CyberAgent SEO Information  (サイバーエージェントSEO情報ブログ)

CyberAgent SEO Information  (サイバーエージェントSEO情報ブログ)

サイバーエージェントSEOグローバルイノベーションプロジェクト(SGIP)です。当ブログでは、皆様がウェブサイトを運営するにあたって必要となるSEOに関する情報をご提供して参ります。

久々にアメブロのSEO関連ネタです。

アメブロのブロガーさん向けというよりは、SEOの話題に興味がある方向けですが。。。

 

なお、この記事の内容について、ブロガー様は、こちらのヘルプをご覧いただいたほうが分かりやすいかと思います。

https://helps.ameba.jp/qguide/blog/webmastertools.html

 

 

今回アメブロでは、

これまで各ブログのブロガーさんがSearchConsoleを連携させる際に

google-site-verificationタグを入力して設定しなければいけなかったものを、

紐づけたいGoogleアカウントにログインしている状態であれば

ブログ管理 > 設定・管理 > ブログの各種設定 > 「外部サービス連携」ページ内の

「Search Console(旧ウェブマスターツール)と Google Analytics の設定」

内で「アカウントを設定する」ボタンを押すだけでGoogle Search Cosoleの設定が完了するようにしました。

 

SearchConsole-アメブロ連携

 

Googleにログインしていない状態で「アカウントを設定する」をクリックした場合は、Googleアカウントへのログインが求められ、ログインして、ameba.jpへの権限付与を許可していただければ連携が完了します。

 

 

これまでよりもSearchn Consoleの連携が非常に簡単になったわけですが

このSearchConsoleとアメブロの連携を簡略化するのには、

こちらのGoogle Site Verification APIを使用しました。

https://developers.google.com/site-verification/v1/getting_started?hl=ja (英語)

 

グローバルの事例としては、WixがこのVerification APIをはじめ、

Search Console APIを利用して、

Search Consoleへの連携を簡単にしたり、

検索アナリティクスのデータを管理画面で見ることができるようにしたりしていることが発表されていますが。

アメブロも今回まずはSearch Consoleの連携をAPIを使って簡単に行えるようにしました。

 

アメブロのブロガーさんのすべてがSearch Consoleを必要としているわけではないと思いますが、Search Consoleを使いたいブロガーさんがより簡単に利用できるように、Verificationで躓いてしまうユーザーさんがいないようにするためにも今回のAPI利用を決めました。

Search Consoleを連携して頂くことで、少しでも検索エンジン(というよりも検索者)を意識してもらえたら嬉しいなと思っています。

 

なお、今回このAPIをホスティングサービス(UGCプラットフォーム)で採用したのは日本初と伺っています。

今後はSearch Analytics APIなどのその他のAPIの採用も検討し、検索流入を意識されるブロガー様により便利な機能を提供できればなと思います。

また、新しいGoogleの検索まわりのプロダクト・機能に関しては今後もどんどん試していければと思います。

 

------------------------------------

[広告]

少しでも検索流入に興味を持って頂いたブロガー様には是非こちら拙著をお読みいただければと思います。

(って、はじめにブロガー様向けじゃなくてSEOに興味ある人向けって書きましたけどね。)

たくさん読まれるアメブロの書き方


https://www.amazon.co.jp/dp/4774194166/

先月、Web担当者Forumでこちらの記事が出まして、

「アメブロ商業利用解禁。SEOってどうなの? 相性の良いジャンルは? 検索で上がってくるのか聞いてみた。」

https://webtan.impress.co.jp/e/2019/04/18/32358

お前もガイドライン違反をしてたじゃないか!というご意見も頂きましたので、

なぜスパムに対する考え方が自分の中で変わったのか?ということを書いてみたいと思います。

 

なお、過去を正当化するつもりはありませんし、今自分がやっていることが100%正しいと言うつもりもないです。昔も今もずっと霧の中でSEOやっている感じなのは変わりません・・。。

 

私が過去どういうSEOをやっていたのか?どんなガイドライン違反をしたことがあるか?

