綺麗になる豆知識

洗顔は泡が命

石けんでもクリーム系洗顔料でも、とにかく泡をたっぷりたてるのが洗顔の必須項目。てのひらと肌の間に泡をはさむことで、肌への摩擦刺激を和らげることが目的です。 みなさんの中にも、洗顔料をすぐ顔にのせてしまうとうい方があるのでは? これでは泡立てがまったく足りません。洗顔は泡が命! なのです。いい泡とは?

●泡立ての目安。石けんの泡を顔につけてからそこにお湯を加えた時、さらに泡が増えるようなら、それは泡立てが不十分だった証拠。



●泡を十分に立てると、フカフカの泡がほっこり顔を包みこみ、手を押し返すような弾力を感じます。これは、本当にたっぷり泡立てた時にしか実感できないもの。



●では、どのくらい泡立てればいい? 試しに30回、手をこすり合わせて泡立ててみましょう。けっこう手間がかかるはず。でもその泡で顔を洗うと、いままでにない気持ちよさに気づくはず。すすぎのときの泡切れの速さも見違えるほどです。


さて、いい泡立てのポイントは3つだけ・まず始めに手をよく洗う。手が汚れていると、泡立ちが悪くなります。・洗顔料は適量をとります。少なすぎるのもNGですが、逆に多すぎても泡を立てるのが大変で、充分に泡立てないまま顔にのせてしまうことになります。・ 水を少しずつ足しながら、泡を立てます。空気を含ませるようにして、最低30回。その泡を肌の上で転がすようにするだけで、汚れがスーッと洗い流されます。さてさて、こんなに面倒な泡立てですが、実は最近『泡立てネット』というとっても便利な商品が出ています。そのネットを使うと、見事な泡がブクブクできます。「なぜ泡が大切か。」それがわかっているのなら、便利アイテムを活用するのはまったく問題なし! 泡立てネットを使いこなすコツは、できた泡を手の中で少し温めてから洗顔すること。泡が冷たいままだと、汚れなじみが悪いのです。


クレンジング

「メイクをしていても、石けんでゴシゴシ洗ったら落ちちゃうよ。」――そう、それは事実です。ではなぜオイルやクリームなどの、メイク落とし専用クレンジング料が存在するのでしょう?クレンジング料。その存在理由


●メイクは肌に密着し、石けんの泡だけではなかなか落ちず、ゴシゴシこすらないと落ちないのです。



●ところが日本人の肌質のほとんどは、このゴシゴシこするような摩擦刺激がタブー。こする刺激でメラニン生成が刺激され、黒ずみやシミ、くすみを引き起こしてしまうことになります。その他、細かい傷がついたり、シワの原因になることも。





●クレンジング料は、肌にこびりついたメイクをふんわり浮かすもの。つまりその後の石けん洗顔で、泡だけでメイクがスルッと洗い流せる状態に"準備"する役割があります。



以上の理由から、クレンジング料と石けんがペアになって初めて、肌を傷めない優しい完璧な汚れ落としが両立すると言えます。(もちろん、2つの機能を兼ね備えたアイテムなら1本で完了。) 同じ理由から、普通のクレンジング料では落ちにくいウォータープルーフのマスカラなどはポイントメイクリムーバーで落としておきたいもの。すべては肌を摩擦などで傷めないため。石けんではメイクは落ちないというのはウソですが、完璧に落とすにはかなり肌を傷めることになる、というのは本当です。★クレンジング料を使うコツなにはさておき、初めて使うアイテムに関しては、説明書をまじめに読むのが第一です。手を水で濡らしていいもの悪いもの、拭き取るもの洗い流すものなどなど、その使い方は千差万別。使い方を間違えると、せっかくの効果も半減します。前に使っていたものとそっくりでも、使い方の注意が違うこともけっこうあります。





ペタしてね







 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ストレスと健康的な生活

テーマ:

緊急時には生命活動を優先させる




まず最初に重要だと思われるのが、コルチゾールというホルモンです。

 

 

 

 

 

 

 

