが楽しめます。

 

発酵度が高め、少し強めの焙煎になることが多く、昔ながらの烏龍茶のようなこっくりとした味です。

 

東方美人と烏龍茶の良いとこ取りというかんじ。

 

これで茶梅を作ったら、甘い風味と焙煎香が楽しめるまろやかな味になりそう。

 

 

日本ではまだあんまり扱っているところが多くないけど、飲んでもおいしいお茶なので、ぜひ試していただきたいです。

 

 

 

 

お茶によって出来上がる茶梅の味が変わるので、自分の好みも考えながら選ぶと、きっとおいしく仕上がります。

 

お茶を変えて何種類か作ってみるのも楽しそう。

 

 

烏龍茶にこだわらなければ、ほうじ茶で作るのもおいしいはず。

 

ちなみに緑茶は、渋みがどんどん出てくるのでおすすめしません。

 

 

そんなこんなで、私の今年の茶梅は、この2種類で作ってみることに。(蜜香烏龍茶のストックがないのが悔しいえーん桂花烏龍茶も飲みきってしまって悲しいドクロ

 

もう一種類作れるならほうじ茶も試してみたいところ。

 

来年作ってみようっと。

 

 

近いうちに茶梅の作り方もアップします。

 

おいしくできますようにドキドキ

 

 

 

 

チューリップ赤コックしろのInstagramはこちら→ 

ブログで書いていないことも結構こちらにあげてます。

 

 

いつもクリックありがとうございますドキドキ

励みになります音譜

 

 

お願いコック(blogランキング) ぽちっとコック(レシピブログ)

 

私が店主をしているうつわの販売サイト

 

 

マンゴープリン。

 

ようやくベストな配合が決まりましたラブラブ

 

 

大変ご無沙汰しております。

 

今年も旅行できない日が続きますね。

 

最近は縫い物三昧のコックしろです。

 

 

 

さてさて、大好きなんです。マンゴープリン。

 

日本ではいろんなケーキ屋さんのも食べたし、香港でもホテルのパティスリーやマンゴースイーツ専門店で食べたのですが、いちばんおいしかったのは、香港の飲茶のお店 「倫敦大酒樓」  (トリップアドバイザーのページ)

 

ブログでもけっこう昔にご紹介してます→ 

 

 

 

 

香港に行く度に、2回以上は食べに行くのですが、ここのマンゴープリンはどこのよりおいしかった。

 

 

もう何年も行けていないし、自分で作ろう!と作ったものの、どうも納得できず何度も試作することに。

 

 

結果、「マンゴーピューレの割合、こんなに多いのねあせる」という配合に。

 

 

牛乳や生クリームを増やすと、数はできるんですが、食べてみるとマンゴー感が物足りないんです。

 

このくらいマンゴーの風味が強いと満足感が高い

 

そして、中からもマンゴーがごろごろ出てきて嬉しい音譜

 

 

ということで、ちょっと贅沢な、でもとびきりおいしいマンゴープリンを召し上がりたいときはぜひお試しを。

 

 

◆ 材料 (4つ分)

 

  ・ マンゴーピューレ     250g

  ・ 生クリーム        50g

  ・ 牛乳            50g

  ・ 冷凍マンゴー       100g

  ・ ゼラチン          4g

 

 

マンゴーピューレはこれを使っています。(富澤商店にも売っています)

 
 

 

小分けタイプは解凍が簡単なので愛用していますが、数をたくさん作りたかったり、コストを考えるとこちら。

 

 

 

同じピューレなのですが、1kgでお得。

 

こちらを使うときは、半解凍くらいの状態でガリガリと削って、使う分だけお鍋に入れてください。

 

 

冷凍マンゴーは、こちらを使いました。

 

でもお気に入りのものでOK。

 

 

◆ 作り方

 

板ゼラチンはたっぷりの氷水でふやかしておきます。

 

粉ゼラチンを使うときは、大さじ1と1/2のお水を加えてふやかしてください。

 

 

お鍋にマンゴーピューレ、牛乳、生クリームを入れます。

 

 

