子どもの自己肯定感を高めるコミニュケーションとは? | 仙台アドラー流コーチング 生きる土台を創る〜しなやかに幸せな笑顔に!仁平覚子

仙台アドラー流コーチング 生きる土台を創る〜しなやかに幸せな笑顔に!仁平覚子

全ては自分の中にしかありませんよ。
自分探しはもう終わりです。

才能、自分軸を見つけ自分の人生を育てる。
才能は人生を歩くため武器、ビジネスの素。
しなやかに幸せに生きるセンスを掴みませんか?


テーマ:


こんにちは、才能発掘コーチ仁平覚子です。



いつもお読み頂きありがとうございます。



 

昨日は『子どもの自己肯定感を高めるコミニュケーション』の講座をいわきで開催しました。




アフタースクールdreamLabさん主催で、


dreamLabのスタッフさん、
主婦、経営者、士業、個人事業主と、
様々な職種のお母さんにご参加頂きました。




ワークを取り入れながら、楽しい学びの時間となりました。
ありがとうございました。




自己肯定感に関して、やはりみなさん、関心が高いなぁ~と感じました。




 

自己肯定感は、
身についていくもの。
育っていくものです。


 

その土台となるのは、
自己受容です。




今、現状の自分、
ありのままの自分、いいも、悪いも、


 

全てを認め
受け取る
否定しない。




これが自己受容です。

これができると、自己信頼が生まれ、

自己肯定感が高くなっていきます。



 

子どもの自己肯定感を高めるために、
親ができることは、

とにかく否定しない。



 

子どもが言うこと、

子どもがやること、


一旦、受け取り、認める。




これだけです。



 


その上で、

勇気づけのコミニュケーションをとる。



 

親はどうしても子どもに期待をしてしまいます。
それは、愛情から、
子どものことを想うからこそ、
親の理想や思考を押し付けてしまうのです。




これは、仕方ないことかもしれませんが、
子どもには、子どもの人生があります。

 




それと同じく、
親には親の人生があるのです。




とにかくご自分のことはさておき、
子どものため、家族のためにがんばってる親御さんが本当に多いです。
多分、自覚してないですよね。。



 


シャンパンタワーを思い出してください。

あの一番上のグラスは自分です。




自分を満たすことで、周りにも順番にその愛が広がっていきます。


子どもの自己肯定感を高めるためにも、

先ずは、自分からなのです。

 



これは子育てに限らず、
経営者の方にも当てはまりますよ。
上司部下の関係でも同じです。



 

あなたが幸せ感が上がること、
満たされることって、
何でしょう?



 

是非、それを試してくださいね。



 

知ってる、わかってる!
で、終わらせるのはもったいない。


 

やるか、やらないかの差が、
現実を生きる私達に、
雲泥の差をもたらします。



行動するか、しないか。

ですよね。







いよいよ明後日開催です!



自分の人生の育て方〜本質で生きるススメ〜

  ↑↑↑↑↑

    残席1名



メンタルコーチ仁平覚子@仙台アドラー流コーチングスクール代表さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス