発達障害と服薬の事 〜番外編 | おしゃべり大好き!自閉っ子 「チョロちゃん日記」  

おしゃべり大好き!自閉っ子 「チョロちゃん日記」  

発達障害と診断された自閉っ子チョロちゃんの
大変な凸凹育児を楽しめるようになったのは、
チョロちゃんもわたしも成長しているからです♪


テーマ:

3年程前、初めて栗本啓司先生の本を読んで、

自閉っ子の身体はしんどそうだ…という事に気づき、

チョロちゃんを連れて小田原にある栗本先生のお家に行って

チョロちゃんの身体をみていただいた時、初めてチョロちゃんがどう大変なのか。教えてくれる人に出会えた!と思いました。

 

発達障害の人は〜〜です。という解説書はたくさんあるけれど

栗本先生は個々の違いをわかった上で、その子の身体をみて、

その時のその子に必要な事を的確に教えてくれます。

 

睡眠障害や多動で困っている。と親がドクターに言ったら、

サプリメントの購入方法や、処方箋を書いて服薬で何とかする。

のがドクターですが、栗本先生の場合は全然違って、

 

身体に何も入れない。

家で親(本人)が簡単にしてあげられる。

から、通院も服薬の必要も一切ありません。

 

チョロちゃんは身体が〜〜だから◯◯なのは当たり前だと、

いとも簡単に教えてくれます。

 

それだけでなくて、何をしてあげたらラクになれるか?という

一番知りたい事(簡単にしてあげられるコンディショニング)も

教えてくれます。

 

今までにこんな人に会った事がなかったです。

 

栗本先生の凄い所はどんどん本が出て有名になっても、

変わらず黙々と自己鍛錬を続けている事、

お会いする度に新しい何かを教えてくれて、

常に向上心を持っていてそれが積み上げられて

それまでの知見と新しい知見が更に加わっていくので、次々に

新しい方法が見つかってそれを惜しみなく伝えてくれます。

 

熱が出るのはどうしてか?とか、

こういう症状の時はこうしたら良いとか、

先生の説明を聞くと、親はどっしりと構えて大丈夫だと思える

様になります。

 

そして、自閉っ子を含む身体が大変そうな人にも気づいて、

わたし自身も自分の身体に関して気づきが増えました。

 

薬に関しては(素人が勝手に減薬しては危険なので)

鹿児島市の神田橋先生の所に行って診てもらってください。と、

伝えていらっしゃいました。

 

神田橋條治先生は、栗本先生の本の推薦文を書かれています。

 

発達障害だから薬を飲ませて何とかする(させる)ではなくて、

栗本先生のコンディショニングをしてあげた方が、

薬を飲ませるよりも何十倍も身体に良い。

という事は経験しているからこそわかります。

 

 

             にほんブログ村 発達障がい児育児 ブログランキングへ 

Keiさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス