さて今日も

ぎっくり腰の続きです。

 

自分がぎっくり腰になって

ネットでいろいろ調べていると

すぐにこんな記事を見つけました。

 

ある過去世を思い出すことによって

腰痛が治った!

っていう興味深いストーリー。

しかも書いている方は

整形外科のお医者さん(?)

http://funacli.jp/collumn/number/2003/youtsu.html#

 

腰に向かって

自分に対して今何を言ってるの?

って問いかけることから始まる

この不思議なストーリー。

 

 

実は心理療法でも

よくこの手法は使います。

「あなたの胸が今、

あなたに何かを言うとしたら

なんて言ってる?」

 

みたいな感じで・・・。

 

だから私も自分の腰に

問いかけてみました。

 

・・・で、私は別に

過去世を思い出すとか

うそのように痛みが消えるとか

そんな不思議な体験はしませんでした。

(´_`。)

 

その時は

腰は一休みしたかったんだな、

って思ったり、

 

それから

自分が腰痛体操なんかを

教えたりしているから

 

この痛みと回復のプロセスを

十分に味わって

腰痛の方のための

役にたちなさい~

なんていう

メッセージなのかなって

思ってました。

 

でも・・・

それからしばらくたって、

ぎっくり腰から回復した頃、

はっと気づいたんです。

 

これは私の無意識からのメッセージだったと。

 

私は半年くらい前から

あるプロジェクトに取り掛かっていて

(昨日もちらっと書きましたが)

 

もうすぐそのプロジェクトが

スタートするんです。

 

そのために一生懸命

エネルギーを注いできたのですが、

 

本当は

そのプロジェクトを始めるのが

とても怖かった!

 

ってことに気づいたんです。

 

今までやっていなかったことを

自分が始める、

 

他人にはどう思われるかな?

うまくいくかな?

・・・

 

などなど

小さな不安が

積もり積もっていたのです。

 

そして、

どこかで

もう少しだけ先延ばししたい・・・

って思ってたかも~~~

 

ってぎっくり腰になって

気づきました!

 

ぎっくり腰は

日常生活だけでなく

今自分がやってることの全てを

一時中断させます。

 

そう・・・

私のプロジェクトも

中断せざるを得ない

状況に・・・・

 

ぎっくり腰は先延ばしの

ちょうどよい言い訳に

なりますね。

 

 

ははぁ・・・こんな無意識が

隠れていたのか・・・って

思いました。

 

これには本当に驚きました。

 

こういう無意識を

意識化するって

実は大事。

 

プロジェクトを進めていく上でも

知っていた方がよい自分の本心。

 

そして意識化することで

そんな自分の気持ちにやさしく

対応できます。

 

それもこれも

ぎっくり腰のおかげ!

 

自分の身体に現れる症状は

時として

自分のなかに潜む無意識に

スポットを当ててくれます。

 

だから、実際に

ぎっくり腰になったり

腰痛で悩んでいたら、

是非、腰の声を

聞いてあげてください!

 

きっと

何か教えてくれます!