過剰な都市型マンションの将来は | キャリア・カウンセラー札幌のブログ

キャリア・カウンセラー札幌のブログ

キャリア・カウンセラー札幌の活動内容やキャリア・カウンセラーとしての雑感を記載しています。


テーマ:

あるブログより。

 

 

日経新聞は自治体への取材や全国市街地再開

発協会の資料を基に、19912020年(予

定含む完工ベース)の約700件の事業を分

析した。

浮かんできたのは経済環境や人口動態の変化

に伴い、再開発が大規模マンションに偏って

きた実態だ。

5年ごとの件数で見ると、タワーマンション

を伴う事業は1990年代前半に15%だった

が、201620年は49%に上昇。

こうした再開発地区の延べ床面積に占める住

宅比率も64%と過去最高になる見込み。

再開発によるタワーマンション供給は計9万

2000戸と、現存する超高層物件の4分の1

に積み上がる。

 

 

現在の官製バブルともいえる現象は過剰な建

築工事の増加で一部成り立っている。

マンションは過去よりもかなり広めのものに

変わってきており、札幌では4,5年前には

新築で2千万円代だったのが、今は3千万円

代は当たり前になった。

今後10年以内に過剰な住宅は過剰供給で価

格の引き下げが当たり前になっていくであろ

う。

そして、経済は再び停滞するであろう。

 

 

キャリア・カウンセラー札幌さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス