• 2023 CT Season Will Spotlight Best Surfboard Shapers Through New Leaderboard
  • More Available at WorldSurfLeague.com

LOS ANGELES, Calif., USA  (Thursday, January 26, 2023) - Today, the World Surf League (WSL) announced the launch of the 2023 Vissla Championship Tour (CT) Shaper Rankings, a season-long battle to determine the best high-performance surfboard shapers. The Vissla CT Shaper Rankings is a new leaderboard that tracks the performance of the best surfers in the world via a combined men’s and women’s rankings counting Quarterfinal-or-better finishes at each of the ten CT stops this season. The best high-performance shaper will be determined by the end of the 10-stop CT, ahead of the Rip Curl WSL Finals.  

“The surfboard builder community is amongst the most important in all of surfing and the shapers that support the surfers on the WSL Championship Tour are designing and innovating at the highest level of the sport,” said Dave Prodan, the WSL Chief Strategy Officer. “Their time, energy and investment in the world’s best surfers absolutely need to be recognized and celebrated. The WSL is excited to be partnering with Vissla on the inaugural Vissla CT Shaper Rankings and look forward to the broader surfing community tracking how the shapers perform this season.”

“Surfboard Craftsmanship has always been part of the Vissla brand DNA” said Paul Naude, Founder of Vissla. “Surfboards are the cornerstone of the Surf Industry and together with the WSL, we’re pleased to create a platform which will highlight the exceptional craftsmanship that board builders provide for advancement of surfing excellence.”

At the start of this season, 18 shapers provide surfboards for all the CT competitors. The goal of the Vissla CT Shaper Rankings is to spotlight which equipment consistently performs throughout the season. The rankings will also provide a behind-the-scenes look at shapers' backgrounds and businesses. 

The Vissla CT Shaper Rankings will count performances for surfers finishing in the men’s and women’s Quarterfinals or higher, offering 16 potential placings per CT event. Overall rankings will be combined across the season, beginning at Pipe and ending in Tahiti, with a winner being determined ahead of the Rip Curl WSL Finals.

Follow all season long at WorldSurfLeague.com

 
About Vissla 
Vissla is a brand that represents creative freedom, a forward-thinking philosophy, and a generation of creators and innovators. We embrace the modern do-it-yourself attitude within surf culture, performance surfing, and craftsmanship. We constantly strive to minimize our environmental impact and protect the oceans and waves that raised us. This is a surf-everything and ride-anything mentality.

About the WSL
The World Surf League (WSL) is the global home of competitive surfing, crowning the undisputed World Champions since 1976 and showcasing the world’s best surfers on the world’s best waves. WSL is comprised of the Tours and Competition division, which oversees and operates more than 180 global competitions each year; WSL WaveCo, home of the world's largest high-performance, human-made wave; and WSL Studios, an independent producer of unscripted and scripted projects.

For more information, please visit WorldSurfLeague.com.

 

 

 

 
 

先週水曜日、奥野卓志さんが神戸に講演に来られた。僕は仕事で参加できなかったけれども、講演会の後の懇親会にだけは参加させていただいた。
そこに神戸の小林クリニックの小林有希先生も来ておられて、話す機会があった。小林先生は全国有志医師の会にも所属しているから、PCの画面越しでは認識していたけれども、直接お話するのは初めてのことだった。
「ここに来るとき、タクシーを呼んだんですが、なかなかつかまらなくて。年末で忙しいのかと思ったら、そうじゃなかった。来た運転手さんに聞いたら、『人員不足のせいですよ』と。コロナが流行ってるのかと聞くと、『いえ、そうじゃありません。ワクチン打ってダウンですよ』と。
タクシーの車内って密だから、真面目な運転手さんはみんな会社から言われるがままに3回、4回、5回と打っちゃうんですね。『感染対策』として。それでバタバタと倒れてる。事故も多いんですって。新聞に載るような大事故も最近増えてるけど、うっかり当ててしまうようなマイナーな事故はもっと多い。高齢の運転手なんかは『もうすっかり運転の腕がにぶってしまった。大事故を起こす前に引退しよう』って感じでやめちゃう。本人はワクチンのせいだと思ってなかったりする。そういうふうに運転手がどんどん減って、タクシー業界は今大変なんだって。

中村先生はコロナ騒動の最初から気付いていらしたんですね。私は2020年の2月頃から怪しいと思い始めました。最初はすっかり騙されていました。武漢の映像が流れてきて、恐ろしかった。これから大変なことになる。治療法もないしうちのクリニックに患者が殺到したらどうしよう。戦々恐々となりました。
私のような町医者は、臨床の肌感覚で病気の流行を感じます。『今インフルエンザB型が来てるんだな』とか『ノロが流行中だな』とか。そういうのはテレビに言われなくても、いち早く現場感覚で分かるんです
ところがコロナは、テレビの中で大騒ぎしていのに、患者は待てど暮らせど来なかった。全国に医者の同級生がいるから電話した。『あなたのところ、コロナ患者はどう?』。みんな『一人もいない』っていう。
近所の中規模病院に電話した。忘れもしない、3月です。ロックダウンになる直前です。『開業医は誰もコロナ患者を見ていません。そちらはどうですか?』すると、『ご安心ください。今のところうちも一人も来ていませんよ』
もうひとつ、別の中規模病院に電話しました。そこの副院長は私の30年来の友達です。『けんちゃん、こっちはガラガラだけど、どう?』すると、『PCR陽性で来る人はいるね。でもみんな軽症だし、何でもないよ』と。
もう、絶対おかしいと思いました。どの病院も閑散としている。ただ、テレビだけが騒いでいる。兵庫県にはコロナ患者はほぼ皆無。それなのに、兵庫県はロックダウンするという。一体何なんだと思いました。
パンデミックはどこで起こっているのか?
答えは簡単です。テレビの中だけ、なんです。
海外情報を見ても、フェイク報道ばかり。海外でも同じように、病院はガラガラなのにテレビは大騒ぎしていました。世界中で同じことが起こっていると分かりました。
こんな具合に、2020年3月。私は世界のおかしさに気づきました。
しかし、すると今度は、私が『世間から頭のおかしい医者』だと後ろ指さされるようになりました。
私はつくづく思いました。マスコミが空気を作り、人々がそれに発狂し、政治がその狂気を既成事実化していく。そこには科学的事実はありません。事実は多数決で決まるものなのだと。

ところで先生、これからすべての病院にフェイスIDが導入されることについて、どのように対応します?」
何ですかそれ?
2024年4月から紙の保険証がなくなって、マイナンバーカードが導入されます。それで、病院受診時には顔認証でマイナンバーを確認します。そこにはもちろん、ワクチン接種歴も含め個人情報が紐づけられています。
多分、政府事業の下請け業者なんでしょうけど、先日そこから電話があって、『今なら顔認証付きカードリーダーの購入が割引です。申し込みますか』と。要らないと言下に断ると、また電話がかかってきて、『これ、最終的には拒否できませんよ。拒否すれば医療機関の登録取り消しになります』と。先生のところ、こういう連絡ないですか?」
いや、まだないですけど。
「そうですか。そのうちあると思います。かなり高圧的な2択を迫ってきます。『この機械を入れるか、医者をやめるか、どちらかです』と」
こわ!
「そう、怖い話なんです。スタッフが断ったんですけど、『じゃ、保険医の資格はもう要らないんですね』って。これ、問題ですよ。私にとってだけじゃなくてすべての開業医にとって大問題です。
患者側に立って考えれば、顔認証がないと医療機関を受診できなくなります。そしてその顔認証には、マイナンバーとか接種歴が紐づいている。
そのうち、中国と同じ社会になります。ワクチンを打ってない人は2級国民で、医療機関を受診できない。場合によっては、買い物もできない。
いい加減、『お上の言うことを聞いていれば何とかなるだろう』って考えを捨てないと、大変なことになりますよ。

この件について、医療機関はさすがに反発しています。コロナワクチンを推進した保険医協会も、『この顔認証の導入については開業医の8割が反対してる』と会報誌にありました。たとえばこれまで紙ベースでレセプト請求していたおじいちゃん医者は、フェイスIDに適応できないから、これを機に医者をやめる。そういう医者もけっこういます。ただ、保険医協会の論調としては、『8割が反対。でも実質強制だから仕方ない』っていう雰囲気です。
先生、これ、超重要ですよ。なんで知らないんですか?」

