「好きな器と毎日ごはん。」

「好きな器と毎日ごはん。」

おいしいものをちょこちょこ、お気に入りの器に入れて・・・
お料理や器、日々の暮らしを楽しんでます。


テーマ:

 




中華といっても、この辺りは家庭で作られている定番メニューですね。

お肉やピーマンなど、手軽に冷蔵庫にある食材を使って作るので、
オイスターソースや鶏がらスープの素を常備しておくと、直ぐに作れるので助かります。
お肉は牛肉に限らず豚肉もおいしいウインク

 

 

 

 

 


 

 

 

・チンジャオロースー

・トマトとキュウリ、蛸のわさびドレッシング和え
・卵と若布の鶏がらスープ、ごま油風味

 

 

 




☆★☆

 

 



今年も、育てやすいトマトとキューリを植えました♪

このごろでは、苗木で購入の際、できたもの(実)を試食させてくれるので嬉しいです。


すっごく甘かったので、迷わ購入、4月頃に植えたものです。

 

 






 

 

今年もたくさんの実をつけました。







そして、きゅうりも・・
 

 

 




 

早くもフェンスを駆けのぼり、

 



 



小さなきゅうりが数実をつけています。

 

 

 







 

我が家のブルーベリーは、何の手入れもせずとも、毎年実をつけてくれるので
本当にありがたいやら可愛いやらで^^


 



 




ふと窓から庭を眺めると、
中ぶりのきれいな尾を持った鳥さんが器用に枝に捕まって
ブルーベリーを啄ばんでいるではありませんか。



あ、、我が家のヨーグルトに入れるブルーベリー、、、と思っては見たものの、
食料があまりないこの時期追い払うのもかわいそうでそのまま様子を見ていました。


それでも、先ほど熟れて黒くなったものを採ったら、10cmくらいのザルに一山採れました。


と、しばらくしてまた例の尾なが鳥(仮名)がやってきたのですが、
今度は“あれ?さっきまであった黒い実が無くなってる・・・”と気付き、
キョロキョロあたりを見渡し、飛び去っていきました^^。


これから熟れる実はまだまだたくさんあるので、
いつでも(見てないときに^^)どうぞ。

 


共存共営の心で行きましょ♪







 

こちらは、アジサイの花。


2週間ほど前、宮崎からこちらへ引っ越してくる母の手伝いで帰省した際、、
記念にと、姉妹で庭の花を何種類か持ち帰りました。


機内持ち込みで^。
 




 

 

しかし、庭に植えたものの根がつかずに10本ほど、全て枯れてしまいました。

やっぱり土も違うし無理なのかな・・・と諦めていたところ、ふと見ると
 

萎れていたアジサイがこのようなことになっていたのですなき

 

ブーケ2ブーケ2ブーケ2ピンクの小花を咲かせ生き返っているではありませんか!?


元気を取り戻し、けなげに咲いているその姿に感動、思わず写真に収めました^^ウインク



まるで鳥や花と会話をしたような1日でした^^

精神的に、私に問題あり??(笑)

 

 

 

 

 

 

 



 

 


テーマ:


 



 

忙しいときは、市販のカレールーに限りますが、
少し時間的に余裕がある日は、鶏肉をヨーグルトに漬け込んで、
自家製のカレーを作ります。



材料は家に常備しているものばかりで、思い立ったときにいつでも作れます♪

 



 


 


今回使うのは、この3種。

カレー粉(パウダー)、シナモンパウダー、そしてオールスパイス。
(ブラックペッパーの入れ物に入れています)
 

 


今回は、鶏肉のぶつ切りが1パックしかなかったので、2~3人分が目安になります。


ブイヨンは使わずに、薬味と香辛料を最大限に生かしたおいしいカレーが出来たので、

是非、作り方をお伝えしておきますニコニコ



ウチの者は食べている途中にお皿を持ってお鍋のところへ行ったかと思ったら、

きれいに洗ってあるお鍋を見て、あ、もうないのね。っと・・


こういうときに限って作った量が少なく、残念でした。


一応、今回作った分量を記しておきます。

よかったら、量を2倍にして、作り置きしてもよいかと思います♪



チキンカレー(2~3人分)

(下味)
鶏もも肉ぶつ切り・・・1パック(300~400g)
ヨーグルト・・・・大さじ1+乳清(ホエー)大さじ2~3杯
    塩・・・小さじ1

(A)

しょうが・・・1片(みじん切り)
にんにく・・・1片(みじん切り)
玉ねぎ・・・・中2個(みじん切り)

