:なんだか今年の連休は寒かったな。3月頃は5月の陽気で、今になって暖かくならないなんて、今年は冷夏かもしれんぞ。

:花の咲くのが馬鹿に早かったろう。5月の花、ツツジももう終わっちゃった。人間界が変になると自然界までおかしくなるのかな。


:全くそういう不吉な感じもしてくるな。また緊急事態宣言で、おまけに小池は延期を主張してる。いい加減にしてくれと言いたいよ。小池は完全に頭が狂ってて、人の流れを止めるために灯火管制やラッシュ時の減便まで要請した。そんなことすりゃ、パンクするに決まってる。

:俺もこないだ8時に電車に乗ったら、すごい満員電車だったよ。3密どころか千密だ。小池は総理大臣になりたくてしょうがないんで、都民のことなんかどうでもいい。コロナ流行からワクチン行政への道筋をしっかりつけることしか頭にないらしい。

オリンピックをどうするかについても責任もとる気がないだろう。あいつはジョージ・ソロスや竹中と組んでるからな。権力欲にとりつかれると、どんな狂気もやってのける見本みたいなもんだ。


:そのワクチン行政だけど、この前、君は世界のDSに操られてるみたいなこと言ってなかったか。

:そうはっきりとは言わなかったけどな。しかし、事ここに至ると、その気配が濃厚だな。


:やっぱり陰謀論か。

:こないだも言ったけど、陰謀論という言葉は、確証がなされない影の力の存在を信じる人たちをあざ笑うために貼り付けるレッテルだよな。でもそうやってあざ笑う人たち自身が、いろんな疑惑に答えを出せるのかっていったら、ただ疑惑を頭から否定するだけで、きちんと答えられていないだろう。疑惑が存在する以上、人をあざ笑う資格はないと思うよ。


:するとどう考えればいいんだろう。

:どうもこうらしいという想定ができたら、できるだけ状況証拠を集めて、一つの構想として提出してみる。仮説であることを断った上でな。信憑性があれば、それに影響されて新しい確実な情報が出てくるかもしれない。


:仮説を立てると、それに都合のいい情報だけが集まってくるという恐れはないか。

:それはあるよ。神じゃないんだから、いずれにしろ絶対確実な事実などはなかなか得られるもんじゃない。誰しもはじめの直観や疑惑を基礎にするしかないから、出てくる構想にはどうしてもバイアスがかかるのを避けることはできない。科学者だって結局そういうことを繰り返してるだろ。

だからなるべく確からしい状況証拠を集めて、その上でたとえ陰謀論と非難されようと、どうもこうらしいということを言ってみる。それは一定の価値があると思うよ。でないと、陰謀論だとあざ笑って片付けてしまうことで臭いものに蓋をして、後で気づいたときには遅いということになりかねない。


:でも、陰謀ってのは、金や権力を持った特定の個人や集団が、ある目的の下に計画的にことを動かして、意志通りの結果を導くって考えだろ。しかしこの複雑極まる国際社会で、そういう直線的な目的意志がうまく貫かれるかね。間にいろんな要素が入り込んできて、思惑通りに行かないことの方が多いんじゃないか。

:それはその通りだよ。だけど、目下のワクチン問題について、そういう権力意志の存在をかなりの確度で見極めることはできるだろう。それがよこしまなものなら、我々がそれに気づいて押しとどめることも逆に可能になる。それは君の論理とも合うはずだよな。つまり我々自身がその「いろんな要素」の一つになる。

それと、たとえば武漢ウイルスの漏出のような偶然的な事態(偶然じゃないという説も有力だけど)が生じると、それを巧妙に利用しようとする勢力が必ず現れる。動機はもちろん第一にはビジネス、そして第二には世界を改造してやろうという悪魔的な権力意志だ。そういうことをできる条件と力は一部の連中にはそろってるからな。

そういう条件や力が多方面から集合していくと、最初は小さな流れだったものがだんだん強力になっていって、大河のようになっていく。

そうなると、誰も押しとどめることができずに、とんでもないことが実現していく。流れに翻弄されている弱い個人は、そうした流れがあることすら気づかない。そういうことはありうると思う。戦争や革命に至る道がそのいい例だ。

:しかしコロナ流行からワクチン投与までの流れは、戦争や革命とは違うだろう。

:いや、これは武器を使わない情報戦争なんだよ。また世界を変えようとしている人間が確かに存在するという意味では、革命の試みといってもいい。


:じゃあ、その状況証拠というやつを出してみてくれよ。

:一つはこれまで確認してきたこと。何度も言ってきたけど、コロナパンデミックは実際には存在しない。世界中でコロナで死んだとされる人は、老人で基礎疾患持ちの人ばかり、そして一年四ヶ月も経ってるのに、一万人あたりわずか4人、それもコロナ死以外がたくさん含まれてることが明らかになっている。

存在しないパンデミックに対して、なぜワクチンの大量投与が半ば強制されるのか。そこにはあるゆがんだ意志が働いてると考えざるを得ないだろう。そうそう、これは日本の場合だからもっと顕著だけど、最近こういう数字を出してくれた人がいたよ。「目覚めてる庶民」さん。この人は、普通の生活に戻ることを主張して、ノーマスク・ピクニックを計画したのに、潰されてしまった。


https://twitter.com/Awakend_Citizen/status/1389923717388537860?s=04&fbclid=IwAR2p0JfKJM4T0x02rTDihm5Nv7mRQhkB7YOEXXj06ap2T5WL0PjTBlnJEZ4

:うむ、これは君が出してきたデータとだいたい同じだな。とてもわかりやすく書かれてる。それじゃ、その「ゆがんだ意志」についての直接の状況証拠は?

:そうだな。その方が本筋だな。これはいくつかあるが、要するに、この流れは、一部のエリート西洋人の間で、人口削減計画として、古くから考え出されていたってことだ。

まず、その考えそのものを示そう。以下は、「あかいひぐま」さんがツイッターに載せてくれた、ジャック・アタリが80年代に書いている文章だ。恐ろしいことが平然と書かれている。下に「あかいひぐま」さんの訳を載せておこう。


将来的には人口削減の方法を見つけることが課題になってくるだろう。もちろん、我々は人を処刑したり収容所に送ったり、などという露骨なまねはできない。「そうすることが彼ら自身のためなんだ」と信じ込ませることで、上手に彼らを間引いていくことになる。

そのために、何らかの事象、たとえば一部の人を標的にしたパンデミックを起こしたり、経済崩壊を起こしたり、高齢者に悪影響を与えるウイルスをまいたり、といったことが考えられるが、まぁ方法は大して重要ではない。とにかくこういう事件を起こすことで、弱い者や恐れる者はこれに屈服するだろう。

愚か者はこの事件を信じ込み、何とかして欲しいと嘆願する。そこで我々の出番。「これが治療法だ」と救いの手を差し伸べる。こうして、愚か者の自然淘汰が行われることになる。屠殺場に自ら進んで向かうようなものである。

:こりゃ、驚いたな。今の状況にぴったりじゃないか。

:だろ。そこでもう一つ、もっと生々しい状況証拠を挙げよう。これは世界の危険地域で危機管理に当たってきた国際ジャーナリストの丸谷元人(まるたにはじめ)さんが、2020年の6月、コロナ流行のさなかに発表した報告で、この早い時期に正確な情報把握を提供しているのには感服する。
https://in.intelligencereport.jp/cpp_mrtk6_s_d_100a

これは動画によるオンライン講座の形をとっているので、実際を是非見てほしいと思うけど、一番重要な部分の要旨は次のようなことだ。主人公はビル・ゲイツ2010年のTEDという組織での講演で、彼は次のようなことを言っている。

これからは人口問題の解決が重要で、現在(2010年当時)68億人の地球人口は、将来90億にまで膨れ上がる。しかし新ワクチン、医療、生殖に関わる衛生サービスをうまく活用すれば、10〜15%は削減できる。

:え? どうしてワクチンが人口削減に貢献するんだ? 生殖に関わるというのもおかしいな。もしかして不妊を促進させるように導こうというのか。

:誰でもおかしいと思うだろ? ワクチンは本来、人命を救うためのものだ。だけど、さっきのジャック・アタリの言葉と継ぎ合わせると、つじつまが合う。

しかも同じ年の1月29日、イギリスのデイリー・テレグラフには、ビル・ミランダ・ゲイツ財団が世界銀行やWHOや大手製薬会社と共同で、ワクチン推進の世界的組織であるGAVIに1700億円という巨額の資金を提供して、発展途上国のすべての新生児にワクチン接種を行うよう提案したと書かれているそうだ。


:なんで発展途上国なのか、表向きは、貧しい国の子供の健康のための援助、ということなんだろうな。

:たぶん。ワクチンがほとんどすべて劇薬で、時には重い副作用を引き起こすことがあるのは、この前話したとおりだ。しかもこれはその気になればいくらでも実験室で危険なものを合成できる。それを発展途上国の新生児すべてに、ということは、いかにもいかがわしいと思わないか。発展途上国こそは人口爆発が起きている地域だからな。

さらに、丸谷さんの報告では、2015年のTEDで、ゲイツは、これからの危機はキノコ雲の形をしているのではなく、こういう形でやってくると言って、あのコロナウイルスのスパイクのある形を示したそうだ。あらかじめ腹にあるとしか思えない。もっともこの話は今ではけっこう広まっていて、アメリカでは、約30%、1億人近い人がビル・ゲイツの陰謀を信じているそうだ。


:日本ではまったく広まっていないな。メディアが報じないせいかな。

:それもあるけど、心優しい普通の日本人には、感性的に想像力が及ばないんじゃないかな。それこそ、「そんなバカな。陰謀論だ」でかたづけられちゃう。

日本のメディアは、アメリカ人の1億人近くがワクチン接種をすませたなんていうニュースだけ流してるけど、4月10日のCNN記事では、米海兵隊の40%が接種を拒否したと報じてるし、ここのところ、普通の人の拒否も増えてきて接種の鈍化が見られるそうだ。ヨーロッパでもすごい反対運動が起きてるよ。知らぬは日本人ばかりなり。

:日本人でも、最近、危険だって情報とコロナがそんなに流行してないっていう情報が少しずつ広がってて、あんまり接種しないんじゃないかと俺は思うけどね。供給が遅れてるのは、幸いと言うべきかな。

:そうだといいけどな。


:それにしても、もしその陰謀が本当とすれば、恐ろしいことを考える連中がいるもんだな。

:西洋人や中国人は、金と権力を手にすればそういう企みを考えると思うよ。たとえばこれはある人が言ってたけど、火星探査に何であんな膨大な金をかけるのかというと、地球が住めなくなったら自分たちだけは脱出できるように今から考えておくんだそうだ。いかにも本気で考えそうだよ。


:そうか。しかしワクチン計画が事実なら、ナチス顔負けのソフト・ジェノサイドだな。民衆が気づかないのを狙ってやるところが、ナチスやスターリンよりも狡猾になっているといえる。

:そう。もしこの陰謀が事実なら、彼らに中国共産党のウイグル弾圧を非難する資格はないな。世界の富の半分が100人足らずの連中に握られてるってのは有名な話だが、そういうポジションで生きてると、人間一般を見る視野が極度に拡大してしまって、民衆など、みな操作の対象でしかなくなっちまうんだと思う。彼らが生きようが死のうがどうでもいいのさ。こういうのって、昔から変わってないんじゃないか。


:うーん、日本人の感性じゃちょっとついて行けないな。日本はせせこましいと思ってたけど、小さな関係を大切にするこういう生き方の方が身の丈に合ってるのかもな。

:俺もそう思う。だけど幸か不幸か、近代以降はグローバルな世界に直面させられちゃったから、そこである程度賢くつきあってかなきゃならない。今回のコロナで言えば、やっぱりみんな騙されすぎてると思うよ。もう少し、真相を探って、その上で自主的に身の処し方を考えるべきなんだ。


:そのためには、陰謀論も役に立つと。でも君の議論はなかなか理解されないだろうな。

:まあ、いいさ。どんなルートをとるにせよ、日本人得意の暗黙知で、この馬鹿げたワクチン接種劇をうまく避けてくれれば俺は満足だよ。

 

『三橋貴明の「新」経世済民新聞』
 2021年5月7日
 From 小浜逸郎
  @評論家

 

 

 

 

  • Finals Breakthrough for 7x WSL Champion Stephanie Gilmore 
  • Runner-up Jordy Smith Jumps into Final 5
  • Reigning World Champions Ferreira and Moore Fall Short on Finals Day 
  • More Available at WorldSurfLeague.com
Pictured: Tatiana Weston-Webb (BRA) and Filipe Toledo (BRA) celebrate their wins at the Boost Mobile Margaret River Pro pres. by Corona. Credit: コピーライトマーク WSL / Miers
 
CLICK HERE TO DOWNLOAD HI-RES IMAGES FROM TODAY
CLICK HERE TO DOWNLOAD VIDEO NEWSFEEDS FROM TODAY

MARGARET RIVER, Western Australia, Australia (Monday, May 10, 2021) - Filipe Toledo (BRA) and Tatiana Weston-Webb (BRA) claimed victory today at the Boost Mobile Margaret River Pro pres. by Corona, the fourth stop on the 2021 World Surf League (WSL) Championship Tour (CT).  It was a massive day of action as Main Break turned on super clean four-to-six foot surf as 2021 saw two fresh faces holding the winner’s trophies for the fourth stop of the CT season. 

Tatiana Weston-Webb Claims Second CT Win, Jumps to World No. 2

Tatiana Weston-Webb (BRA) has earned the second CT event win of her career after besting seven-time WSL Champion Stephanie Gilmore (AUS) in the Final. The 25-year old posted an excellent 16.23 two-wave score (out of a possible 20) to Gilmore’s 15.00 for the win at Main Break in Margaret River. 

“I can’t explain how incredible this feels,” Weston-Webb said. “Steph is one of the best surfers of all time and was always someone I looked up to so much, so it was incredible to come up against her in a Final. You don’t often get to surf against a seven-time WSL Champion so this feels amazing. I’m just thankful I took a win after a second-place finish at the last event.” 

En route to her Final victory, Weston-Webb eliminated local hero Bronte Macaulay (AUS) in the Semifinals. 

“I want to say that this win is for the Macaulay family,” continued Weston-Webb. “I came up against Bronte earlier today and seeing her show up for her heat was so brave. I can’t imagine what she has been going through. They are an amazing family with so much love and are such a big part of surfing here in the West and my condolences are with them.”

Following today’s win, Weston-Webb has secured the best start to a CT season and now jumps to World No. 2 on the leaderboard. With the new Rip Curl WSL Finals format, Weston-Webb has put herself in a strong position to lock herself into the Final 5 for a chance to win the 2021 World Title. 
Filipe Toledo Takes Down Jordy Smith In Main Break Final

Filipe Toledo (BRA) was in searing form on Finals Day, building momentum through each heat he surfed and saving his best performance for last, posting a two-wave combination of 17.33 (out of a possible 20), one of the highest of the event and the 76th excellent heat total of his career. Toledo’s trademark frontside power-hacks seemed to match the Main Break grunt pound-for-pound as the exciting natural-footer gouged and sliced his way to victory with the equal second-highest total of the entire event.

This result sees Toledo rocket from 8th to 3rd on the rankings as he eyes a spot at the WSL Rip Curl Finals later this year. 

“This has been a really fun week,” Toledo said. “There have been such amazing waves and amazing surfing from everybody so to come out on top feels so good. This one is for my son Koa, it’s his birthday today and he asked me to win the trophy. I promised him I would and I could not break the promise, so this one's for you son, I love you. This win will be a huge jump on the rankings for me which I needed. This Tour is all about consistency and if you’re not showing up in the Finals often, you won’t make that Final 5, and that’s my biggest goal for the year, to give myself that chance.”

Jordy Smith (ZAF) snuck his way into the Finals at Margaret River with a number of narrow margins separating him from his opponents. It wasn’t until his Semifinal that he showed everyone that he was a solid chance at taking victory at Main Break, a wave that has always suited his style of surfing. In the Final, Smith was unable to find an answer back to Toledo's massive scores but the South African was still stoked to find himself back in the mix on Finals Day for the first time on the 2021 Australian leg.

“What a week,” Smith said. “I always enjoy coming to West Aus and it’s because it offers up waves like we’ve had here for this entire contest. I had a good time today and was stoked to make it into a Final for the first time in who knows how long. Next, I just need to win one of these things. I’m just excited to try and keep some momentum and head over to Rottnest Island and hopefully go one better over there.” 
Finals Breakthrough for 7x WSL Champion Stephanie Gilmore 

Seven-time WSL Champion Stephanie Gilmore (AUS) earned her best result of the season and her highest placing in Margaret River with a runner-up finish today at Main Break. In her 47th Final appearance, Gilmore was looking to clinch her 32nd CT victory, but it wasn’t to be as Weston-Webb pulled out one of her bigger performances to overcome Gilmore. Gilmore will now head to the Rip Curl Rottnest Search sitting in third place on the world rankings as she looks for her first victory since 2019. 

“At the start I let Tatiana take that good one when I had priority and she got an 8.50,” Gilmore said. "That threw me off from the start, but I did keep positive that I could do it. I know I can get a 9.50 at this spot, but Tatiana is such a tough competitor and amazing surfer so I’m really just stoked to have made the Final out here. This is not a strong location for me, so I’m just stoked to have made the Final here for the first time. Tatiana is such an amazing competitor and her backhand is so strong especially on the closeout section here at Main Break, she was always going to be tough to beat. I’m looking forward to heading to Rottnest now and hopefully get past the Quarterfinals once again.” 
Bronte Macaulay Equals Career-Best Result on Home Soil

The opening women’s Semifinal saw Bronte Macaulay (AUS) paddle out with huge support from the surfing world and local community. Macaulay showcased incredible commitment and courage throughout her heat, posting the highest single wave of the matchup but was unable to find a backup. Weston-Webb won the heat to progress into the Final, while Macaulay took her best result at Margaret River and the equal-best result of her career along with gaining huge admiration from her fellow competitors and surf fans around the world. 
Pictured: Bronte Macaulay (AUS) in Semifinal 1 at the Boost Mobile Margaret River Pro pres. by Corona. Credit: コピーライトマーク WSL / Miers
Reigning World Champions Ferreira and Moore Fall Short on Finals Day 

Carissa Moore (HAW), who led the rankings heading into this event, looked certain to progress into her third Final of the season as she tore through the field posting massive heat totals in every round but the semifinals where she was pipped at the post by eventual runner-up Gilmore. Similar to Moore, the men’s reigning World Champion Italo Ferreira (BRA) was unable to progress through his Quarterfinal heat with compatriot Filipe Toledo. Although he finished in equal 5th place, Ferreira hangs on to the second position on the 2021 WSL rankings. 
Up Next: Rip Curl Rottnest Search pres. by Corona
Competitors will now shift their focus to the fifth event of the Championship Tour, the Rip Curl Rottnest Search presented by Corona, with the event window opening on May 16 and running through May 26. The event will be broadcast LIVE on WorldSurfLeague.com and the free WSL app. Also, check local listings for coverage from the WSL's broadcast partners. 

Although Rottnest Island will remain open for visitors while hosting the event, spectators will not be permitted at Strickland Bay as this will be a broadcast-only event. 
The Boost Mobile Margaret River Pro pres. by Corona is proudly supported by our partners Boost Mobile, Tourism Western Australia, Corona, Red Bull, Oakley, Hydro Flask, Rip Curl, Harvey Norman, Bonsoy, Dometic Outdoor, Bond University, Oakberry, Healthway and Shire of Augusta Margaret River.
For more information, please visit WorldSurfLeague.com.
Boost Mobile Margaret River Pro Women’s Final Results:
1 - Tatiana Weston-Webb (BRA) 16.23
2 - Stephanie Gilmore (AUS) 15.00

Boost Mobile Margaret River Pro Men’s Final Results:
1 - Filipe Toledo (BRA) 17.40
2 - Jordy Smith (ZAF) 14.23

Boost Mobile Margaret River Pro Women’s Semifinal Results:
HEAT 1: Tatiana Weston-Webb (BRA) 12.27 DEF. Bronte Macaulay (AUS) 9.00
HEAT 2: Stephanie Gilmore (AUS) 12.24 DEF. Carissa Moore (HAW) 12.00

Boost Mobile Margaret River Pro Men’s Semifinal Results:
HEAT 1: Jordy Smith (ZAF) 15.33 DEF. Griffin Colapinto (USA) 15.16
HEAT 2: Filipe Toledo (BRA) 15.16 DEF. Matthew McGillivray (ZAF) 13.74

Boost Mobile Margaret River Pro Men’s Quarterfinal Results: 
HEAT 1: Griffin Colapinto (USA) DEF. John John Florence (HAW) INJ
HEAT 2: Jordy Smith (ZAF) 11.00 DEF. Ryan Callinan (AUS) 10.90
HEAT 3: Matthew McGillivray (ZAF) 15.43 DEF. Seth Moniz (HAW) 9.73
HEAT 4: Filipe Toledo (BRA) 13.90 DEF. Italo Ferreira (BRA) 13.73
WSL Women’s Championship Tour Leaderboard Final 5: 
1 - Carissa Moore (HAW) 29,970 pts
2 - Tatiana Weston Webb (BRA) 26,495 pts
3 - Stephanie Gilmore (AUS) 22,035 pts
4 - Caroline Marks (USA) 21,305 pts
5 - Tyler Wright (AUS) 19,965 pts

WSL Men’s Championship Tour Leaderboard Final 5: 
1 - Gabriel Medina (BRA) 28,920 pts
2 - Italo Ferreira (BRA) 24,150 pts
3 - Filipe Toledo (BRA) 20,735 pts
4 - John John Florence (HAW) 19,395 pts
5 - Jordy Smith (ZAF) 19,185 pts

 

 

 
 
 

amazonや楽天や書店では買えない貴重な本で、累計発行部数3700部を超えています。

作者のジョージ君には昨年の春にサイバー空間で出会い、そして彼の作品に癒され勇気づけられました。

皆様もこの本を読んで、その後にお店や家庭または職場に置いておけば、心地よいヴァイヴスに包まれるでしょう♪

 

「Twitterを中心に発信していた4コマを本にまとめました!

漫画本らしからぬA4冊子ですので目が悪い人にも優しい!?(笑)

未公開作品6作を含め148作品を収録

+ちょっとしたコラムを掲載した、全80ページの冊子です。」

 

価格1,500円(税込)

 

 

 

 

 

COVID-19ワクチンを打った人は、一生涯体内で毒素を作り続け、それを一生涯撒き散らすと言われています。

打った本人だけでなく、回りの赤ちゃんやペットが死んだ、隣に寝ていたら本人と同じように血栓ができた、など耳を疑う報告も載せておきます。