東京 後楽園で開業する女性税理士 高橋千亜紀 身近な話題から税金についてわかりやすく説明します。

まず、お金のことから書いてみましょう。

 

もしものときに、遺された家族が苦労しないように

預貯金の金融機関名・支店名・種類・口座番号

有価証券を預けている証券会社名

加入している保険会社名

をノートに書きます。

 

パソコンに書き残してもいいですが

PCのどのフォルダに保存しているかを探すだけでも一苦労

というか、もしものときには、PC内を探すところまで気が回らないでしょう。

アナログですが、ノートに書き残している方が見つけやすいです。

 

万が一、関係ない人の目に触れたとしても

印鑑と通帳がなければ引き出せません。

カードも暗証番号がわからなければ同じです。

印鑑と通帳の保管場所は

信頼できる家族に口頭で伝えておけばよいでしょう。

 

過去に、親が突然に亡くなり

相続財産の詳細を知らない方がいました。

預貯金口座がどこにあるのか

日頃の生活費を、どの口座からどう支払われているのかも

まったくわからない状態でした。

親御さんがATMカードを利用してなかったため財布を見ても情報は残されおらず

通帳の保管場所がわからず

銀行からの郵便物を探しましたが見当たらず

最後の手段として、近隣の金融機関に

預貯金口座の残高確認照会を行うことから始めました。

 

しかしこの調査はやみくもすぎて手間もかかれば時間もかかります。

提出書類の準備も大変でした。

せめて、どこに口座があるかの情報だけでも

すぐにわかれば、遺された家族は有難いと思います。

 

証券会社や生命保険会社も同じです。

少なくとも一年に一回は、取引明細書一覧表もしくは

契約内容の確認資料を郵送してくれますので

せめても、それを残しておくのが親切ですね。

 

知り合いの保険会社の方に聞いた話ですが

死亡保険金の未請求案件が結構あるそうです。

保険に加入していたことを知らない遺族が多いということです。

 

通帳が見つからなくても

預貯金の入出金記録を取り寄せることにより

保険料の支払先(=保険会社名)が判明します。

でも、過去に、保険料を一括払いで納付済みの場合は

支払先に気づけません。

もし、保険会社名がわからない時は

生命保険協会HPには、日本で生命保険業を行う会社の

相談窓口が掲載されていますので

最後の手段としては、そこから照会をかける手段もありです。

 

保険金請求には3年という時効があるそうですから

注意しましょう。

 

なんでもないようなことが大事だったりする

それを書くのが、エンディングノート

ですね。

エンディングノート

最近、耳にすることが多いと思います。

でも、自分には関係ない

書くには早すぎる

と他人事のように思える人もいるでしょう。

 

実は、私もそうでした。

昨年、交通事故に遭うまでは他人事でした。

運よく命拾いしましたが

あの日以来、健康な日常生活が続く

と思ってはいけないことに気づきました。

 

もし、あの時に命を落としていたら

残された家族は、私の預貯金から事務所の運営まで

どうなっているのかわからず、途方にくれたと思います。

 

あの日を教訓に

私は自分もエンディングノートを書く必要があると強く感じました。

まずはお金周りのことから始めました。

私のように確定申告している人ならば

お金に関わる必要書類はきちんとファイルしているでしょうから

そんなに大変な話ではないと思います。

 

サラリーマンの方は自分のことをファイルする習慣がないと思うので

意識的にノートを書いて残さないと厳しいでしょうね。

 

もしものときに身近な人を困らせないために

遺言書のように法的な形式等はないので

難しく考えずに

自分しか知り得ない情報を、大学ノートに書くだけで大丈夫です。

何度でも書き直せます。

 

なんでもないようなことですが必要なことですね。

自分の経験則をもとに

最近はお客様へも話している「自分の終活の仕方」について

次回以降、綴ります。

全英女子オープン すごかったですね。

木曜日の初日から首位争いに加わり

スポーツニュースで、依然として首位を争っているのは知っていたものの・・・

渋野日向子プロって誰だろう?

と思っていました。

 

昨夜眠れず夜中に起きて

なんとなくテレビをつけたら、11番ホール。

そっか、時差か、ライブだわ・・・と見ていたら

 

え?

最終日に首位争い?

アナウンサーや解説者の樋口プロの興奮が伝わり

だんだん引き込まれて見入ってしまいました。

 

すごい、ものすごい選手でした。

飛距離もすごければ、曲がらないし、安心してみてられる。

見た目は可愛いくて面白いキャラクターです。

 

首位争いをしていた他の外国人選手に比べ

まったく気負ってない余裕さえ感じられるプレーでした。

 

最後のパットは、まあまあの距離があるにもかかわらず

勢いよく打つから、あれ?オーバーするんじゃない?

という素人の心配は吹き飛ぶ見事なバーディーで終了。

 

すごいな、渋野ちゃん。

そう、気づけばテレビに向かって応援していました。

 

海外で獲得した賞金も

とりあえずは日本の所得税の対象になります。

とりあえず、というのは

もし渋野ちゃんが、一年を通して半分以上を海外で居住したならば

日本の居住者ではなくなるので、日本で納税しなくていいけれど

たぶん、今は一時的に海外でプレーしているだけのようだから

日本で課税されます。

全世界課税という考え方です。

世界中で得た所得を合算し、居住国に納税します。

 

なんてことを考えながら・・・

こんなすごい選手のスポンサーはどこ?と彼女を見ると

帽子にタグを付いてるのはRSK山陽放送だけでした。

ここは所属ですね。

 

スポンサーはついてないのかな?とネット検索してみると付いていました!

ゴルフには関係の無さそうな建築関連事業会社が

スポンサー契約締結のお知らせを公表していました。

正直なところ、社名を見ても何をやっている会社がわからない会社で

ゴルフとは関係無さそうですが、いっきに知名度あがりそうですね。

社長がゴルフ好きなのでしょうか。

いずれにしても、先見の明のある経営者なのでしょう。

若手への支援をする素晴らしい経営者ですね。

 

ウエアはBEAMSを着ていました。

可愛かったですね。すでに完売らしいです。さすが!

広告宣伝費としての効果十分ですね。

 

今朝から、飛行機や飲料水、車のメーカー等々

大手企業がスポンサーに名乗りを挙げて熾烈な戦いを繰り広げそうです。

 

なんて、おとなはお金のことばかり考えてしまいました。

渋野ちゃん、もうしわけない・・・爆  笑