ヒールでミドル

ヒールでミドル

とあるチームのセンターバックの暇つぶしでございます。
暇つぶしというか、仕事つぶしてます。というか暇です。

勝ったということで全てを忘れてしまわないように by トダさん


テーマ:

コパセタガヤ組み合わせ抽選会以来の投稿ですね。

当時の予想をもとに、各ブロックの勝ちあがりを振り返ります。

 

Aブロック
◎レアルコスモス
〇東京レッドスター
▲ASリガロ
 
なんと、初戦で世田谷最強との呼び声が高いレアルコスモスがASリガロに、
1部リーグの台風の目となっていたレッドスターがセンセーションに敗れるという
波乱が起きました。この3連休に行われた試合でしたが、連休が絡むと人集めが本当に大変なので、
何が起こっても驚かないつもりでしたが、正直驚きました(笑
センセーション、ASリガロは互いに準々決勝まで進んでおり、勝者がベスト4に進みます。
世田谷教員集団のセンセーションですが、今年は若い先生が多いとの噂。
ASリガロはこないだ初めて試合を見ましたがパワフルですね。真っ向勝負しないと

打ち砕かれそうな強さを感じました。さすが土曜日リーグの覇者。

 

Bブロック
◎CFR
○Ps buddy B
▲FC大泉

中堅チームが揃いも揃ったBブロックですが、CFRが見事勝ちぬきました。
初戦のディアボロス戦はPKまでもつれ込む死闘でしたね。
ディアボロスは若くはないけど一体感があって、ひたむきでほんとよいチーム。
一気呵成のカウンター主体のチームっていう印象がありましたが、つなぐとこは
きっちりつないでくるし、その時は元プロの選手がひとり前線にいてマジで手ごわかった。
うちのチームはJリーグマニアが多いから元プロがいるとすぐに気付く・・・それがよかった。
準々決勝は土曜日リーグ2位のWASとやりましたが、こちらも若くはないけど手ごわかった。
結果は3-0で完勝に見えるけど、俺がでた後半からはきっちり押さえこまれましたww

 

Cブロック
◎オイト
○新星
▲スパシーモ、エルスール

ここも大波乱がおきてて、結局準々決勝に残っているチームは
なんと▲にしたスパシーモとエルスール。スパシーモは選手がしっかり揃ったら
守備が堅いのを身をもって知っていたので、1発勝負のトーナメントなら躍進もありえる、、、
と思っていたのですが、OITOに勝ってきた新星を見事に1-0でくだしました。
スパシーモがメンバー揃えて、エルスールがきっちり攻撃陣を揃えてきたら、
準々決勝は激闘になると思う。エルスールも1発勝負に定評がある勝負根性が備わったチーム。
うちが決勝を戦うとしたらOITOか新星になると思ってたので、ちょっとさびしいけど
彼らとは1部に昇格した時に足をまじえたい。

 
Dブロック
◎BonBon
○ルビナ
▲AC colture

BONBONが今年絶好調のKIDIをくだし、準決勝に進出しました。
BONBONはボランチとサイドハーフがよかった。
この試合、BONBONのGKがカバーリングでとびだしてPAエリア外で
身体をはってセーブをしましたが、手を広げてたから角度によっては
ハンドに見えたかもしれないけど、主審と副審(俺)の判定はノーファール。
肩と胸のちょうど間らへんに当たったように見えた。
ビデオ判定があったら違う結果がでるかもしれないけど、ほんと難しかったです。


ということで、波乱おこりまくりの今年のコパセタガヤ。

準決勝のカードは
センセーションorリガロ vs CFR
エルスールorスパシーモ vs BONBON


うちが優勝するには波乱が必要。バンバン乱れてほしい。
うちは乱されないようにしないと。私生活も乱れないように頑張ります。

 

 


テーマ:

久々の更新ですね。

サンフレッチェは首位。素晴らしいですね。

馬渡推しの自分としては少々さびしいんですけど

全選手あってのチームですから。

当たり前ですけど。でも当たり前のことを当たり前のように思えるようになったのは

特にサッカーに関しては最近の話ですわ。

 

