キャリアコンサルティングの広報室

 

 

 

9/15(火)ミス・ワールド・ジャパン2020の

ファイナリストによるBWP部門審査会を開催しました!

 

 

 

今回は26名のファイナリストが参加をしました。


それぞれがSDGsの17のゴールから
いくつかのテーマを選択して、問題提議し、
解決案のプレゼンテーションをおこないました。

 

 

 

 

 

 

 

ミス・ワールドは、

国際貢献・女性の尊厳・地位向上

を理念として掲げています。

 

貧困支援などの寄付や

慈善活動を積極的におこなっています。

 

ミス・ワールド大会コンセプトは、

Beauty with a purpose(目的のある美)

をスローガンに、

 

美に集まる力を社会貢献に活かすことを目的に、

世界中のミス・ワールドがSDGsに関わる問題に対して

積極的に取り組んでいます。 

 

 

水着審査を廃止するなど、

他のミスコンテストとは一線を画し、

女性の尊厳・地位向上にも力を注いでいます。

 

 

審査の中で重要視されるのが、

Beauty With a Purpose(BWP)

=目的のある美 という審査です。

 

 

BWP審査を「社会貢献活動の審査」

表記し67年間ぶれずに理念として

持ち続けているのには理由があり、

 

 

それは、

"選出される者の美に世界が日本が熱狂する"

 

 

その美に集まる力を、視線を、社会貢献活動に

向け社会に還元するという事です。

 

ミス・ワールド・ジャパンHPより

 

 

 

「こうしたいなぁ」という

願いをプレゼンテーションするのではなく、

 

実際に達成をするために行動をしている人や

ひたむきに戦っている人は、

 

説得力があると感じました。

 

 

ファイナリストの方々のような

強くたくましく、心の綺麗な方が、

 

本当の美しさなのだと実感します。

 

 

 

ファイナリストたちのプレゼンテーションは、

ミス・ワールド・ジャパン公式YouTubeチャンネル

にて、配信中です。

 

是非、ご覧ください。

 

 

------------------------------------------

ミスワールドジャパン2020BWP発表会グループ①

 

 

------------------------------------------

ミスワールドジャパン2020BWP発表会グループ②

 

 

------------------------------------------

ミスワールドジャパン2020BWP発表会グループ③

 

 

 

------------------------------------------

公式HP「ミス・ワールド・ジャパン2020ファイナリスト」

http://missworld.jp/finalist/finalist2020.html

------------------------------------------

日刊スポーツ「ミス・ワールドジャパンのファイナリスト35人発表」

https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202008180000418.html

------------------------------------------

オリコンニュース

「『ミス・ワールド・ジャパン』ファイナリスト35人決定 GENICメンバー、タッチラグビー日本代表、ご当地アイドルら」

https://www.oricon.co.jp/news/2169626/full/

------------------------------------------

キャリアコンサルティングは、ミス・ワールド・ジャパンのオフィシャルスポンサーです!

https://ameblo.jp/c-consul/entry-12616436832.html

------------------------------------------

ミス・ワールド2020日本大会 ファイナリストへの講座を開催!

https://ameblo.jp/c-consul/entry-12616436832.html

------------------------------------------

ミス・ワールド・ジャパン2020公式HP

------------------------------------------

ミス・ワールド・ジャパン Instagram

------------------------------------------

ミス・ワールド・ジャパン Facebook

------------------------------------------

 

 

掲載情報です!

 

 

先日、代表の室舘やビートレインズの選手が

東京都立八王子桑志高校に訪問をし、

「人間と社会」をテーマに

東京八王子ビートレインズの活動などを紹介しました。

 

 

その様子がなんと読売新聞 多摩版

掲載されました!

 

ぜひご覧ください!

 

 

----------------------------------------------

東京八王子ビートレインズ 公式Twitter

----------------------------------------------

バスケチームの地域貢献を学ぶ(読売新聞 多摩版)

----------------------------------------------

 

 

本日はカレント9月号に掲載されました

 

◇現代社会と青年◇

 

での室舘による記事をご紹介いたします。

 

-------------------------------------------

『いつの時代も、たくましい若者がいる』

-------------------------------------------

 

まだまだコロナ騒動の渦中でありますが、

若者と接する機会の多い私は、

この夏も闘う若者たちを見て感動しています。

 

 

闘っている人は、

まさに「活き活きと生きている」感じがします。

闘えていない人は、その逆なのでしょう。


先月号にて、

プロバスケチーム「東京八王子ビートレインズ」の

オーナー企業に弊社が就任したという報告をしました。

 

戦力強化のため、トライアウトを開催し、

五十人が夢に向けてチャレンジしました。

 

 

さすが、プロ選手になろうと意気込む若者は、

走力、シュート、ドリブルなど

日頃のハードトレーニングを想像させました。

 

専属チアリーディングチームの

トライアウトも同日開催。

 

 

四名の枠を目指して十一名がチャレンジ。

 

申込書や面接から感じる熱い想いは、

全員合格レベルです。

実技で見せるしなやかな動きや体つきは見事で、

鍛えぬいてきた、これまでの努力を想像でき、

感動しました。

 

 

 

 

 

若者はいつの時代も、

夢見る者とそうでない者がいます。

「どうせ無理」「コロナが恐い」など、

やりたいことを諦める理由は色々あります。

 

しかし、本気で闘う若者は、

いつの時代も自分でリスクを回避して、

最善の努力をします。

 


 

プロバスケ選手の選手寿命はせいぜい三十代。

 

引退後には第二の人生として

別の何かで生計を立てていく必要があります。

 

プロになることは、夢でもあり、

人生においてはリスクでもあるのです。

 

それでも夢を見て燃えるように生きています。

 


 

プロバスケ選手もチアリーディングも、

普通の人には難しい仕事です。

 

皆、遠い将来ではなく、

今を生きることに必死です。

 

トライアウトを受け、

今日を生きる彼らからは

「コロナが恐いから諦める」など、

微塵も感じられません。

 

 


年齢や状況もありますので、

コロナ禍で動ける人、動きづらい人もいます。

 

動くと心配する親や、引き止める親もいます。

 

一方で、応援する親がいるのも事実です。

 

 


人生は人それぞれではありますが、

闘う若者たちを見て明るい気持ちになり、

勇気をもらいました。

 

 


明らかに努力不足にもかかわらず、

コロナ禍を都合のいい言い訳に

している若者もいます。

 

彼らにしっかりと実力を

つけさせる指導を頑張っていこう。

 

そのように心が引き締まる想いです。

 

 

-------------------------------------------

日本再生を目指す カレント

月刊「カレント」

-------------------------------------------

【人づくりのキャリア】

株式会社キャリアコンサルティング

代表取締役社長 室舘勲のブログ

室舘勲のブログ

-------------------------------------------

あわせて読みたい

【カレント4月号】青森の実家はエネルギー・ベストミックス!?

【カレント5月号】今期のテーマは「チャージ」

【カレント6月号】コロナ騒動で得たこと

【カレント7月号】見えないところに手を抜かない

【カレント8月号】プロバスケチームのオーナー企業に

-------------------------------------------

 

 

 

 

 

9月6日、

オリンパスホール八王子にて

しがくセミナーを開催しました。
 

 

 

今回の講師は…

野球評論家

石毛宏典先生です。

 

 

タイトルは
『野球で生きる、野球に活きる』

 





講演を通して、

石毛先生ご自身の野球人生からなる

学びや考え方を話していただきました。

 

 

----------------------------------------------

ポイントとなったお話をいくつかご紹介!

----------------------------------------------

 

 

野球人(社会人)としての転機

 

一億円プレーヤーとなり、

お給料をたくさん使えたが、

“社会人としては二流だ”と言われた。

 

人とのアポは電車と徒歩でくるもの

だと教えてもらい、

 

若くしてそんなに大金を使って

遊んでいていいのか?と

考えるキッカケになった。

 

 

----------------------------------------------

 

 

変えられるものを変える勇気、

 変えられないものを受け入れる素直さ

 

10歳から始めた野球。

中学・高校時代の教育と指導に

強くなれた。

 

くじけそうなときは

“男の意地と仲間”に支えられた。

 

 

----------------------------------------------

 

 

夢をつかむには?

 

一つのことをやめずにずっと続けること。

飽きないこと。

 

社長は“根性”を若い人に求める。

 

 

 

----------------------------------------------

 

 

相田みつをさんの詩に出会う

 

“やらなかったのか やれなかったのか どっちだ?”

 

己との闘い。自分はごまかせない。

 

 

 

----------------------------------------------

 

 

才能とは?

 

自分が向いてるかどうかではなく、

何をやりたいかが大事である。

 

不器用だからこそ努力する。

『心技体』の表現力。

 

 

----------------------------------------------

夢は逃げない。夢を遠ざけるのは自分!

----------------------------------------------

 

 

最後はステージ上から、

せーのっ!『イェーイ』の合図で

記念撮影をしてくださりました。

 


 
石毛先生ありがとうございました。

 

 

 

※感染症対策をおこなったうえで、

充分な距離を保って撮影をしております。

 

 

----------------------------------------------

石毛宏典先生プロフィール

 

元プロ野球選手・監督。

城西国際大学特任教授。
西武ライオンズ黄金時代のチームリーダーとして活躍。
リーグ優勝11回。日本一8回。

オールスター出場14回。
日本初の独立リーグ「四国アイランドリーグ」創設。

 

----------------------------------------------

 

 

 

8月27日におこなわれた

「第2回世界環境サミット」において、
代表の室舘による講演映像がWEBにて公開されました。

 

 




【第2回世界環境サミット】で検索をしていただき、
【2-1 国際会議室】2020年8月27日(1日目)

の動画をご覧ください!

 

室舘の講演は4:11:45頃からです。

 

 

※室舘より訂正のコメントがあります

「対外純資産について触れておりますが約300兆円が正しい数字です」

 

是非、ご覧ください!

 

 

 

 

 

------------------------------

第2回世界環境サミット

------------------------------

 

 

 

こんにちは。

 

先日(9月2日)に、

ミス・ワールド・ジャパン2020ファイナリストの方々へ

 

代表の室舘による

『日本の基礎講座』をおこないました。

 

 

------------------------------------------

日本の素晴らしさを語れる人になろう

------------------------------------------

 

 

室舘の講演では、

いくつかの資料に基づいた内容となりました。

 

 

日本は世界で最大最古の君主国であること

紀元前660年に初代神武天皇が即位してから現在の第126代今上天皇まで、一度も侵されることなく続く奇跡の歴史を持つ国であること

伊勢の神宮が今もなお1300年前の姿で存在してるのは20年に一度の式年遷宮を続けているから

ミシュランガイド東京2019での星付き飲食店の掲載数はフランスのパリを抜いて世界一

日本の浮世絵はゴッホやモネに大きな影響を与えたこと

 

 

 

 

グループワークの時間では、

お互いの意見や感想交換をしました。

 

 

 

------------------------------------------

 

 

講座の後半では、

コミュニケーションマジックのひとつである

ペンダントリング大会をおこないました!

 

 

 

 

 

 

最後まで残った方には、室舘よりプレゼントが!

 

 

 

 

コミュニケーションマジックは、

国境を越えて仲が良くなる魔法のツールです。

 

 

ぜひ、みなさんもご活用ください。

 

 

------------------------------------------

 

 

最後の集合写真と記念撮影では、

みなさんマスクを外してにっこり笑顔。

 

 

 

 

ファイナリストのみなさん、

最後まで応援しています!

 

------------------------------------------

公式HP「ミス・ワールド・ジャパン2020ファイナリスト」

http://missworld.jp/finalist/finalist2020.html

------------------------------------------

日刊スポーツ「ミス・ワールドジャパンのファイナリスト35人発表」

https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202008180000418.html

------------------------------------------

オリコンニュース

「『ミス・ワールド・ジャパン』ファイナリスト35人決定 GENICメンバー、タッチラグビー日本代表、ご当地アイドルら」

https://www.oricon.co.jp/news/2169626/full/

------------------------------------------

キャリアコンサルティングは、ミス・ワールド・ジャパンのオフィシャルスポンサーです!

https://ameblo.jp/c-consul/entry-12616436832.html

------------------------------------------

ミス・ワールド2020日本大会 ファイナリストへの講座を開催!

https://ameblo.jp/c-consul/entry-12616436832.html

------------------------------------------

ミス・ワールド・ジャパン2020公式HP

------------------------------------------

ミス・ワールド・ジャパン Instagram

------------------------------------------

ミス・ワールド・ジャパン Facebook

------------------------------------------

 

 

 

-------------------------------------------------

出会いもご縁、別れもご縁

-------------------------------------------------

 

 

家族関係、友人関係、恋人関係、

そして上司・部下関係。

 

どのような関係においても、

人はたくさんの人と出会い、

出会いと同じくらいの別れを経験します。

 

別れをどのように捉えるかは、

その後の人生に少なからず影響を

与えるのではないでしょうか。

 

今回は、私が仕事で経験した大きな失敗談から、

別れの捉え方について考えてみたいと思います。

 

 

-------------------------------------------------

 

 

20代前半、

トップマネージャーでありながら

給料が止まっていた時代の話です。

 

今思い出しても、非常に苦しい時代でした。

 

そんな中、給料が出なくても

「トップ営業マンになりたい」

とついてきてくれた部下たちは戦友同然です。


春先のある日、とある部下と出先で

終電が無くなる時間まで仕事をしていました。

 

ファミレスに入って

朝を待つこともできたのですが、

給料が止まっている身としては

数百円すら正直苦しい。

 

部下に「武勇伝を作ろう」と言って、

私達は駅の近くの公園で、

半ば野宿のような形で夜を明かしました。

 

「こんな貧乏生活が、将来語れる武勇伝になるんだ」

と笑い合っていました。


明け方はまだ少し肌寒い季節でしたが、

私は体が丈夫なこともあり、

次の日もばっちり出社しました。

 

しかし、彼が出社してきません。

3日目に電話がありました。


「仕事を辞めさせてください。

給料が止まっていても頑張ろうと思いましたが、

室舘さんのような体力もないし、

体調を崩してしまいました。

もうついていけません」

 

と、彼は辞めてしまいました。


私は自分のレベルの低さを痛感し、

リーダーとして非常に情けない、

と猛省しました。

 

彼の「トップ営業マンになりたい」

という言葉を鵜呑みにして、

ずっと過酷なトレーニングを課していましたが、

彼はそこまでは求めていなかったのです。


トップ営業マンには

生半可な努力ではなれません。

 

本人が「目指したいです」と

言っていたとしても、

本心ではそこまでの努力や逆境を

求めていないこともあるのです。

 


この別れは、

部下を抱える人間として

私を大いに成長させてくれました。


部下育成で大切なことは、

部下の夢や目指す姿を、正しく捉えることです。

 

本人の言葉を鵜呑みにするのではなく、

本人の本当の価値観を捉えて、

それに合ったメニューを

用意してあげるべきです。


人によっては、

欠勤せずに1カ月出社できただけでも

褒めてあげるべきですし、

上を目指している人には、

たとえ能力や成果が上がっていたとしても

厳しく叱ることが必要な場面もあるのです。

 


人生には別れがたくさんあります。

 

多くの反省もありますが、

囚われすぎずに切り替えなければなりません。

「傷つけるのが怖い」

「別れるのが怖い」

と言っていたら、

部下育成はできないのです。


別れの捉え方は、

半分は反省して学びとし、

もう半分は「ご縁がなかった」

潔く捉えるようにしています。

 

そうしなければ、

当時も今もリーダーとして

タフに生きることができないからです。


過去、私のもとから去っていった部下たちには

迷惑をかけたかもしれません。

 

逆に感謝されているかもしれません。

 

すべての別れの理由を

伝えてくれるわけではありませんし、

私の知らない、彼らの次のステップや、

次の人生があります。

 

別れることや離れることを

必要以上にネガティブに捉えるのではなく、

お互いの良いご縁として

ポジティブに捉えることも大切だと思います。


「終着駅は始発駅」(北島三郎)。

 

人生、出会いと別れの連続です。

 

別れもご縁だと捉えられれば、

自分にとっても相手にとっても

良い転機になるのではないでしょうか。

 

 

-------------------------------------------------

 

 

-------------------------------------------------

 

こんにちは。

 

広報課のしおやです。

 

 

私は長年、

ゴルフというスポーツを避けて生きていました。

 

 

理由は簡単です。

 

体力がもたないのと、

運動神経がにぶいからです。

 

一時間ゆでたうどんで

バンジージャンプをしろと言われるくらい

 

私にはレベルが高いスポーツでした。

 

プライベートでゴルフを誘ってもらえても、

申し訳ございません。。

 

の嵐でした。

 

 

 

 

ですがこの夏、

そんな私に転機が訪れたのです。

 

 

 

広報課の先輩に

ゴルフの良さを教えてもらいました。

 

先輩のゴルフに対する

熱烈なミーティング(2分)

を受けた私は、

 

 

ゴルフを経験してみたい!

 

 

と考えが変わりました。

 

 

まずは、練習場に連れて行ってもらい、

ゴルフのいろは

を教えてもらいました。

 

自宅では、

YouTubeのゴルフ動画を見て

イメトレしました。

 

ウェアも揃えて、

グッズも揃えてと、、

 

 

いざ、ラウンドデビューの日が

やってきました。

 

 

私の目標はただふたつ…

①周りに迷惑をかけずに

 無事に18ホールを回りきる

②スコア200を切る(笑)

 

 

 

 

 

AM8:00の天気は曇りで

過ごしやすいスタートでした。

 

 

 

今までの練習の成果を

発揮できるように、

 

集中して集中して…

 

 

そんなこんなで

あっという間に

午前中が終わりました。

 

まず、第一の感想は…

 

ゴルフって、楽しい~

 

ということです。

 

そりゃ、上手いか下手かでいうと、

激辛麻婆豆腐を大急ぎで

食べたときに

超辛いと叫ぶくらい

分かりやすく下手でしたが(笑)

 

自分のスコア以上に

走って体を動かすことや、

たくさんの方とお話できることなど、

 

本当に楽しかったです!

 

 

午後は日差しが強く、

ただただ暑かったのですが、 

 

そんなのは関係なく

あっという間に時間が過ぎていきました。

 

 

これから、

ゴルフが趣味です!

と言えるように、

 

練習も頑張っていきます。

 

 

ではまたいつか!

 

 

 

しおや

 

 

 

 

 

PS.

ゴルフ場は、景色もキレイで、

ザ☆インスタ映えな場所でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは。

お久しぶりのこの企画、

縄文ストレッチのコーナーです。

 

今回も最後までお付き合いください。


最近は気温が高く、

夏バテや熱中症予防に興味がある方も

多いのではないでしょうか?


そんな皆さんに吉報!

今回は胃腸を整えて

夏バテ予防にも繋がる!?

________________________
《縄文ストレッチ》より

胃すいの経絡ストレッチ

________________________

をお届けします。

________________________


①両足を曲げて寝転びます。


②両手を伸ばして親指同士を輪にして組みます。


③大きく息を6回吐きます。


●ポイント●

体の前の面を伸ばし、

なるべく腰が浮かないようにしてみましょう!

 

胃腸の疲れを癒して助けてくれます。

 




こんな感じです。



________________________


いかがでしょうか。



毎日はできなくても、

気が向いたときに

少しずつできるといいですね。


たった1分程度の工夫で

日頃の疲れを癒しながら、

スッキリ快適な時間をお過ごしください。


どうぞ、やってみてください。

 

 

________________________________________________

 

キャリアコンサルティングの

公式Instagramでも発信中!

キャリアコンサルティング【公式】

 

________________________________________________

 

10月のしがくセミナー講師は
野球評論家の

石毛宏典先生です。

 

タイトルは…
「野球が活きる、 野球に生きる」

 

 

 

是非、お楽しみにして下さい。

 

--------------------------------------------

●石毛宏典先生プロフィール●

 

名前:石毛宏典(いしげひろみち)
所属事務所:(株)石毛企画
身長:180cm
生年月日:1956年9月22日
血液型:B型
出身地:千葉県
経歴:駒澤大学、プリンスホテルを経て、1981年西武ライオンズに入団。
西武黄金時代のチームリーダーとして活躍する。
その後、福岡ダイエーホークスに移籍。福岡ダイエーホークスの2軍監督、オリックスブルーウェーブ監督を歴任して、日本発の独立リーグである四国アイランドリーグを創設する。
2008年9月城西国際大学客員教授に就任。
野球教室、野球塾、講演、他のアスリートのクリニック、講演等もおこなう。

 

--------------------------------------------

●詳細●

 

第184回しがくセミナー

講師:野球評論家
日時:令和2年9月6日(日) 開演:19:45
場所:オリンパスホール八王子

予約:しがくマイページ

NEXUSマイページ

--------------------------------------------

関連リンク

石毛宏典オフィシャルブログ

 

 

 

皆さんのご来場をお待ちしておりますクラッカークラッカー