(B)
赤唐辛子・・・1本
カレー粉(パウダー)・・・大さじ2弱
シナモンパウダー・・・小さじ1
オールスパイス・・・・少々

(C)
トマト缶のトマト・・・1/3缶分(ざく切り)
水・・・・200ml
塩・・・・大さじ1/2前後
オリーブオイル・・・・大さじ3~4


作り方


1.ボールに鶏肉を入れ、ヨーグルト、乳清(ホエー)、塩を入れてさっくりと混ぜ、そのまま1時間ほど置いておく。

2.厚手の鍋にオリーブオイルを引き、(A)の材料を色が付くまでよく炒める。

 3.(B)のスパイスを入れて更に炒める。

4.(C)のトマトを入れて炒め、水を加えて20分ほど煮る。

5.ここで漬け込んでおいた鶏肉を入れ、さらに30分ほど煮込む。

5.最後に塩を入れて味を見て、加減する。
  (あれば、ガラムマサラを小さじ1ほど入れるとさらにおいしい)






おなかが空いてそうなので適当にササっとお皿にのせたら、ランチのような感じに・・。

それぞれ一つ一つお皿に盛りつけると見栄えのよいディナーになるかと思います。


炊き立てのごはんにカレーをよそって・・・

さらに朝用に焼いたパンにバターを付けてキョロキョロ
炭水化物てんこ盛り・・・はにかみハッ

ではありますが、ピリッとスパイシーなカレーはどちらにも合いましたチョキ


フレンチドレッシングで和えた野菜サラダ、
キャベツのスープ、
チャイ風ミルクティーを添えました。
 

 

 




日曜日のお昼に頂いた、冷や汁。


来週久しぶりに会う友人へのお土産と、ウチ用に。
宮崎空港の売店の方にお勧め頂いたものです。



 

そうめんと、冷や汁。

 

 



きゅうりのスライスと青じそ、お豆腐が入っています。

かつお風味の味噌だし汁に香ばしく焼いた鯛のほぐし身が入って、美味。

このままごはんにかけていただきました。

 

 

***

 

 

 


テーマ:

 

 

 




お昼はお蕎麦屋さんで鴨南そば↓を頂きました。
 

 

 

 



 

私が頂いた鴨南そば。

しこしこと歯ごたえのある手打ち蕎麦が、温かい汁につけた途端、しんなりと食べやすくなる♪
網焼きの香ばしい長ネギに、鴨肉もとても柔らかくておいしい。



 


 

夫はおろし(冷たい)蕎麦の大盛り。



「緑園都市」の普通の構えのお蕎麦屋さんですが、中に入ると分厚い白木のカウンターに
程よい音量のジャズが流れていて、清潔感のあるいい感じの店内。 
お昼から飲んでいるお客さんもけっこういました。

 


お蕎麦屋さんで頂くお酒は居酒屋とは違った粋な雰囲気があり、 

おいしそうに飲んでいる人に憧れます^^ウインク


以前夕食時にキープしたボトルは期限切れになってたようですが、
もちろんお昼はこちらも車なので飲むつもりはなく、それでOKでした^^ニコニコ

 

 

 

 

 

 

お酒のおつまみのしめ鯖は、酢橘を搾り、千切りにした生姜を乗せて頂きます。

 

かつおステーキ、バター醤油は、バター醤油がかつおとぴったりと合って、実に美味。
お酒も進みますキラキラ(盛り付けにはもう少し勉強が必要です^^;)

 



<かつおステーキバター醤油>(2人分)

かつお刺身用、又はたたきになったもの・・・1/2枚

(たれ)
しょうゆ・・・大さじ1強
バター・・・30g
酒・・・・1/3カップ


(薬味)
しょうが・・・大さじ1(みじん切り)
長ネギ・・・・大さじ1(小口切り)
青じそ・・・ 5~6枚(半分に切って千切り)
貝割れ・・・1/5パック(2cm長さに切る)
茗荷・・・1本(小口切り)

 



<作り方>
 

1.薬味は全部合わせて冷水でしゃきっとさせてザルにとる。


2.かつおに薄力粉を薄くはたく。

3.熱したフライパンに油を引き、皮目を下にして強火で焼き、全面を焼き付けて、
しょうゆバター、酒を加えてさっと絡める。

4.かつおを取り出して、1cm幅に切り、フライパンに戻し入れてタレを絡め、
薬味を全部入れさっとタレに馴染ませて、お皿に盛り付ける。

 

 

 

薬味たっぷりのかつおステーキ。単なるお刺身、
たたきに飽きていたら、こちら、是非作ってみて下さいね。

 


では、また明日に続きますパー

 

 


yoko
 

 


テーマ:

 

 

 

昨日の夕飯に、さわらの祐庵焼きと、じゃこオムレツを作りました。



我が家では何かにつけ、漬ければご馳走のこの祐庵焼が食卓に上りますが、
しかし今回、味噌味の「さわら西京焼」なるものを作ってみたいと思って買い求めたものでした。

なのに・・・



バットを出し、しょうゆ、酒、みりんを100mlずつ入れたところで、
 


気がつきました。


 

今回は、西京焼を試してみたかったんじゃない?ガーン

 

いつも、自動的に動いてしまうこの身体は一体どういうことでしょうか^^;

 

「習慣」。この一言に尽きますなき

今回我が家には、おいしい白味噌があったのに~・・・


ザンネン。






酢橘の輪切りを2~3枚入れて漬け込む♪
前日から一晩つけておくと、身がふんわり、お味が中まで浸透して

俄然おいしくなります。

 


そして、






万願寺唐辛子のきんぴら。



ピーマンより、少々歯ごたえありの京野菜、万願寺唐辛子。
当たり~があると楽しいのですが^^、今回は無難に頂きました。
 

ごま油で炒め、だし汁少々、しょうゆ、みりん、砂糖少しで甘辛く味付けしました。
かつお節を乗せて。






インゲンの胡麻和え。


ごまは香ばしく煎ります。

胡麻和えの命^^






 

 

そして、こちらがじゃこ入りオムレツの甘酢餡かけ。



溶き卵にじゃこ大さじ3杯ほどを入れてまぜ、ごま油を引いたフライパンで香ばしく焼きます。

小鍋に甘酢餡の材料を入れ、しょうが、茗荷の千切りを入れて
一煮立ちしたら、水溶き片栗粉を回し入れ、とろみをつける。

オムレツの上に掛けて出来上がり。


このじゃこを(缶詰の)かにのほぐし身や、ホタテ貝柱のほぐしたのを入れると又おいしいOK

 


じゃこ入りオムレツ、甘酢餡かけ(2~3人分)

卵・・・3個
ちりめんじゃこ・・・大さじ3


<甘酢庵>

しょうが・・・1片(千切り)
茗荷・・・・1本(縦に千切り)


お酢・・・大さじ2

しょうゆ・・・小さじ1強
砂糖・・・大さじ2

片栗粉・・・小さじ1/2
(水大さじ1で水溶き片栗粉を作る)

ごま油
 



 

 

 

満足の滋味飯でした。


ご馳走様。




今日は金曜日なのに、週末なのにこのお天気・・。


足元に気をつけてお出かけ下さいね♪


では、今日はこの辺でパー



yoko

 


テーマ:

 



こちら、昨日お話した、下のお重を我が家で再現したものです。


この画像を家族のものに見せたら、真上から撮ると
食堂のウインドーに張り付いた食品サンプルにみえる、って。
ハハハ、ホントだはにかみ

 

 

 

 

(↓おいしかった牛炊き込みご膳(なまえは適当です)





 

確かに、そんな風にもみえてきたので、


お弁当箱に変えて・・・

 

 

 


 

 

いかがでしょうか♪ 大して変わらないわらい

 







あまり腕がよくないので、食材に頼ります。

 

実際お重はやわらかくておいしい牛だったので、やはりここは譲れません。








添えてある煮物は、ごぼうに人参、たけのこ、干ししいたけ・・・

昆布とかつおのだしを取り、具材を入れる。沸騰したら調味料(しょうゆ、酒、みりん、砂糖少々)を入れ、

材料が軟らかくなったら取り出して、最後の最後に牛肉を入れて汁を絡める程度に火を通す。




コトコト炊いていると、お正月の匂いがしてきます♪

この季節に煮物を作ることはほとんどなく、お正月を思い出します。

 


・・・


 

お重はお肉の下が茶飯だったので、もれなく模倣。

 

余談ですが、茶飯といえば、少し前にケンミンショーでやっていたのですが、

静岡の名物におしょうゆだけを入れた炊き込みご飯があるんだそう。

なまえを「桜ご飯」と言ってましたが・・・

きっと作る機会がない、しょうゆのみで完結している
シンプル炊き込みごはん。

それをぜひ一度食べてみたかったんです♪


ケンミンの人たちは、老若男女、声を大にして絶賛してましたので、

そのお味が気になって気になって・・・(笑)
 




 


なのに!しょうゆだけというのに慣れない私は、
やっぱり昆布入れてしまいました(ん~もう!)ショボーン




話が逸れてすみません。
このお重は飽くまでも宮崎の名物を真似て作っているものです^^

 

 

 


レシピ無しで作りましたが、まあまあおいしくできました。

 

 

 

今日もご馳走さま。

 

また、明日に続きます!^^パー

 

 

 

yoko

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス