広報課のあれこれ日記

 

 

キャリアコンサルティングは、

東京都による感染防止徹底宣言ステッカーを取得しています。






--------------------------------
①手洗いの徹底・マスクの着用
②ソーシャルディスタンス(できるだけ2mの距離を保つ)
③「3つの密(密閉、密集、密接)」を避けて行動
④施設の清掃・消毒
⑤利用者・従業員の体調管理

--------------------------------

上記を主な対策としています。

 

 

 

オフィスにいらっしゃる皆さまによる

ご協力が必要になりますので、

何卒ご理解をお願いいたします。

 

 

 

 

 

本日はカレント8月号に掲載されました

 

◇現代社会と青年◇

 

での室舘による記事をご紹介いたします。

 

-------------------------------------------

『プロバスケチームのオーナー企業に』

-------------------------------------------

 

 

この度、

株式会社キャリアコンサルティングは、

プロバスケットボールリーグである

 

B3リーグ所属の

「東京八王子ビートレインズ」の

オーナー企業となりました。


令和二年一月下旬、知り合いから

「八王子のプロバスケチームが危機に瀕しているから、救えないものか」

と相談がありました。

 

弊社にもバスケ部があり、

千代田区の大会では優勝もしました。

 

三年位かけて、

プロチームに育て上げる計画でした。


八王子という街は、

地元愛が強い方が多く、

誇りを持たれているという話をよく聞きます。

 

 

 

 

 

そんな八王子市で唯一のプロスポーツチームが

消滅の危機に瀕している。


そう聞いて、我々にできることは何かと、

話し合いを重ねた結果、

チームを救うことを決意しました。
  


実際は、

千代田区神田神保町に本社を構えている我々が、

八王子市民に簡単に

受け入れられるとは思っていません。

 

聞こえの良い言葉で、

体裁を整えたプレゼン資料を用意して、

テクニックを駆使して支持を得ていく──。

 

それは違うと思います。


我々が八王子市民に

受け入れてもらうためには、

八王子市民と同じか、

それ以上に行動で示す必要があると思います。

 

地域のボランティア、

清掃活動、学校訪問、

イベントへの積極的な参加などで、

八王子のために様々な場面で

貢献したいと思っています。

 

そして、

地元の皆さんが自慢できるような、

強くて清潔感のある選手たちで構成される

プロバスケットボールチームになれるよう、

日々努力することだと思います。

 

八王子に経済効果や活気をもたらし、

八王子市民の誇りとなれる

チームになって初めて、

受け入れていただけるのだと思います。
  
選手たちは皆、二十代、三十代の若者です。

我々キャリアコンサルティングは、
彼ら選手たちの人間教育に力を入れ、

子供たちの手本となるような選手を

育成していきます。

 

さらに、選手のセカンドキャリアも支援し、

プロスポーツ選手としての経験が

第二の人生にも役立つような

道筋を示していきます。


これから、バスケットボールという

競技の格を上げていき、

子供たちにも親御さんにも

ますます人気のあるスポーツに

していけるようにしていきます。


今回のご縁を活かし、

スポーツを通しての

人材育成にも注力していきます。

 

-------------------------------------------

日本再生を目指す カレント

月刊「カレント」

-------------------------------------------

【人づくりのキャリア】

株式会社キャリアコンサルティング

代表取締役社長 室舘勲のブログ

室舘勲のブログ

-------------------------------------------

あわせて読みたい

【カレント4月号】青森の実家はエネルギー・ベストミックス!?