そんなこんなで夏をむかえ、いよいよ夏の世田谷の風物詩

「コパ・セタガヤ2018 組み合わせ抽選会」が先日、都内某所でしめやかに開催されました。

さっそくですが、ブロックごとに見てみましょう。

 

Aブロック

◎レアルコスモス

〇東京レッドスター

▲ASリガロ

 

1回戦の注目カードは、レアルvsAS LIGARO。

レアルコスモス21は言わずもがな世田谷No1チーム。

去年のトーナメント覇者。うちは決勝でぼこられました。

対するリガロさんは土曜日リーグのトップチーム。楽しみですね。

正直レアルは取りこぼさないとは思いますけど、リガロがめちゃ補強してたら

何が起こるかわからんので。

レッドスターさんはリーグ戦でオイト、新星を下してます。

とくにボランチ・センターバックが秀逸ですね。元プロもいるし、レアルほどの完成度はないけど

仕上がってきたら世田谷1部の覇者になりえる。GMの方は一緒の焼肉屋をつかってますが

ええ人やし、サッカー人脈も凄い。対戦してても俺のプレーをほめてくれるナイスガイです。

そこが一番かなww 

 

Bブロック

◎CFR

○Ps buddy B

▲FC大泉

 

世田谷のトップチームではなく、中堅どころが集まったブロックになりました。

CFRは去年2位だし、2部のチームだけど◎つけさせてもらいます。

初戦のディアボロス、おそらく順当にいけばFC大泉、Ps buddyと戦い

準決勝には進みたいな。人工芝では勝てないので、河川敷でレアルとあたりたい。

 

 

Cブロック

◎オイト

○新星

▲スパシーモ、エルスール

 

死のブロックってよりは、死の1回戦。新星vsオイトは笑った。兄弟対決みたいなもんで。

新星はOITOに苦手意識はないはず。熱い試合がみれそう。

こないだ戦って(引き分け)おもったんですが、スパシーモ、強かったです。

俺がファールしてしまったセンターバック8番の方、選抜レベルのよい選手。

攻撃力はそうでもないかもしれませんが、PKアリのトーナメントだとワンチャンある。

エルスールはわりと組合せに恵まれた感あるけど、最近のエルスールどうなんだろ。

 

Dブロック

◎BonBon

○ルビナ

▲AC colture

 

BonBonはしっかりメンバー集めてきたら強い。

ルビナも戦力が整いつつあり守備も安定してる。

AC coltureは去年オイトに負けたけど折れずに今年参戦してくれて嬉しい。

ありがとう。バビロンズはサボテンで修業してたK太がチームに戻ってきたから

いい感じになると思う。バビロンズは毎回13名揃えたらいい線いくと思うけど。

ルビナとの戦いはわりと渋い戦いになると思う。

 

 

以上です。

 

 


テーマ:

つい最近まで残留争いしてたのに、

 

もう今から残留争いしてよいの? みたいなプチ贅沢気分で迎えた開幕戦。

 

相手は、もはや因縁でもなくなったペトロビッチ氏率いるコンサドーレ札幌。

 

コンサドーレには大いに期待したいです。

 

宮澤、稲本、小野・・・全員がリベロを経験するかもしれません。

 

さっそく終盤のパワープレーでも起用されなかった都倉がストッパーにコンバートされて

 

選手寿命が8年くらい伸びる可能性もある。

 

1回くらいは降格することもあるかもしれませんが、きっちり補強を重ねていったら

 

3、4年後、次か次の次の監督でタイトルの1つや1つ取れるかもしれない。

 

それが見えてるから、ちょっと札幌にはがんばっていただきたいのです。

 

それでも越せない冬はないのだから by みつを をがさわら

 

対する広島。なんだかサポーターからの評判は宜しくないですね。

 

まあたしかに流れるようなパスワークもなく、3人目の動きも特に見当たらずということで

 

攻撃面では物足りないかもしれません。守備はまあまあいい感じに見えたけどねえ。

 

まあでも攻撃なんて、外国人があたったり、全盛期を迎える準代表級の選手がいるだけで

 

いい感じになる。

 

計算できる選手が増えると、計算できるプレーが増えて、皆の判断が早くなり、良い攻撃ができる。

 

極めて草サッカー的な考えだけど、そういうアプローチでいけば今年の広島はハマってくると思う。

 