は今回重要な論点ではないと思いますし、下手するとガイドライン違反行為を助長するようなことになり兼ねないので割愛します。

(オンラインでご質問頂いても回答はいたしかねますので、

どこかでお会いした際に直接聞いてください。。)

まあ、世の中の多くのSEO会社が表裏で行なっていたようなことです。まあ、リンクとかリンクとか・・。。

当時は今考えると信じられないくらいに高い効果が高確率で出ていました。

(一方で、私には現在もSEO業界で重鎮と言われる方々のように「ガイドライン違反なしで安定的に上位表示させる」という技術は持っていなかったとも言えるかもしれませんね。)

 

ガイドラインを守るようになったきっかけと理由

 

明確な時期は覚えていませんが、2010年後半か2011年くらいから所謂"ペナルティ"が発動するようになってきました。

Googleは「ペナルティ」ではなく、手動対策(マニュアルアクション)と呼んでいます。

この手動対策によってスパム行為をやっているサイトがランクダウンするようになりました。

それまでは、施策が無効化されることは多かれ少なかれありましたが、

この頃から、”むしろ下落する”という兆候も見られました。

直接的なきっかけはこの”ペナルティ"です。

 

もし、施策を行なっているSEO事業者側にペナルティが課せられるような状況であれば、

施策の方向性を変えなかったかもしれません。

また、そのときにインハウスのゴリゴリSEO担当者であったりアフィリエイターだったらそのまま続けたかもしれません。

 

お客様にSEOというものを提供しているという立場のSEOベンダーは、

当然SEOを通してお客様のビジネスを成功させることがミッションなわけです。

が、その時に行なっていたSEOは、

"お客様のビジネスを成功に導くかもしれないし、奈落の底に突き落とすものになるかもしれない"

という諸刃の剣に変化してしまったのです。

お客様に大きなリスクを背負わせてサービスを提供するという選択肢はありませんでした。

 

ガイドラインを守るようになったのは、正義感ではなくて、お客様にリスクを背負わせることはできなかったという理由が大きかったです。

 

今のスパムSEOをどう思うか

 

スパムSEOを提供しているSEO業者で、リスクを明確に説明しているところ、

要は、「超ハイリスク・ハイリターンです」「最悪ランク戻ってこないこともあるかもしれません」みたいなところまで説明して提供しているところには何も言う気は無いです。

 

ただ、明確にリスク説明をしているリンクSEO提供事業者を私は知りません。

「Googleの新アルゴリズムに対応したリンクです」「リスクが少ないリンク施策です」という"消防署のほうから来ました的消火器売り"のような売り方をしているところが多いようです。

(自分がやったことを正当化するように聞こえてしまうので、この表現はあまり使いたくないですが分かりやすいので言いますが)

「スパムをしてもリスクがなかった時代とは違って、今はスパムをしたらリスクが大きい」

のです。

そのスパムのリスクを説明し、責任をどう取るか明確化していないところは、お客様としっかり向き合っているとは言えないと思います。

ドーピングを選手(お客様)にさせておいて、「新ドーピング検査対応のドーピング薬です」「リスクのないドーピングです」と言ってるのと同じです。

 

私個人としては私がGoogleの人ではないので

"自分のサイトで(を)スパムする"ということに関しては自己責任なので、とやかく言うつもりはありません。

怒られるかもしれませんがGoogleさんが頑張れば良いと思います(笑

まあ、アメブロ上でスパムをされれば抗戦しますが・・・。

 

(もちろん、みんながルールを守っているほうが素敵だとは思いますけどね。)

 

令和にSEO事業者でSEOをしていく方へ

 

最近、「サイバーエージェントでSEOをしたい!」という

熱いメッセージをいただいた方を面接しました。

某SEO会社さんでSEOをやられている若い方でした。

とにかく熱意がありました。が・・

 

「やはりリンクは重要です。リンクサイトからリンクをたくさん張ることがSEOでは最重要です。

時々Search Consoleにペナルティのメッセージが来ますが、それはサイトのコンテンツが弱いときですね。

サイトのコンテンツさえしっかりしていれば、どんなリンクでも効果ありますから!

やはりContent is kingですね。」

 

と元気に話してくれました。

「洗脳」という言葉が頭をよぎって怖くなりました。正直・・・。

(我々がリンク施策を提供していたときはガイドラインには違反しているということは伝えていたので・・・)

これからSEO事業者でSEOをやっていきたい若いみなさんは、

https://support.google.com/webmasters/answer/35769?hl=ja

ここと、ここからリンクされているページを読んでみてください。

そして、ガイドラインに反することはみなさんにではなく、

みなさんのお客様にリスクを背負わせることであるということ

お客様にリスクを背負わせるビジネスをしているということを覚えてください。

 

最後に

 

もともとガイドライン違反をしていた小物SEO屋が言うことなど信じられないかもしれませんので、

SEO業界のトップランナーの方々のTwitterやブログなど読み返して頂き、

スパムすると何が起こりそうか、改めて考えていただければ幸いです。

あと最後に、当時リンクスパムで高い効果を出していた会社ほど、

今はリンクSEOからは撤退しているということを付け加えさせていただければと思います。

 

こんな記事で禊になるとは思っていませんが、少しでもリスクを理解せずにスパムSEOで検索トラフィックを減らすサイトが減少すれば幸いです。

 

おまけ

 

写真の説明はありません。

2014年に行なった研究なのですが、

リンクスパムをしていないサイトとリンクスパムをしているサイトの周辺のリンクグラフを可視化したものです。

リンクスパムをしていると不自然なリンクネットワークの形になることが見てとれました。

当初はこういうリンクグラフを描いて、発リンクスパムをしているブログを撲滅できないか?と考えていました。

私たちでここまでできたので、Googleが本気を出せば・・・ってことですよね。

 

木村 賢 (@kimuyan)

今日はこのメディアで取り組んだことについてお伝えします。SEO記事を期待された方はすいません。。

 

世の中には「記事提供」というものがあります。

分かりやすい例だと、Yahoo!ニュースには多くのニュースサイトが記事を配信・提供していますし、弊社のAmebaニュースも多くの記事提供を受けています。

記事提供の文化は、ユーザーからすると数多くのコンテンツをひとつのサイトやサービスで見ることができるという利点があります。

 

一方で記事提供者からすると、自分たちの作ったコンテンツが多くのユーザーに届くというメリットがある反面、

ユーザーがオリジナルのサイトにまではなかなか来てくれないというデメリットがあります。

 

特に、

「記事提供をしたら、提供先が検索エンジンで自分たちよりも上位に来てしまった」

という話は聞きますし、実際に時々見られることです。

現実として、提供先が検索エンジン上で正規コンテンツとして見られやすくなるテクニックも存在すると思います。

 

個人的にこの”記事提供”と検索エンジンの関係性、”記事提供”とSEOというところについては悶々とするものがありました。

 

自分たちが記事提供をしている場合に提供先が上に来てしまえば当然モヤモヤするところですが、

記事提供を受けている場合に自分たちが上に行ってしまうケースもあり、トラフィックが来てある意味美味しい思いができるものの、やはりモヤモヤしてものがありました。

 

「そのトラフィックは本来どこに行くべきなのか?」

ということを数年考えていました。

ここ最近は、提供を受けているものにnoindexを入れるようにすることを増やしていました。

(一部メディアはまだ対応できていませんでした・・)

 

noindexにすると、確かに検索トラフィックそのものは本来そのトラフィックを得るべきオリジナルサイトのほうが得ることが多いでしょう。

しかしながら、記事提供がなされた場合、提供先でその記事が話題になりソーシャルメディアでシェアされたりブックマークされたりリンクが張られるということも起こるわけで、noindexにすると極論これがなきものになるということがどうしても気になります。

