特別支援教育〜誰の為?② | おしゃべり大好き!自閉っ子 「チョロちゃん日記」  

おしゃべり大好き!自閉っ子 「チョロちゃん日記」  

発達障害と診断された自閉っ子チョロちゃんの
大変な凸凹育児を楽しめるようになったのは、
チョロちゃんもわたしも成長しているからです♪


テーマ:

初めての方はこちらをお読みください。 

 

 

 

知的な遅れがない発達障害の子ども達の多くは、特別支援学級ではなく普通学級を先ずは勧められます。

子ども達の困り感(感覚過敏や障害特性にまつわる問題等)よりも、IQの結果を重視する傾向があるからだろうと思います。

 

家族に発達障害の人がいると、その人達の生まれながらの生き辛さとか大変さを知っているので、普通にこだわって無理をさせるよりも、先ずは環境に慣れさせて少しずつ頑張らせる方が長期的に見て良いだろう事は容易に判断できます。

それで特別支援学級への進学を希望するのですが、大抵の場合、本人もそちらを選ぶという事もあるでしょう。

 

それとは逆に就学相談等で特別支援学校や特別支援学級への進学を勧められても、「普通」にこだわって拒否する保護者もいます。

 

「普通学級じゃないと嫌」という選択をするのは、特別支援教育の事を知らない場合や、校区の小学校に特別支援学級がない場合、或いはあっても今一つピンとこないという場合もあるでしょう。

 

 

他にも我が子を障害者だと思われたくない。という理由で何としても普通学級に入学させる。という人もいます。

 

小学校低学年のうちは何とか周りと一緒に過ごせても、学年が上がるにつれて学習の遅れが目立ってきたり、クラスの雰囲気に馴染めなかったりして学校に行き渋る様になる子もいます。

 

この時に特別支援学級に変わる事で学校に行けるようになる子もいますし、相変わらず普通にこだわる保護者の意向で無理をさせられる子もいます。

 

そもそも特別支援教育って誰の為の制度でしょうか?

そこをはき違えると後々までこじらせかねない事になります。

 

 

         * ~ アメンバーに申請してくださる方へ ~ *
凸凹発達の育児ブログです。アメンバー申請してくださる前に、
メッセージでお住いの地区やお子さんの事を教えて下さい。

よろしくお願い致します。

 

 

               にほんブログ村 発達障がい児育児 ブログランキングへ 

Keiさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。