佐々木のサイドバック起用から考えても、城福さんは手堅い。

 

4-2-3-1にして、3の真ん中を川辺にして、右サイドハーフを馬渡にしたら攻撃はいい感じになる。

 

この試合で俺が個人的に気に入ったのは和田やね。

 

プレーが手堅いし、無駄にボール失わないし、守備もしっかりやる、かしこい。

 

肘を使わない森勇介って感じ。好きだね。馬渡が右サイドバックでポジションをとるのは

 

堅実に戦いたいムードのなかではなかなか大変かもしれない。

 

と、お気づきの通り、おれは馬渡推しなんです! むぁわたりくーん!頑張って!

 

 

 

 

 

 

 

 


テーマ:

去年、40歳になりましたが、サッカーはここ15年くらいで

 

一番調子よかった気がします。自分としてもチームとしても。

 

キックボクシングをはじめて、結構まめに通ってるのが効いてますわ。

 

ミット打ちで心肺、フィジカルトレ(週2)で身体を鍛えてますが・・・・

 

20代、30代にバリバリ鍛えてたわけじゃないから、まだまだ伸びしろが多い(笑

 

ジムで尊敬する先生にも出会えたし、40代のスポーツライフを充実させるために

 

頑張って続けようと思います。

 

チームは、巻き返しの後半戦がほぼ中止になってしまい1部昇格ならず。

 

でもコパセタガヤで準優勝できたし、チームとしての成長は実感できたし、成績にも残った。

 

期待できるのは、去年がピークじゃないってこと。来年、再来年はもっと強くなるんじゃないかな。

 

毎試合、正味15分くらいしか試合にでてない自分がチーム内得点王争い(公式戦)したのはどうかと思うけど、

 

メンバーが「あれだけ頑張ってれば、良いことあるんだな」と思ってくれればうれしいし、それがきっかけで

 

少しでも鍛えるメンバーが増えてくれればありがたい。

 

そして、サンフレッチェに関しては、見事残留を決めることができて、嬉しい。

 

サンフレッチェに関しては応援していて、「怒る」という感情が既になくなっておりまして、解脱の域に達しております。

 

これからも栄枯盛衰を全て楽しんでやるのです。

 

それにしたって、丸谷がいなくなったのはさびしいな。

 


テーマ:

先日のコパセタガヤ決勝での大敗はメンバーに大きな刺激を与えてくれました。

 

特に守備面で。

 

経験したことのないカットイン、ワンツー、3人目4人目の動き、ミドルシュート。

 

2mのポジションミス、コンマ何秒の出足の遅れが生み出してしまう、

 

あってはならない「入れ替わり」。

 

技術の差、連携の差を埋めてくれる河川敷の凸凹グランドじゃなかったので、

 

はっきり実力差がでてしまいましたね。渾身の薄化粧が通用しませんでした。

 

Jリーグじゃ経験できない経験・・・みたいな類の経験を、メンバー全員が体験できたのはよかったなと。

 

メンバーのひとりが、「もうちょっとチームとしても、ちゃんとやらないとだめですね」

 

と言ってたけど、何をちゃんとするのか、そこを考えていく必要がある。

 

自分がやっぱり一番大きかったな、と思うのは、レアル戦で全くメンバーの声がでてなかったこと。

 

余裕がなくなると、視野もせまくなり、気もまわらなくなり、声もでなくなる。

 

味方を使ってうまく守って、俺は余裕をもって守備の組織をつくってやる・・・みたいな

 

意識をもった人間がもっと出てこないとだめだし、皆が目の前の相手を止めるのに一生懸命な状態では、

 

連携充分のチームには対抗できない。

 

何をちゃんとするのか・・・個でも組織でもつきつめていかないとだめ。

 

この経験は、試合に参加してなかったメンバーや、これから入ってくるメンバーにも伝えないとだめ。

 

今後メンバー同士の要求も激しくなるんじゃないでしょうか。そこなくして強豪チームには慣れない。

 

レアルやOITOや新星、SOFCも、味方への要求高いよ。

 

23日の歓喜と24日の屈辱がチームに大きな刺激を与えてくれました。

 

来シーズンにむけてなにかが生まれそうな感じです。

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス