タイでハーブボールがいつ頃から使われはじめたかは、定かではありませんが、タイのアユタヤ時代、ナライ王の治世(1653-1688年)の時、宮廷の医師たちが、81個のタイハーブ薬のレシピを書いて王様に献上しました。
この「ラナイ王のタイハーブ処方の本」は、現在のタイ伝統医学のベースとなっています。

と、言うことは前にブログに書きました。

 

ナライ王の時代は、日本では水戸黄門が活躍した江戸時代だなあ、と思ってググってみると、なんと「水戸黄門はハーブマニアだった」と言う記事を発見。

これは日本では、ハーブの知識についてはそれほどのでないことをリスって、タイハーブを持ち上げる、やってはいけない悪魔の手法を使おうと思ったが、不都合な真実が・・・。

 

黄門様は、水戸藩の医師に命じて、身近で入手しやすい薬草の処方を紹介した家庭療法の本『救民妙薬(きゅうみんみょうやく)』を1693年に発刊してました。

 

 

時代は、シンクロしてるんだなあと思いました。

 

 

恐れ入りました、へへーと、平伏。

 

※写真をどこかで引っ張ってくってくると、いろいろ問題があります。

このアフィリエイト手法、なかなかです。

コミッションを期待してるわけではございません。

 

観てうまくなるCCATubeタイマッサージ・シアター

CCA予習・復習動画がYouTubeでオンラインで視聴できます。
01-05CCAタイマッサージレベル1-5
06CCAジャップセンマッサージ
07CCAハーブボールセラピー

08CCAトークセンマッサージ
09CCAフットリフレクソロジー
10CCAルーシーダットン
11CCAタイオイルマッサージ
12CCAホットストーンマッサージ
13CCAおなかダイレクソロジー
14CCAベビーマッサージ

15-17CCAホームマッサージ
 

CCAタイマッサージ理論の本の更新バージョンがWEBでお読みになれます。

CCA読んでうまくなるタイマッサージ理論のHP