【カレント5月号】今期のテーマは「チャージ」

【カレント6月号】コロナ騒動で得たこと

【カレント7月号】見えないところに手を抜かない

-------------------------------------------

 

 

 

 

 

-------------------------------------------------

東京八王子ビートレインズのオーナー企業

-------------------------------------------------

 

 

株式会社キャリアコンサルティングは、

令和2年3月30日、

株式会社THTマネジメントの株式を

51%取得しました。

 

これにより、

B3リーグのプロバスケットボールチーム

「東京八王子ビートレインズ」

オーナー企業に就任しました。

 

コロナ禍の影響を受けて

延期していた記者会見を開いたのは、

3カ月後の6月26日でした。

 

ようやく皆さんにお披露目することができました。

今回はその経緯をお話します。

 

 

-------------------------------------------------

 

 

小学校5年生のとき、

友人の誘いでバスケットボールを始めました。

 

高校2年生でビリヤード、

高校3年生でスノーボードに誘われ、

熱中しました。

 

社会人になり

「将来、経営者にならないか」と

勉強会へ誘われました。

 

社長になってからも、

茶道・お能なども先輩の誘いで始めました。


これまでの人生において、

友人や先輩からの誘いできっかけをいただき、

勇気を出して一歩を踏み出すことで、

ご縁にも恵まれ、人生を切り拓いてきました。


それがまさか

「プロバスケットボールチームを持たないか」

という誘いがあるとは、夢にも思っていませんでした。


小学校で始めたバスケ。

大好きで高校卒業まで熱中しました。

高校では納得のいく出場機会はもらえず、

ベンチを温める時間が長かったです。

 

憧れの拓殖大学か日本大学のバスケ部に

入りたかったのですが、

下手だったし、お金もかかるだろうと、

泣く泣く夢を諦め、就職を選択しました。


社会人生活では、

時々友人と仕事終わりに近所の中学校に出向き、

バスケで汗を流しました。

 

NBAや社会人バスケをテレビで観て、

日々を生き抜く勇気と、活力をもらいました。


3年ほど前に、

キャリアコンサルティングの

バスケ部の活動に力を入れ始めます。

「2023年ごろには、Bリーグに参入できればいいね」

と、バスケ部の選手たちや、

コーチの髙松部長と話していました。

年明けに、とある話が飛び込んできました。

「東京八王子ビートレインズが経営の危機にある」と。

 

人口57万人の街、

八王子市で唯一のプロスポーツチームである

ビートレインズが無くなろうとしている。

 

これはただ事ではない。

 

1年間かけて数社と再建の交渉を試みるも、

すべて破談したそうです。

いよいよ最後の交渉相手として、

我々キャリアコンサルティングに話が来ました。

 

我々との交渉が決裂すれば、

確実にチームは解散という状況でした。

 


企業人として、

損得を考えることは当たり前です。

 

その意味では、我々がプロバスケチームを

所有するメリットも十分、見出だせます。

 

しかし昨今、コロナ禍もあり、

先行きがあまりにも見えません。

 

正直、人生でこれほどの不安な毎日を

過ごしたことは中々ありませんでした。


しかし「子どもたちに夢と未来を!」

というチーム理念の通り、

八王子の子どもたちから

夢を奪いたくないと思いました。

 

最終局面、決断の瞬間を

今でもしっかりと覚えています。

損得ではありません。

 


八王子からこのチームを無くしたくない。


我々がやらずして誰ができるのだ?
今ここで決めずにいつ決めるのだ?


「やりましょう」と答えていました。


10年後、2029‐30シーズンの目標は

「B1優勝」「天皇杯獲得」。


選手にしがく式を学んでもらい、

チーム力アップとセカンドキャリアに役立てます。

 

八王子の選手だけでなく、

Bリーグ全体にも広がり、

バスケットボール業界に

リーダーシップの基礎教育で貢献することで、

恩返しをしていきたいと考えています。


 

メンバーの皆さんは、

プロ選手へのしがく式レッスンをお願いしますね(笑)。

 

 

 

-------------------------------------------------

 

 

 

 

 

 

「仕事を学ぶ」と聞くと、

仕事に必要なスキルやノウハウを学ぶ

というイメージを持ちがちですが、

 

 

実は、仕事ではない場面で

学ぶ機会が多いそうです。

 

 

では、ここでいう「仕事を学ぶ」とは、

具体的にどんなものなのか…?

 

 

 

今回も『まずは上司を勝たせなさい 20代で上昇気流に乗れる本』からご紹介していきます。

 

まずは上司を勝たせなさい 20代で上昇気流に乗れる本 (講談社BIZ) 室舘 勲 (著)

 

 

 

-----------------------------------

この記事を読んで分かること

ピンチをチャンスに変える方法

周りの人の表裏の顔に気付く方法

-----------------------------------

 

 

------------------------------------------------------
スーツを着ていては見えないものがある
------------------------------------------------------

人間にはいろいろな面があります。

「言われるまでもないこと」と思うかもしれません。

 

 

しかし、頭では一人前にわかっているつもりでも、

自分で体験するかしないかで全然違います。

 

 

たとえば、会社で間違い電話を

かけてしまったらどうしますか。


その対応で、人間としての力が問われます。


「すみません、間違えました」

で切るのは、”頭の中だけ”での一人前です。


詫びるのは当然のことです。

そこから、発想を転換してください。


せっかくその相手とつながったのですから、

そこで何か話してください。

 

 

「最近いかがですか」

「今度新しい企画を持っていってもいいですか」

 

 

でも何でもいいのです。

 


意外とこういうところから、

新しい話が生まれてくる。


「間違いついでに」でいいから、

そこでしか得られない実体験を積むようにするのです。


頭の中だけで考えていてもダメです。

パソコンの前で黙って座っていたって、

実体験はできません。

 


そもそも、仕事を学ぶということは、

人間を学ぶということです。

 


人間がどう考えるのかが

わからないと仕事はできない。

 


それは例えば、

上司にぶつかっていくことで学べます。


私が20代前半のころ、

上司にスクーバダイビングに誘われました。


ダイビングにはお金がかかります。

正直なところ、

そんなに潜りたいという気持ちもありませんでした。


しかし、誘いを断るのもどうかと思いました。


誘ってくれるなら、ぐっと距離を近づけよう。

 

そう思った私は一念発起して、

装備を揃え、出かけて行きました。

 


行ってよかったと思いました。

 


海に出て、潜ったり休憩をしたりしていると、

スーツを着ていては見えないところが見えてくるからです。


海に入るといろいろなことがあります。

うまく潜れなかったり、少しパニックになったり。

 


幸い、私自身は船酔いはしません。

 

しかし、普段は怖い上司が船酔いして

気分が悪くなって吐いたりしている。

 

そういう姿を見ることで

「そうか仕事の時は自分を作っているんだな」

「ものすごく精神的に強いわけじゃないんだな」と、

職場では見えない面が見えてくる。

 


だから仕事をできるようになりたければ、

 

 

臆することなく

どんどんいろいろなところへ出ていくこと。

 

 

そして経験を積むことです。

 

------------------------------------------------------

 

では、文中の内容に沿って、

ポイントを確認しましょう!

 

 

①目の前の出来事をプラスに働かせようと試みる

 

②きっかけに対して臆することなく飛び込む

 

------------------------------------------------------

 

それでは、ひとつずつ説明しましょう。

 

------------------------------------------------------

 

①目の前の出来事をプラスに働かせようと試みる

 

起こった出来事に対して、

ただ対処するだけでは

何もプラスに働きません。

 

常に、「新しい何か」を生み出そうと、

頭を働かせておくことが重要です。

 

------------------------------------------------------

 

②きっかけに対して臆することなく飛び込む

 

何が起こるか分からないからこそ、

たくさんの経験をして、

人は成長します。

 

普段は見ることのできない人の

裏の顔を垣間見れることもあります。

 

だからこそ、その経験の幅らから、

「人間としての力」が学べるのです。

 

------------------------------------------------------

仕事ができる=人間としての力がある

------------------------------------------------------

 

仕事をしていくうえで、

小手先のテクニックやノウハウばっかり

 

求めてしまいがちですが、

 

 

仕事ができるとは、

たくさんの経験や、学びから、

目の前の小さなきっかけさえも

プラスに変えてしまうことなのですね。

 

カッコいいスーツで

着飾っただけの空っぽな社会人ではなく、

自分自身の経験から学び、

成果に変えられる人になっていきましょう。

 

------------------------------------------------------

 

参考にした本はこちら!
まずは上司を勝たせなさい 20代で上昇気流に乗れる本 (講談社BIZ) 室舘 勲 (著)

 

 

おかげさまで発行部数24,000部超!

 

 

あなたの「上司を勝たせたい!」

が上昇気流を引き寄せる!

 

どうぞ、お手にとってお読みください。

 

------------------------------------------------------

 

あわせて読みたい

過去の上司本に関する記事はこちらから

 

【ポイント解説】できると信頼される「当たり前」のこと

【ポイント解説】成功することは、はじめから決まっている!?

【ポイント解説】這い上がろうとしてはいけない!?

【ポイント解説】小さな夢を手帳に書こう

【ポイント解説】悩み・迷いには、もう答えがある!?

【ポイント解説】誰が得をして誰が損をするのかを考える

【ポイント解説】恋人がほしいなら100人に声をかける!?

 

------------------------------------------------------

 

キャリアコンサルティングの

公式Instagramでも発信中!

キャリアコンサルティング【公式】

 

------------------------------------------------------

 

こんにちは。

 

 

 

7月19日(日)に半年ぶりに

開催されました会社説明会。

 

 

本日はその裏側を含めてお伝えします。

 

 

 

 

--------------------------------------------------

厳重なる感染症対策のもとおこなわれた

記憶にも記録にも残るイベントとは⁉

--------------------------------------------------

 

 

長らく、感染症拡大防止のため、

会場開催を中止していた

 

キャリアコンサルティング名物ともいわれる

毎月開催の大型イベント「会社説明会」。

 

 

ようやく今月は、厳重なる対策のもと、

開催することができました。

 

 

主な対策としては、

 

 

●両隣の座席は必ず空ける(受付にて座席指定)

●37.5°以上の体温の方の入場不可

●来場者同士の会話を控える

●手指消毒の徹底

●厚生労働省提供の接触確認アプリ「COCOA(ココア)」

 のインストール、登録必須

 

 

 

をおこないました。

 

--------------------------------------------------

 

 

まずは、黒帯認定者スピーチです。

 

今回は、感染症対策のため、

スピーチは舞台上ではなく、

 

18名、事前に映像収録をしたものを

ご覧いただきました。

 

 

--------------------------------------------------

 

 

今回のゲストはかなりビッグでした。

 

 

このたび、キャリアコンサルティングがオーナー企業となりました。

 

東京八王子ビートレインズの選手そして、

株式会社THTマネジメントの方に

お越しいただきました!

 

東京八王子ビートレインズ

 

 

 

 

選手紹介とともに、意気込みを

話していただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ありがとうございました。

 

B3リーグ 2020-21シーズンの開幕は1月です!

 

それまでみなさんもお楽しみに

お待ちください!

 

B3リーグ 2020-21シーズン スケジュール決定!

 

 

 

--------------------------------------------------

 

 

 

ミスワールド2019日本代表

世良マリカさん

 

▶ミス・ワールド・ジャパン

 

 

 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

本日、 @careerconsulting さんのイベントでスピーチをさせていただきました! 先ずは、このような場を設けてくださった室舘社長、キャリアコンサルティングの皆様、そして会場で私のスピーチを聞いてくださった皆様、本当にありがとうございました! ・ 少し長いスピーチだったので、最後の部分だけこの投稿の2、3枚目に載せています。良かったら観てみてください☺️✨ ・ そして室舘社長のお話、本当に心動かされるものでした。私もいつかこんな風に、人の心を動かせる人になりたいと思いました! ・ 八王子ビートレインズの皆さんともお写真撮れて嬉しかったです☺️皆さんのプレーを拝見できるのを楽しみにしています! ・ I am very thankful to @careerconsulting who gave me the opportunity to speak today front of these wonderful passionated people who will support our future. If you really have the mind to contribute to the society, people see your courage to change the world, and that will move their heart to support you. I always believed so 😊

世良マリカ/SERA Malika(@seramali_jsmn)がシェアした投稿 -

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世良さんのミス・ワールドでの活動報告を

はじめとしたスピーチをしていただきました。

 

みなさんは、

バタフライ効果という言葉を知っていますか?