コルチゾールは、ストレス(刺激)を受けた時に対処反応として腎臓より分泌される副腎皮質ホルモンです。アドレナリン等と同じく血圧の昇圧機能を持っており、代謝機能を上げ身体機能を高める、血圧を上げて痛みを遠ざける等の役割があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つまり、本来は物理的な生命リスクに直面した時に分泌されるホルモンです。しかし現代社会において、コルチゾールは極頻繁に分泌され、物理的な生命リスク以外にも同じように対処するために社会的な問題を引き起こしていますよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それがストレスです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ストレス自体は何ら悪いものではないのですが、身体のストレスへの対処が原始的な構造のままなので、人間はそのストレスの対処により更にストレスを抱え込むという悪循環を背負って生きる以外に、今のところ術が無いのが実情なのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから、ストレス発散などという非生産的な行為を行わなければならなくなるのです。本来、ストレスへの対処が終了したらそれで御破算となるはずの副腎皮質ホルモンも、現代社会においては余計なお世話以外の何物でもないと言うわけですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この副腎皮質ホルモンであるコルチゾールやアドレナリンの大量分泌によって、本能的に短絡的な思考に走りやすくなるという傾向が生まれるとともに、交感神経優位の状態が続き、アドレナリンの受容体を持つ顆粒球の活動が活発になりアセチルコリン受容体を持つリンパ球の活動が低下するために、代謝機能が低下します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

代謝機能が低下すると言うことは、すなわち肌荒れやニキビ、睡眠不足、食欲のコントロール、精神状態のコントロールに以上を来たしやすい状態になるということです。生命の基本的な活動を優先させるために、人間と言う動的な実体を細部まで制御できなくなるわけですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに先程登場しました顆粒球ですが、近年の研究結果によって顆粒球が活性化しすぎることで免疫異常を誘発してしまい、そこから精神疾患や脳機能障害に発展するケースも確認されているとのことです。膠原病や鬱病などはその類かと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

身体に悪い食事をすると身体は過度に酸化します。この酸化を放っておくことは、癌細胞を身体の中で野放しにするのと等しいのです。そして、交感神経を常時優位にすると言う行為は、まさに癌細胞を身体の中で野放しにするのと同じような行為なわけです。代謝酵素を活用できないというのは、そう言う意味なのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

季節の変わり目に気圧配置が変わることで自律神経のバランスは大きく変わります。それによっても、体調に変化を来たします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4月から6月にかけて気圧が急激に低下します。そしてこの変化は人の体調を交感神経優位から副交感神経優位に変化させます。このためリンパ球が増加し、リンパ球の炎症の頻度が高まります。これが春の花粉症の時期です。リウマチの人の関節痛もこの時期に悪化します。




逆に、9月から11月にかけては気圧が急激に上昇するので、この変化は人の体を副交感神経優位から交感神経優位に変化させます。このため顆粒球が増加し顆粒球の関与する組織傷害の病気の頻度が高まります。心筋梗塞や脳卒中を起こすやいのもこの時期です。




(ソース:白血球と自律神経 )

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これが現在社会と人間の身体が抱えるストレスの根源的な問題であり、全ての人が知っておくべき基本的な身体の構造です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

身体の自滅を防ぐためには




身体の酸化を防ぎ、交感神経優位の状態を短期間でやめさせるためには、健康的に生活する以外方法はありません。この「健康的な生活」という言葉の中にはストレスを遠ざけると言う意味も含まれています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ストレスが発生すれば身体は緊急事態として身体を緊急モードにするというのは先程お話したとおりです。現代人の多くは、この緊急モードで常時過ごしているのと同じことなのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これを解決するために、健康的に過ごすことを心がけましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

精神的な負担を軽くするために、身近なところから改善する、例えば身の回りの整理整頓をしてみて、「本当に必要なもの」「本当は不要なもの」を改めて確認してみましょう。そんな簡単なことから、自分の身の回りの環境は音を立てて変わり始めます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小さな行動は明日への大きな一歩です。あなたの未来の為に、そして人類の未来の為に!




あなたの小さな一歩を世界は毎日待っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 










 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ペタしてね


 

 

 

 

 

 

 

 

暴飲暴食を止めて快適

テーマ:


暴飲暴食も胃の不可逆な変化を後押ししてしまう行為だと言えます。痛みを伴えば変化が元に戻りづらくなってしまいます。









「痛みを伴うほど食べなければ」簡単に元に戻ることが出来ます。逆に言うと、痛みを伴うほど食べてしまえば、組織の修復は困難になると言うこと。その変化を元に戻す為にはそれなりの我慢が必要になってきます。









私は「快適な状態」が好きなのですが、この快適な状態と言うのも、もしかするとホメオスタシスの範疇に留まることを指すのかもしれません。ある種のコンサバティブ(保守的)な状態だと言えます。









そして「快楽的な状態」というのは、痛みを超えてでも欲望を満たそうとする状態だと言えます。欲望には終わりがありませんので、どこまでも痛みを超えて欲望を追求しようとするようになります。この状態に陥ると元に戻るのは非常に困難を伴います。なぜなら、これは薬物などの中毒患者の症状と全く同じだからです。









だからこそ私は、身体的なものに関しては快楽を求めるのではなく、快適な状態を目指した方が良いと思うのです。もっと自然に、ですね。














ちなみに現代人の暴飲暴食の原因は、常に食べ物の誘惑にさらされていることにあります。人間の意志なんて大したものではないので、食べ物の誘惑にさらされれば、当然のように食べます。食べ物を見れば食べるように出来ていますが、反対に食べないようには出来ないのです。そこに自由意志はありません。自分の意思で決めているようで、実は本能に流されているだけに過ぎません。そういう場所に行かないことが何よりも大切です。









なので暴飲暴食を防ぎたいのであれば









・コンビニに入らない




・外食はしない




・スーパーも最低限のコーナーしか回らない




・1日の食事の回数を2回、1回に減らす




・お菓子は食べない




・フルーツや野菜を中心に、刺激の少ない食べ物を食べる




・酵素を酵素飲料 などでたくさん摂る









これらのことを意識してみてください。

























ペタしてね




















空腹は最高の栄養

テーマ:

皆さんは空腹を感じたとき、どうしますか?











空腹を感じたときの行動で、人生の4割程が決まるといっても





過言ではないかもしれません。











大抵の人は空腹を感じる前にお腹を満たそうとします。





しかし、この行動が健康・美容の大敵なのです。











空腹を感じても、1~2時間はそのままで過ごしましょう。











それが、健康になるための近道です。





定期的に一食抜くのも良いですね。











そうやって意図的に空腹の時間を作ることで、身体は





代謝に力を使うことができます。











しかし何も無しにただ耐えるのは難しいですね。





そこで、空腹感を感じたときには以下のように考えて見ましょう











身体が軽くないですか?実は空腹時が一番身体が良く働きます。











頭も冴えていませんか?食べ物のことばかり考えるのは勿体無いですよ。











気分転換にストレッチでもして、良い景色を眺めたりしましょう。すると、意外と苦になりません。











その空腹が本当に食べ物を要求しているのか考えましょう。ただの習慣では?











食べに行くのが面倒じゃないですか?もう食べなくていいですよ。











この空腹感に耐えたら、かっこよくないですか?しかも3回ほど耐えれば、それが習慣化してきます。











胸に手を当ててではなく、お腹に手を当てて考えてみてください。その一食の価値は?











「何も食べない」というのも、選択肢のひとつです。











食べないことで失ったものではなく、得たものに着目してみてください。











どうでしょう。





これなら何とかなりそうな気がしませんか?











最後方にも挙げましたが、「何も食べない」という選択肢もあります。











そのときに、敢えて食に対してネガティブなイメージを与えるために、





「面倒だし」「お金もかかるし」「(お腹に手を当てて)別にまだあるからな」





などと考えると、意外とすんなり「ま、今回は良いや~」となるはずです。











本当にこれは考え方ひとつなので、みなさんもご自分で色々と、





空腹に対する予防策を考えてみてください。














ペタしてね
















老化とは?

 

人の老化には様々な要因がありますが、最近の研究から、ある物質が、皮膚や骨、血管など全身の様々な組織の老化に深く関わっていることが明らかになってきました。その物質の名前は、AGE 終末糖化産物といい、体内で起こる「糖化」という反応によって作られる物質です。AGEがたまることによって、皮膚の弾力が失われたり、血管や骨が硬くもろくなったりすることがわかってきています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

糖化とは?


人の体の「たんぱく質」と、主に食べ物から摂取する「糖」が、ジワジワと時間をかけて反応します。これが「糖化」あるいは「メイラード反応」と呼ばれる化学反応で、お肉やパンなど、たんぱく質と糖を含む食べ物を加熱したときに、こんがりと茶色く色づき香ばしい香りが生まれる反応と同じものと考えられています。特にコラーゲンなど代謝の遅いたんぱく質では、この糖化の影響が残りやすいと考えられています。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

糖化を進める原因とは?

私たち人間が食べ物から糖を摂取している以上、ある程度の糖化は避けられません。ただ、より糖化を加速させてしまうのが、「高血糖」です。糖尿病にならないようにすることはもちろんですが、糖尿病でない人も注意したいのが、食後の高血糖です。最近、空腹時血糖値が正常でも食後の血糖値が高い、いわゆる糖尿病予備軍の人が増えています。日頃から食後の血糖上昇に気をつけることが、慢性的な高血糖状態になることの予防につながります。体の若さを守るためにも、高血糖には注意したいものです。



糖化の予防法は?

それは、「先に野菜を食べること」。ごはんを先に食べると、血糖値が一気に上がりやすくなります。

それに対し野菜などの食物繊維を先に食べると、腸での糖の吸収がゆっくりになり、血糖値の上昇もゆるやかになります。

血糖値を上げないために、食事の炭水化物の量を極端に減らすことは危険ですので、くれぐれもご注意ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ペタしてね


 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

顔のたるみの原因と対処方法についてです。









たるみの原因




年齢とともに多くの女性が気にする『顔のたるみ』この顔のたるみは顔の筋肉がゆるんで起こる現象です。




顔のたるみ対策ですが、まず覚えておきたいのが顔にはいろいろな表情を作る為の筋肉『表情筋』が顔全体に40種類以上もの存在していて一瞬も休むことなく365日働いています。




この顔全体にくまなく張り巡らされた『表情筋』は、皮下脂肪と皮膚の間にピッタリとはりいて、お肌のハリとして保っているのです。この顔の表情を作る表情筋の衰えが、顔のたるみに大きく影響します。




表情筋は「支え」がなくなると垂れ下りますこれは真皮層にあるコラーゲンなどの成分が年齢と共に減少し、年をとると顔の筋肉自体もがたるむ、これが一般的な『顔のたるみ』の原因なのです。




そして太ることによっても顔がたるむということもあるようです、これは太ることによって出来てしまった皮下脂肪の重さに筋肉や皮膚が十分に耐えられなくなるのが原因です。









顔のマッサージを




顔のたるみについてはみなさんもたくさん勉強していられると思います、顔のたるみ対策法を知っている方も知らなかった方も、顔のたるみ対策のために一緒に頑張りましょう。




女性の表情筋は通常の生活では全体の30%程度しか使われていないといわれています、日頃から無表情で顔の筋肉を使わいと、顔のたるみは年齢とともに加速していきます。




衰え顔の表情筋は身体の筋肉と同様に、鍛えれば鍛えるほど発達します。




顔の表情筋を衰えさせない為にもこまめに顔の筋肉のストレッチ(マッサージ)を行い、筋肉を鍛えて顔のたるみを防ぎましょう。




女性のお肌の細かい毛細血管まで栄養を十分にいきわたらせ、全体の新陳代謝を活発にさせる、適度なマッサージで刺激を与えるのが良い方法です。




そして減少してしまったお肌のコラーゲンを作り出す為には、ビタミンC誘導体やレチノールなどの成分をうまく取り入れていくことがとても大切で、これは日頃の食事の改善もお肌のたるみにとってはとても重要です。









顔のたるみとその他のケア




顔がたるんでくると同時に女性の大敵である小ジワや血行障害による目元のくすみ・クマも目立ってしまいます。




顔のたるみ対策としてケア商品や化粧品はかなりの種類があります。









しかしケア商品ばかりに頼るという事は女性のお肌対策としてけっして良い対策とはいえません。









顔のたるみに効果があるとされている多くの化粧品には、女性のお肌の余分な水分を排出し、顔の皮膚細胞に活力を与えると同時に脂肪を減少させる働きがあると化粧品業界で言われている、カフェインが配合されている商品が多くありますが、その効果は化学的に検証されているわけではありません。




優れた保湿効果とお肌にハリを与える効果のある海草エキスであったりお肌の引き締めの効果があるホップエキスなど数えだしたらキリがありません。




しかし様々なタイプのケア商品ですが根本的な原因を解決していかなければ顔のたるみを完全に解消したとは言えません。




あくまでも顔の筋力アップとケア商品とをうまく組み合わせることが顔のたるみ対策のポイントになるのです。









と対処方法についてです。









たるみの原因




年齢とともに多くの女性が気にする『顔のたるみ』この顔のたるみは顔の筋肉がゆるんで起こる現象です。




顔のたるみ対策ですが、まず覚えておきたいのが顔にはいろいろな表情を作る為の筋肉『表情筋』が顔全体に40種類以上もの存在していて一瞬も休むことなく365日働いています。




この顔全体にくまなく張り巡らされた『表情筋』は、皮下脂肪と皮膚の間にピッタリとはりいて、お肌のハリとして保っているのです。この顔の表情を作る表情筋の衰えが、顔のたるみに大きく影響します。




表情筋は「支え」がなくなると垂れ下りますこれは真皮層にあるコラーゲンなどの成分が年齢と共に減少し、年をとると顔の筋肉自体もがたるむ、これが一般的な『顔のたるみ』の原因なのです。




そして太ることによっても顔がたるむということもあるようです、これは太ることによって出来てしまった皮下脂肪の重さに筋肉や皮膚が十分に耐えられなくなるのが原因です。









顔のマッサージを




顔のたるみについてはみなさんもたくさん勉強していられると思います、顔のたるみ対策法を知っている方も知らなかった方も、顔のたるみ対策のために一緒に頑張りましょう。




女性の表情筋は通常の生活では全体の30%程度しか使われていないといわれています、日頃から無表情で顔の筋肉を使わいと、顔のたるみは年齢とともに加速していきます。




衰え顔の表情筋は身体の筋肉と同様に、鍛えれば鍛えるほど発達します。




顔の表情筋を衰えさせない為にもこまめに顔の筋肉のストレッチ(マッサージ)を行い、筋肉を鍛えて顔のたるみを防ぎましょう。




女性のお肌の細かい毛細血管まで栄養を十分にいきわたらせ、全体の新陳代謝を活発にさせる、適度なマッサージで刺激を与えるのが良い方法です。




そして減少してしまったお肌のコラーゲンを作り出す為には、ビタミンC誘導体やレチノールなどの成分をうまく取り入れていくことがとても大切で、これは日頃の食事の改善もお肌のたるみにとってはとても重要です。









顔のたるみとその他のケア




顔がたるんでくると同時に女性の大敵である小ジワや血行障害による目元のくすみ・クマも目立ってしまいます。




顔のたるみ対策としてケア商品や化粧品はかなりの種類があります。









しかしケア商品ばかりに頼るという事は女性のお肌対策としてけっして良い対策とはいえません。









顔のたるみに効果があるとされている多くの化粧品には、女性のお肌の余分な水分を排出し、顔の皮膚細胞に活力を与えると同時に脂肪を減少させる働きがあると化粧品業界で言われている、カフェインが配合されている商品が多くありますが、その効果は化学的に検証されているわけではありません。




優れた保湿効果とお肌にハリを与える効果のある海草エキスであったりお肌の引き締めの効果があるホップエキスなど数えだしたらキリがありません。




しかし様々なタイプのケア商品ですが根本的な原因を解決していかなければ顔のたるみを完全に解消したとは言えません。




あくまでも顔の筋力アップとケア商品とをうまく組み合わせることが顔のたるみ対策のポイントになるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
















ペタしてね







 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 





 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

美しくなる!秘訣!

テーマ:

私たちは、意識的な部分(顕在意識)が1割、無意識の部分(潜在意識)が9割で、行動しています。

割合からもお分かりになるように、無意識レベルで行動していることがほとんどなんですよね。

日常生活で、笑顔を意識しているつもりでも、もしかしたら、全体の1、2割程度しか笑顔に

なっていないという可能性がとても大きいと言えます。

ましてや、美しくなりたい、と思って意識的に行動できるのは1割で、あとの9割は、無意識の表情、口角が下がっていたり、眉間にシワが寄っていたり、振る舞いが雑になっていたり・・・

そんなことが多く起きるわけです。相当の意識だけでなく、潜在的レベルから美を意識してないと、私たちの普段の行動には表われないものです。

で、今日は美人の要素を潜在意識に刷り込んでみましょう

もちろん自分のことは、高ーく棚に上げてですがっ!( ̄∀ ̄;)テヘ


自意識過剰なくらい、顕在意識的にも、潜在意識の中にも、”美しい立ち居振る舞いや姿勢”を、常に刷り込み、意識するようにしています。

 

多くなってきた、ということは潜在意識への刷り込みが成功しつつある、ということかもしれません。
 

しかし、油断もしないようにしたいものですすぐに崩れます(T∀T)意識していても崩れやすいのですから、無意識になったときには、相当ひどいスタイルになっているのが予想されます。

それで、最初の段階としては、美に関して自分がどのようになりたいのか?をまず明確にすることからはじめることをお勧めいたします。

美に関して何を目指したいのか?”あなたの言う美しさとは何?”

具体的には、”美しい立ち居振る舞い”や”美しい歩き方”というのが最近のテーマなんですが、姿勢の悪い人を見ては、自分の体全体の細胞に「美しくあれ!」を命令しますし、姿勢が良くて素敵な女性を見ても、「自分もそうあれ!」と姿勢をよくしたあとに、さらに1センチ身長を伸ばすような意識で、首筋も伸ばすようにしています。

 

正直、姿勢を正すだけでかなりのエクササイズになります。
 

さて、顕在意識(意識的レベル)から、潜在意識(無意識レベル)で美意識を上げるためには、意識することの回数を日常の中で相当数増やしていきますと、今度はそれが無意識のレベルに落とし込んでいくようになります。つまり、やっと習慣化の成功!というわけです。ですので、まずは意識レベルで何度も何度も思い出すように心がけたいですね。さてどうやって思い出しましょうか?そこに自分のルールを作っておくといいですね。

 

ある人は手のひらに書いて思い出すようにした、という方がいらっしゃいました。またある方

は、いつも身に付けるものに、例えば、指輪にその思いを刷り込んで指輪を見るたびにそれ

を思い出すようにしたり、携帯の待ち受け画像を自分が目指すモデルにしたり・・・

 

様々な方法があると思うのですが、要は、早く無意識のレベルに落とし込むために、最初は数多く自分にインプットする作業を繰り返すことなんでしょうね
 

面倒かもしれませんが、それで一生そのことの美に関する情報が体にインプットされたら、うれしいですよね。

さて、潜在意識レベルで美しくなること。今日の要点は、どうなりたいか?

自分の美に関しての何を求めているかを明確にする。そのあと、何度も何度も自分の意識的レベルで、思い出す回数を増やし直し、それを無意識レベルに持っていく。

まずは、これですね。

 

あと、簡単な方法が一つあります。自己催眠、つまり自己暗示する。もっと簡単に言いますと、アファメーション(自己断言)を繰り返す。これもいいですね。セルフイメージを改築するいい方法ですので、ブツブツ念仏唱えるが如く、お風呂に入っているときとか、朝起きたとき、寝る前に言い聞かせる、そんな方法もありです。

 

言葉が行動を変えていきますので、「今日も最高!(^∀^)」とちょっと大きめの声に出して言ってみてから、お過ごしになってみてくださいませ。気分がガラッと変わると思いますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ペタしてね


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

複式呼吸健康法

テーマ:

横隔膜筋は呼吸をするのに最も重要な働きを担っています。

 

横隔膜筋は胴体部を上下に分けてドーム状で上に向かって丸くなって、

 

 

 

 

 

 

 

 

肋骨の下端を一周する形で繋がり、腰の裏側の腰椎に繋がっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

息を吸うときは、横隔膜、肋骨挙上筋、収気補助筋群が関係しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

横隔膜の廻りの筋肉が収縮して肺の容積が増えて横隔膜は下に下がり

 

 

 

 

 

 

 

 

張った状態になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

息を吐くときは、横隔膜が弛緩してドーム状に肺を押し上げて空気が排出されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

呼吸法の代表的なものとして「腹式呼吸」があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

この呼吸は、息を吐くときにお腹をへこませますが、このとき内臓は圧迫されて

 

 

 

 

 

 

 

 

腹圧が上昇します。

 

 

 

 

 

 

 

 

かけられた腹圧によって内臓が横隔膜を押し上げます。

 

 

 

 

 

 

 

 

息を吸うと横隔膜は下に下がり収縮します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

横隔膜の収縮によって内臓には圧力がかかり、腹筋は緩んで腹部が膨らみます。

 

 

 

 

 

 

 

 

この横隔膜と連動して腸腰筋(大腰筋、腸腰筋)も呼吸に関わってきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

内臓自身が筋肉を持っているは、心臓、胃、小腸、大腸、子宮であり、

 

 

 

 

 

 

 

 

筋肉のない内臓はすい臓、肝臓、腎臓、脾臓、副腎、卵巣です。

 

 

 

 

 

 

 

 

「腹式呼吸」によって腹腔内の筋肉を動かせば、内臓も動き内臓の働きも

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

活発になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして腹式呼吸によって横隔膜、肋間筋、腸腰筋等の胴体内の主な筋肉が

 

 

 

 

 

 

 

 

鍛えられると姿勢がよくなり、精神的にも安定し、内臓脂肪が排出しやすくなり、

 

 

 

 

 

 

 

 

運動能力も向上して、健康面ではかりしれない効果があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

武術家は呼吸によって相手の心身の状態を判断します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

息を吸う瞬間にスキ(吸気)が生じます。

 

 

 

 

 

 

 

 

この瞬間に攻撃すると相手は、かわすことができません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして達人ともなると呼吸法の練磨によって内臓の強化による真の運動能力を

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鍛え上げるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その基本が「腹式呼吸」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

横隔膜を中心とした「腹式呼吸」で心臓や肺の働きも良くなり、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

胸部と腹部両方の内臓を強化する作用が超人的な力を生み出すのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 





 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ペタしてね


 

 

 

 

 

 

 

 

肌から出るものを抑えるのはNG




そもそも、「肌から出る」という表現自体が私には不適切に思えてなりません。









肌と言うのは、何層にも何層にも重なった、皮の集まりです。皮膚の下では日夜代謝酵素と補酵素の働きによって、新しい皮膚が下から下から作られています。









つまり、今私たちの一番上にある皮膚は、身体の中でもっとも古い皮膚なのです。このもっとも古い皮膚はおよそ28日前に私たちが食べたものを反映しています。つまり、何かを食べてから反応が出るまで、およそ28日間掛かるということ。









これをターンオーバー(要は新陳代謝)と言います。









なので、肌の一番上にあるものをとやかくしても、何も意味がないということ。









皮膚はこんな仕組みになっているのです。まず基底層で作られた新しい皮膚が、有棘層、顆粒層、角質と、基底層から新しい皮膚細胞が作られることによって、再生されます。









この仕組みを理解していれば、ニキビをつぶしたりクレ○ラシルしたりするのは、全く意味がないことが分かるかと思います。その場しのぎにはなるかもしれませんが、その場しのぎを永久に続けるのはコストパフォーマンスも余り良くないですらかね。









好転反応が28日間も掛からない理由




しかし、好転反応を体験したことがある方は、悪い習慣をやめた翌日から肌に変化が出てきたという方が結構います。私はそんなことは無かったのですが、どうやら常日頃から想像を絶するほどの悪い習慣を続けている方の肌は、再生が完全にストップしている(代謝が機能していない)ようです。









その状態で悪い習慣をやめると、今度は代謝機能がフルで動き出しますので、それまで肌の表層付近に蓄積されていた老廃物が一気に表面に押しやられることによって、吹き出物やら何やらが出てきて酷い顔になるということみたいです。









そして、何でそんなものが出てくるのかって、それは本人が一番よく知っているはずです(笑)対応する消化酵素が少ないものを食べ続けたり、ご飯と肉を一緒に食べたり、調味料たっぷりの食事を常食したり、そんな誤った習慣を続けている限り、毒素は体内に蓄積され続けます。そして、その習慣をやめたときに、一気に体外に排出されるのです。ただそれだけですね。









ちなみに、帯状疱疹など似たような病気があったりしますが、あれらも基本的にはウィルスと毒素の相乗効果なので、毒素を溜め込まないように生活するのが何よりの予防策であり、肌から出ているものをどうこうしようとしても、全く意味がないのです。









医者に行ってクリームを塗って、そのクリームを塗り続けても、根っこの部分(基底層、もっと言えば生活習慣)を何とかしなければ、文字通り一生クリームを手放せない人生を送り続けることになるでしょう。









毒素を全部出すか、それとも溜め込んで早死にするか




まあそんな究極の選択ではないのですが、平たく言ってしまえばそういうことです。









悪い習慣を続けるということは、毒素を溜め込んで身体に種々の不満を持ちながら早死にするということ。









毒素を全部出すということは、一時的には不満を抱えるかもしれませんが、長い目で見て快適に長生きするということ。









ここで、指標の一つとして寿命を挙げていますが、別に長生きしようが早死にしようが、そんなことはどうでもいいのです。それよりも、快適に生きられるか、そうでないか、という部分の方が余程大事なのです。









快適に生きていれば、他人にも優しくすることが出来ます。しかし、不満を持って生きていれば、他人に不快感を抱かせ、疎まれる存在になるかもしれません。









もちろん、気の持ちようでなんとでもなりますが、私は自分の身体に気持ち悪さを感じながら、他人に優しくすることなんて不可能です(笑)だって、本能的にそうなってるんだから無理です。生命を持っている限り、そんなのは綺麗事に過ぎないのです。どんな偉人だろうが人格者だろうが、自分の身体が不快な状態で人を幸せには出来ないのです。









自分は幸せになることは出来るかもしれませんけどね。気の持ちようで。









健康と言うのは、それくらい大きく人生を左右する一大事なのです。と、このブログの読者様に訴えかけても仕方がないのですが、ちょっと熱が入ってしまったのでこの辺で終わりたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 










 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 











 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ペタしてね







 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 





 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 










 

 

 

 

 

 

 

 

スキンケアのワンポイント

テーマ:

スキンケアのワンポイント

 では、今、スキンケアで注意すべき4つのポイントをご紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ポイント1◆メイクは早く落とす

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 帰宅後は早めにメイクを落とし、洗顔しましょう。花粉やホコリなどが肌に付着していますので、すみやかに洗い流しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ポイント2◆洗顔はぬるめのお湯で

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 洗顔するとき、熱いお湯を使っていませんか? 理想は、ぬるめの32℃です。熱いお湯での洗顔は、必要な皮脂まで落としてしまい、乾燥を招きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ポイント3◆ふきとりは、こすらずに

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 タオルで水分をふき取るときも、やさしく、こすらず、タオルで包むようにしましょう。タオルでこすると、その摩擦が肌への刺激になってしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ポイント4◆クレンジング剤は負担の少ないものを

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 オイルクレンジングは洗浄力も高く手軽ですが、乾燥や敏感肌が気になるときには、肌に負担をかけにくいミルクタイプやジェルタイプのものをおすすめしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ポイント5◆洗顔後は化粧水をケチらずに

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 洗顔後は、肌に水分をたっぷり補給してください。化粧水は、ケチらずたっぷりコットンに含ませ、やさしく丁寧に押さえるようにつけていきます。刺激を感じなければ、ローションパックもおすすめです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

内側からの肌ケアも忘れずに

 

 

 

 

 

 

 

ストレスは肌荒れを悪化させる原因にもなります。十分な睡眠や規則正しい生活をするようにしましょう。また、食事では、たんぱく質やビタミンCをしっかりとるよう心がけてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ペタしてね