【クレイテラピー】チコ流ガイド

【クレイテラピー】チコ流ガイド

【ぷれらんて】は広島県尾道市・福山市で活動する クレイテラピースクール&サロンです。
クレイを中心とした講座を通して、心身を整え、身体や心の声を聴きながら、自分を大切にし 自分の力で元気になれるように、お手伝いをしていきます。

こんにちは。青山さちこです。

今は温暖な気候の瀬戸内に住んでいて
「しもやけ」とは殆ど縁遠くなっている私ですが

昔、栃木の実家で暮らしていた10代の頃は
冬になると しもやけに悩まされていました。



足の指にできるそれは、いわゆる「ジュクジュクタイプ」で
靴下を履くのも大変でした。

一番酷かった高校生の時は、指定のシューズを履くことができないほどで
学校に許可をとり、スリッパで過ごしていて

職員室の黒板にでかでかと
「3年9組青山さちこ しもやけの為スリッパ使用許可」と
書かれていて

いろんな人から「これ、しもやけにいいんだよ!」と薬やら、からすうりやら
沢山の知恵を拝借しておりました。



結局、栃木にいる間は治らなかったしもやけも、東京に上京したころには
ならなくなっていて

広島に来てからは、しもやけのことも忘れていました。




さて。クレイを勉強していた時、「しもやけの人にはレッドイライトで血行促進を」
と、習いました。

しもやけになるのは、血流不足が原因のことが多いので、
予防も含めてレッドイライトの選択はありだと思います。

ただ、10代の頃の私のように、【すでにしもやけになっている時】

その患部のケアには何をチョイスするだろう・・・と考え

私だったら・・・・グリーンモンモリオナイトを選びます。


皮膚が硬くなってる時もあれば、皮膚組織が壊れた感じになって
心もとない状態になってるときもあり

そのどちらも、「皮膚トラブル」が起きている状態なので

皮膚の電位を整えてくれ、陽イオン交換が一番多いグリーンモンモリオナイトで
やさしくエンヴェローブメントをしてみます。



先日、久しぶりに雪がちらついて、ここら辺では珍しく寒い日が続いたとき

本当に何十年かぶりに、足の指にしもやけができました。



もちろん、嬉々としてクレイを試してみましたよ!

しもやけができたばかりの時にレッドイライトのクレイバスは、血行がよくなって
痒さが増すばかり。
しばらくはグリーンモンモリオナイトで患部のケアを中心にし

痒さが落ちついてきた5日目あたりから、予防のためにレッドイライトでクレイバスをしました。

昔は、一か所できて、治るころにもう一か所・・と、堂々巡りだったしもやけも
患部のケアと、血行促進の時差ケアで、長引くことなく治ってきました。

来年の冬支度からは、しもやけになる前に予防ケアをしようと思います。
こんにちは。青山です。

前回の記事の最後に、「続く。。。」としてあったのに、

気が付けば、年超ししている。。。。


さて。声紋分析とクレイテラピーをサロンに取り入れたという話です。

手始めに100人の方にモニターになっていただいて、

背中のクレイパックの前後で声紋分析をさせていただき、

声紋分析で見えてくる「ストレスの種」に変化があるのか見ていきました。


変化がある人もいれば、全然動かない人もいて。

でも、どちらかがいいとか悪いとかでもなく

その方が、ご自分の日常に照らし合わせて

これからどうしていきたいのか、「意識付け」することで

自分を大切にする行動につながっていけるといいな~と思いました。



先月から、公休日に合わせて、クレイの生徒さんのサロンで
声紋分析とクレイテラピーをしています。

ある時は、3.4人で、足湯をする前後で見てみたり

ある時は、2時間じっくりと時間を取って、背中のクレイパックの前後でみてみたり。


皆さん、ご自分の個性と、普段の自分と向き合わせながら
これからどうありたいか。。幸せな自分探しをしているようでした。


ありがたいことに、このセッションを気に入ってくださる方がいるということで

クレイ講座をさせていただいているアロマラブさんのサロンで

4月からコンスタントに開催することになりました。

私の休みが月曜日と水曜日なので、
毎月第2月曜と、予備日として第4月曜日に実施予定でいます。

詳細はまた後日こちらでお伝えできればと思います。


必要な方々に届きますように。

約1年ぶりのブログ。
また細々と書いていけたらと思います。


今日はアロマフランス認定クレイテラピストの試験日でした。

コロナの影響もあって、学びの期間が大幅に伸びて、気が付いたら1年以上。

でも、クレイの話を存分にできた時間は、私のエネルギー源にもなってくれました。

今日の答案を見ながら、自分の講座を振り返り、また2021年度版のテキスト作りに生かしたいと思います。


さて。
先日、アロマフランスのクレイ講師の勉強会があり、私も後日アップされた動画で久しぶりの学びの時間でした。

テーマは「バイオレゾナンス」
波動医学の先生のお話でした。

動画を見終わり、私は2017年5月に受けたセミナー
「物理学から観たアロマテラピーと代替医療」のテキストを引っ張り出してきました。


当時、物質的とはちがうところでのクレイの働きについて、講座でどう伝えていこうか。。。というのが私のテーマでした。

巷でも、「素粒子」「波動」「周波数」「生体電流」というワードが飛び交い、
何となくそこにつながるような気がするものの、「物理学」という言葉の壁があって
手を出せないでいたのです。

~~~誰か、私に量子物理学をやさしくおしえてくれ~~って思っていた時のタイムリーなセミナー。
即決で受講しました。

その時のブログがこちら。。




人の身体(臓器や器官など)や思い(うれしいや悲しいなど)は、それぞれ固有の周波数を持っていて、ストレスや生活の偏り、想い癖などでその周波数が乱れると、体調にも変化が起きてしまうという。


そのころ、波動的に人を見ていくものは、メタトロンとかもよく耳にしたけれど、
私は、身体視点よりも、想い癖や個性に興味があったので、声の周波数でその人を見ていく声紋分析をクレイテラピーに取り入れていきました。


長くなりそうなので。。。つづく。。。(笑)

こんにちは。青山です。

先日、クレイの完全講座である
「ホリスティック・クレイテラピー講座」2回目の授業でした。


既にアロマなど、他の自然療法の学びをされている方々なので

自然の恵みをケアに利用するということの意味や、さじ加減がわかっていて

クレイで「治す」ということに過剰な期待をするわけでもなく、

「治すのは、自分自身の治癒力。そのお手伝いをしてくれるのがクレイ」
と、しっかり認識されています。

なので。

いろんな体質の人がいるので、クレイを使った時の反応もいろいろ。
だからこそ、「こんな時には、このクレイを、こういう使い方で・・」という
【レシピ】的なものが作れない・・・というのも
しっかりと認識してくれてます。



講座では【ケアにはグリーンイライト】という選択の理由をお伝えしています。

なんの情報もない中でクレイを使うのは、とても難しいし、不安だし、
無駄になってしま事もあるので、「目安」としての、ある程度の知識は必要です。

でも、実際に「ケアにグリーンイライト」を使った時、肌や身体になにかしら
想像していなかった反応や、期待していなかった反応が出ることもあったりするわけです。
例えば・・

①思いのほか、身体の方が重だるくなってしまって、「これ、続けてやるのしんどいな・・・。でもあと2回くらいやったら炎症も落ち着くんだろうけど・・どうしよう」

②炎症は落ち着いたけど、クレイを乗せてるところの肌の乾燥が進んでしまって
「続けてやって、炎症は治まるだろうけど、その代わりに肌のケアが大変になりそう・・」

③がっつり働いてくれるのはとってもいいんだけど、一気にじゃなくて、時間はかかってもいいから、もうちょっとゆっくり働いてくれるといいんだけど・・

④クレイがいいのは実感できるんだけど、手間がかかるのがちょっとなぁ~。
ペースト作るのに、量も使うし、乗せてる間はちょっと他の事できないし・・
峠は少し超えたからもうちょっと簡単に使えないなぁ~

などなど・・・

1回目のクレイパックのあと、もしこんな感想をもったら、
2回目以降も同じグリーンイライトを使う・・という選択を迷ったりしますよね。


これは、答えではなくて、あくまでも「私だったら・・」の選択ですが

①だったら・・2回目以降は、疲れている身体に優しく働いて、かつ、イライトの吸収もきちんと働いてくれるイエローイライトに変更するだろうし。

②だったら・・肌に水分を集めてくれるグリーンモンモリオナイトかな。

③だったら・・2回目のペーストにはホワイトカオリナイトを少しブレンドして様子をみるだろうし、

④だったら・・クレイ湿布じゃなくて、エンヴェローブメントやクレイバスなど、使い方の再検討をしてみると思う。



もし今回の2回目以降の選択が、とても心地よかったら、

次に同じようなケアを必要とした時、もしかしたら初めからグリーンイライトという選択はしないかもしれません。


クレイ講座の初日。
ぷれらんてでは、5種類のクレイやガラスボールやスパチュラなど、
クレイをするために必要な材料・道具を一式お渡ししています。

それは、講座が始まったら、どんどんクレイを使ってみて、
その時の体感をたくさん味わってほしいからです。

使ってみた経験が、その後の「クレイの選択」のヒントをくれます。


講座で習った知識と、
自分自身の経験が合わさって、
それは「知恵」に生まれ変わるんですよね。

講座が終わった時、沢山の「選択のヒント」を得て、たくさんの「知恵」にしていってほしいと思います。

沢山積み上げた知恵が、その人の持つ、貴重なレシピになるんだと思うんです。


基本的な目安としての知識は、必要だと思うので講座でお伝えしていますが
安易にレシピを伝えていないのは、こういう部分を大切にしてほしいからだと
私は思います。



こんにちは。

クレイテラピースクール&サロン【ぷれらんて】
青山さち子です。


昨日に引き続き、今年オープンされたサロンさんのご紹介♪
お二人目は・・

熊本県荒尾市のクレイ&アロマケアNUKUMORIのASAMIさん

この方も、元々 理学療法士をされていた医療職。

身体のケアのスペシャリストです。


リハビリの仕事を経験していく中で

「病気をする前の体作り」の大切さを実感され


今は、頑張りすぎている女性、そして

誰かをサポートしている人こそ、
「もっと自分を大切にしてほしい」と

自然療法や予防医学を取り入れた独自のケアで
活躍されています。


第一印象は、ふんわりとした優しい笑顔♪

そしていろんな現場をふんだ、確かな経験値。

目の前の人をハッピーな気持ちにさせる
明るい雰囲気で、親身に寄り添ってくれます♪


熊本は、まだ1度しか行ったことがないので

ここも有給とっていきたい場所リストに入っています。

とってもおすすめの、信頼できるセラピストさんです♪