茶の湯には

美しい言葉や、難しい漢字が沢山あり、

何か書こうにも

 

漢字変換できない事ばかりで

いつも四苦八苦です。

 

まして携帯で書いてるもんで

とんでもないものしか

出てきません~

 

 

むかし

茶の稽古中に

 

先生から「薄茶いかがですか?」

 

と言われ

 

「あっ、

    

    もう一杯お願いします。」

 

と言ったら、

 

先生から

「一服ですよ。」

 

なんて指摘された事を思い出しました。

 

煎茶は淹れるのに、

 

抹茶は点てる?

 

抹茶はなぜ?


一服


二服と数えるのか?

 

あたり前なのに、

 

かる~く疑問に思い


どう調べてみても


動作や漢字の意味ばかりが

ネットで溢れていて?


そこは誰でも知ってるので、


そこじゃないな~と思い。




せっかく茶道をしていてもね~


「点てる」❗


「一服」❗は


頻繁に使うのに、


こんな事もわからないで


稽古してても意味がないと思い、


どこにも書いてありませんから、


 

またまた


かる~く昔を尋ねてみたんですが…。




皆さんも、


お茶以前のこんな初歩的な事だからこそ


ぜひ先生に訊ねてみてください❗

 

 

                 十


 

やはり漢字やお茶が生まれた、

当時の中国から見ていきます。

 


第二章へと続く






沼尻宗真







東京・九段に新しい茶道教室オープン



★SOSHIN_NUMAJIRl  instagram