こんにちは♡

 

おさおです♡

 

さて、前回の記事では、娘がアナフィラキシーショックを起こした時のことを、お話しました。

 

見てわかるように、当時の私は何の知識もなく、お恥ずかしながら、突然のできごとに少しパニックをおこしてしまいました。

 

そこで、この出来事を受けて、食物アレルギーをお持ちのご家族がいる方に、せめてこれだけはやっておいた方がいい対策3つを挙げてみます!

 

 

その①

かかりつけの病院と救急医療情報センターの番号を携帯に登録、番号をメモしたものをわかりやすくしておく!

 

実際に症状が起きると、(特に初めての場合)めちゃくちゃ焦ります!

手が震えて、ボタンを押せなくなるなんて話もよく聞きます!(私もそうでした!)

これは今すぐにでもやっておくといいと思います!

 

その②

常備薬を用意しておく!

 
私の家にあるのは、病院で処方していただいた『アレグラドライシロップ』。
おそらくアレルギー科に行けば、似たような種類のものを処方していただけると思います。
エピペンとかもあると安心かもしれませんね!
 
ホメオパシーをされている方であれば、ホメオパスさんに処方していただける、頓服用のレメディ。
ネットで買えるものなら、Apis +S +Cのコンビネーション、Hisをご用意されるといいです。
アナフィラキシーが起きたときは、Aconも患者さんと自分に使うといいかなって思います。
根本体質を知ることも必要なので、一度ホメオパスさんにかかっておくことをおすすめします!
 
その③
家族や周りの人と、どんなものにアレルギーがあるのか情報を共有する!
 
子どもがまだ幼いと、自分のアレルギーを把握することはできません!
家族はもちろん、お友達や周りの人に理解してもらうことで、未然に事故を防止できる可能性は高まると思います。
みんなで守っていくという意識はかなり必要です!
 
 

この3つだけは確実にやっておいてください!

 

 

 

他にできる事としては、

 

・お子様であれば、アレルゲン物質を手の届くところに置いておかない。

(小麦アレルギーは、舞ってもだめだったりするので、厳重に保管するか、いっそのこと置かないほうがいいと思います。)

・食べてしまった場合はすぐに洗い流す。

(以前、子どもを膝にのせて、プリンを食べていた時に、プリンをスプーンですくって口の中にいれる途中で、子どもがたまたま顔を動かし、奇跡的に口の中に入ってしまったことがありました!すぐに洗い流したら、なんとか反応は起きず無事でした!ただし、必ずしも反応が起きないとは限りません!でも、洗うのと洗わないのとでは違ってくると思います!)

・アナフィラキシーショックが起きたら、迷わず救急車を呼ぶ!

(救急車を待っている間に、常備薬を飲ませておく。)

 

などです!

 

食物アレルギーは命に関わることがあります!

しっかりと対策を立てて、大切な命を守りましょう!

 

 

ぜひやってみてください!

 

↓ちなみに私が家に帰ってすぐ登録しておいたのはこれです‼︎

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

LINE@
ご感想・ご質問など、お気軽にラインしてください↓↓
友だち追加
(↑が押せなかったら)ID@szr3167dで検索してくださーい♡

 

インスタグラムでは乳・小麦・卵不使用の毎日のごはんを載せていまーす♡↓↓↓
アレルギーっ子は世界を救う♡おさお♡
息子のアレルギー克服記録♡
お気軽にフォローしてください♡