 

という問いかけから、

世良さん自身の小さな行動の積み重ねが

大きな結果に変わったという話を

してくださいました。

 

 

---------------------------------------------

バタフライ効果

たった少しの僅わずかな差が、その結果に大きな違いを生むこと。

 

何かしらの行動を続けていればいつか大きくなる。

 

チョウがはねを動かすだけで遠くの気象が変化する

という意味の気象学の用語を、

カオス理論に引用したものです。

---------------------------------------------

 

 

日本代表として、落ち着きのある圧巻な

スピーチをありがとうございました。

 

 

 

 

 

--------------------------------------------------

 

代表の室舘の講演では

 

 

「何のために生きるのか」

「何のためなら死ねるのか」

というテーマでした。

 

 

この環境、状況の中で、

 

コロナだからできないことを言い訳にして、

 

自分を守ったような

生き方になっていませんか?

 

 

最近、自分と向き合い、挑戦できていますか?

 

政府や自治体のガイドラインを守って

不要不急の外出などの行動の自粛は当然ですが

心まで自粛している人も多いのではないでしょうか。

 

 

時が過ぎてから、あの時やっていれば…

と、後悔しては遅いです。

 

 

夢や目標は何ですか?と聞くと、

やりたいことや、なりたい自分、欲しいものを語ります。

 

では、それらが手に入ったら、

夢が叶ったら、あなたは死ねますか?

そう問うと「いいえ」となります。

 

 

 

 

世の中には、若くして命を絶つ人もいる。

 

生きたくても、生きれない人もいる。

 

志を果たすために、

命をささげる人もいる。

 

 

人生には限りがあります。

限られた時間の中で、

あなたは何のために生きますか?

 

 

みなさんの人生はこれからです。

今一度、根本に立ち返って考えてみてください。

 

▶室舘勲のブログ

 

 

 

 

 

--------------------------------------------------

 

休憩時には、

世良マリカさん、東京八王子ビートレインズの選手、

代表の室舘で写真を撮りました。

 

 

撮影時のみ外したマスクからは、

みなさんの最高の笑顔を見せていただきました!

 

 

ありがとうございました!

 

 

 

笑顔がとってもチャーミングな世良さん★

 

 

--------------------------------------------------

 

 

ビートレインズグッズ販売も

たくさんの方にご購入いただき、

ありがとうございました!

 

 

 

オススメは、トレンチーのぬいぐるみ。

トレンチー、よろしくね★

 

 

 

各種リンクはこちらから!

------------------------------------

【YouTube】東京八王子ビートレインズ

------------------------------------

【Instagram】東京八王子ビートレインズ

------------------------------------

【HP】東京八王子ビートレインズ

------------------------------------

【Instagram】キャリアコンサルティング

------------------------------------

【HP】キャリアコンサルティング

------------------------------------

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


■しがく、NEXUS、プレスタのイベント時や来社前に
東京都の指針に従い、イベントの開催を少しずつ再開しております。

7月8日、政府より、イベント開催時の来場者に「接触確認アプリ(COCOA)」

インストールすることを促す旨の要請が出されました。

弊社のイベントやオフィスにいらっしゃる際には、

お手数ですが「接触確認アプリ(COCOA)」

インストールしていただきますようお願いいたします。
 

 

 

