老化は神話である。

テーマ:

冬とは思えない、

穏やかな浜辺・・・。

 

雪国で育った私にとっては、

これは冬のイメージとは

かけ離れています。

 

 

札幌からちょっと離れると

こんなに穏やかな冬も

あるなんて、

 

 

冬とは○○なもんだって

思い込んでた私は

びっくりです!

 

 

 

私たちはたくさんの思い込みを

持っています。

 

 

その中には、

昔は役に立ったけど、

今やもう必要のないのものまで

 

 

たっくさんあるはず。

 

 

思い込みって無意識だから、

気づかなかずに

思い込んでいることが

ほとんど。

 

 

ソマティック・エクササイズの

トーマス・ハンナ博士は、

 

 

万人に共通する

深い無意識の思い込みを

ひとつあげています。

 

 

それは「老化」

 

 

あなたの

老化のイメージは

何ですか?

 

 

腰が曲がってる、

弱々しく歩いている、

猫背、

痛み、

病気

シワ・・・・

 

 

 

これ、

みんな持ってるイメージ

だったりします。

 

 

でも、このイメージが

あなたの無意識に潜む、

将来の自分の姿です。

 

 

どうして、

みんな年を取ったら、

腰が曲がったり、

若々しく歩けなくなったり

するわけ?

 

 

って聞かれたら、

 

 

だって、それは・・・

年を取るってそういうことだから

仕方ないじゃん、

 

 

って答えませんか?

 

 

年を取ったら、

○○になる。

仕方ない。

 

 

それが、

老化の始まりです。

 

 

年をとっても

元気な人は

たくさんいます。

 

一方で、

 

だんだん弱っていく人も・・・

 

 

この違いは何でしょう!?

 

 

それはその人の

思い込み

に拠るのです。

 

 

この続きは次回に!

 

 

p>