混ぜながら中火にかけて、70℃くらいまで熱します

 

ゼラチンが溶ければいいので、沸騰させる必要はありません。

 

 

火から下ろして、しっかり絞ったゼラチンを加えます。(粉ゼラチンの場合はふやけたものをそのまま入れる)

 

ゼラチンが溶けるまでしっかり混ぜます。

 

 

冷凍マンゴーを凍った状態のまま加えます。

 

 

全体を混ぜると冷えてとろみがついてきます。

 

もし冷凍マンゴーを入れないときは、とろみがつくまでお鍋を氷水で冷やしてください。(早く冷やした方が材料が傷まず食中毒予防に。)

 

 

うつわに流し込んで、冷蔵庫で冷やし固めます。

 

 

固まったら、マンゴーピューレを少量流し込んで、器の底を叩いて平らにします。(これはお好みで。なくても充分おいしいです)

 

半解凍したマンゴーを飾り、ミントを飾れば出来上がりです。

 

 

マンゴーの風味がたっぷりですごくおいしいラブラブ

 

飲茶のお店にかなり近い(でもゴロゴロマンゴーの分だけこっちの方が贅沢キラキラ

 

簡単なので、ぜひお試しを。

 

 

 

チューリップ赤コックしろのInstagramはこちら→ 

ブログで書いていないことも結構こちらにあげてます。

 

 

いつもクリックありがとうございますドキドキ

励みになります音譜

 

 

お願いコック(blogランキング) ぽちっとコック(レシピブログ)

 

私が店主をしているうつわの販売サイト

 

 

やっと一部だけ箱詰めが終わりました。

 

そしてオレンジが尽きる・・・ドクロ

 

今日は今からコーティングですあせる

 

 

思えば去年は甥っ子が箱を組み立ててくれたっけ。

 

お昼ごはんを作るのが大変だなぁ。なんて思ったこともあったけど、今年もテレワークの人がいるので、なんだかんだとお昼ごはんに手間取り・・・。(作業の中断が痛かった)

 

甥っ子は洗い物してくれたなぁ。

 

甥っ子は箱を組み立ててくれたなぁ。

 

甥っ子はオレンジピールのコーティングも手伝ってくれたなぁ。と1年越しにありがたさが身にしみました。

 

 

そんなこんなで、チョコのレシピもアップしようと思っていたのに叶わず・・・。

 

バレンタイン後にぼちぼちアップします。

 

また来年のバレンタインにアップしたら良いか~と去年書けなかったレシピも残っている汗

 

 

さてお待たせしました 結果発表です!

 

毎度おなじみ抽選王。

 

あっという間に結果が出るので、ちょいと盛り上がりには欠けますが、心の中でドラムロールを鳴らしてくださいね。

 

ダブって記入されていたものは除き、参加人数は190名。

 

当選数は8なので、8を入力。

 

結果はこちら。

 

番号だけだとわかりませんよね。(特にスマホの方は、自分が何番かわからない)

 

ということで、探しました。

 

111番 アロマハートさん(ブログはこちら→

31番 sunny.place624さん(ブログはこちら→)          

184番 ショコラ大好き☆さん

20番 dra-kichiさん(ブログはこちら→

121番 雪乃さん(ブログはこちら→

44番 みいすけさん

97番 でこさん

34番 ゆぴはぴさん(ブログはこちら→

 

おめでとうございますー。

 

ブログをお持ちの方は、のちほどメッセージをお送りいたします。

 

ブログをお持ちでない方は、

 

cookshiro@gmail.com へご連絡をお願いいたします。

 

(ブログをお持ちの方もメッセージでは住所等のやりとりができないので、gmailでやりとりをさせていただきます。)

 

今から頑張れば、明日発送できるかも。

 

そしたらバレンタインには間に合うかも。(ここ数年にない崖っぷち感)

 

2月21日までにご連絡がつかない場合、当選は無効とさせていただきます。

 

 

そして、今年も少しだけ販売分をご用意しました。

 

実は先日、絶対用意できるだろうという数を予約販売分として出したのですが、あっという間になくなりまして・・・。

 

ボンボンショコラを最後まで作ってみて、あと少しだけ追加できそうだな。と今日の午前中に判明。(遅っ)

 

一応コーティン後に個数をカウントするのだけど、箱詰めの時にはじくものもあり、最終的には詰めてみないと分からない。なぜ毎年こんなに崖っぷちなのか・・・。

 

こちらです。

 

ボンボンショコラ15個入りの箱(箱は赤か黒です。色はお任せください。)

オレンジコンフィのチョコがけ2枚

オレンジピール2枚

おまけ(おたのしみに)

 

 

このセットはこちらで→

(私のうつわのお店のページに飛びます。先日の予約販売分とは違うページです。)

 

 

今年は、カシスが新作です。(とてもかわいいカシスリキュールは、インスタにpostしてます)

 

ナッツとキャラメルに合わせたガナッシュはしっかりバニラ風味に。←お気に入りの組み合わせ

 

今年のレモンティーは、去年と同じ屋久島の天然アールグレイを使っています。

 

そして今年はコーヒーを自分で焙煎(笑)。←インスタにもpostしたところ。

 

レモンやオレンジなどの柑橘類は、らでぃっしゅぼーやで皮まで食べても安全なものを使っています。

 

最高においしいものをお届けしたいという想いのもと、こだわった材料で心を込めて作りましたドキドキ

 

 

さらに、販売分のみにつくおまけは、特別に作ったものが入りますラブラブ

 

去年、これのレシピを書こうと思ったのにまだ書いてない・・・汗

 

お楽しみに。

 

 

それから、オレンジコンフィの特大サイズを数枚ご用意できました。

 

今年もらでぃっしゅぼーやで、国産ネーブルオレンジをつかったのですが、去年と同様、かなり大きなサイズのものがあり、特大オレンジコンフィがいくつかできました。

 

箱に入れるにはどうもつらい。(それを入れるとオレンジピールが収まりきらないあせる

 

ということで、特大だけがちょっと残っています。(でも本当に少しだけ)

 

 

小、中、大、特大を並べたところ。(これは一昨年の写真ですが、今年もこんなかんじです。)

 

写真だとそこまで大きさが伝わらないと思うのですが、届いたとき、手に取って驚いてください。

 

すごくジューシーに仕上がっています。

 

お店だともう少ししっかりと乾燥させるのですが、ジューシーさを味わっていただきたいので、いつもあえて半生の状態で。

 

これがいちばん好き。という方がとても多いオレンジコンフィです。

 

 

オレンジコンフィ特大サイズ→(ホームページには以前の写真を使ってますが、実際は特大サイズです。)

 

ちなみに今年も、オレンジコンフィの裏は全て転写シートの柄が。

 

無駄に買い集めた(しかも毎年買ってる柄があるあせる)転写シートが大活躍です。

 

 

どれが届くかお楽しみに。

 

 

そんなこんなで、私は今からオレンジのコーティングを。

 

夜は箱詰めできるかなぁ・・・。微妙なところ。

 

まだまだ頑張ります。

 

 

チューリップ赤コックしろのInstagramはこちら→ 

ブログで書いていないことも結構こちらにあげてます。

 

 

いつもクリックありがとうございますドキドキ

励みになります音譜

 

 

お願いコック(blogランキング) ぽちっとコック(レシピブログ)

 

私が店主をしているうつわの販売サイト

 

 

去年のチョコレートBOX。

 

今年のは絶賛作成中。

 

 
そろそろバレンタインですね。
 
今年もチョコレートに囲まれてるコックしろです。
 
コロナの影響でいろいろなものが予定通りではないけれど、今年もチョコを作れることに感謝。
 
大変だけど楽しい毎日です。
 
 
さて、今日は2つのお知らせです。
 
ひとつは毎年恒例のバレンタインのプレゼントイベントについて
 
本日から始めます!!
 
詳細はこの後。
 
 
もうひとつは、チョコレートの予約販売について
 
今年は初めてチョコレートBOXの予約販売をします。
 
実は毎年、プレゼントイベントの後にちょっとだけ販売していたのですが、そうなるとバレンタイン直前の発送作業が立て込んできます。
 
せっかくだからメッセージも書きたいし、送り状も用意しなきゃいけないし・・・と1日にあまり数を送れないことも。
 
予約にすると送り状とかを事前に準備できるなぁ。と思い、今年はいつもより早く販売ページを用意することにしました。
 
 
私だけが楽になるだけでは申し訳ないので、10日までに購入してくださった方には、予約特典としてのおまけもご用意。
(まだ作ってないけど、私の好きなチョコ。作り方も余裕があればブログでご紹介します。)
 
15個入りのBOXにオレンジコンフィ、オランジェット、おまけ、といういつものセットにさらに予約特典がつきます。
 
そして、12日以降で日時指定もお受けします。(九州や沖縄などの日数がかかるところは13日以降)
 
予約販売の詳細はこちらで→(私のうつわのサイトにとびます)
 
オレンジコンフィのページもあります→
 
 
10日23時59分に予約販売は一旦終了し、数がまだ用意できそうであれば、12日以降に販売する予定です。
 
絶対にゲットしたい。という方はぜひご予約を。
 
 
さて、おまたせしました。
 
プレゼントイベントの詳細です。
 
インスタでプレゼントイベントそのものが規約違反になったので、今年はブログだけでの開催。(物品の見返りにいいねやコメントやフォローを強要しないように。というのが加わってた汗
 
ということで、ブログでの当選者が8名様に戻りました。
 
 
いつもとは違った大変な1年でしたが、私のチョコで少しでも笑顔になっていただけると嬉しいな。
 
そう思いながら作成中です。
 
 

<プレゼントイベントの内容>

 

このイベントは、私のブログに遊びに来てくださってる方なら、どなたでも参加OKです。
 
ただし商品の性質上、国内のみの発送とさせていただきます。
 
そして、今年もも申し訳ないのですが、着払いで発送させていただきます。
 
送料払ってでも欲しい!!と思われた方だけご参加ください。

 
そして、アメブロのアカウントをお持ちでない方は、こちらからご連絡ができませんので、当選したら必ずご連絡をいただける方のみご参加ください。(12日以降、マメにチェックをお願いします!)

 

アメブロのアカウントはないけどインスタのアカウントはお持ちの方は、こちらにコメントを入れた後、コメント番号(スマホだとコメント番号が分からないので、何日の何時にコメントをしたか書いていただけると助かります)と応募したときのハンドルネームをインスタのDMで送ってくだされば、当選したときDMでお知らせします。

(インスタでDMを送っていないのに私からDMが来るということはありません。最近インスタでそういう詐欺が多いようなので、お気をつけください)

 

コックしろのInstagramはこちら→ 

 


☆プレゼント☆
 
コックしろお手製チョコレート
(現在作成中。15個の詰め合わせ+オレンジチョコ+オランジェ)

 

こちらは去年の画像。


 
こんなかんじのをお届けします。(箱の色は赤か黒のどれかをお送りいたします。色はお任せください。)

 
 
☆当選者数☆
 
8名様
 
 
☆応募期間☆
 
今から2021年2月11日(火) 23:59まで
 
☆応募方法☆
 
この記事のコメント欄に参加希望とお書きください。
 
 
☆抽選方法☆
 
おなじみ「抽選王」(抽選ソフト)で行い、ブログ上で発表します。
 
・・・とこんなかんじです。
 
遠慮なさらずに、ぜひぜひご参加くださいね。
 
 
間違って去年や一昨年などの記事に参加希望と書いた場合、締め切り時間を過ぎての参加は、無効とさせていただきます。
 
ご了承ください。
 
 
ではでは、スタート!

 

 

 

チューリップ赤Instagramはこちら→ 

チョコの進捗状況をpostしてます

 

 

いつもクリックありがとうございますドキドキ

励みになります音譜

 

 

お願いコック(blogランキング) ぽちっとコック(レシピブログ)

 

私が店主をしているうつわの販売サイト