▼ アプリのインストール方法

App StoreまたはGoogle Playで接触確認アプリで検索してインストールお願いします。






■イベントにおける注意事項
安全な運営を行うために、イベント参加日から遡って10日以内に以下の点に

当てはまる方の参加はご遠慮いただいております。


​・37.5℃以上の発熱
・咳、のどの痛みなどの風邪症状
・だるさ(倦怠感)、息苦しさ(呼吸困難)
・嗅覚や味覚の異常
・新型コロナウイルス感染症が陽性と判定された人との濃厚接触
・同居家族や身近な知人に感染が疑われる方
・海外への渡航​


また、参加日当日の検温、体調確認、マスク着用(基本的に)は必須です。

ご了承の上、ご参加ください。




皆さまの安全を考慮してイベントの運営・準備をおこなっておりますが、

イベント参加の際には、ご協力のほど、なにとぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

7月5日、約5ヶ月ぶりの

しがくセミナーを開催しました。
 

 

今回の講師は…

国連SDGsシンボルアーティスト

サイヒロコ先生です。

 

 

タイトルは
『アートで不可能に突破口をあける』

 





講演を通して、

サイ先生ご自身の生い立ちから

今までのキャリアをはじめとした

 

とても盛り上がるお話を

していただきました。

 

 

----------------------------------------

なかでも、ポイントとなった話を

いくつかご紹介していきます。

----------------------------------------

 

 

●道を選ぶときは苦しかったり、

 難しいと感じる方を選ぶ

 

世界を変えるアーティストになるには、

苦労をしないといけない。

今やることは全部栄養だ!

 

 

----------------------------------------

 

 

●若い頃から”アートで世界を変える”と

 豪語していた

 

それが心の表れであり、

社会を変えられる人だけが、

アーティストであるという価値観。

 

 

----------------------------------------

 

 

●頭で考えてしまうと描けない

 頭を○にしてパカーンとあける

 

すると、宇宙とつながる。

 

 

---------------------------------------------------

人間とは何かを突き詰めていくのがアートだ!

---------------------------------------------------


 
サイヒロコ先生、
ありがとうございました。

 

 

 

 

---------------------------------------------------

サイヒロコ先生プロフィール

 

・(仏)科学芸術創造協会 代表
・国連「平和の文化」シンボル SAI環境四次元ミュージアム
・仏世界文化遺産ルドゥ「理想都市」内 文化省指定個人美術館(1995〜2005)
・仏国立ポンピドーセンター滞在個展(1985)
・EU文化交流センター議長
・東京湾アクアライン景観委員モニュメント、壁画制作
・成田飛行場 第一ターミナル環境四次元ミュージアム
・世界華人経済人協会 日本代表
・インドネシア ロイヤルシルク財団 顧問

 

主な活動


・仏ポンピドーセンター滞在制作・招待個展。
・国連ユネスコ50周年招待個展「21世紀を拓くメッセージアート展」。
・仏世界文化遺産ラ・サリーヌ・ロワイヤル招待個展、世界初の世界文化遺産内個人美術館制作。
・仏国家プロジェクト「世界性の連帯」メッセージアート制作。
・国連ESCAP本部内に「平和の文化」シンボルアート永久展示。メッセージアート制作。
・各国文化省参加の文化オリンピック
 「カルタゴ・インターナショナル・フェスティバル」メインアーティスト。
・ノーベル平和賞100周年記念授賞式典環境アート制作。
・愛知万博「愛・地球博」環境アート制作、アートアワード・イベントオーガナイズ。
・東京湾アクアライン「海ほたる」環境モニュメント、壁画制作。
・横浜ランドマークタワー 環境アート「誘惑」制作。
・仏芸術院賞(アカデミー・デ・ボザール賞)、国際文化芸術賞、世界賞、他受賞。
・EU文化交流センター理事会議長、フロリダ州コーラル・ゲーブルス市名誉市民、
 日本国建設省景観委員、NHK・JR東日本全社プロジェクトアドバイザー、他歴任。
・関東地方建設局50周年、他、国・県・市・企業で、基調講演多数。

 

---------------------------------------------------

サイヒロコ先生の関連ブログ

2020m!SDGsアート展を開催!!

サイヒロコ先生アート展スタート!!

---------------------------------------------------

 

 

 

 

 

先日(7月9日木曜日)の

タウンニュース 八王子版にて

 

 

6月26日におこなわれた

東京八王子ビートレインズとの

記者会見の様子を特集にて

 

掲載されました!

タウンニュース【ビートレインズ体制一新】

 

 

 

 

 

誌面においても

大きく特集してあります!

 

 

 

 

 

 

ぜひご覧ください。

 

 

 

----------------------------------------

東京八王子ビートレインズの

公式Instagramはコチラ

東京八王子ビートレインズ

 

 

----------------------------------------

キャリアコンサルティングの

公式Instagramはコチラ

キャリアコンサルティング【公式】

 

 

----------------------------------------

 

 

 

 

---------------------------------------------

「無難な話」「攻める話」の違いとは

---------------------------------------------

 

 

仕事柄、大変多くの学生の

自己紹介を聞きます。

 

 

弊社では、

江戸時代に薩摩藩でおこなわれていた

「郷中教育」

(先輩が後輩に教える教育制度)

を参考にしています。

 

 

この教育制度は良い点も多いですが、

悪いことも起きます。

 

 

最近、学生さんを見ていて

悪い傾向も少し出てきましたので、

考察してみたいと思います。

 

 

---------------------------------------------

 

 

結婚披露宴での挨拶、会の開会や閉会の挨拶、

会社の朝礼や日々のミーティング、講演など、

歳を重ねるごとに人前で話す場面が

多くなりました。

 

 

そのような場面での話には

「無難な話」と「攻める話」

があると思います。

 


人前で話す際には目的が大事です。

挨拶とスピーチの目的は全く違います。

 

挨拶は場の空気を変えないこと、

スピーチは場の空気を変えること

だと考えます。

 

 

例えば、結婚披露宴。

主賓の挨拶と、

友人代表のスピーチでは違います。

 

主賓の挨拶はトップバッターですので

無難さが大切です。

 

新郎新婦のご親族もいらっしゃいますから、

主賓自身が悪く目立ってしまうと

苦笑されます。

 

主賓の挨拶としては、

主役の新郎新婦を

引き立たせる話をするのは当然として、

安定感こそが最も大切です。

 


変わって友人代表のスピーチは、

会の中盤で、

お酒も入り場も温まっていることが多いです。

 

よってここでは多少のドッキリなども

許容されることでしょう。

逆にここで無難に終わると大体しらけます。

 

勇気を持って、

精一杯盛り上げることが

主役・参列者の笑顔にもつながります。

 

 

その他にも、

大会が終わった後の懇親会の乾杯の挨拶や、

締めの挨拶の依頼を受けます。

 

無難に話すことが大半ですが、

あえて場の空気を変えることにも

挑戦しています。

 

私がリーダー教育をしている

経営者ということもあり、

興味を持って話に耳を傾けてくださる方も

少なくないからです。

 

 

3分ほどの短い時間で、

その会の格を上げ、

主催者の心を打つ話が

できれば最高です。

 

ある時は1400名が

静かに耳を傾けてくださり、

話を終えると同時に万雷の拍手を

いただけたこともありました。


学生はいたる所で、

スピーチの場が与えられます。

 

就職活動においては、

集団面接での自己PRの場です。

 

こういった場で無難な挨拶をしては

インパクトに欠けます。

 

よく見られることですが、

先輩から教えてもらった文章、

借りてきたような

定型的な言葉を並べても、

残念ながらあなたの印象は残りません。

 


皆さんは挑戦者です。

一つひとつがオーディションの場なのです。

 

話にぐっと引きつけられるような、

場の空気を変えられるような、

そんな話ができるように

日頃から訓練してください。

 


どのように訓練すれば良いのでしょうか。

 

例えば、お母さんに

「ご飯が美味しい」と心を込めて伝える。

 

お世話になった店員さんに

心を込めて労いを伝える。

 

そうやって、

日頃から感謝の言葉を

相手に心を込めて伝えるのです。

 

日頃の些細なことに感動し、

感謝し、心を込めて想いを伝えていないから、

いざ面接やスピーチの場になっても

あなたの気持ちが伝わらないのです。

 


緊張もするでしょうから、

誰もがすぐにはできません。

心から想いを持って人に話すこと。

 

それが積み重っていけば、

挨拶も無難に安定感を持って

話すことができますし、

スピーチに想いを乗せて

聴衆に訴えることができます。

 

 

そして人の心を動かすような

話ができるのです。

 


「無難な話」と「攻める話」を

使いこなせる人になっていきましょう。

 

---------------------------------------------

 

 

 

 

 

 

 

本日はカレント7月号に掲載されました

 

◇現代社会と青年◇

 

での室舘による記事をご紹介いたします。

 

---------------------------------------

『見えないところに手を抜かない』

---------------------------------------

 

 

この度のコロナ禍で、

多くのことが変わりました。

 

「オンライン会議」は

実に多くの企業で採用されました。

 

以前から技術はあったものの、

ここ数か月で加速度的に普及しました。

 

多くのテレビ番組でも活用されています。

 


大学生の就職活動においても、

一年前では考えられないことが

起こっています。


なんと新卒採用をしている企業の半数は、

最終選考もオンライン面接をして

内定まで出すとのことです。

 

 

 

今や企業側も学生も、

オンライン面接を無視していては

大変不利な状態になるのです。

 

弊社キャリアコンサルティングでも

オンライン面接を導入しています。

 

私も先日、大阪や福岡の大学生と

オンラインによる最終面接をし、

内々定を出しました。

 

 

画面越しで顔と顔が近いため、

想像以上に学生の表情や考えは伝わります。

 

通常の面接では

これだけ近い距離はあり得ません。 

 

 

 

 

 

 

 

「見えないところに手を抜かない」


伸びている企業や

一流の人の話をお聞きすると、

上手くいっている企業や団体は、
見えないところに手を抜きません。

 

 

掃除を筆頭に、

お客様に見えていない部分でも、

従業員には見えています。

 

 

神は細部に宿るという話も

よく聞かせていただきました。

 


我々もオンラインでの仕事の

注意点を話し合いました。

 

 

背景にこだわる、

表情が明るく見えるように

照明を活用するなど、

いくつか基本的なことは出ました。

 

ただ、私が強調したのは

 

「相手には決して分からない、

映らない部分こそ、しっかりしよう」

 

ということでした。

 

ズボンの線をしっかり入れる。

靴をキレイに磨く。歯も磨く。

 

 

これは本来、

直接の商談や面接などで

人に会うときには当たり前のことです。

 


オンラインだと

相手には分かり得ない部分ですが、

唯一、自分だけは知っています。

 


身なりをしっかり整えていると、

手を抜いたときと比べ、

自分の言動の気迫が違う気がします。

 

 

私はその部分をしっかりと

していくべきだと思います。

 

 

多くの大学生にも、仲間同士の

プライベートな付き合いは別として、

 

 

面接やビジネスの場面では、

直接人に会うとき以上に

アピアランスに気をつけなさい、

と指導しています。

 


これはオンラインだから

というわけではありません。

 

 

「慎独(しんどく)」

つまり、誰も見ていない一人のときこそ

慎んで精進することの重要性と同じです。

 

 

見えない部分の努力や心配りが、

巡り巡って相手に伝わり、

良い結果を生むのです。

 

 

-------------------------------

日本再生を目指す カレント

月刊「カレント」

-------------------------------

【人づくりのキャリア】

株式会社キャリアコンサルティング

代表取締役社長 室舘勲のブログ

室舘勲のブログ

-------------------------------

あわせて読みたい

【カレント4月号】青森の実家はエネルギー・ベストミックス!?

【カレント5月号】今期のテーマは「チャージ」

【カレント6月号】コロナ騒動で得たこと

-------------------------------