1年以上ぶりに、やっと続きが書けました<m(__)m>

1年以上ぶりなので、少し内容ご案内をさせていただき、続きを掲載いたします。

とはいえ、不定期の掲載になりますが、また、よろしくお願いします。

 

野球もキャンプインしました。

私も不定期ですがまた始動させていただきます。

よろしくお願いします。

 

少しだけおさらい

 

登場人物

●星ひょうま

マッキーS湖ナチュラルズ投手コーチ。

現在、三門妻おきゅうと愛し合っている関係

かつ、チームドクター城戸涼介の父であることをおきゅうから聞いて知り、この際城戸涼介にも真実を話し、2人の関係も明るみにしようと考えている。

 

●三門ほうさく

マッキーS湖ナチュラルズ打撃コーチ。

おきゅうとひょうまの間を疑い、夫婦生活に危機感を感じている。

打開策として、城戸涼介の親代わりになろうと試みている最中。

 

●三門きゅう子

三門の妻として穏やかに生活するも、やはり星ひょうまを愛していた。

かつ、死んだと思っていたひょうまの息子が生きていて、なんとマッキーS湖ナチュラルズチームドクターであることを最近知る。

 

以下小説です。

おきゅうと会うことは全く考えていなかった三門。

城戸と会ってなんとか羽田発那覇行き最終便に間にあわせることしか頭になかった。

おきゅうと会ったら確実に明日の練習には間に合わない。

しかし、練習と城戸親代わりプロジェクト、どっちが大事かなんて、考えるまでもない。

ただ、おきゅうが今どこにいるのか。

東京にいればいいが・・・。

三門はおきゅうに電話をする。

案の定留守電だ。

居留守なのか仕事なのかはわからない。

時間的にはもう仕事が終わっていてもいいころだが、だいたいおきゅうの仕事のパターンも全くつかめていない。

(こんなので夫婦と言えるとですか!)

もし、三門が別れたいと、留守電に残したたら、あるいはメールしたら・・・

(すぐに返事が来るかもしれんたい!)

 悲しみの涙が頬を伝う。

 でも、別れたくない、離れたくない。

(わしはおきゅう、きゅう子を愛している・・・)

だから、どんな仕打ちを受けてもおきゅうにしがみつくし、おきゅうが離れないためにはどんな手段だっていとわない。

 三門とおきゅうは離れてはならない

 そのためにはひょうまとおきゅうは離れてもらわねばならない、断じて。

 今、将棋で言えば、王手をかけようとしている。

 マッキーS湖チームドクター城戸涼介が、交際中の有坂咲との結婚に際し、三門夫婦が親代わりになることを承諾すれば、まさしく王手をかけることになる、ひょうまとおきゅうに対して。

 城戸の結婚が公になり、三門夫婦が親代わりになることも公になれば、ひょうまとおきゅうは完全に切れるしかない。

 自分の息子に親と名乗れないであろうおきゅうにとって、息子である城戸の正式な親代わりができることは、最上であるに決まっている。

 おきゅうに母性があれば、城戸を息子として相対することができることは幸せなはず。

 そして、それができるのは、三門と夫婦であるから。

 ゆえに、ひょうまとかかわりはもう持てまい。

(危なさを感じたら・・・)

 泣きの表情から一転、不敵な笑みを浮かべる三門。

「わしが、城戸涼介はきゅう子の息子だと知っている」

 一言いえばよい。

 それで、おきゅうとひょうまの関係は投了だ。

 

 

 

 どんどん詰めていかなければ。

 三門は再び携帯の番号を押した。

「もしもし・・珍しい、どげんしたと?」

 声の相手は・・・

「ちえ。頼みがあるたい。きゅう子に電話してくれんとですか?」

「兄ちゃん、自分で電話すればよかとね?」

 ま、言われるだろうな。

 妹、ちえは、三門とおきゅうの現状を全く知らない。

「うん・・・実はちょっとけんかしたばってん、直接謝りたい、しかしきゅう子はでてくれない。

今東京にいる。おまえから電話してほしい、あ、このこつば内緒に頼む。きゅう子がどこにいるかわかればわしが直接行くたい。おまえときゅう子は仲がよかばってん、頼むたい」

「・・・今は私もすっかりご無沙汰しちゃってるけど・・・そんなひどいけんかやらかしたの?」

つづく

 

 

 

 

平成最後のプロ野球が開幕しました。

でも、閉幕するときはもう令和なんですねー

同じ1年間なのではありますが。

5月からは令和の時代でございます。

 

気が付けば小説半年も更新できずにいます。

今は趣味の刺繍もできずに、というか、やろうと思えば本当は時間はねん出できるんでしょうけど(汗)

小説に関しては絶対最後まで書きます。

また、よろしくお願いします。

 

プロ野球に関しては、わが巨人開幕ダッシュを果たせたと言えるでしょう。

横浜と中日に対してはびみょーに負けていますが(汗)

正直、内海長野を失った時は応援の気力を失いかけましたが、やはりゲームが始まると自然に応援していました。

そんな自分に安心しました。

でも、原采配に関しては??と思うこともあります。

広島戦第2戦でヤングマン勝利したにも関わらず登録抹消してビヤヌエバを入れたこと。

確かにビヤヌエバは打てますが、その代償として、ヤングマンのかわりに澤村先発してベイに負けました。

ビヤヌエバが悪いわけではないですよ。

外国人登録のルールだから苦渋の策だったのでしょうが。

勝った投手を抹消させて、1回ローテを飛ばすそのリスクとビヤヌエバ。

その費用対効果はどうだったのかなと思います。

 

個人的には今村がぴりっとしなくて2軍になったのが悲しいなー

彼は今年結婚しましたからね。

そういうジンクスとか言われちゃったりしたらやだなー。

今村も、確かに皮むけた感じは昨年しました。

でも、さらにびりっともう一皮むけてほしいですね。

ズムサタのトーク力、やさしさ、好きです。

一軍で左腕をおもいきり振ってまたマウンドで活躍してほしいものです。

 

打線はいいですね。

岡本がどうかと思ったけど打ち始めました。

岡本はよくてもだめでもとにかく4番にすえておいてほしいです。

それが彼を成長させます。

 

個人的には田中俊太を応援しています。

 

最後に今季から解説者としても活躍している高橋由伸前監督。

すばらしい!

正直、解説などしゃべりは一番不向きかと思いましたが、がっつりいい意味で期待を裏切られました。

選手からいきなり監督というコースはいかがなものだったかと思いますが、解説者として考えると、この監督経験は非常に役立っているはずです。

なんか、自信を感じます。

人生無駄はないと私は思いますが、彼は解説の仕事をすることによって、監督業が活かされました。

こんごの解説も楽しみにしています。

ぜひ彼はワイプで顔出ししてほしいなー。

 

 

 

 

 

 

新年あけて、小説が更新できずすみません。

そのかわり野球関係。

プロ野球キャンプインしました。

今年は

※中日根尾

※日ハム吉田

など、新人も注目されていますね。

 

わが巨人・・・

内海に続き、長野も失いました。

得たものはあるのか。

それは今季終了してみないとわかりませんね。

巨人は内海長野を失う必要があったのかと思います。

内海、長野には新天地でぜひ活躍してほしい。

失ったものは大きいということを知らしめて欲しい

そして、野球は人間がやっている。

単に成績だけではない。

長野、内海が巨人に与えていたこと、そのかわりをできるひとはいないんじゃないかと思います。

 

とはいえ、私が巨人で注目したいのは、今村信貴投手です。

結婚したってことを知ってショックでしたが(笑)

おめでとうございます!!

うん、今村はもしかしたら内海の後継者として、人間力もあると思うから、投手陣も、巨人の潤滑油になれるかもしれない。

頑張れ!!そして結婚おめでとうございます

 

 

今年はなかなか連載小説を更新できませんでした。

月一回を目標にしていたのですがそれもできませんでした。

理由としては、新たにやることができたこともあります。

とはいえ、連載は最後を決めてありますので最終回まではなんとか更新していきたいと思います。

お付き合いいただければよろしくお願いします<m(__)m>

 

野球においては、わが巨人軍は、私にとっては迷走?としかいいようがありません。

選手の補強放出人的補償・・・

ポリシーを感じられません。

一番のショックは内海西武です。

炭谷がそんなに必要だったのか、内海をプロテクトから外す必要があったのか。

 

とはいえ、今年はもうすぐ終わりです。

来年もまた私のぼやきも含めてもろもろよろしくお願いします。

みなさん

良いお年をお迎えください。

こんばんは

長らく休んでいた連載小説をやっと更新で来ました。

今後も不定期ですが、最終回まで続けます(毎回同じ文章ですみません)

よろしくお願いします。

 

野球に目を向けると、わが巨人軍は来季に向かって秋季キャンプが始まります。

高橋由伸監督にはもう1年やってほしかった。

見出した岡本、田中、吉川尚樹をもっと育ててほしかったです。

でも、初めての高橋監督が「自分の意志を貫いた」ことですので、尊重し、今はゆっくりしていただきたい。

そして将来は当然巨人の監督として戻ってきてほしいし、そのまえに、やはり、監督補佐とかなんか新しいポストつくって、指導者の勉強をもう一度じっくりしてみてほしいですね。

原監督は3期目です。

のびのび野球、いいでしょう。

コーチに宮本和知さんが就任しました。

ズムサタ楽しみにしてたのになー

ズムサタ毎週見て、G+では蔵出しも見ていました。

それで選手の素顔を知り、好きになった選手もいっぱいいます。

岡本しかり、私は中井も好きだったのに、中井は戦力外つうこくされてしまいました。

中井以外だっているだろう、対象者!

あーなんかショックです。

というわけで、また、よろしくお願いします!!

 

 

 三門は、白黒はっきりすることばかり考えていた。
 もちろん、断られてすごすご引き下がって遠路はるばる沖縄まで帰るなんて想像しただけで脱力しそうなので、絶対白星あげて帰りたいところ・・・だが・・・。
(こんな大事な話には、グレイゾーンがあることに気づいたたい・・・)
 初回の話で白星あげるどころか、逆に黒にならずに帰るだけでもましと思わなければならないのかもしれない。
 グレイゾーン、つまり、「考えさせてください」と言われるだけでもまだましだと・・・。
 急いては事を仕損じるというではないか。
 大金はたいて往復しているのに・・・せこい考えが頭をよぎったが、ひょうまとおきゅうを引き離すということは、一大イベントであるからにして、もっと腰を据える覚悟をしなければならないのだ。
 脳内一部では焦りが渦巻いているけど。
 果たして、城戸の答えは・・・。
「お言葉はありがたいんですが、僕の親の生死はわからない、そんなあやふやな状態でいいのでしょうか?」
  なに?いいのでしょうか?
 三門の心臓が希望ととらえて、踊りだす。
 あやふやな状態じゃない、ほんとにのどまででかかっている。
「君の親はきゅう子ですたい!」
 この一言が言えたらどんなにいいことか。
 その代わりに発した言葉。
「だから、わしら夫婦が親代わりをすれば、あやふやじゃなくなるとです」
 さらに畳みかける。
「万が一、本物の親がでてきたとして、先生に迷惑をかけるようなことがあったらわしが断じて許さんとです」   
 自信を持って畳みかけた、そんなことにはならないはずとわかっているから。
 城戸はうーん、と、腕組みして天井を見上げるも、また視線を三門に戻した。
「あの、当然、きゅう子さんもこのことは承知されているんですよね?」
 うっ・・・思わずひょうまのように手刀で汗をぬぐう三門。
「も、もちろんたい!当たり前たい」
「そうですか・・・。わかりました。ちょっと考えさせてください」
「いつまで?」
 品物の納期確認のようにすかさず問うてしまう三門。
「いや、ちょっとやはり突然のお話しなので、一応有坂さんにも相談してみます」
 三門は自身に言い聞かせる。
 断られるよりはましだと。
 100回くらい言い聞かせた三門は、
「じゃ、いい返事を聞かせてください」
 言うと、まだ粘りたい気持ちをおさえ、無理やり立ち上がった。
 スーッと尻に冷たさが走る。
 座っていた座布団は汗で濡れていた。
 
 時計を見る。
 今からなら夜までには那覇に到着できるだろう。
 だが・・・
(きゅう子にも、この話をしておかなければならないのでは・・・)
 三門としては、城戸のOKをとってから話すつもりでいた。
 しかし、一抹の不安が頭をかすめる。
 万が一、城戸がきゅう子にこの話についてなんらかの連絡をしたら・・・。
 とりあえず、特急電車で東京に向かうも、三門はもやもやして落ち着かなくなる。
 おきゅうに話しておいたほうがいいのではないか。
 決定してからにしたいけど、でも、先に述べたように万が一のことがあったら、城戸から知られるより三門から直接伝えるべきだろう。        つづく


 

本当にすっかりご無沙汰しましてすみませんでした。

 

気が付けば野球も終盤

優勝を願っていたわが巨人はいまやCS出場もどうか

(現状3位だが試合数が阪神より少ないので危惧しています)

 

そんななか

あくまで個人的にわが巨人のよかったところをあげますと

※岡本4番台頭

やっと若き生え抜きスターが現れました。

ホームラン30本達成、打点100は越せると思います。あとは打率3割をキープできれば史上最年少記録を達成できます。

ていうくらいの活躍。

昨年まではホームラン1本でした。

この人のズムサタトークは面白いですよねー

2015年ルーキー一番最初、宮崎キャンプで鼻ずるずるさせながら(たぶん花粉症なのかな)そのせいかわかりませんが、トーク嫌いなのかと思っていたのがうそのようです。

笑顔が可愛いです♪

 

※今村投手覚醒?

今村信貴投手、今日も阪神戦に登板しています。

今季5勝あげています。

まー危なっかしい部分もありますが、腕をよくふれと先輩杉内に教わった成果か。

とにかく長いイニングを投げられるようになりました。

後半戦ローテーションを守り切って来季につなげてほしい。

この人もズムサタトークはさえています。

 

※内海投手再び

内海投手なかなか一軍復帰できませんでしたが途中からローテーションを守っています。

かつてのエース。

左腕投手であり、性格もいいし、リーダー的存在を示せる内海にはもう一回エースの座に返り咲いてほしいけど無理なのかなー・・・。

ズムサタトークは完ぺきです。

 

※中井大介選手

最近好きなのは中井大介選手です。

昔、レギュラーになりかかったときに、遅刻してペナルティで試合から遠ざけられてしまいました。

あのときの遅刻がなければ今頃レギュラーだったんじゃないでしょうか。

というちょっともう一歩感を感じさせるところがあるのですが、やはりズムサタトークは優しそうで好きです。

 

すみません。

書いてて気づきました。

基準はズムサタトークでした(笑)

ズムサタも見ますし日テレG+では蔵出し映像出ますのでそれも見てしまいます。

私がズムサタで注目してるのは

菅野投手→私は意外と?優しいのかなと感じています。

宮國投手→大人しいけど取り上げられていますね。顔は好きです。投球も頑張ってほしい。できたらセットアッパーとかどうだろうか、メンタル強くして。先発はちょっと・・・。

あとは上記に掲げた選手たちです。

 

※連載小説も、今月中には更新したいと思っています。

それこそ超久々です<m(__)m>

また、よろしくお願いします。

 

今村ー阪神戦勝てよー!!

 

 

 

 

 

 

 

こんばんは

連載小説、また間が空いてしまいました。

ほかにやることが重なってしまい、すぐに更新できません。

でも、必ずまた続けます。

すみませんがよろしくお願いします。

 

野球について

わが巨人・・・

広島になかなか追いつけないですね。

投手も菅野と山口以外が安心できない。

内海、今村もいい線いってるんだけど・・・そういうときは抑えが打たれる。

広島3連戦中

昨日負け、今日も苦戦を強いられています。

投手陣ぴりっとしてほしいもんです。

 

なかなか更新できずにすみませんでしたが、やっと、連載小説を更新できました。

今後も超不定期ではありますが、最終回まで更新を続けていくので、何卒よろしくお願いします。

 

野球においては、わが巨人、GWをなんとなく(汗)切り抜けたという感じですね。

広島戦に勝てなかったのは残念でした。

勝てる試合を落としました・・・じゃないのか、広島に力があったということでしょうね(汗)

投手陣では今となればやはり先発は菅野しか安心して任せられる投手がいないのが辛いところです。

個人的にはぜひ内海投手にもう一花咲かせてほしいですね。

今日から阪神戦。ぜひ3タテして11日の闘魂デーに持ち込んでほしいものです。


 用件内容に関しては何も伝えていないのに、城戸涼介は、襟付きシャツに、自宅にも拘わらずジャケットを羽織っていたし、ご丁寧にお茶とお菓子も用意されてあった。
「かえってすまんとです。なにも構わんといてくんしゃい」
 ジャケット姿の城戸を見てさらに緊張した三門はそういいつつも、目の前の湯のみ茶碗をぐいっとわしづかみにすると一気に飲み干した。
「城戸先生、もう結婚に向けて準備してるとですか?」
 つかみも世間話もなく、いきなり本題に切り込む三門。
 おめでたい話だからいいようなものの、果たして、城戸の相好が崩れた。
「いやあ。いきなりそんな話ですか、参ったなー」
 顔も赤らむ城戸涼介。
「ええ、やっと有坂咲さんのおとうさんの許しを得られましたからねー、あ、そうか、こちらからお礼を言わねばならないですね。かえって失礼しました。きゅう子さんにはカウンセリングなど本当にお世話になりました。改めてお礼に伺いたいと思います・・・」
「い、いや、そんなこつはよか・・・。というか・・・今日はこちらからお願いというか、提案というか・・・」
 三門は自身の唇をベロっとひとなめする。
「お礼はよか・・・いや、ついでに、わしらに、親代わりをさせてもらえんでしょうか」
「はあ?」
「つまり、わしときゅう子が、先生の親代わりとして結婚式に出席させていただきたかとです。もちろん、形だけじゃなか、わしらでよければ、本当に親代わりができればと」
 本題を言い終えた三門、汗がどっと噴き出て、慌ててポケットからハンカチをまさぐりつかむと顔をごしごしふいた。
 所要時間にしてまだ10分もたっていない。
 しわになるくらいまで顔や首をふいたあと、三門は我に返ったかのごとく周りを見回すと、城戸が小首をかしげていた。
「三門さん、わざわざそれをいうためにキャンプを抜け出してこられたんですか?」
「お願いする立場ですからな」
「お願いする・・・って、そんな、なぜ?なんの関係もないのに、というか、親代わりなんて・・・大丈夫ですよ。ご迷惑をおかけできません」
 社交辞令なのか本心なのか、当惑しているようだが、城戸の口調自体は落ち着いている。 
「ご迷惑じゃなか」
 笑いをとるために「ご」をつけているわけではない三門、単に必死なだけ。
 また汗がでてきそうだ。
「わ、わしらには子供がなか」
 自身で言ってから三門は一瞬言葉に詰まる。
 そこには微妙に嘘があるから。
 三門には子供はいない、しかしおきゅうには・・・。
「欲しくてもできんかったとです」
 一気にしみじみしてしまう、これは本当だったから、ただ、きっと、三門だけの思いだろうが。
「城戸先生、有坂咲さんのお父上は、先生の身の上が不確か、つまり、先生の親の生死がわからん、そこが不安だから結婚に反対していた。もちろん今も生死はわからんとでしょうが、しかし、公の場でわしらが親代わりを宣言すれば、安心するとでしょうと・・・」
 生死の半分はわかっている、城戸の母親、おきゅうは生きている、もちろん口が裂けても言えない真実。
「でも・・・もうそんな必要はないんです。咲さんの父は大丈夫になりましたから・・・」
 城戸は大丈夫でも三門は大丈夫じゃないのだ。
 城戸の親代わりを夫婦でする、おきゅうは城戸の親代わりをつっぱねることはきっとできまい。
 引き受ける、イコール、三門と夫婦でいなければならないと悟るはず。
 つまり、三門がわざわざ城戸に会いにやってきた本当の目的は、ひょうまとおきゅうを永久に引き離すことだったのである。
 つづく


 

野球はわが巨人が調子をあげてきています。

しかし私の連載は滞ってしまっていますすみません<m(__)m>

なんとか5月中には掲載をしたいと思っています。

 

巨人はほんとに調子をあげてきました。

GW連勝続けて明けたら首位になっていたいものですね。

投手はドラいちの鍬原投手がでてくるようです。

活躍してくれれば投手もそろってきます。

守備打線は、長らく不在だったセカンドに吉川尚樹選手が固定できそうですね。

走攻守いけるんじゃないでしょうか。

岡本選手も覚醒しつつあります。

今後が楽しみです。

あとはゲレーロ選手がヒットでなくホームランをどんどん打ってほしいでございます。

連載小説更新できました

と、一人で喜んでいますが(笑)

ちょっとまだ忙しいので、来月更新できるかわかりませんが、またよろしくお願いします。

野球は、私はまだ村田ロス・・・

万一もないだろうけど巨人が戻してくれないかなー

でも村田にも失礼ですよねそんなじゃ。

頭下げて「戻ってきてください」って頼んでくれないかなー

なぜ外様につめたいわが巨人軍。

愚痴でした。


 終点甲府駅で降りると、三門はタクシー乗り場へ。
 意外とタクシー乗り場は混みあっている。
 待っている間に三門の汗もようやくひいてきた。
 タクシーに乗りこむ。
「S湖市まで頼みますたい」
「はあ?S湖市?」
 バックミラー越しに運転手が目を丸くしているのが見て取れた。
「お願いしますたい、一刻も早く!」
「は、はい、喜んで!」
 ハンドルを握りなおす運転手。
「えー長距離のお客さんS湖市までよろしくお願いしますどうぞ」
 無線で会社に伝えると、タクシー発進。
「そういえば、お客さんどこかで見た顔ですねー」
 長距離に気をよくした運転手の口も軽くなる。
「余計なコツば考えんとさっさと高速乗って向かってくんしゃい」
 眼鏡越しににらみを利かす三門。
「高速使っていいんですね」
「当たり前たい」
 ぞんざいな態度をとられ、さすがに運転手はむっとしたらしくあとは無言のまま、高速をひた走る。
 
 S湖市に着いたのは、夜中2時を回っていた。
 自宅に戻るとそのまま三門はベッドにもぐりこむ。
 一日キャンプ、その後長時間の移動で疲労しているにもかかわらず、眼がさえて眠れない。
(つかみはとった。果たしてOKしてくれるかどうか)
 妙に心臓がどきどきする。
 少しでも眠っておかないと・・・何度も寝返りをうつも、意識があるまま、朝を迎えてしまった。
(仕方ない。やるしかなか)
 三門はシャワーを浴び、替えのワイシャツを着てネクタイをつける。
「あ!」
 うっかりしていた。
 手土産くらい持っていかねば。
 沖縄でちんすこうでも買って来るべきだった。
(彼はそんなの気にしないでくれるだろう)
 また、ひょうまの顔が浮かぶ。
(顔が似てるわけでもなかかなのに・・・)
 三門はかぶりを振った。

 約束の時間ぴったりに三門は城戸涼介の自宅マンションに到着。
(ふー・・・っ)
 大きく深呼吸をする。
(話がうまくいくかどうか・・・)
「勝負たい!」
 声にだしてつぶやくと、三門は一瞬ためらったが、ドアフォンを押す。
 すぐに城戸がドアを開けてくれた。
「お休みのところすまんとです」
「いいえ、三門さんこそキャンプ大丈夫なんですか?」
「わしのお願いで来たとです、大丈夫たい」
 あと1時間後には確実に話はついているだろう、どっちに転ぶか。
 三門の顔が引き締まる。       つづく