上総層群

上総海盆・古東京湾海底谷の生物たち


テーマ:

ああ~、日本から行った慰安婦合意の10億円のほとんどが、また馬鹿文によって北に行くとは、結局は日本が北に援助してるようなもんだな~。しっかし韓国人てやつは、北の潜水艦に軍艦沈められても、砲撃をくらっても、それでもなお日本のほうが憎いってか。もう頭っ来たキムチなんか二度と食うか~。まずは広島優勝おめでとうございます。メキシコで被災された方々には心からお悔やみ申し上げます。こういった国に援助をするもんだ。馬鹿たれ文め、こんな奴が大統領だもな~、安倍ちゃんのほうがよっぽどましだよ。しっかし、琉球の戦時遺産のガマを破壊するとは、私はてっきり犯人は本州の者がと推理していたが、なんと地元の馬鹿ガキだったとは、しかもガマの存在意味すら知らなかったとは、全員無職、いやはやこんな奴らは死んだほうがいい、琉球の面汚しというか、辺野古やオスプレーなどよりも、こっちのほうが大問題だと思うけどね。同じガマでもペグマタイトのガマ探しのほうがよっぽど楽しいぞ。

 パプアさんのコメントが気になり、なんとか二枚貝から分離させようと、さらに深く掘り進めると、普通両側にあるはずの副咬頭が、片側にしかない。もしやとおもい舌側面を掘り進めると、天狗の鼻のように盛り上がっている。パプアさんの言う通り、ヘミプリの下顎歯であった。しかも前歯である。これには恐れ入ったというか、まだまだ勉強不足だということを痛感した。しかも、いい加減にクリーニングしたため、歯根を少々傷つけた、長さは3cmと思っていたが分離させ正確に測定したら26mmしかなかった。水洗いしたら縮んだかな?

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

全体的にかなりすり減った個体、まあ堆積環境から推測するに、相当流れのきつい海域だったためであろう。どうりで貝がほとんど含まれてないわけだ。出てもカキ殻の破片や、ツンツルテンのマツモリホタテ程度である。しかし、このイスルスは多かった。一度に10本、しかし、途中から贅沢になり、破片や歯根の無い物、スカスカの白い物は採集してこなかった。まさに贅沢は素敵であった。あれだけ所有していたサメも、一つまた一つと無くなってしまった。また取りに行けばよいと考えていたのだが・・・・・・・山の消失と同時に、化石も消え去ってしまったのである。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

厳重に抗議ったて、スガっちよ、そもそも聞く相手じゃあないだろう。それに、今の状況は、先の朝鮮大統領や管、鳩山、村山など、歴代総理の北に対する融和政策の結果がこれだよ。どんなに餌を与えてもなつかない動物っているでしょう。相手はそういった最も下等な生き物というわけですよ。まあ、仮に落とされたら、落とし返すぐらいの気でないとだめだよアベッチ、トランプは意外と口先だけかもしれないし・・・・・っておお~と!パラトダスさん、コメントありがとうございます。ここは、奈良の朝廷に滅ぼされた地のため、今でも阿弖流為の魂がっ・・・・てわかりにくいですよね。パラトダスさんが紹介している脊椎の場所です。でも最初に見つけたのはイスルスでした。そしてメガロ、まるで沖積世の砂のような産状でたまげました。しかし、その山も半年後には真っ平になってしまいましたね。東京から400k、近くはないですよね~。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

サッカーは日頃は見ないけど、やはり日本が勝つのは気持ちがいいね。しかし、またしても北の豚ミサイル南極2号・・・いやいや火星だったかな、まあいいや。み~んな騒ぎすぎ~。陸に落ちたわけでもなく、上空を通過しただけじゃん。な~に、女が自分の頭をまたいだと思えば腹も立つまいての~。弱い犬ほどよく吠える。ホクチョンや文などほっとけてなもんだよ。ビンタね~、こんな程度でニュースね~、猪木だったらとっくに逮捕されてるよ。シリカパウダーが発がん性・・・・あ~のね。これって普通に校庭のグランドや公園などで舞い上がる、ほこりやチリとなんら変わりないもんなんですけど、何ですか、野球やサッカーなどしている少年達にも運動中はマスク着用義務付けてなことになるんでしょうか。か~ニュースやテレビもひどいね~恐怖をあおってからに、いやいや、そりゃあこのシリカパウダーをちゃんと管理していなかった会社が悪いわけだけど、シリカそのものは日本中どこにでも舞っている。チャンコロの黄砂も似たようなもんだよ。瑞浪は日本屈指の化石博物館があるところ、こんな程度のシリカたいしたことありませんよ、となぜ言えないのだろう、当然地学担当者も大勢いるはず、シリカの知識は兼ね備えていると思うのだが。

 この写真の現場、強風時はシリカのチリが舞い上がる場所、一時は目もあけていられないほどである。当然服も頭も叩けばほこりが出るほどだ。しかし、そんなことを恐れていてはメガロドンやホホジロ、イスルスは拾えない。通い続けて20年以上になる。ということは吸い込んだシリカのチリも相当なものだと思うのだが。今のところぴんぴんしてるけどね。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

戦後もう72年も経ったとは・・・・・思えば祖父や伯父さんなどからもっと戦時下、敗戦後の話を聞けばよかったと後悔する。もっぱら話したくない部分もあったと思うが。まあ敗北したわけだから言いたくない部分のほうが多かったのだろう。この時期になると、戦争に関する放送をするTVやラジオも多く、古いフィルムが流されるが、そこでいつ見ても物悲しいのが、学徒出陣式である。土砂降りの中、競技場を行進する丸眼鏡にゲートル姿のモヤシのようないでたちの学生が、ぶ恰好な38式を肩にかけ行進する。それを不安げに見送る女学生、東條の姿は、勇猛果敢とは正反対、どこから見ても勝てる雰囲気ではない。そして今になってもなぜ太平洋戦争に突入したのか、だれが戦犯かもはっきりさせていない。そもそも、全会一致で戦争を承認したわけではなく、軍や政治家の中ですら、戦争に反対していた者も多かったわけだが、それがなぜ戦争という道をたどったのだろう。何となく現在のオリンピック誘致や豊洲、原発などの問題とて、同じようなことをしているように思えるのは私だけだろうか。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんな50年も前の本が、前回の採集のヒントにもなった。しかし現在、この本で紹介されている半数以上の場所は、露頭を観察すること自体できないであろう。販売されていた当時の価格は430円、現在の神田の古書店に行くと、数千円の値がついている。サメさん申し訳ない。あのサメを外そうとすると、下の二枚貝も崩れそうなので、実は貝のほうが貴重なのですよ、代表種なもので。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

神戸のキチガイといい、今治のキチガイババアといい、いきなりブッス、ボコッ、それでいて死人に口なしである。しかし、孫に殺られるとは、まあ自分の生んだ子供を早々に殺す親もいるわけだし、それに比べれば、ヒアリなどかわいいものである。北の豚に、ノーベルショウ受賞者を灰にして海に撒き、そんなことがあったのかと幕引きするチャンコロ、美味しいところだけもっていく露スケ、国民総ヒステリック、劣等民族の文国家、見てみたまえ、ヒアリなどより、隣国の人間の方がよっぽど恐ろしいではないか。おお~と、またしても記事を書くのを忘れるところであった。ようやくクリーニングが終了した。最初に3mmの頭が出ていたが、最終的には30mmになった、若干歯根が削られてはいたものの、形はほぼ整った。掛川ー逗子動物群ではなく、産地は塩原ー耶麻動物群、とだけお答えしておこう、ただし、栃木県や福島県産ではない。もう7月8月9月はお休みだ。明日はダイそうに行って、容器を買ってこよう。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

小礫の混じる砂岩層、出てくるのは貝ばかりである。普通ならこういった場所からは、サメが出てもおかしくないんだがな~と思っいると、やっぱり出てきた。鋸歯はない、直線的、長さ1cm、うう~んどこまで埋まっているのだ。先端は丸い、ということは歯根の残る可能性は低いという事か。暑さでしばしクリーニングは中断である。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

どこまで行っても隣国の大統領に豚将軍、バカばっかりだな。お互いクソミソに言いあっているくせに、オリンピック一緒にやろうよって・・・・・何それ。それでいてま~た慰安婦・・・・・・・おいおい馬鹿文、いったいてめえの国から、今現在、平成慰安婦の風俗嬢がどれだけ我が国に出稼ぎに来てると思っている。歌舞伎町に堀之内、鶯谷、北は北海道から沖縄まで、日本全国津々浦々、風俗行脚で荒稼ぎである。(そんな慰安婦に引っかかるのが日本人だが)そんなことも知らないで、二言目には謝罪しろ。こういうのに同調する日本の馬鹿記者、バカ新聞もあるしね。相変わらず馬鹿か(寅さんふうに)。私がもし税関長であれば、すべて水際でシャットアウトして、二度と入国させないようにするが、日本は弱いからね~。

 ああ亡くなられてしまったね~。から騒ぎよく見てたのにな~。かわいそう、ご冥福をお祈りいたします。

あっ、肝心の記事書くの忘れた。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

この産地に関しては、もう何も言わなくともみなさんはご承知だろう。ほぼこれだけが多産する。しかも保存状態も分離もすこぶる良い。かたや、模式地である塩原からも多産するものの、殻が見事なくらいに分離しない、ところが、ここより東方に向かう棚倉では、茶褐色の見事なものが産出する。共に含まれる層は礫岩である。礫とこいつとは相性が良いのだろうか。こいつのその後が知りたいが、イノウエになったのか、それともミウラに化けたのか。そしてセンダイ、サトウへと続いたのだろうか。横に並べた現生種のアズマニシキやヒオウギと見比べながら、無言の問答が続く。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。