”自分が変わる 組織が変わる” 「働き力アップのスマート仕事術」

”自分が変わる 組織が変わる” 「働き力アップのスマート仕事術」

キャリ・ソフィア代表の木山美佳が、「キャリア」「女性の働き方」「ワークライフバランス」、ときどき日々の出来事を綴ります。


ブログにお越しいただき

 

ありがとうございます

 

人材育成コンサルタントの木山美佳です^^

 

最近、

 

蚊が多くないですか??

 

私の血液型はO型ですが

 

O型は蚊にさされやすいようで

 

オープンカフェで、蚊にさされながら

 

パソコンを打っています 笑

 

 

さて

 

コロナ禍で

 

転職を考えている人が多いようです

 

 

書店にいくと

 

転職に関する本に

 

手を伸ばす人も多いように思います

 

 

日経HRが2020年7月下旬から8月上旬にかけて

 

おこなった、

 

「ウィズコロナ時代の転職」に関する意識調査でも

 

735名の回答者の中で


新型コロナウイルスの感染拡大によって、

 

「業界や企業の先行きに不安を感じた」や

 

「柔軟な働き方をしたい」などを理由に、

 

転職意欲の高まった人は57%であったとのこと。

 

 

在宅勤務についても、4人中3人が

 

在宅勤務(週1~5日)を経験し、

 

在宅勤務経験者の約9割が

 

継続を希望しているとのことです。

 

(出所:株式会社日経HR)

 

 

いまや、転職という選択肢も

 

独立という選択肢も

 

そんなに敷居の高いものではありません

 

 

 

しかし

 

 

転職を考えるときには

 

できれば

 

ポジティブな理由があればと思います

 

 

少なくとも、以下の4つの質問に

 

答えられる必要があります

 

 

・転職する理由

 

・転職により何を得たいのか

 

・自分の価値観(絶対外せない優先順位が高いものと、高くないもの)

 

・次の企業のリサーチは十分できているか(得たいものが得られる見込み)

 

 

 

なんとなく、

 

周りに流されて・・・

 

環境変えたくて・・・

 

という転職は

 

自分の軸が定まっていないので

 

繰り返すごとに

 

条件が下がりやすいのです

 

 

とくに

 

周囲で転職ムードが出てきたときに

 

自分も新しい環境で・・・と

 

感じるときには

 

「快楽順応」という心理があることを

 

知っておく必要があります

 

 

人は、「幸福」を感じる環境には

 

すぐに慣れてしまう

 

例えば

 

内定をもらったときに

 

「うれしい!!」と感じた瞬間から

 

環境にすぐに順応し

 

慣れていってしまうわけです

 

 

環境を変えれば

 

楽しいのではないか・・・

 

 

この心理で転職すると

 

いつになっても

 

青い鳥探しになってしまいます

 

 

じっくり

 

考える時間を持つことは

 

とても大切です

 

 

あと、今の時代

 

どこで繋がるかわかりません

 

前職との良好な関係も築いておく必要がありますね

 

 

最後までお読みいただき

 

ありがとうございました♪

株式会社キャリ・ソフィア 代表 木山美佳

ブログにお越しいただき

 

ありがとうございます

 

人材育成コンサルタントの木山美佳です^^

 

 

とても過ごしやすい一日

 

私はお昼間、

 

カフェで原稿チェックをしていたのですが

 

秋晴れの良い眺めでした

 

なぜか

 

高い場所にあるカフェが好きです(笑)

 

 

さて、今日は

 

期待について考えたいと思います

 

 

 

「期待しなければ失望しない」

 

いっとき

 

よく耳にしました

 

もともと、大物タレントさんが

 

言ったことで広まったようです

 

研修でも

 

よく質問されました

 

 

私が思うに・・・

 

この言葉って誤解されている部分も

 

あるように感じます

 

 

この期待

 

種類によるのですよね

 

ベクトルが相手に向いている期待なのか

 

自分に向いている期待なのか

 

 

 

自分に向いている期待とは

 

人は自分以外の人に

 

自分にとって、

 

こうあってほしいと

 

ある役割を期待し

 

相手がその通りにならないと

(たいてい、ならない)

 

ギャップが大きければ大きいほど

 

ネガティブな感情を抱くものです

 

「べき」論になるので

 

 

もともと

 

自分と他者は違って

 

期待通りにならないのだと理解していれば

 

