Turmuhammet(トゥール ムハメット)のブログ

Turmuhammet(トゥール ムハメット)のブログ

東トルキスタンは、テュルク(突厥)系民族が居住する中央アジアの地域、すなわちテュルクの土地を意味するトルキスタンの東部地域を指す地域概念。現在では中華人民共和国に占領され“新疆ウイグル自治区”と呼ばれる。“ウイグル”とも呼ばれる。


インドネシアの刑務所にいる4人のウイグル人のうち3人がチャイナに移送されたというニュースから2週間以上が経過したが、チャイナとインドネシアの当局は未だ公式発表を行っていない。  4人の被拘禁者のうち、現在インドネシアで刑期を務めているアフメット・ボゾグランは、アメリカワシントンにあるラジオ・フリー・アジアウイグル語部のインタビューを受け、インドネシアで拘留され投獄されていた3人の仲間がチャイナに引き渡されたと述べた。 同時に、彼は国際社会に対し、自分もチャイナに引き渡されない様、助けを求めました。

 質問:こんにちは、あなたはアフメット・ボゾグランですか?

 答え:はい、はい、私はアフメット・ボゾグランです。

 質問:あなたの時間は限られている様です。 正直なところ、あなた達やあなた自身がどのようにしてインドネシアに来たのかについて簡単に説明してもらえますか?

 A:さて、私たちはトルコへの道を探してしばらくインドネシアに滞在しましたが、その過程でパスポートの問題に巻き込まれました。 チャイナも調査中にこの問題に関与しました。 チャイナから調査員は私たちを尋問し、多くのことを取り調べ、私たちを「テロリスト」としてインドネシア側に訴えました。 それで、私の3人の仲間は6年の実刑を宣告され、私は8年を宣告されました。

 質問:3人の仲間の状況について何を知っていますか?

 A:私の知る限り、この3人の友人は6年の刑を言い渡されましたが、パスポートの問題に対して罰金が科せられ、罰金を支払わなかった場合はさらに6か月刑期が延長されることになっていて、それをチャイナが支払いをして、彼らを連れ去りました。

 質問:チャイナがその罰金を支払ったことをどうやって知ったのですか?

 答え:刑期が満了するその日の夜12時10分前に、監獄側は仲間3人を連れ去りました。 彼らは、罰金が領事館によって支払われたことを示す紙に署名されたそうです。私は署名された指の青い色を見ました。そして私たちがお別れのさよならを言ったとき、彼らはそれを私に言いました。

 質問:あなたは独房にいるのですか?

 A:私たち4人はそれぞれ別の部屋にいますが、話をする機会があり、彼らが刑務所を出たとき、30分間別れを告げる機会がありました。

 質問:刑務所のスタッフは、チャイナ領事館が皆さんの罰金を支払ったとはっきり言っていましたか?

 A:いいえ、彼らは、皆さんの領事館が支払った、と言っただけです。 それはトルコ領事館か、チャイナ領事館かは、はっきり言っていなかったんです。

 質問:皆さんはそれらの手続きに署名するとき、弁護士が一緒にいましたか?

 A:いいえ、記者に知られてしまう、として、弁護士に電話をかけてもらえなかったかったのです。仲間たちが、監獄の警察が互いに、警察に知られたら困る、というような話をしているのを聞こえた、と言っていました。

 質問:この機会に、ウイグル人や国際社会に何か言いたいことはありますか?

 A:時間がほとんどないので、5分間話すことができます。 私が言いたいのは、チャイナは私たちを「テロリスト(黒いコート)」であると非難しており、私たちは「テロリスト(黒いコート)」が何であるかを知らない人々です。 私たちはインドネシアにトルコへの道を探し為にきました。他のことは何も知りません。 私は、私がチャイナに送還されないように、皆様の助けを求めます。トルコまたは他の国に避難出来る様に手伝ってくれる様に、ウイグル人と国際社会にお願いします。

 質問:あなたの言っている「黒いコート」はテロリストの意味ですか?

 A:はい、チャイナが言う「テロリスト」の意味です。......申し訳ございませんが、時間切れです...。

 質問:このインタビューのメディアへの開示に同意しますか?

 答え:同意します、ありがとう...
11月2日夜9時頃、イスタンブールの御自宅前で何者かの銃撃を受けて、重体になっていたユスフ・アイマイティジャンさんは、病院で緊急救助され、今は危険を脱出された様です。
彼を懸命に救助したトルコ救命救助機関や病院の医師、そしてトルコ内務省関係者には、日本ウイグル連盟として感謝致します。
FacebookやTwitterを通して、多くの日本の友人たちも、ユスフさんの安否にご心配し、お電話、メールなどで様子を伺い、また、彼のために祈っていました。皆様にはここで心より感謝致します。
日本ウイグル連盟は、ユスフ・アイマイティジャンさんの御救助の為に、トルコのウイグル人団体を通し、10万円を寄付させて頂きました。
ユスフさんの更なるご快復をお祈り致しますと同時に、彼の命を狙い、暗殺を仕掛けたチャイナ諜報機関のテロ行為を激しく非難します。
チャイナ諜報機関こそ、今後はこの様なテロ暗殺行為をやめなければなりません!!

日本ウイグル連盟

2020年11月4日














1933年11月12日と1944年の11月12日に、東トルキスタン共和国は独立宣言をしました。この二つの東トルキスタン共和国はどちらも短命で終わりましたが、中国の植民地支配下にあるウイグル人にとっては、今でも民族の忘れ難い重要な建国記念日として記憶され続けています。
この日を記念し、日本ウイグル連盟主催の記念行事を行います。
今回は、東トルキスタンを植民地として支配し、ウイグル人に対して民族浄化とジェノサイドを実施しているチャイナ大使館の前で、抗議活動を行います。
皆様のご参加とご協力をお願い致します。

【日時】 令和2年11月12日(木) 集合13:30 抗議開始14:00
【場所】 麻布税務署前
 東京都港区西麻布3−3−5 メトロ日比谷線六本木駅10分
【主催】 日本ウイグル連盟

【後援】教育正常化推進ネットワーク

【連絡】トゥールムハメット 

           Tel:080−5175−8973 
           E-mail:info@uyghurjapan.org

米国には五千人ぐらいのウイグル人が住んでおります。
この中では、約四分の一ぐらいがアメリカ国籍を取得しています。
在米ウイグル人は背後にアメリカ議会と政府の強い支援がありますので、世界各国の他の国に住んでいるウイグル人に比べると、ウイグル人の独立や人権問題などには最も積極的に関わり、多くの活動を行なってきています。
トランプ政権は米歴代政府の中で、ウイグル人の問題について最も多く関与し、米史上初のウイグル人権法案を議会で立法して、実行に移っています。
また、トランプ政権の重要なポストにははじめて二人のウイグル知識人が採用され、政府や議会のウイグル政策に直接関わる様になっています。
アメリカには、アメリカウイグル協会、東トルキスタン亡命政府、ウイグル人権プロジェクト、ウイグル支援、ウイグルタイムズなどの団体や組織が創設されて、それぞれウイグルの独立運動や人権問題などで活躍し、米議会や政府に対する進言や請願、さまざまな対チャイナ抗議活動などを行なってきています。
在米ウイグル人は、共和党とも、民主党とも良好な関係を保ってきています。議会におけるロビー活動でも、両党の議員に同等で関わり、法案の立案などに置いて請願やアドバイスを行ってきています。
今回の大統領選挙に於いても、トランプ大統領を支援するウイグル人が多いですが、バイデン氏を支持するウイグル人もない訳ではないです。何故なら、ウイグル人問題に於いては、民主党も厳しい姿勢です。










Comment of Mr Jon Zahir:

How many " Leaders of Uyghur Organizations and Uyghur Activists" are on CHINESE PAYROLL?                                                                     

Since 1994, China has set up fake Uyghur organizations, fake Uyghur websites and even put fake Uyghur activists in many countries.

IN FACT, UYGHURS are One and Only Absolute Majority in Uyghur East Turkestan in the past Ten Thousand Years. UYGHURS are the NATURAL MASTERS OF EAST TURKESTAN. 

Today in 2020s, UYGHURS are Still Majority in UYGHUR EAST TURKESTAN. . . . . BUT CHI-NAZI dictators, Trolls of CHI-NAZI and "some LEADERS of UYGHUR organizations and some UYGHUR Activists", in interviews with foreign media, in conversations with foreign politicians, and in international affairs, continue states that the Uyghurs as "a minority nation in China," "Uyghurs are ethnic minority in China" "minority Turks in China" ...

IN FACT, UYGHURS live in EAST TURKESTAN... 
UYGHURS do not live in CHINA. 
UYGHURS never lived in CHINA. 
UYGHURS have no freedom to travel to China. 

Firstly, Uyghurs are over 30 million, by no means a "small nation" nor ethnic minority.

Second, East Turkestan is a country that has been subjected to illegal invasion, unlawful occupation, CHI-NAZI STATE TERRORSIM, Chinese illegal immigrants....

Thirdly, All Chinese are 100% illegal immigrants in UYGHUR MAJORITY East Turkestan... The Chinese illegal immigrants are minority in East Turkestan. All Chinese illegal immigrants in EAST TURKESTAN are militarily, financially and politically 100% backed up by Chinese Liberation Army, Chinese armed Bandits, Chinese air force, CCP and Chinese government. 

The Uyghurs are the masters of this country - EAST TURKESTAN and UYGHURS will never be "a minority in China"

How many " Leaders of Uyghur Organizations and Uyghur Activists" are on CHINESE PAYROLL?