巡礼者のブログ

巡礼者のブログ

ブログの説明を入力します。

きのう、友人の電話で目が覚めた。お世話になっていたお店が閉店。あー、ダメだったかー、と、このご時世にいろいろ思うのであった。

友人とウチのシステムとiPad Proを繋げて、演奏を聴くことになった。コロナ騒ぎで、演奏会に何ヶ月も行っていない、というか、そもそも演奏会自体が開催されないというか。

先生のヴァーグナー、やっぱり素晴らしい。こういう体験を、この半年はしていない。こういうものに半年も触れていない訳だから、精神的に情けなくなる訳だ、と思う。

もう、ヴァーグナーだけでお腹一杯、という事で、呑みに行って、後半を聴くのはまた後日、ということになった。

システムが普段と違うのは、もちろん友人のiPad Proがあるのだが、ウチも何故か分からないが、空気清浄器?の上に機材を置くと、明らかに音が良くなるので、友人にも確認してもらったが、やはり良いということである。

空気清浄器?というか、食い物さんや飲み物を置いても味が良くなったりするので、やはり謎の機材である。オーディオの機材を置く人はあまりいないと思うが、明らかに音がよくなるのである。


アンプと一緒にiPad Proも置いたが、やはりiPad Proも良くなる。キーボードを外した方が、音も映像も良かったのだが、今回はライブ映像でもあるので、キーボードをつけて聴いた。

やはり音楽のライブがないと、気持ちが貧しくなるというか、せめてもう少し音源を聴くとかしないといけない。本を読んだり、調べたりするのに時間がかかって、音源を疎かにしているのは、精神的に良くない。ライブとは言わないから、システムを使わないと、と思う。

iPad Pro自体の音も初めて聴いたのだが、スピーカーが四つになっているのが効いている、というか、iPad Proだけで、一つのシステムとして完成していると思う。これはこれで健康だと思う。

ウチのシステムは悪くないのだが、iPad mini4とiPad Proだと、差がある。ただ、iPadとかiPhoneでは、イヤホン端子がついている機種の方が音はいい、というのが今のところの感じである。

iPad Proにはイヤホン端子はないので、もしついていたら相当にいい音になっているのではないか、という想像をしてしまう。


ヘルパーさんの日。きょうも眠い。しかし、爆睡は出来ず。やはり眠り病?なんではないか?

あんまり無茶苦茶な話が多くて、ホント、GO TO インパール・キャンペーンだな、としか思えない。内閣で一人、流行り病で死ぬくらいの事がないといけないんだろーなー、と思う。

アホらしいんで、本読んで、記事見て、くらい。マスターのお店に行けなかった。施設も行ってない。

イソジンがどうした、とか知らないけど、それが阿保であるにしても、どうして買いに行っちゃうんだろう?そんなに効くんなら、アベノマスクみたいに配れば?アベノマスク、怖くて開けてないけど、もう一回来るとか?なんのことやら、全く分からない。なんだか知らないが、エライ人の考えることは違う。

使ってないアベノマスクとか、アベノマスク本位制にするとか、プレミアムにするとか、それくらいしか使い道が分からない。

GO TO インパールキャンペーンとか、金券が来ると思ってたから、チケットショップにでも買って貰うか、と思ってたら、そもそも、お金さんがある人しか使えないキャンペーンだったのね。

で、宿屋さんで感染者さん出たらしいけど、厚労省は把握してない、とか、まあ、厚労省の官僚さんは疲れてるから、感染者さんのことは、気にしてないんだろう。

他の国の人たちにも、旅費半額で日本に行けます、って、政府はアピールしてるから、他の国の人たちで、宿屋さんでの感染があるのかもしれない。

いろいろ凄いこと多くて、そういう日常には何の感動もないけど、感動がない芸術活動なんだろうから、下りてね、というところか。

学校とか行ってる人で、吉村君とか、イソジンって呼ばれる様になったりしてるかも、とか思うと、全国の吉村君が可哀想というか、上司に吉村さんっていると、イソジンって呼ばれる様になってるんだろーなー。

しかし、インパールキャンペーンで旅行してる人、そんなに楽しいのか?インパールキャンペーンを境に感染者さん増えた地域とか、可哀想。

インパールキャンペーンだから、死者が出るのは当たり前の感覚なんだと思うけど、わざわざキャンペーンに乗ることはないと思うけど。各種年金でも貰ってないと、とても旅行には行けないと思うんだけど。

でも、せっかく、お国が花道を用意してくれてるんだから、お国のために、ウイルス撒いて来ます!って、そういうノリなのだろうか?

なんだか、自分の知らない世界なので、分からないけど、自ら他人を巻き込んで玉砕しに行くんだから、やっぱり、お国のためにGO TOインパールキャンペーンなのだろう。

巻き込まれた人はやってらんないと思うけど。

オリンピックは逝っちゃったので、GO TO インパールキャンペーン音頭とか、氷川きよしさんあたりに歌ってもらって、スピード感とか、やってる感とか、演出してもらって、国難を乗り越えていくのであります、とか、そんな感じで、電通が儲かるとか、しらんけど。

しかし、国立競技場まで、小学生に朝顔を持って来させるって、昼には朝顔はしぼむんだと思うんだけど。中国からの謎のタネ、って、無時間的に咲く朝顔なんだろうか?なんだかよく分からない。

で、その間に小学生に熱中症が出た、とか、どうなんだろーか?日本人の小学生は、白人じゃないから、大した問題にはならないって事か?

国立競技場で、黒人の観客が熱中症で倒れても、問題なくて、白人の役員が倒れると、オリンピックその場で打ち切りになるんだろうか?

まあ、なんだか分からない事ばかりなので、お篭りモードで、本読んだりするくらいかな。

なんだかわからない








夕方まで爆睡。あんまりにもバカらしい事が多くて、やってらんないと、自分のやることをやるしかない。また消費税増税とか、よく暴動にならないな。

上の方に行くほど日本人はバカだ、と、近くの国から来ていた女性がいたそうだが、本当にそうなんだろうな。自分は世間的に?エライ?人、知らないが、そうなんだろうとしか思えない。

オリンピックとかやってたらどうなってるのか?朝顔がどーした、とか、熱中症がとか、もちろん感染がとか。オリンピックなぞ、さっさとやめないといけない。歴代都知事にも責任を取らせないといけない。始まりは石原慎太郎。

まあ、インパール作戦というか、末期的というか、そう見えないのは、単に都内の建物が破壊されていないから。それだけ。

あんまりに上?がバカだと、そのうち一人一殺とかいうのも出て来るかもしれない。前はそうだった。歴史は繰り返す。

バカらしいので、せいぜい勉強して、自分の死に方だけ準備して、あとは知らないと。都知事選の結果で、正直言って、終わったな、と思う。

自分に対する想像力とか、他人に対する想像力とか、もうないんだな。少なくとも都民には。ちょっと先の自分の未来さえ考えていない。少なくとも小池百合子に投票した人はそうだな。なにも現実を見ていない。見る能力もなければ、見分ける意志もない。東京は終わってる。

全てがバカらしい。やってらんない。

なのに、まだ生活は続く。そこに、また消費税増税?バカか?

そしたら、更に何も買わない様にするしかない。本は図書館、これで、食わずに生きるブレサリアンになるきっかけにはなるな。もちろん食い物も買わない。

まあ、官僚とか、もう非正規雇用にすればいいんじゃないの?まともな日本語も使えない東大出の官僚は要らない。もちろん、東大も要らない。

官僚もオリンピックみたいに、ボランティアでいいんでないの?増税したいなら、まずは自分たちから手本を見せないといけない。官僚はボランティアで。

本来なら、法律では、公務員は選挙で選ぶべきなんだが、いつの間にか、今の様になってる。おかしいよな。

まあ、やってれば?ということで、なんも考えてない人のことは知らないのである。