このギャップに

 

心を乱されない

 

失望しないわけです

 

 

自分と他者は違うわけですから

 

自分の期待(べき)を押し付けない

 

心穏やかに過ごす秘訣です

 

 

でも

 

ベクトル(矢印)が相手に向いている期待は

 

必要です

 

相手の成長を願っての期待

 

人を育てる側が

 

これをなくしたら

 

育成は

 

うまくいきません

 

 

ちょうど

 

日経新聞9月21日

 

「期待を伝え育成を」というタイトルー

 

女性リーダー育成に関する記事が

 

掲載されています

 

 

期待を上司が言葉で伝えることで

 

昇進意欲にプラスの影響があるわけです

 

 

もちろん

 

ベースには

 

相手の存在そのものを

 

肯定する必要があります

 

 

そのうえで

 

相手の成長段階にあわせた

 

期待は必要です

 

 

期待って、

 

矢印がどっちに向いているか

 

自分のための期待か

 

相手のための期待か

 

それによって

 

意味合いが変わってくるのだと思います

 

 

今、自分が抱いている期待は

 

相手のためか

 

自分のためか

 

考える必要があるわけですね

 

 

最後までお読みいただき

 

ありがとうございました♪

 

ブログにお越しいただき

 

ありがとうございます

 

人材育成コンサルタントの木山美佳です^^

 

連休明けの一週間

 

あっと言う間でした・・・

 

 

しかも、気づけば、今年もあと3ヵ月

 

今日、ある役員会で、


「新年会どうする?」問題について

 

話をしていました・・・

 

 

さて

 

前にこのブログで

 

コミュニケーションの時間について書いたのですが

 

そこでゲームについて触れました

 

あらためて

 

説明すると

 

交流分析という心理学で「人生ゲーム」と


いうものがあります

 

 

ゲームといっても

 

楽しくないんですよ

 

最終的に互いにイヤな感情が残る

 

やりとりのことを言います

 

 

なぜやってしまうかというと

 

偏った思い込みが根底にはあり

 

自分の慣れ親しんだ


ネガティブな感情を

 

確認しようとする人と

 

そこに巻き込まれる人がいるからです

 

 

職場でもプライベートでも起こり得ます

 

何でもかんでも

 

ゲームというわけではなく

 

筋道の通った議論と

 

表面上は似ているので

 

区別して考えてほしいのですが

 

 

 

簡単にゲームの種類をご紹介すると

 

●「はい・でも」ゲーム

 

穏やかな雰囲気は出しているものの

実は自分が正しく相手が間違っているという

姿勢を崩しません。ことごとく反論します

そこに論理的な理由はないわけです

相手もよくわからなくなります

 

●「キック・ミー(私を嫌ってくれ)」ゲーム

 

相手の拒絶を誘うような言動をして

ラストは孤立するようになります

 

●「大騒ぎ」ゲーム

 

些細な事で自分だけが責められると

大げさに騒ぎ、注目や同情をひこうとしますが

結局は皆の信頼を失います

 

●「とっちめてやるぞ」ゲーム

 

相手の小さな間違いや失敗を探して

相手をやりこめ自分が優位に立とうとします

 

●「あなたのせいでこうなった」ゲーム

 

自分の失敗を認めず

相手に責任を転嫁して相手に罪悪感を

抱かせます

 

●「苦労性」ゲーム

 

サービス精神のため何でも引き受け

頑張りますが

疲労困憊して結局は迷惑をかけ

ひんしゅくを買います

 

 

まだまだ あるのですが

 

同じようなパターンが

 

特定の人と、続けられているのであれば

 

それはもしかしたらゲームかもしれません

 

 

 

ゲームの特徴は

 

・論理的ではないこと

 

・毎々同じパターンのやり取りと嫌な感情を

互いに味わって終わること

 

 

ゲームをやめて

 

生産性のある・心豊かになる

 

やりとりをするためには

 

 

・ゲームであることに気づき

仕掛けない・巻き込まれないようにする

 

 

自分が仕掛ける側だったら

 

仕掛けない

 

巻き込まれる側(仕掛けられる側)だったら

 

反応のパターンを変えることです

 

いつもと違う返し(乗らない)にするわけです^^

 

 

最後までお読みいただき

 

ありがとうございました♪

 

良い週末をお過ごしください

 

株式会社キャリ・ソフィア 代表 木山美佳