加藤修滋のブログ

加藤修滋のブログ

日仏シャンソン協会活動記録及びシャンソン界のニュース等

1988年から、今日まで常に話題を提供し続けている

ヌーベル・シャンソンの女王ミレーヌ・ファルメールへの評価が異常に低い事が残念。

 

 

エルムの歌手たちが「シャンソン・ルネッサンス」の活動で紹介したシャンソンの中には、パトリシア・カースやララ・ファビアンのように全国的に知られた人気を得た歌手もいる一方、パトリック・ブリュエルやフランソワ・フェルドマンのように知名度不足の人も有り。

 

 

ある意味、フランスを代表するアーティストなのに、

日本で殆ど知られていない人の最たる例がミレーヌ・ファルメール。

 

 

理由のひとつには、彼女のステージは視覚的要素が極めて大きな要素となっているからかも。

その意味では、ジャン・ミッシェル・ジャールやアリエル・ドンバールと似ている。

 

 

今、特に注目されているのが、2013年のコンサートで起用されたロボットとの共演。

 

 

YouTubeでは、ロボット2台とダンサー達と共に演じる1曲しかアップされていないが、実際には5台登場。

 

ライティングの素晴らしさとジャン・ポール・ゴルチェのデザインによる衣装と共に圧倒される演出。

 

日本では、フランスから10年遅れで登場するものが多いので

ロボットも近々起用?

 

 

個人的にはジョン・ケージの「4分33秒」以来の衝撃。

 

 

何より、場面によって可愛かったり不気味だったり・・・・・そう感じる観客(人間)の「心」(感受性)が大切!

 

 

今、エルムのステージ前にかけているVTR冒頭がこのロボット登場シーン。

それがとにかく可愛い!

 

 

……ので、いつも癒されてピアノを弾くことができます。

 

 

ちなみにミレーヌ・ファルメールのPVは、10分を超える長尺が多く、短編映画を観ているよう。

 

 

衣装もジャン・ポール・ゴルチェだけでなく、パコ・ラバンヌやティエリー・ミュグレー等が各々の年のコンサート担当。

 

 

とにかくビジュアル抜きには語れない総合芸術としてのミレーヌ・ファルメールは、もっと評価されてしかるべきアーティストです。

 

 

 

元愛知県知事、鈴木礼治氏の訃報に接し、当時のことを色々と思い出しつつ改めて、感謝の念を強くしました。

 

 

シャンソン大使ジャクリーヌ・ダノが鈴木礼治氏を表敬訪問した時、彼女がAlliance Francophone副会長と知って、鈴木氏は「2005年万国博覧会」の日本誘致について協力を依頼。

 

 

その時、鈴木氏はこの組織の広がりと力について充分な認識はお持ちでないようでした。

 

 

ところが、世界108ヶ国に会員を有するAlliance Francophoneは、会長J.R.ギオン氏(元ドゴール少年団長、カルティエ財団設立者)はじめ旧フランス領各国の首相・大統領などが所属するフランス語圏団体で、とても影響力がありました。

 

 

忘れられないエピソードがあります。

 

 

Alliance Francophone総会で、私が「共生」というテーマでスピーチした時、(フランス語通訳が素晴らしかったのでしょうが)降壇した私に駆け寄ってハグをし「国際博覧会のテーマにもつながる、とても感動的なスピーチでした」と賞讃して下さった女性は、レバノンのレナ・ラウイ女史。

 

 

彼女は、B.I.E(国際博覧会協会)役員でもあり、万博の日本誘致にあたり旧フランス領アジア・アフリカ票の取りまとめに大きな役割を果たされました。

 

 

万博のグローバル・イメージソングが「ミスター・サマー・タイム」作者のミッシェル・フューガン作品「ブラボー!ムッシュ・ル・モンド」となり、世界121ヶ国語で歌われ、また万博の歴史上初となる”万博巴里祭”がEXPOホールで開催されたり・・・・・。

 

 

後世に語り継ぐべき成果の契機となったのは、鈴木礼治氏の万博誘致にかける熱い思いでした。ジャクリーヌ・ダノがその思いに応え、私達が愛知万博に関われたことに改めて感謝致します。

 

台風接近で中止となった”ROCK IN JAPAN FESTIVAL2022”

 

 

出演予定だった「ヤバイTシャツ屋さん」が生ステージの代替として、過去のライブ映像をYouTube配信しようとしたところ、著作権の問題でブロック。

 

 

最終的には配信されたものの、自分たちの映像でも多数の権利者が関係していて、実現するのに複雑な手続きが必要。

音楽業界の人間は、当然知っていて事前許可は取ると思います。

 

 

ところが、会場のスクリーンに流すのとはワケが違うことも。

要するに、YouTube上に流れる前に、AIなる融通のきかないものが自動的にブロックしてしまうケース。

 

 

時代がどんどん変わって人間がAIに支配されかねない事態に。

 

 

もともと音楽著作権は、アメリカでは「特許」と同じ発想。従って日本でも音楽ビジネス産業構造の中で運用。

 

 

私が関係してきたフランスの著作権については、わずかな違いが・・・・・。

 

 

簡単に言えば「芸術創造保護」姿勢と、人間関係によってルールとは若干違った部分判断もかつては有り。

 

 

人間関係で著作権許諾 or 不可は、不公平のようでも場合によってはAIの画一的判断(〇か×か、白か黒かというコンピューター思考=△や灰色がない)に勝るケースもあるような気がする時も・・・・・。