リンクやシェアやブックマークはその”記事の内容”に向けられたものであり、ウェブサイト(プラットフォーム)に向けられているわけではないと考えるのが自然ではないかと思い、提供を受けている側が提供してくれている元記事にリンクを張るだけでなくcanonical属性を用いて検索エンジンに正規コンテンツを知らせ、その”記事”に集まった評判を元記事にも反映させるようにしたほうが良いのではないかと漠然と思っていました。

一言で言うと、

「そのコンテンツは誰のものなのか?そのコンテンツへの評価は誰のものなのか?元記事のものなのではないか?」

ということです。

 

そんな折、社内で提供を受けている記事が評判となり検索エンジンに対して提供を受けている記事に対してどういうシグナルを送るべきなのか?議論になりました。

サイバーエージェントのグループ会社運営の新R25です。

 

SEOをやっている人間としては正直言えば検索トラフィックは1つでも多く欲しい。

でも記事提供のcanonical文化が変わるチャンスかもしれないと思いながら社内のやりとりをぼーっと眺めておりました。

 

世の中、記事提供を受けているサイトが記事提供もとにcanonicalしているケースはレアなため、

「そこまでするべきなのか?」という意見も当然ある中で某氏の

という意見から、やはり本来の姿が何かで考えていこうという流れが進み記事提供元にcanonicalするという結論に至りました。

 

そこから約1週間を経て本日めでたく実装完了しました。

 

例えば、こちらのページ( https://r25.jp/article/540751228913636582 )

 

 

のソースを見ると、

 

 

となっており、こちらのページ( https://www.froggy.money/8557/ )にcanonicalによって正規化のシグナルを送っています。

 

 

過去の記事にも遡り、すべての記事提供元にcanonicalによって正規化のシグナルを送ることができているはずです。

 

ひょっとしたらこれによって"うっかり"上がっていたものがオリジナルに上位が入れ替わり検索トラフィックは多少落ちるかもしれません。

が、インターネット上のウェブサイトの関係性、エコシステムを考えたときにはこのやり方が正しいと思っています。

 

記事提供ができる、記事提供を求められるということは記事が良い記事だからでしょうし、提供先での評判はやはり提供元が受けるのが、そのエコシステム内では正しいと思います。

同じ考えを持っている運営者の方は実は結構いるのではないかと思っています。弊社の行った施策によって1サイトでも多くのウェブサイトが提供元に正規化シグナルを送ってくれるようになれば嬉しいです。

 

なお、AmebaNewsなどその他媒体についてはまだ対応ができていません。

長い間続けて来た習慣を変えるのは簡単ではありませんが、少しでも"ネットの世界"に貢献できれば幸いです。

もちろんアメブロ上にはcanonicalの問題が砂つぶに見えるほどに問題があるコンテンツが掲載されている状況は理解しています。

こちらもすぐとはいきませんが、一歩一歩可能な限りSEOの立場から対応してまいります。

 

[追伸]

なお、今回の新R25の英断は私がしたわけではありません。(1,2回だけ意見言ったかもですが・・・)

トラフィックが私以上に喉から手が出るほど欲しいであろう運営サイドが提供元にcanonical送ろうと決めたことに社内ながら敬意を表します。

また、本件についてご意見を伺った際に背中を押していただいた社外の有識者の皆さまありがとうございました。

 

木村 賢 ( @kimuyan )

 

[補足]

canonicalして提供先のGoogleの評価をもってくるみたいに(当ブログがSEOブログなので)読めてしまうかもしれませんが

・Googleはソーシャルシグナルを直接評価に使ってはいないと公表しています
・canonicalした場合にリンクの評価を引き継げるのかどうかも議論の余地はあると思います
以上今回はこのあたりはご容赦いただければと。。