この年の合否の分かれ目になる、all or nothingの問題です。多重積分があります。
医学科であれば落とせません。

ocでは受講生を課題で拘束しません。ただし目標があり、それを実現することを望むのであれば演習の指示と指導を追加します。

[’17年度 東大理Ⅱ1名・藝大芸術学科1名・医科歯科歯後期1名合格 累計11名中9名国立合格(合格率82%)]

指導要領5科に加え、情報科学・デザイン・経済学・プレゼンを提供。リベラルアーツ志向の少人数指導をオンラインで提供しています。

customer.classoncloud@gmail.com
http://www.classoncloud.jp
https://www.facebook.com/classoncloud.jp

 

[’17年度 東大理Ⅱ1名・藝大芸術学科1名・医科歯科歯後期1名合格 累計11名中9名国立合格(合格率82%)]

担当;藤尾(栄光卒・Grinell college 2年)

・社会学は心理学や哲学、社会科学との連続性の高い、自身が置かれている背景を見抜き、通念を疑うことで状況判断の力を磨く分野の一つです。リベラルアーツとの整合性も高いことが特徴です。

・授業は原則英語ですべて進めていくことを想定しています。主な対象は高校生ですが学力次第ではこの限りではありません。

・社会学の前提
・社会学と心理学
・PPE(Philosophy,Politics and Economics)
・言語と音感
・「個人の自由」と合意形成

指導要領5科に加え、情報科学・デザイン・経済学・プレゼンを提供。リベラルアーツ志向の少人数指導をオンラインで提供しています。

customer.classoncloud@gmail.com
http://www.classoncloud.jp
https://www.facebook.com/classoncloud.jp

海城の課題

 

・名簿流出事件
・2017年度実績
・学校と学年のカラー
・運営側の事情
・カラーのない校風
・少ない海外研修枠
・地学部の顧問の先生
・受け継いだ自己変革の力
・受験指導重視の特殊性
・公共心と矛盾する受験指導
・かるた部
 

[’17年度 東大理Ⅱ1名・藝大芸術学科1名・医科歯科歯後期1名合格 累計11名中9名国立合格(合格率82%)]
指導要領5科に加え、情報科学・デザイン・経済学・プレゼンを提供。リベラルアーツ志向の少人数指導をオンラインで提供しています。

 

 

 

安永(開成卒・Pitzer college 2年)による、神経科学の授業の紹介映像になります。

主な対象は高1-高3になります。生物を中心に理科に関心がある学生・哲学や心理学といった、人間の認識の仕方とこれに基づく行動の仕方に関心がある学生・今伸びている分野はどこなのか探している学生には魅力的な分野の一つですが、残念ながら日本ではまだまだ下火です。

cocならではの手元の科目学習と先端に触れる学びの両立を体験してください。
 

授業の詳細に関するお問い合わせはhpから

http://www.classsoncloud.jp

 

 

 

 

 

・海外進学の是非
・計量的な思考
・言語と計数のバランス
・科目学習と技術革新
・医療産業の特殊性
・問題の重層的構造
・日常感覚とつなげる
・ラサールの傾向
・地場産業の医療
・商社・金融・外交官
・渋幕・渋渋・ICUHS
・多様性
・筑駒と灘
・フィジカルの重要性

と言った話題について触れています。cocに関わっている大学生は軒並みこうした話題について受け答えができる柔軟性を兼ね備えています。

cocの指導は科目指導だけに留まるものではありません。ぜひ授業をのぞいてみたい!という子はお問い合わせください。

http://www.classoncloud.jp

 

つくばの吾妻小中学校出身、

開成卒、プリンストン進学予定でスタッフの伊藤くんが、

後輩の皆さんに向けてメッセージを送らせていただきました。

つくばは研究者の街であるため知的水準は高いですが、

選択肢や世界の広さが限られる面があります。
自分の道を突き進んできた伊藤くんの力強いメッセージを

是非ご覧ください。

 

cocの指導概要・方針に関するお問い合わせはhpから
http://www.classoncloud.jp