中編からのつづき

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は天晴れ。

渋谷タワレコ5Fで

まぁ広いし

どうも今日ワンマンのリリイベぽい。

 

4.8時

煌フォレとの対バンリリイベで

思わぬ前方で観れたため

期待がかかる。

 

19時開演。

1時間半前に着いたが

まだ特典券付CD

予約購入

まだ始まっておらず。

 

が、すでに

2、3列目まで

荷が置いてあったり

若ヲタがいる。

 

30分前

再度入り。

↑のQR注文が全くできないため

早めに来ているのだが

またしても店員もろとも手こずり

後ろに列作ってしまった。

 

しかもタイミング悪く

隣も渋滞起こしてる。

 

初見初陣の女ヲタが

同じようにQR読み込み後の

空メール返信がこないぽい。

 

よって雁首揃えて

手入力中。

 

今日にいたっては

会社で迷惑メール適用外に

あえて設定して来たにも拘わらず

駄目だった。

 

タワレコは何人も

携帯の相性合わないヲタいるのに

この方式を改善しようとしない。

 

なんと学習能力ないんでしょう。

 

ま、自分と女ヲタが

渋滞作ったため

そこを抜けると

期待通り前方行けた。

3列目で、靴まで見える。

 

本日彼シャツ企画のため

リハでその全貌が明らかになる。

 

皆ボトムスを覆い隠す

長尺のシャツ。

 

普通白でくるか思-てたのに

細い紺ストライプだったり

灰色だったり・・・。

 

パーフェクトスーツストアか

ドンキの型落ちでも

仕入れてきたのだろうか。

 

彼シャツというより

ブラック企業のダメ社員

を彷彿させるシャツ。

 

天晴れ自体の

単体のかわいさと若さで

何とかカバーしてた。

 

ってか、シャツより

ボトムスが気になる。

 

ゆめめとれいちむは

デニムの短パン。

 

みくちゅに至っては

普通に下着か肌着みたいだった。

 

しかし、これでは

トータルコーデ比

せのしすたぁの方

マシなような。

 

ただ、やはり可愛さでは

比にならん。

 

ダボなカッターシャツにより

ゆめめの脚の短さや

のかのかの脚の長さが

際立ち、いずれも良かった。

 

セトリは

1.アッパレルヤ

2.虹をかけろ!

MC(10秒撮影タイム)

3.アイネクライネ

4.アッパライナ

 

ゆめめとか古い曲好きだから

サプライズで

『部屋とYシャツと私』

歌ってほしかったような。

 

ライブ自体かなり良く

昨今好調なれあたんとか

髪下していい感じだった。

 

れあたんは

歳とるにつれ

綺麗なお姉さん

なると思われる。

今日気付いた。

 

4.14体調不良で

超珍しく休んだみくちゅは

病み上がりを微塵も感じさせない

パフォーマンスだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やっぱ写真は、MC中じゃなくてライブ中だなぁ。

初現場。

 

高田馬場白夜書房で

鶯籠トークショーを終え

撮可に惹かれてやってくる。

 

場所は秋葉原のいきなりステーキ斜向かい。

1Fがメイドカフェになっており、

何かビル全体がそれ系。

何かアイドルの面接階の案内が貼ってあったり、

アイドル事務所もやってるような。

 

で、5Fまでエレベーターで上がり

そこから階段で6階へ。

この階が今日の現場なのだが、

普段はイベント貸しスペースになってる模様。

 

20時開場で、

やや過ぎてイン。

20:15開演のため

すでに4×3列ある

椅子席が全埋まりになっている。

(とはいえその人数なのだが…)

 

で自分から見事に立。

しばらくするとイタリア人ぽい

欧米人のアラサー男二人組が

立に加わる。

 

一体彼らはどこから

情報を得たのだろう・・・。

 

さらにしばらくすると

後ろに見え隠れしてた

女ヲタか運営が

実はアイドルさんで

後方から登壇する。

 

それが2人。

今日職場で予習したときは

ネットに5人くらい写ってた気がしたが・・・。

 

また、うち一人はDJだった。

そして、そのDJさんより

撮可何でもありが告げられる。

 

いやーこういうのいいわ。

他のアイドルさんや運営も見習ってほしい。

 

実は、本日職場での予習時では

上野水上音楽堂でやるのかと思っていた。

それについては、

「上野水上音楽堂への道」ということで

6月にワンマンやるため

そのPRライブを無銭で打ってるのだ。

 

