こんにちは。

 

自然体のままで「売れる私」に変わる。

ナチュラル・ブランディングの村本彩です。 

 

 


初めましての方は
こちらを読んで頂けると嬉しいです(^^)
↓↓↓
村本彩ってこんな人

もっと詳しく知りたくなってきた方は
↓↓↓
村本彩の起業ストーリー

個人的な人生ヒストリーは
↓↓↓
普通だけど普通じゃない。唯一無二の人生ストーリー

 

 
最近ハマりまくっている
NHK朝ドラの「エール」!
 
早稲田大学の応援歌や
高校野球の大会歌
阪神タイガースの六甲おろし
そして「モスラ」の歌
などを作曲された古関裕而さんの実話を
ベースとしたお話で

今週は主人公裕一のターニングポイントで
ブランディングにも通じる話でしたよー!!!
 
 
image
 

先日やった月1セミナーでも
熱く語ってしまいました(笑)
 
 
どんな話かと言うと・・・

主人公の作曲家・裕一は
レコード会社と契約するも
1年以上曲が採用されず
苦しむ時間が続いていたんですね。
 

そんな中で
早稲田の応援部から応援歌の依頼が。
 
でも書けない・・・
 

締め切りが翌日に迫った時
応援団団長が
「なぜ自分が応援団をしているのか?」
を裕一に語り始めます。
 
 
それは、高校時代にバッテリーを
組んでいた清水が大怪我をして
手術中麻酔も効かず喘いでいる時に
「早稲田の応援歌を聞かせてくれ!」
と言った話。
 

清水は結局野球をできない体に
なってしまったのですが
ラジオで早稲田の野球とその応援歌をきくと
その頑張りを励みに、自分も頑張れる
そんな風に語ったそうです。
 
 
だから団長は
絶対早稲田に勝利をもたらし
清水に力を与えたいと
応援団に入ることを決めた。
 
なのに、ずっと慶應に勝てない・・・
 

清水のためにも
応援団最後の今年、連敗を止めて
絶対早稲田に勝利をもたらしたい。
 

だから先生、
「清水のために、応援歌を書いてください!」
 
そう伝えたんですよね。
 
そしたら祐一の心のスイッチが何か変わり
そして「紺碧の空」という曲が生まれたのです!
 
image
*NHKさんのHPよりお借りしました。
 
 
この曲は今でも長く
愛されている曲ですが
その曲も
「たった1人」
を応援したい
気持ちから生まれたんですよね。
 
 

これは
ブランディングをしていく上で
とても大切な
「ペルソナ」
に通じるなぁ・・と思いました。
 
 
「誰のために」というたった1人を
ありありと思い描けるほど

その人はどんな気持ちを抱えているのか?
その人に必要なのは何なのか?
自分ができることは何なのか?

ありありと浮かんでくるんですよね。
 
 
「誰か」へ向けて作られたものと
「あなた」へ向けて作られたもの
熱量が違うのは、歴然ですよね。
 

そして1人の心に深く響くものは
不思議と多くの人の心も動かすんです。
 

だから、「たった1人」へ向けることを
恐れないでほしいなと思います^^
 
 
image
 
 
 
でもこの朝ドラ「エール」
コロナで撮影がストップしていて
収録分は後1ヶ月しかないそうで・・・
一旦放送休止になるかもしれないのです。
 
 
続きがきになるー!!
 
 
だけどまだ1ヶ月あるので
楽しみたいと思います。
 

でもでも、
一旦放送が休止するなら
きっと再放送もあると思うので
これまで見ていなかった人はチャンスですね!
 
私はここ数日、
毎日朝から泣いてます(笑)
自分自身にも、エールをもらえますよー^^
 
 
 
 
 
 

今日も最後までお読みいただき 

ありがとうございました💕

 

 

 

 

 

★4,500名以上の方がご登録!

 

無料動画プログラムをプレゼント✨

 

あなただけの強みを活かし

集客と売上の不安から解放されて

 

自然体のままで売れる方法を無料で特別公開!

 

 

ナチュラル・ブランディング3ステップ

無料動画プログラム

 

 

ご登録はこちらから

↓↓↓

 

 

 

 

お客様の声はこちら

 

 

★新規集客に苦戦していたサロンオーナーが

   高額講座に半年で63名集客した秘密

 

 

 

★自分の軸となるビジネスの見せ方に

    迷っていたスピーチコンサルタントが

    代名詞となる講座を開講して

    WEBからの新規集客が可能のなった秘密

 

 

 

★起業して8年が経ちリブランディングの

   必要性を感じながら長年迷っていたのが

   同業者との差別化に成功した秘密

 

 

 

★起業に不安しかなかった税理士が

   オリジナルサービスを構築して

   起業が楽しみで仕方がなくなった秘密



 

 

 

★会社を辞めるか悩んでいた女性が

   自分の強みに気づき独自のビジネスを

   スタートすることができた秘訣