中国の潜水艦が接続水域に潜航して入る事件があったよ | キラキラ星のブログ(【月夜のぴよこ】)

キラキラ星のブログ(【月夜のぴよこ】)

【月夜のぴよこ】自衛隊守る会代表 http://yakamochi.org/
日刊SPA!に隔週土曜連載中。&書道家 小笠原理恵 記事のご依頼よろしく。拡散・シェアはご自由に。
https://www.facebook.com/rieka.ogasawara


テーマ:

北朝鮮情勢が緊迫している中、中国様もどんどん仕掛けてくる。


>【お知らせ】本日午前、尖閣諸島大正島北東の我が国接続水域内に潜没潜水艦及び中国海軍艦艇が入域した。これを受け、政府においては、官邸情報連絡室において、情報の集約・分析を行っている。(つづく)

平成30年1月11日(木)午後 | 平成30年 | 官房長官記者会見 | 記者会見 | 首相官邸ホームページ http://www.kantei.go.jp/jp/tyoukanpress/201801/11_p.html

 


潜没潜水艦及び中国海軍艦艇の動向について(第2報)

平成30年1月11日
防衛省

 1月11日(木)午後、潜没潜水艦が大正島(沖縄県)の北北東の我が国の接続水域から出域するのを、海上自衛隊第15護衛隊所属護衛艦「おおよど」(大湊)、第6護衛隊所属護衛艦「おおなみ」(横須賀)及び第5航空群所属「P-3C」(那覇)が確認しました。 また、1月11日(木)午後、中国海軍ジャンカイⅡ級フリゲート1隻が大正島の北北東の我が国の接続水域から出域するのを、「おおよど」、「おおなみ」及び「P-3C」が確認しました。

 

今回はしばらくして向こうから出ていったようだけど、どんどんエスカレーションラダー((事態エスカレートの梯子)があがっていく。怖いな。

 

今回接続水域に潜航した潜水艦がはいったのだけど、これが領海に潜航したまんまはいったとしたら、国際法違反なので海上自衛隊に海上警備行動が発令される可能性がある。

そういうところまで昨日いっていたんだよ。

 

2016年6月9日に一度尖閣諸島沖の接続水域に入ったことがある。今回2度目

https://jp.reuters.com/article/china-frigate-senkaku-idJPKCN0YU2NF

 

 

これまでのコーストガード 海警が接続水域にはいって、領海にはいってくるというローテーション組んでの消耗戦から、さらに脅威度をあげてきて中国の軍と自衛隊が正面から衝突しそうな状況に追い込んできている。仕掛けてきているってことです。

 

米朝戦争がおこったら、宮古島・与那国・そして先日は日本海側にも爆撃機を飛ばしてきたわけだから、そちらからの攻撃の可能性だってあるわけで、2面戦争ですめばいいけどね。

 

ロシアだっていつも通りスクランブル発進のかかる偵察飛行は続いている。

 

自衛隊の中でもっとも充足率が低く、休みがなくどんどん人が減っていく海上自衛隊への消耗戦で戦わずして海を手に入れるまで待つのか、弱り切ったところを叩いて持っていくのか。

 

どちらにしても中国の脅威もさらに上がってきている。北朝鮮は米国の脅威でもあるのでアメリカ軍が動くけど、こちらはどうだろうね。

 

 

日本の自衛隊は数週間どうにか持たせれば、米軍がやってきてくれる。その後は米軍がやってくれるという組織。それ以上は戦える力がない軍隊。しばらくやり合えばあとは無力化してしまうような在庫のない人員数のすくない中身のない組織だから、米軍さえこなければ簡単に領土は持っていける。

そのことに気づかない中国じゃないわけです。

 

首相官邸も少しは真剣に海上自衛隊と航空自衛隊の周辺事態対処している人員の流出に手を打たないと、緊急時で弾や燃料は簡単に変えても、熟練した隊員や乗組員、搭乗員は簡単に作れない。人が一番重要だと前の大戦で気づかなかったのかなぁ・・・ 優秀な熟練したパイロットを大事にしなかったからどうなったか、少し調べればわかるはずなのに。

 

我が国は歴史から全くまなんでないので兵站や人員や情報について、やはり前の大戦と同じ轍をふんでいくのですか?

 

 

 


ニュースランキング

 

 

 

小笠原理恵さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。