2022.7.2 JR東日本がこの夏一番熱(暑)かった一日④ | たいちょ〜の心のつぶやき 第2章

たいちょ〜の心のつぶやき 第2章

『縁は、連結する』鉄道など交通を中心に音楽、演劇etc…興味の赴くままに、日々呟き語るブログ。
※ここんとこすっかり鉄道ネタばかりになりました。
基本乗り鉄目線で日々の記録を出しています。

  なんか寄せられていた、あの日の大宮。

さて、10:14に185系B6編成が東大宮に引き上げ回送され…

次の目的はE2系J66編成による「東北新幹線開業40周年記念号」の発車。

10:33発なので、遭遇した埼玉県内在住の友達と共に新幹線ホームに移動を開始しようとした。


その時だった!

10:18、あれは何だ??


DD51か?

いや、違う??


…DE10だ!


ぐんま車両センター配置のDE10 1571号機が、尾久の常駐機交換のため臨時回送されてきた。

突然の登場にみんなビックリ!


それにしても、DE10のJR貨物在籍機は全般検査もとうに終わり、DD200の増備進行とともに

見かける機会もすっかり激減してしまったが、旅客会社の所属機、ことにJR東日本在籍の車両は

国鉄時代を彷彿させる原色機が揃い、懐かしい気持ちにさせてくれる。


5分ほど停車し、尾久へ走り去っていく。

あまりに急なことと混雑に、先頭には間に合わずに終わる。

やれやれ…と暑さにへばりつつ、ひたすら移動。


東北新幹線開業40周年記念号こと、団体531号盛岡行きの表示が存在を誇示。


改めて新幹線ホームに上がると、1時間前と比べると相当な人出に混沌としていた。

つくづく、先に一度撮影に上がっておいて良かったな〜と感じた。


盛岡方先頭では出発式を開催。

出発式の司会進行は、FM NACK5パーソナリティーのアロハ太朗さんだった。

どうもどこかで聴いたことある声だと思ったら、遠目にアロハシャツが見えて確信w


10:33、盛岡に向けて発車。

その盛り上がりは、昨年秋のサンキューMaxよりも凄かっただろうか。

暑さも相俟って、とにかく濃かった大宮での時間がこれで全て終わろうと…


…と言うには、まだまだ早かった。

改めて在来線ホームに降りてみると、今度はE257系5500番台が。

どうやら修学旅行臨だったらしい。


空き時間に東大宮まで往復し、185系B6編成の待機状況を宇都宮線車内から。

武蔵野線のE231系、そして途中から東京へ回送されるサフィール踊り子と共に並ぶ姿が。

世代を超えた並びも、やがては思い出の彼方へ走り去っていく。


そして、土呂で回送の発車を待つとどうやら追いきれないらしい。

混雑を覚悟し、また踵を返していくことにする。