上野水上音楽堂、

密かに日比谷野音を彷彿させないこともない。

ある意味遜色ないと言えないこともない。

 

2.23あゆみちがやった。

 

expiece 、DJいるが

歌のスタンスは

あゆみち的な。

 

そういえばヴォーカル

苗字も確か同じだったよな。

 

MC、告知挟み

5曲やり

リリイベ的な感じだったが

まぁ皆楽しめたよな。

 

イタリア男(多分)二人組も

にこやかだった。

 

告知では

水上公演のワンマンチケを

この物販で購入したら

様々な特典が付き

その中には

DJの使用済みおパンツが

もらえるとのこと。

 

フロアの反応が悪く

没になったような。

 

なお、5時から

ヴォーカルが

ビラ配りをし

ホントは二人でやる予定が

DJが寝坊で来ず

一人で全て配り終えた話が

明かされる。

 

その際、無銭CDも配ったそう。

 

「それ貰ってきた人いるー?」

 

とアンケートとるが

ドセンの常連さんのみだった^^;

 

何事もマーケティングというか

営業というか、

新規獲得むずかしいよなぁ。

 

 

 

 

 

 

この日、鶯籠オフィシャルスケジュールを見ると

場所は決まっているが何やるかなかなか発表なく

馬場でライブを期待していたが、

トークショーに。

18時入場で

5時整列開始。

先着順で入れるため

白夜書房の地下に続く

野外階段に

3重の列が出来た。

18時半数分過ぎ

メンバが後ろから登場。

 

駄好乙がいない。

壇上の椅子5席で、

左から、からあげ、PINOCO、点点、ばんぱいあ、8ミリ

が着席する。

 

皆私服で点点のみJKアピールで制服。

自分的には最近点点のかわいさに気付きつつあったが、

今日で9割方認識した。

 

なお、駄好乙は体調が優れず

当日欠勤の模様。

大事をとって静養したようだ。

 

が、Pの意地を見せ

電話で参加した。

 

MCははぼばんちゃんが。

名前の通り番格の部分を見せる。

ただ、鶯籠自体コラボトークショーは

初めてとのこと。

 

からあげが

「緊張する」と

発す。

 

PINOCOも

「記者会見みたいだけど

 あやまりません」

と述べ、

笑いをとりに。

 

ばんぱいあが、

からあげがトークショーぽい私服と

指摘する。

進行として

さいころを転がし

その目が一致する

項番のお題を応えるというもの。

 

①最近気になっていること

②アルバム制作の秘話

③無銭ツアーの裏話

④鶯谷の名所

⑤成長したこと

⑥フリートーク

 

席順左から

からあげがごきげんようのBGMに合わせて

2を出すが、

秘話なしに。

 

次いで

PINOCOが4。

鶯谷は怪しいの一言に

からあげがフォロー。

ホームバリバリ行く道中

ある有吉のTV番組に出た

みたらし団子屋が

ばんぱいあより挙がるが、

あの行列は

「TV出てから出来た」

「サクラじゃね」とPINOCO。

 

サクラの意味がわからない

ばんぱいあであったが、

PINOCOの説明により

理解すると

「なんでそんなに疑い深いんですか?!」

とツッコミ入れる。

 

また、ツッコミは、からあげの矛盾した発言へも。

 

駄好乙は通話口から

スーパー銭湯の名を挙げた。

 

続いて、点点①

点点はスカートの丈が短く

おパンツが見えかねん座り。

語彙力がまだなく

発言は少しに留まったが、

逆に好感が持てた。

 

①の最近気になっていることには、

「皆高校時代部活なにしてたか」に触れる。

 

からあげ、テニス部。

ルールを知らずツーバンでもいいと思っていた発言に

多くが退く。

 

PINOCOは、まず吹奏楽部をひと月で辞め

次の芸術部も同様に辞め。

帰宅部に。

運動部だけは嫌いで入りたくなかったとのこと。

 

点点もテニス部。

からあげの「前衛?後衛?」質問に

どっちもしてたと答える。

 

からあげはルールも知らず試合に出て怒られ

その後幽霊部員になるが、

点点は試合未経験者だった。

 

ばんぱいあは

3年間強豪の吹奏楽部で

地区大会へ。

 

8ミリは中学

吹奏楽部と陸上部。

高校は1カ月だけ

剣道部。

 

駄好乙は演劇部だった。

 

「からあげのテニス部でルール知らない以外

 皆あまりいじるところない」

 

とばんぱいあが〆る。

 

なお、8ミリも気になることがあると言い

消えた飛行機を挙げた。

(ばんぱいあが戦闘機と訂正)

 

ばんぱいあ3。

 

無銭ツアーの移動は

バンらしいが

週一遠征より

洗車する間がなく

虫が湧く話。

 

さらに駄好乙が

ホテルの風呂の話をし

PINOCOが

湯舟の淵に座り

手で湯を掬う

駄好乙を再現。

 

また、駄好乙の目覚ましが

鶯籠の歌になっており

大音量のくせに起きないこと、

8ミリも目覚まし大音量で、

わーすたのトリケラトプスだが、

なかなか起きず歯ぎしりすること、

さらに、からあげもやはり起きないが

スヌーズの音がやたら小さく

逆にPINOCOをイラつかせることなど

明かされた。

 

なお、PINOCOは早寝早起きで

ばんぱいあさんの手を煩わせないそうだ。

 

最後8ミリの賽。

PINOCOより

残る「5か6出して」

と圧かけられ

一度2を出しダブるが、

再挑戦で見事5を。

 

この辺りですでに形式なし崩しになっており

8ミリが答える前に

からあげ他が「成長特にない」とコメント。

 

駄好乙による「メイクうまなった」回答より、

ばんぱいあのみすっぴんゆでたまごか2児の母

=別人なることが話される。

 

逆に駄好乙は、感化されやすく

ごくせんやマロ、

果てはかいーのやキン肉バスターを

PINOCOにかけようとしたり、

結局成長してないってことで

話がまとまった。

 

最後⑥のフリートークに

PINOCOが触れ、

BUBKAが何があって

過去の裏物系から

アイドル雑誌に変わったのかが

話題に。

これについてからあげが

そっち系は今や携帯やネットで見れるから

売れなくなって変わったのではと

リアルな回答をする。

 

笑うしかないばんぱいあ。

 

最後からあげが

実は頭いいことを示して

終わったw

 

前編のつづき

 

まおさんは最近上京してきて

一人暮らし兼

壮絶なバイトをしてるとか。

 

されど

 

「これしかない」

 

と言っていたのが

印象的だった。

 

なお、動画でも

見つかった

離散したまお父は

60歳還暦。

 

よって下北SHELTER

でのLIVEよりも

福井でのLIVEを観ることに

したそう。

 

なお、もう一人のまーたん父は

47歳。

 

「この中で47歳より年上な人ー?」

 

と挙手が計られた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓ ベスト・キッド

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓ 床ゴロゴロ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓ ゲストにカメトレ

カメトレは今最もいい
と言って過言ではない。
しかも撮可。

にも拘わらず、
音源の販売流通経路や
ライブの少なさから
目や耳に触れる機会が
限られる。

 

まるで希少種の

亀のようだ。

よって、他グループの生誕
へのゲスト出演という形だが
貴重は貴重。

ただ、カメトレが
ライブをやるのか
どうかがわからず
行きはリスクが大きかった。

が、せっかくの貴重な機会だし、
下北SHELTERの箱見たさもあったので
ここはライブやるに賭けて行き。

結果「吉」と出た。

特に別途前後述の
メインせのしすたぁが
ほぼ存分に楽しめたこともあり
正しい選択だったと言える。

しかも、ギリ着いたというのに

 


見事最前即後ろという
好位置がとれる。

にも拘らず、
想像以上のSHELTERの小ささに
カメラを本番中
二転三転させ
おまけに照明も今一歩と感じられ
大きく苦戦した。


苦い経験だ。

 

ところで、果音さんが

髪型を変え

ルックスよくなっていた。

 

服装がウエストラインを消しているので

ゆったり目の服から

変えていい気がする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あいかちゃんは

小箱の下北ライブハウスということもあり

パフォーマンス結構攻めてた気が。

 

まほまほにより

今城さんがせのしすたぁまおさんと

竹馬の友と判明。

 

 

どこでどうつながったのかは

不明だが

それで今日のライブに

カメトレが呼ばれたのかも。

 

それにしても

スバラやマタイツカはいい。

なんか高揚感すらある。

 

スバラは今現在音源がないので

ライブで聴くしかないという

アナログ全開な状況だ。

 

自分の場合

マタイツカは頭に残っているのだが

スバラは忘れやすい。

ふいにスバラのメロディーラインを思い出し

忘れまいとするのだが、

なぜかすぐ忘れてしまう。

 

したがってスバラこそ

音源が必要だ。

 

接触なしでも

スバラなら欲しいという

音楽として

正常な欲求が生まれている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

正直いくつもりがなかった。

ただ、カメトレが撮可と思われ
それが引っ掛かり
行くことに決めたのが
午前0時前。

カメトレさんから予約し、
その後、予習として
しのしすたぁまおの
離散した父親を探す
動画を観る。

無理やり向こうの好感度を上げ、
かつこちらのモチベを挙げるのには
ピッタリのプログラム。

第1話から第5話まであったが
全部観てしまった。

結果、なんかしのしすたぁまおより
家族や運営さんの好感度上がったような。

ただ、5話は確かに泣ける。

おかげで寝不足になり
現場についたのはギリ。

楽しみの初現場だ。

 

↓ ガーデニング系美容室風なナイスな看板

ドルとヲタの面子に賭け、気合入っている

↓ なんとあの福山雅治さんも・・・

↓ 地下降りると即観戦場

入りはまずまず。
カメトレ客も散見できる。

コンパクトでなかなか
雰囲気よさそうな現場だ。

まず、せのしすたぁの母体である
アミーガスという福井の
ドルグループ3人が出てくる。

いきなり撮影オケ。
何でもありの模様。

予習の段階で
なんとなくわかっていたが
せのしすたぁはアミーガスから
スピンオフして出来たらしい。

ステージ最後
まおが24なったという話が出、
それに対して
センターのひまりちゃんというコは
15歳ということが
判明する。

それより1歳若い
駄好乙って一体・・・。


ま、アミーガスの後
カメトレ登場
(カメトレは別途記載)。

ここで今城さんと
せのしすたぁまおが
仲良しであることがわかる。

カメトレ幕退け後
本日の主役せのしすたぁ

全般的にアイドルというより
実に芸人寄りだった。

 

 

 

 

 

 


ただ、それゆえ
初見でここまで楽しんでいいんか的
LIVE。

客もそれに応じて
ボケかましたり
主役を無視したコール入れたり
関西のノリあり。

 


いやいやカメトレ終わったら
帰ろうか思うてたが
いやいやどっこい
最後まで見せてくれた。

ぜん君。的前のめり度あり、
鶯籠的ダイブあり、
しまいには神激を越えた
客フロアでの
床ゴロゴロ
(天晴れのピンチケかいw)
までフツーに敢行。

なにより笑いがあった。

ってか、なりからして芸人ではあったが
生誕メッセージでボケとツコッコミ出たり、
相方ゆう言葉出たり、
あなたたちは吉本NSC何期生ですかー?!
言うレベル。

ときおりダダ滑りなるが
お笑いとライブアイドルの融合を
独自の形で見せてくれた。

そしてもちろん撮可何でもあり。

いや、これで撮不可とか
どこかの半地上アイドルグループみたいに
スマホのみ可とか変な顔あげられたら困るから
動画ならOK、静止画&スクショNGなど
ケチくさいこと一切なし。

いやー気持ちいいわー。

上手くいけば女ヲタとか
俄然増えそうなんだけどな。

ま、しかしおかげで、
夕方から見た
虹コン天晴れ
何か物足りんかったなぁ。

神激もまねきと対バンやる間があったら
せのしすたぁと張ってほしい。
あと鶯籠も対峙するのいいと思う。

カメトレとはイマイチ
噛み合わんかったような^^;

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓ ほうきでエアギター。ロックンロールを体現

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最前柵スタンディング

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓ 和解の図

後編につづく

せのしすたぁのまお生誕を終え、
下北から渋谷へ。

4時半開演の虹コンだが
特典券&整理番号券付き
CD予約購入が
2時から始まる。

番号ランダム配布なので
そう急ぐこともないのだが
大体どこでも早めに買った奴が
結局前の方並んでるので
2時前に到着。

なんとこの時点で
8F上屋上前踊り場がテケツだが
6F以下まで列が。

早く予約購入したのに

「3ケタ出た」

とかで再度チャレンジ、
最後尾に並びなおす
ヲタもちょくちょく
見られた。

そんな中自分は・・・

51番。
3ケタの話を聞けば
いいほうだろう。

4時10分が集合時間となっていて
ギリ着いた。
階段には2重3重に
ダイスキマンの列が出来ており
熱帯びた様子。

10番ごとに呼び出され
屋上に放出される。

小走りで観戦場に向かう
だいすきマン。

我ながら3、4列目という
好ポジションに着けた。

このため場合によっては
靴まで見れることに。

overture後
ずっとサマーで恋してるを
赤組の的場・鶴見・大和という
3人オンリーなレア展開で。

赤組、青組分割でやるとは聞いていたが
そういえば、ここステージ小さかった。

さらにコール、MIX、NGだったが
途中から初現場のマンが
知らずにやり出し、
この日はアナウンス等なかったので
成り行き半ばOKとなっていた。

しかし、風が強い。
よって今の虹コンのコスチュームでは
寒そう。

そんな中かりんのメイクのよさは
目を惹くものがあり、
MCでも自主的に
だいすきクラブのPRをしたり

「この中で正直にまだ虹コンだいすきクラブ
 入ってないよっていう人手を挙げて~」

と教育番組なり、
すこぶる好調に見えた。

また、レアな恋のプレリュードも披露。

「この振りはまだ6人しか出来ない」

と暗に全員ができるようにと呼び掛け、
それにいち早くチャンスが反応したり。

そういえば、
久々に見た青組メンバーは
チャンスのルックスが大いに変わっていた。
兎角チャンス、だあやめ辺りが
長髪になっている。

なんか、コスチュームは露出度高く
肩口の辺りは例の如くスケルトンだったり、
手首のところに格闘アニメよろしく
手首当てがあったりと
無理に色分けした弊害が見られる。

ヲタの間では、かりんが
虹コンの天使から
虹コンの太陽になったのは
性格が変わった
と位置付けたり
他メンも野生度が上がったなど
様々な波紋を呼んでいた。

なお、青組フルメンでの
新曲「愛をこころにサマーと数えよ」は
本邦初披露。

ステージが狭かったこともあってか
落ちサビの振りが皆
萌師ほどダイナミックでなく
赤組の域に及んでなかった。

サマーげっちゅは
赤組寄りかもしれない。

セトリは以下。

overture
ずっとサマーで恋してる(赤組)
恋のプレリュード(赤組)
love makes me run(青組)
愛をこころにサマーと数えよ(青組)
MC
ブランニューハッピーデイズ

MC自己紹介時
風でみゆニキが
マリリンモンロー状態なった。

自分で自分にバカ受けする
みゆニキ。
横で愛梨ちゃんが
フツーにみゆニキのミニスカ
捲ろうとしてた。

あと、かりんさん曰く

 

「日曜日の渋谷に出るのは勇気いる」

 

まーりん

 

「日曜日の渋谷はこわい」

 

かりん

 

「今日は階段の向こう側にまで人いて、

 もしかして声だけ聞こえる人もいるのかなー?」


「では、わたしたちが階段を超えて

 エネルギーが届くように、

 がんばりたいと思います!!」

 

など。

なお、虹コンだいすきクラブ
補足するMCがかりん先輩から
萌氏に振られ
萌ちゃんが
マン限定公開で
たべモーエという
たべログをやっていることを告げる。

4.8ヴィレヴァンでも言っていたが
携帯に取り溜めしていた画像が
手違いで全部消えてしまったが
またしみこと根本の協力も得て
また撮り始めたらしい。

さらに、アーオも振られ、
ゆる~い感じで
大和写真感について告げる。

メンバーの楽屋の様子や
先般香港いった時の模様を撮ったもの、
さらには萌先輩のお尻か水着の写真もあるらしい。

とりあえず、そんな調子で
ラストはブランニューハッピーデイズ。

いやいやいやいや
これやるなら三角形やってほしい的な。

三角形のイメージをブランニューしたいのか
それともかりんさんがよほどこの曲好きで
落ちサビの部分でまんべんなく
爆レス送りたいのか。

いずれにせよ、
これが昨年夏ごろから
〆の定番になっている。

なんか今回特に衣装のせいも相成り
オラオラなイメージが出ていたような。

最期の皆が
ひっくり返るシーンは
しみこが役を負った。
かなりレア。

ま、衣装にしろ何にしろ
どうせやるなら
虹コンは
可愛いヲタのイメージが
あってほしい。

そう思うのは俺だけか・・・。

 

↓ 二人で〇Iのポーズを提案してくれた彩夢ちゃん。ナイスすぎる!

今日は朝から

下北せのしすたぁ・まお生誕

=カメトレ、

続いて、渋谷マルイ屋上

虹コン、

そして、ブクロニコ本での

天晴れと連戦だった。

 

実は、この虹コン時

ガチ同時刻に

天晴れが

渋谷タワレコ5Fでやっていたが

(ミッキーカチューシャ付)、

ここは赤組、青組分割でやる

虹コンへ。

 

そして、その後も

鶯籠からあげ生誕が

スリジエや仮面女子のホーム

秋葉原パームスでやっており

いろいろ迷った。

 

さらに、そういえば

朝場から夜にかけ

ブクロイエスで

神激が2D無銭、投げ銭で

30代以上限定やALL、

10代20代限定もあり。

 

ただ、今日を振り返れば

しょっぱなのせのしすたぁが

想像以上に楽しかったこともあり

正しい選択を行えたと思う。

 

で、最後、天晴れから。

なんと、今日

原宿の神みくちゅが

体調不良で休んだ。

 

去年あれだけハードなロードを

年中無休で過ごしたというのに・・・。

 

よって、レア。

 

れあたんもびっくり。

 

みくちゅが休むとは

よっぽどなことだが、

フツーに風邪とかで

復帰してほしい。

 

ま、虹コンを終え、

とにかく今日かりんも言っていたが

日曜の渋谷は人が多く

次の現場ブクロに

転進する。

 

ブクロで食事とスマホの充電を終え

ニコ本へ。

 

多いい。

 

階段列が現場のB2から

4Fまで続いとるじゃねぇか!

 

しかも前のグループが押してるとか。

10分前に入場するが、

これ、CD予約購入した

特典券所持者も

無銭者も

同列で入場するという

クソ対応ぶり。

 

こっちが何のために

同じCD何枚も予約までして

購入しているのか、

偏に前の方で見るためだが、

これなら買う意味ない。

 

残念ながら

天晴れの現場は

潮時が近づいてきているのかもしれない。

 

メンバーには全く非はないのだが。

さて、天晴れ本日2部のニコ本、

去年虹コンがやった

パジャマイベントだ。

 

高校生の男ヲタが

異様に沸いていた。

 

MCはすずぽん。

パジャマにしても

べしゃりにしても

今日のすずぽんは

攻めていた。

思ったのだが

すずぽんリーダー

ありかと。

 

今日はみくちゅという

原宿の神を目指す

パイセンが

たまたまおらず、

いわば中間管理職が抜け

新人のいい面が出たようだ。

 

すずぽんは我を出したら

なかなか化ける気がする。

この調子だ。

 

年功序列等でいけば

虹コンの太陽ならぬ

天晴れの初期メンで

センター赤、1位取得者

朝が来ました

れいちむまとめ役でよさそうだが、

ステージ上のパフォーマンスと

やや趣を異にし、

意外と前に出ない。

 

1位取得したことで

最近ようやく履行されている褒美の

写真集に、女優仕事にと

新たなベクトルを得た。

 

依然ステージでのパフォーマンスはよく、

豆粒になる夢もあるので、

多動力が花開くか。

 

しかし、MCになった途端

一斉にスマホのカメラが

連写されたが、

後にすずぽんが

MCの間だけスマホ携帯撮可、

撮影タイム10秒間

カウントした。

 

事前に運営から

撮影・録音原則一切ダメ

とアナウンスあり、

MC間OKは

メンバーからという

予定調和はあっただろうに

非社会人のこの有様、

この勇み足。

 

これが未だ

天晴れの現場なのだ。

 

話を戻すと

めいぽむはルーツに戻り

ポムポムプリンの寝間着。

最も期待された

ゆめめは

逆に最も意表を突き

病院のパジャマ着を

彷彿させるもの。

よく見るとポケットのところに

うさぎのアップリケが縫われてあり

モノはいいのだろうが、

ヲタは面食らったのでは。

ま、それでこそゆめめと言えるのかも。

 

なお、れいちむは

胸中心部に

小さめのキティーのワッペンが

付いていた。

 

ライブ自体は

1曲目に

幽玄テリトリーがあり

その後確か1曲挟み

MC

そして、虹をかけろ!

からアッパライナで〆。

 

ゆめめとのかのか以外

頭に何か巻いたり、着けたり、

被ったりし、

パジャマももこもこ地。

汗をかき

風呂上がり状態になっていた。

特典会も多く、なかなか始まらず。個別チェキ列の並びではあるが、実は全握順も同じである