20:30分開演。

 

15分前位に現場着くが

まだ白垂れ幕が下がっており

その前に竹の子(=天晴れヲタ)が

かなりの群れいる。

 

最初無銭者かと思ったら

無銭、有銭関係なし。

 

いやいやいや

それないわー。

 

しばらくすると

白幕の向こうで

リハが始まる。

 

新曲虹をかけろ!を

途中までやって終わり。

 

雨もぱらついていたためか

思ったより入り多くなく

前から3列目がとれるという

幸運に恵まれた。

4.1前回同現場

同じ感じだったので

ここではツキがあるのかもしれない。

 

さて、何の予備知識なしに

来たが

いきなりのかのかが

昨年のしののめ衣装で

登場。

一瞬違和感あったが、

わりと似合っているというか

紫こういう展開ありかー的な。

 

つづいに皆過去の衣装で

出てくる。

 

今日は過去衣装公演だった。

 

ゆめめとれいちむは

去年のリリイベ時の服。

 

とは言え、靴が今の。

 

あの衣装は靴もそろって

ワンセットなので

そこは揃えて欲しかった。

 

1曲目は

すずぽんの大声で始まった

アッパライナ。

ゆめめの首フルシーンが

可愛らしすぎる!!!

 

次曲に確か

君だけのワンダーランドか何かあって

MC。

 

ゆめめは「最初皆と出逢って

一番思い出深いから

パレリラパレリラの

衣装にした」と

少し涙ぐんだ。

 

いいよぉ~、ゆめめ。

 

ゆめめは思い出を大切にする。

 

=ゆめめは優しい。

 

また一つ

ゆめめのいいところを見つけてしまった。

 

MC終わり

何かしら1曲あり

虹をかけろ!で〆。

 

この曲は

ゆめめも面白いが

れいちむが若干上回る面白さある。

 

今日はセンターに

れいちむ、ゆめめと

横並びのシーンが時折あり

思わずガン見。

 

この辺りは神激もそうだが

撮可にして後世に残しておかないと

もったいないよ。

 

とほほ…。

 

また、去年と比べ1曲少ない4曲。

去年を思い返し比較してみると

総選挙の票が入らない分

特典会のレギュレーションに

力入れている。

 

今日もだが、メンバー一人との

スタバ同伴タイムなどあった。

 

↓ 自己紹介タイムで「れあたーん」と呼ぶゆめめ

 

↓ 「みくちゅ~」

 

 

↓ 「のかのか~」

↓ 微笑みも尊い

 

 

 

 

 

 

 

 

↓ ゆめたそポーズ

 

 

↓ 予想通りフツーに担っていたれあたん。ただボタンはない方がいいと思われ。

↓ 初期中江衣装で現れたすずぽん。

 

↓ すずぽんはメイクともどもクール系で攻めたらいいと思う

↓ そろそろ和のゆめめが見たい

↓ 互いに意見を交わす

 

↓ 「私の中でこの衣装を着てるとき多くの人に出会ったというのがあるのでこの衣装にした」と語るれいちむ

↓ 去年はこの衣装で総選挙を闘い抜いた

↓ 自分もそうだが、れいちむ自身もやはりこの衣装に思い入れがある模様

↓ もはや私服と言ってもいい

 

↓ 好きな白熊をつけためいぽむ

 

↓ 心持も新たになったか、今日は勢いがあった

 

↓ オーダーメイドのように身体にジャストフィットしていていい感じだったみくちゅの初期衣装

↓ れあたんに「私服で着てるみたい!」とナイスツッコミが入り、それを受けみくちゅも「今日から私服にしよ」と乗る

ナイス

↓ ユニコーンが好きで、デザイナーさんに言って、衣装に紙皿みたいなのをつけてもらったそう

↓ この髪型にこの衣装は新鮮

↓ 一番遠く暗いところにいたため、スマホのみ撮影ではこれが限界だった

↓ 思えばゆめめが近場にいたことは幸運だった

 

 

 

 

↓ 虹コンフラッグ撮影を踏襲したか、10秒カウントダウン突入。

 

 

 

 

 

 

 

早期ライブでも撮可復活(スマホ以外もOK)が望まれる。

 

SE 

1.アッパライナ 

2.キミだけのワンダーランド 

MC (今リリイベもあと1週間/互いの衣装批評)

3.アッパレルヤ!! 

4.虹をかけろ!

MC

先の鶯籠120分無銭

待時、

「ましろがかわいい」

と言う声が聞こえてくる。

 

ぜん君。の?

 

う~ん・・・

 

で、今日

天晴れなし、虹コンなし

その他ないない尽くしの中

多分未見のCY8ER あり。

 

これまた以前神激の外待時、

CY8ERの現場はヤバイ

とオッサンヲタが

言っていたのを耳にしていたので

神者がいうからには

よっぽどなんだろうな

と警戒していた。

 

昼時仕事中

社で無銭カレンダー閲覧後

CY8ER のホムペをチェック。

どうも今日フラゲ日ぽい

(実は発売日だった)。

 

それでいて20:30から、

しかも新宿駅直結と言っても

過言でない

交通の便至便の

新宿タワレコ。

 

リリースCDも

昨夏前

天晴れセンチメンタル・プリズムを作った

Yonomiさんというし、

初期メンが

BisかBishより派生して

出来たとかなので

入りめちゃ多いんじゃねと

警戒してしまう。

 

でも、ま

1.13同地コウテカ

2.8同地ぜん君。

の例もあるし、

入りほどほどを期待して

行き。

 

同様の様相

時間帯で

2.19渋タワ5Fにて

カメトレと遭遇して

経験もあるからだ。

 

さらに先のホムペをよく見ると

メンバーの一人に

ましろの名が。

 

写真ではそこまでのかわいさ

とまでは言えない気がしたが

如何に。

 

20時15分頃

現場着。

 

まだ観戦場に誰もおらず。

しかも優先者はいるが

大群を成しているいる様相なし。

 

が、通常レジに

観たこともない長蛇の列が出来ている。

結局何があったのか

この購入が長引き

さほどでもない優先者が

先にインし、

すでに未だ購入者列は

続いていれど

半5分前となり

無銭者を開放した。

 

整理番号券は不思議なことに

優先者ですでに枯らしていたそうだが

未だ並んでる購入列は

一体何でこうなってるんだろ。

ライブが終了した後も

変わりなき長蛇の列ができ

運営が「新作CD全て売れ切れましたー。

ただいま旧2作のみ販売しています」

と促す。

ともかくおかげで

4列目辺りをポジショニングできた。

で、で予想外に

数名カメ小がいる。

撮可だ!と思いきや

運営から動画のみOKとの

注意事項が。

 

最後のMC

メンバー中、紫のコが

「おこがましいながらも明日私の生誕祭がある」

と言っていたが、

その中でバンもんの恋汐りんごが

出ると言っていたので

もしかして動画オンリーの件からも

バンもんと同じ事務所なのかもしれない。

互いにセルフプロデュース謳ってるようだし。

となれば、バンもんの差し金もあり得る。

 

ともあれ、開幕。

ましろさん、やはりそこまででもないか。

センターで初期メンと思われる

プラチナ髪のコも。

が、初曲こそ

昨GWかわいいパークで聴いた

妄キャリぽい詩かと思いきや

2曲目以降、

やはりYunomiワールドというか

曲のよさが際立つ。

 

さらに、メンバーのパフォーマンス

かわいさも。

 

ましろ、やはりヤバイ。

センターのコも

前髪バキバキの固めながら

こちらもいい。

あと紫のラム角生えた

ちょい色黒浅め、腕にタトゥー入ったコも

かわいいし、

ってか皆良し。

 

一人緑のやや大柄でハーフっぽい

顔のコも、パフォーマンス悪くないし、

天晴れで言えば性格は除き

しののめ的役割に見えた。

 

いやいやいや

想像を超えて魅せる良さ。

 

また、ヲタの沸きも

悪どくなく、

むしろスマホで多くが

動画撮ったり

かなり良好。

 

昨日のおやホロ同様

箱ではヤバイのだろうか。

 

メンバーの世界観も

かわいさあり

楽曲とパフォーマンスが

相俟って

かなり衝撃の良さだった。

 

それだけに撮不可は残念。

年配のバンもんと異なり

若いCY8ERは

今日の対動画撮影の様子を見ても

全然撮可でもOKそうだったのだが・・・。

 

また、告知によると

なんでも近々CY8ERをもじって

319円でワンマン箱ライブやるらしい。

リリイベももう少しあるらしいから

これは行くしか。

 

レパートリーがここで増えるとは

嬉しい悲鳴だ。

 

いやはや来てよかった。

前編からのつづき

 

MC時

 

「ここでおやホロから大事なお知らせが・・・」

 

と発し、

おやホロヲタより

 

「やめないで~」

 

の声があちこちから飛んだ。

 

その刹那

 

「・・・ありません!」

 

と継ぎ句。

 

笑いとともに

 

「やめろ~」

 

とまで言われた。

 

その後

5th Newアルバム発売

初の全国ツアー決定

新曲&そのMV初披露

と様々な慶事が

発表されるのだがw

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

後編につづく

天晴れなし、

虹コンあり。

 

しかし、虹コン

キャパ小のヴィレヴァンで

青組。19時から

 

また当日判明したのだが、

鶯籠が渋谷Gladで無銭1D。

1500で撮可するが

最前2名に3段目最後尾。

 

そして、おやホロ

LOFT2D無銭。

8時から。

 

鶯籠は

昨日120分無銭全曲したし

腹十分になった感あり、

結局おやホロにした。

 

バンド編成で

3.24鶯籠でめっちゃ良かった

LOFT。

多分撮可だろうし。

 

予習でおやホロのホムペ見ると

今年4.1エイプリルフールに

刷新したらしく

メタル&ドラッグクィーン系を

標榜し出したとか。

ちょっと焦ったが

思い返してみれば

そっち系かもしれない。

 

他に問題は、どんだけ人来てるか。

15分前くらいに

入りすると

全然そこまででもない。

が、開演直前には

ほどよく満場となる。

 

カメ小もおり

最前両脇と中サイドにも踏み台1あり。

 

もしかして中央付近

雪崩れ込みがあるのかなと思ったが

開演後しばらくして

ホンマにあった。

 

しかも、滞空時間のチョー長いダイブ。

リフトや将棋倒し的雪崩もあるにはあるが

全然ダイブとモッシュの印象がデカい。

 

さらにダイブやリフト比

男女半々。

 

これが健全なLOFTのあるべき姿というか・・・。

 

また、序盤からメンバーのリフト&ダイブあり。

しかも、単にマグロ的ダイブではなく

カジキマグロ的な激しいもの。

飛び魚のように

足が頂点の方向いたり

危険度をともなっていた。

 

まさかおやホロがここまで激しかったとは。

リリイベのイメージがあったので

まるで予測できなかった。

 

MCで語っていたが、

デビューワンマンもLOFTで

かれこれ5年

お世話になったり

迷惑掛けたこともあったそうだ。

 

そして、初の全国ツアー12か所

今日と同じバンド編成

とアンコールに新曲『ラストシーン』を

お披露目。

5thニューアルバムの発売も告知される。

 

また新曲MV公開も当日22時公開。

 

この日のライブの香盤は

ノーバンドで5曲くらいやった後

バンド編成。

アンコールで物販Tに着替え

最初新曲

ラスト、バンド編成と

2曲。

 

押し合いがかなりキツく

端の方に寄ることになったが、

とは言え

最前即後ろキープ。

この客入りで

文句言えない位置を

終始保てた。

 

想像を超えた

熱く、暑いライブ。

 

おやホロ選択して

正解だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中編につづく

リリイベで2時間のワンマン。

もち無銭。

 

アイドル業界において

登竜門と言っていい

渋谷タワレコ。

しかもB1CUTUPでの

3連戦を経て

手綱を緩めるどころか

さらに猛攻してきた。

 

開店同時に

会場限定シングルCD『嘴』も含め

ばんぱいあさんの写真集と

2CDアルバムを販売。

私が到着した2時過ぎには

優先入場券200枚が枯れていた。

 

17:15開演。

救急舎が出てきて

8ミリさんが歌う前

啖呵切ったり

勝手にYAZAWA4号で

自己紹介したことを

2号に指摘されたりする。

 

「このあと鶯籠って奴が出てきて

 120分やるらしいけど

 私たちもここでリリイベやりたいよな!?」

 

とヲタに喝を入れ

1曲。

 

その後鶯籠は19:20強までやったので

きっちり120分やった。

 

救急舎幕退き後

すぐに鶯籠登場。

 

駄好乙が120分やるから

果汁組やらゼリーやらサンドイッチを持参し

途中食うと言う。

 

衣装は新衣装のチャイナ。

 

「駄好乙だけ赤入ってずるい」と

 

ばんぱいあさんからツッコミ入ると

即座に

 

「そりゃあえらいんだもん」

「エグゼクティブプロデューサーだから」

 

と駄好乙だけではなく

PINOCOからも反論入り

ばんぱいあさんは押し返された。

 

そして、救急舎も啓発したが

改めて鶯籠でも

今日の注意事項が。

 

駄好乙より

異様な声で

 

「共存して欲しんですよ!!」

 

と促され、笑いとともに

 

「はーい!!」

 

とヲタ返答。

 

「今日は小学生レベルだな」

 

と幼稚園からの昇格を

駄好乙が認め、

さらに、28曲ノンストップでやることを

告げる。

 

想像を超えた

駄好乙の発言に

ヲタから苦し紛れの声が。

 

そして、この後

本当に2時間ノンストップ

全28曲完遂。

 

カメ小と沸きヲタの

共存共栄も問題なく行われ

オッサンリフトの連発や

自主自発的に

サークルが2個同時に

発生したりと

さすが年の功か

優良現場だった。

 

ライブ終了後、主催者側から

後方形だけのバーラウンジが

ヲタの休み場として解放される。

 

これだけカメ小もいて

沸きもありつつ

いさかいが起きなかった

オッサン現場への

ねぎらいの意味があったのだろう。

 

この背景には、ライブ終了後

飲み物をこぼしていたりする若ヲタ現場への

タワレコ側の苦悩がある。

 

さて特典会では

今回ステージ上は

無銭握手と全チェキのみ。

個チェキ等は

観戦フロアでとなった。

 

なお、無銭全握だが

 

「過去最強のスピードお願いします」

 

と運営が告げる。

が、始まってみると

今日なぜか丸坊主になっていた

ネパールの運営ともに

急かしまくり

全握が全員ハイタッチに。

 

確かに過去最速だが

これなら全員ハイタッチと

銘打って欲しかった。

 

ま、駄好乙だけ

変わらずワンパン

ハートブレイクショット

だったのだが^^;

 

また、個チェキor個撮は

点点が外まで出る列。

 

点点、駄好乙が

21時まで。

 

他は22時頃まで

やってらしい。

 

今日の渋タワイベントは

鶯籠がシメた。

 

 

↓ 「すげー上から目線で啖呵切った割には、そーでもなくね?」と8ミリを叱咤

 

 

 

 

 

 

 

↓ 鶯籠を挑発。息巻くYAZAWA1号

 

 

 

 

↓ 補給のため山積みの菓子を持参したエグゼクティブP

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓ 駄好乙の「赤い髪飾りすごい邪魔くさい」発言により皆とる

↓ 髪飾りを外した上に投げんとする駄好乙

↓ からあげ作詞の岡山弁新曲「なぁ」からスタート

 

 

 

 

 

 

 

 

↓ 靴まで脱いで裸足でライブしていたばんぱいあ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓ 今日のPINOCOはモチベ高めだった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前編につづく

前編からのつづき

 

ぶっちゃけ、初見のバスケは

全く面白さがわからなかった。

 

ただ右往左往している間に

ファールがあったり、

フリースローあったり、

点入ったり。

 

さらに時々

タイムの間に

チアガールや

マスコットキャラクターの

パフォーマンスが行われる。

 

全体的に落ち着きがないというか

慌ただしい印象を受けた。

 

やれば楽しいと思うが

観戦にはかなりハードル高い。

 

また、試合は

ホームらしい東京エクセレンスが

終始リードする圧勝に近い内容。

 

というか、最初気付かなかったが

ここまでやるかというくらい

一方的な応援を繰り広げており、

アウェイの埼玉ブロンクスは

気の毒なくらい。

 

両チーム2人くらい

人間離れしたデカさの

外人がいたいが、

うちブロンクスの黒人は

ファールが多かったためか

徹底的に悪者扱いされていた。

 

正直カメトレメンバーも

わけわからんかったと思う。

 

あいかちゃんとか

 

「最後逆転して凄かったねー!」

 

と高揚していたが

逆転のシーンなかったような・・・。

 

ま、でも女優を目指しているだけあって

そこは皆サポーター役に適応していた。

 

カメトレしか見えていなく

となりの女サポーターに怒られた

自分とは大違いだ。

 

逆に、バスケ見に来た客は

ハーフタイムでカメトレが出る際

 

「誰ー?・・・」

 

とまるで関心を持ってない。

こっちがスタンディングで

見狂っているのが

完全に浮いていた。

 

近くに高島平の巨大団地があったり、

金曜夜で満場1000名の客入りだったそうだが

暗がりの中1曲しかせず

音響も場所柄悪い。

 

これってやる意味あるんかなと

ちょい思ってしまう。

 

ま、それを半ば承知してか

ここまで訪れたカメトレヲタには、

褒美として最後バスケットゴールしたで

ハーレムチェキが行われた。

 

ただ試合が終わったのが

9時15分頃。

その後、選手が

コートを巡って

無銭ハイタッチショーが

あったり、

スポンサー会社社員との

合同撮影があったり

何だかんだで

選手が退けた

9時半前から

ようやくカメトレとヲタの

接触開始。

 

が、場内アナウンスで

会場は9時35分完全撤退が

告げられる。

 

ベルトコンベアー式に

ハーレムチェキが行われ

終了。

 

会場を出ると

明後日区議選を控えた

若手候補が

 

「勝利おめでとうございます!」

 

と営業してきた。

 

くー、これなら池袋ニコ本

天晴れ行っとくべきだったか・・・。

 

とにかくカメトレはここでは新規増えんと思われ。

 

東京エクセレンスか埼玉ブロンクスの

女のサポーターが

これを機にカメトレ女ヲタになることは

考えにくい。

 

せっかく最高レベルの楽曲とパフォーマンスを備えているんだから

ガンガンライブしてほしい。

 

↓ バスケ観戦中のカメトレ。後列のガチサポーターより反応イマイチか

 

 

 

↓ 宿敵・埼玉ブロンクスがシュートを外す

↓ 反撃

↓ エクセレントなシュートが決まる

↓ またしてもシュートを外すブロンクス

 

 

 

 

↓ 逆にファール

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓ ワラ

 

 

↓ 選手が投げた当たりボールを果音さんがキャッチ

↓ 景品が当たる

↓ スポンサーの湖池屋から

 

 

↓ 入場時皆に配布された新作スナック菓子だった模様

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓ 試合終了

↓ ゲストとしてコートにでるカメトレ

 

↓ 髪型を気にするあいかちゃん

 

↓ 特典会の無銭ハイタッチ。アイドル現場と逆で、選手が回ってくるパターン

 

 

 

 

 

 

↓ 平成最後ゲッツのポーズ

昨↓4.21より約1年

vol.70がvol.80に。

そして、平成最後のiPop fes.となっていた。

 

転校少女歌撃団がメンバー大半様変わりして

転校少女*となったが

本日も同順。

 

その前にたけやま3.5が

撮影フルOKと

カメ小多き

現場となった。

(転少も最後の曲のみフルOK)

 

そして、かりん曰く

 

「平成最後の大トリ」

 

として虹コン。

無論オール撮不可という

ケチくささだが、

いかんせん曲と振り付け

ライブのパフォーマンスの

格が違いすぎる。

 

なお、優先入場券は

1時間前に売り切れていた。

 

かりんがソバージュみたいになって

先頭センターで登場。

 

戦バレで切って落とされ

新曲

ずっサマ

三角形

 

とノンストップ。

その後7月のよくわからんライブの

告知と勢いよく終えた。

 

新曲は、やっぱり

萌ちゃんが一番切れある。

対抗馬はあかりんか。

 

また、あかりんは衣装赤なって

存在感増した。

そして、またしても勝負の

三つ組みだった。