後で調べてみると、小林先生の言う通りだった。
厚労省のHPにちゃんと書いてあるし、

画像
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_08280.html

ご丁寧に、YouTube動画まで作っている。
https://www.youtube.com/watch?v=IMmVrsrhNdg&t=1060s

これ、見てもらったら分かるけど、厚労省は完全にやる気です。「患者情報を入力する事務員の労働が省ける」とか「今なら補助金を出す」とか、明らかに誘導している。

画像
 

当院は、自費診療を希望する患者には自費診療を、「薬だけ出してくれ」みたいな保険診療を希望する人には保険診療を、という感じなんだけど、この分だと、保険診療はそのうちやめることになりそうです。
というか、これはもはや当院だけの問題ではなくて、国民全体の問題です。

もうみなさん、さすがに気付いたのではないでしょうか?
みなさんこれまで、きちんと言いつけを守ってきました。

みんながマスクしろって言うから、マスクをした。

みんながワクチン打てっていうから、ワクチンを打った。

そして今、みんながマイナンバーカードを作れ、って言ってる。

さて、今度はあなた、どうするの、って話です。

ここらへんでそろそろ踏みとどまらないと、大変なことになるよ。
どこまで流されて行くんですか?

 

 

 

 

 

 

Photos and additional information are available on Apple TV+'s press site HERE

LOS ANGELES, Calif., USA (Wednesday, January 25, 2023) - The highly anticipated second season of the acclaimed documentary series “Make or Break,” featuring behind-the-scenes access to the world’s best surfers as they battle for the top title at the World Surf League Championship Tour, is set to premiere with four episodes on Friday, February 17. An additional four episodes debut on Friday, February 24.

With unprecedented access, “Make or Break” returns to the world of professional surfing, offering an intimate deep dive into the aspirations, challenges, accomplishments, and personal lives of the surfers who compete to remain on the elite Men's and Women's WSL Championship Tour. This season will take viewers on location for the 2022 competition season to stunning surf locations across the globe, capturing the highs and lows of the “Dream Tour,” including the first-ever mid-season cut, international rivalries and record-breaking upsets.

Each episode in the eight-part season of the series spotlights internationally recognized surfers and features never-before-seen interviews with:

  • Kelly Slater
  • Tatianna Weston-Webb
  • Stephanie Gilmore
  • Owen Wright
  • Tyler Wright
  • Jack Robinson
  • Morgan Ciblic
  • Gabriel Medina
  • Filipe Toledo
  • Kanoa Igarashi
  • Griffin Colapinto
  • Italo Ferreira
  • Matthew McGillivray
  • Johanne Defay
  • John John Florence
  • Brisa Hennessy

Make or Break — Season 2 Official Trailer l Apple TV+

https://youtu.be/j79P8BA5B1E

Embed Code: <iframe width="1108" height="623" src="https://www.youtube.com/embed/j79P8BA5B1E" title="Make or Break — Season 2 Official Trailer | Apple TV+" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; clipboard-write; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture; web-share" allowfullscreen></iframe>

The docuseries is produced for Apple by Box to Box Films (“F1: Drive to Survive,” “Break Point”) in partnership with the World Surf League. Executive producers are Academy Award and BAFTA Award winner James Gay-Rees (“Exit Through the Gift Shop,” “Amy”), BAFTA Award nominee Paul Martin, Warren Smith, and World Surf League CEO Erik Logan. 

“Make or Break” season two joins Apple’s expanding offering of non-fiction programming featuring the biggest names in sports, including a recently announced feature documentary about the groundbreaking life and career of seven-time Formula One world champion Sir Lewis Hamilton; newly announced documentary film “Underrated,” featuring NBA legend Stephen Curry; the acclaimed Emmy Award nominated four-part documentary event series "They Call Me Magic,” chronicling the life and career of two-time NBA Hall of Famer and cultural icon Earvin “Magic” Johnson; "The Dynasty,” a new documentary event series about the New England Patriots, from Brian Grazer and Ron Howard’s Imagine Documentaries, in association with NFL Films; “The Long Game: Bigger Than Basketball” about basketball sensation Makur Maker; and “Greatness Code,” a short-form unscripted series directed by Gotham Chopra and co-produced by Uninterrupted and Religion of Sports. 

Apple TV+ offers premium, compelling drama and comedy series, feature films, groundbreaking documentaries, and kids and family entertainment, and is available to watch across all your favorite screens. After its launch on November 1, 2019, Apple TV+ became the first all-original streaming service to launch around the world, and has premiered more original hits and received more award recognitions faster than any other streaming service in its debut. To date, Apple Original films, documentaries, and series have been honored with 300 wins and 1,306 award nominations and counting, including multi-Emmy Award-winning comedy “Ted Lasso” and Oscar Best Picture winner “CODA.”

 
About Apple TV+
Apple TV+ is available on the Apple TV app in over 100 countries and regions, on over 1 billion screens, including iPhone, iPad, Apple TV, Mac, popular smart TVs from Samsung, LG, Sony, VIZIO, TCL and others, Roku and Amazon Fire TV devices, Chromecast with Google TV, PlayStation and Xbox gaming consoles, and at tv.apple.com, for $6.99 per month with a seven-day free trial. For a limited time, customers who purchase and activate a new iPhone, iPad, Apple TV, Mac or iPod touch can enjoy three months of Apple TV+ for free.* For more information, visit apple.com/tvpr and see the full list of supported devices.

About the WSL
The World Surf League (WSL) is the global home of competitive surfing, crowning the undisputed World Champions since 1976 and showcasing the world’s best surfers on the world’s best waves. WSL is comprised of the Tours and Competition division, which oversees and operates more than 180 global competitions each year; WSL WaveCo, home of the world's largest high-performance, human-made wave; and WSL Studios, an independent producer of unscripted and scripted projects.

For more information, please visit WorldSurfLeague.com.

 

 

 
 

 

僕の妄想です〜

医学を20世紀初頭に乗っ取ったグループは

多くの人を病気にさせることを目標にクスリを研究開発してきました

ですから薬という名前を使いながら

毒を飲ませ

地球での支配と医療利権を確立させてきました

クスリを飲めば病気になっていきます

身体に化学物質を入れれば

身体は激しく抵抗し、症状を作ります

身体はシーソーのように微妙なバランスを作り上げています

そこに化学物質クスリを投入すると

左に大きく傾きます

身体はそれを再度戻そうと症状を作ります

右に力を入れていきます

バランスが整うと右に力を入れることを辞めます

症状を悪いと考えた人は病院に行きます

そして今度は右に傾くクスリを出されます

そして決して平衡を保つようにはしません

右に傾けてしまうのです〜

そしてまた身体は健気に左に力をかけて戻そうとします

しかしその症状を悪いものとして感じた患者さんとお医者さんは

結局 また左に傾けてしまいます

こういう繰り返しで

身体は平衡を取る バランスを整えるという力を失って行きます

患者さんはいつも病院に丸投げです〜

もう昔の病院とは違っています

医療と違っています

僕はてんかん薬を飲めばてんかんが繰り返されるということを経験しました

てんかん薬を辞めて いい塩と生食、発酵で回復してもらいました

いろんな気づきと学びがあります〜

ありがとうございます〜

 

 

 

 

LOS ANGELES, Calif., USA (Monday, January 23, 2023) - Today, the World Surf League (WSL) announced a global partnership with YETI, a leading premium outdoor brand, as the official Drinkware and Cooler of the WSL. This global, three-year partnership spans the elite WSL Championship Tour (CT), as well as the Challenger Series, and marks a new relationship for the two brands starting in 2023. 

In this partnership, YETI will host on-site activations, including Hydration Stations, Activation Coolers, and branded event bottles, at select competitions, in addition to a branded-content series exploring the iconic locations on the WSL CT and Challenger Series featuring YETI ambassadors John Florence and Stephanie Gilmore.

"The ocean is one of the wildest places in nature and by partnering with WSL, we can join forces to help protect and celebrate it together," said Paulie Dery, CMO at YETI. "As the official drinkware and cooler of the tour, we will continue to strengthen our relationship and support for the coastal community while helping to reduce the use of single-use plastic in coastal sports with our products."

"We are proud to welcome YETI to the World Surf League family as our new global partner," said Cherie Cohen, WSL Chief Revenue Officer. "This brand has a unique connection to our sport, athletes, and values. We share the same passion for sustainability, the great outdoors, and storytelling."

YETI is also a proud partner of We Are One Ocean (WAOO), the WSL's global initiative to inspire the global surf community to protect and conserve our one ocean and preserve the future of our sport. This year, WAOO will continue to activate at each CT stop, support new grantees, and achieve an even greater impact to protect and conserve our one ocean. As part of this partnership, YETI will provide drinkware, coolers, buckets, and hydration stations at WAOO activations. 

YETI's involvement in and support of the coastal community first began with its products' relevance within the space. Over the past eight years, YETI has deepened its relationships within the community, advanced opportunities for storytelling and supporting athletes, and strengthened its partnerships and ambassadorships. Now, as a global partner of the WSL, YETI will further its relationship with surfing, the competitors, and the culture. 

The 2023 Championship Tour will include 10 regular-season events in seven countries, starting in January at the Billabong Pro Pipeline and concluding at the Rip Curl WSL Finals at Lower Trestles in San Clemente, Calif., where the men's and women's Top 5 surfers will face off for the WSL World Titles. 

For more information about the partnership, please visit WorldSurfLeague.com and YETI.com

 

 

 

 

日本社会の中で、嘗てないほどの貧困を生みだしているのは、戦後の目覚ましい高度経済成長期の日本社会の強みでもあった「終身雇用制度」を社会からなくし、非正規雇用労働者を増やして日本社会の仕組みを破壊した「グローバリズム」であり、つまり「SDGsのためのグレートリセット」を提唱している「ワンワールド派」です。

 

 

 

 

 

 

1月16日から20日まで開かれた今年のダボス会議は、テーマが「断片化された世
界における協力のあり方」(Cooperation in a Fragmented World)だった。
ウクライナ戦争によって世界が米国側と非米側に分裂し、非米側の諸国が米国側
(米覇権)の言うことを聞かなくなっている状況下で、米国側がどのように非米
側に言うことを聞かせるかを考えよう、という意味がこのテーマに込められている。
ダボス会議に集まるのは米国側を代表する政治家や財界人、学者、NGO運営者など
であり、エスタブ権威筋の人々だ。彼らは、歪曲報道を鵜呑みにして集団思考的
に「ウクライナ戦争は米国側(ウクライナ)の優勢、ロシア(非米側)の劣勢で
進んでおり、最終的に米国側が勝ってロシアが負け、非米側の結束も崩れる」と
考えており、それを前提に、どのように非米側を再び米覇権の傘下に戻すかを
考えよう、という話になっている。

https://bit.ly/3JbTh3s
World Economic Forum Invents New Word To Describe The Extreme Chaos Gripping Our Planet

https://tanakanews.com/220619ukrain.htm
すでに負けているウクライナを永久に軍事支援したがる米国

彼らは、非米側の結束は弱い、という集団思考的な間違った認識も持っている。
彼らの認識では、ウクライナ戦争で作られたのは「2つに分断された世界」でな
く「多数に断片化された世界」である。非米側が団結しているなら、米国側と非
米側が対立をやめてどう協力するか、という議論もできるが、そういう議論には
なっていない。ロシアが勝つかもしれないという認識なら、ロシアや非米側との
対話再開、という道もあるが、ロシアは負けるという歪曲話しかマスコミで報じ
られず、エスタブ権威筋の人々もそれを軽信しているので、ロシアや非米側と対
話・協力しようという話にならない。ダボス会議が語る「協力」は「再植民地化」
と同義だ。

https://www.zerohedge.com/geopolitical/dark-side-davos-revealed-global-elite-bookings-sex-workers-soar
'Dark Side Of Davos' Revealed As Global Elite Bookings For Sex Workers Soar

https://tanakanews.com/220624russia.htm
プーチンの偽悪戦略に乗せられた人類

以前のエスタブ権威筋は、マスコミの歪曲報道を乗り越えて現実をとらえた上で
議論できる部分があった。たとえば、表向き「米国はイラクやアフガニスタンの
占領政策が成功して覇権が隆々としている」と報じられていても、ダボス会議な
どエスタブどうしの議論では「イラクもアフガンも失敗しており、米覇権が浪費
されている。どうしたら良いか」という話が通っていた。しかしコロナ危機開始
後この状況は消え、コロナや温暖化、ウクライナ戦争などに関して報じられてい
るインチキ話を本気で信じ(るふりができ)ない人はエスタブ権威筋から外され
て潰される全体主義的な末法状況になっている。正しい分析ができないので正し
い戦略を作れず、米覇権の衰退に拍車をかけている。(それが、米諜報界を乗っ
取った隠れ多極派の策略)

https://public.substack.com/p/why-a-shocking-number-of-crazy-sounding
Why A Shocking Number Of Crazy-Sounding Right-Wing Conspiracy Theories Turned Out To Be True

https://tanakanews.com/220515intel.htm
米諜報界を乗っ取って覇権を自滅させて世界を多極化

ダボス会議を主催する世界経済フォーラム(WEF)は「大リセット」を提唱して
おり、今年のダボス会議も大リセットを推進する議論に満ちていた。大リセット
の中心は「二酸化炭素の排出を大幅に減らさないと地球温暖化で人類が滅亡する。
排出減の実現のため、人類全体が生活水準の大幅な低下を甘受せざるを得ない」
という話で、人々の生活を悪い方向にリセットするのが大リセットだ。コロナの
超愚策(都市閉鎖)やウクライナ戦争は、エネルギーを大量消費して二酸化炭素
を出しまくっていた先進諸国(米国側)のエネルギー消費・炭素排出を急減させ
たので、その点は結構なことだとされている。今年のダボス会議では、以前から
提唱されていた「世界的に自動車の私有を禁止して排出上限を設けたレンタカー
だけにする新制度」などが議論されている。

https://www.theepochtimes.com/world-economic-forum-says-the-future-for-cars-is-in-the-cloud_4998526.html
World Economic Forum Says the Future for Cars Is in the Cloud

https://tanakanews.com/220509iyagar.htm
ひどくなる大リセット系の嫌がらせ

WEFやダボス会議では「世界はこれから食糧難になっていく」という話も出てお
り、食糧難と温暖化対策の両方に対応する策として「世界的に肉の消費を減らし、
肉の代わりに昆虫などを食べることを人々に奨励する。牧畜は温室効果ガスを
排出するので縮小する」というのが出されている。ウクライナ戦争で、肥料の大
製造国だったロシア(天然ガスから肥料を製造)からの輸出を米国側が停止した
ことも食糧難につながると喧伝されてきた。米国では食肉加工工場など食料品の
工場で放火など襲撃事件が相次いでおり、これも食糧難の一因だが、この襲撃は
米諜報界が黒幕だと指摘されている。WEFも米諜報界の代理勢力であり、諜報界
が食糧難を演出している。

https://rairfoundation.com/whistleblower-reveals-what-is-behind-the-mass-attacks-on-us-food-facilities-video/
Whistleblower Reveals What is Behind the Mass Attacks on US Food Facilities

https://off-guardian.org/2023/01/15/a-new-system-inside-the-davos-summit-2023/
"A New System" Inside The Davos Summit 2023

地球温暖化は無根拠なインチキ話だ。非米世界を率いる中国はそれを知っており、
温暖化対策をやると言いつつ火力発電所を大増設している。非米側は温暖化対策
をやるふりだけしてやってない。対照的に、米国側は温暖化対策を本気でやらさ
れ、経済の自滅を加速している。WEFやダボス会議は、米国側の経済を自滅させる
急先鋒になっている。ダボス会議に出席する財界人や資本家は、米国側の経済を
繁栄させることが強い希望であるはずだ。その彼らが、高いカネを払ってダボス
会議に参加し、害悪でしかない温暖化対策をやるべきだと言っている。この馬鹿
げた状況は何なのか。

https://tomluongo.me/2023/01/20/davos-2023-whistling-past-the-great-resets-graveyard/
Davos 2023: Whistling Past The Great Reset's Graveyard

https://tanakanews.com/221130climate.php
温暖化対策で非米化の加速

大リセットは、ある種の「世界の共産主義化・社会主義化」である。米国側の先
進諸国はこれまで(コロナ以前)自由市場経済で繁栄し、言論の自由もそこそこ
あり、市民は自由に生きていた。大リセットが具現化すると、米国側の経済はエ
ネルギー不足や消費社会の縮小で自滅し、自由市場は同時進行している米連銀の
QTなどによってバブル崩壊して消失し、言論の自由はすでになく、マスコミは歪
曲されたプロパガンダばかり発信し、それを軽信しない人は大幅に人権侵害され
る。市民の自由は剥奪されている。コロナや温暖化やウクライナ戦争など、歪曲
された「理由」をつけて市民の状況が大幅に悪化し、先進国の人々の生活は、昔
のソ連や中国や今の北朝鮮の生活に近づいていく。

https://www.zerohedge.com/geopolitical/swiss-mp-davos-change-living-environements-force-public-follow-climate-goals
Swiss MP At Davos: Change Living Environments To Force The Public To Follow Climate Goals

https://tanakanews.com/220728russia.php
資源の非米側が金融の米国側に勝つ

社会主義体制下でも、共産党幹部など特権階級の人々の生活は良かった。今後の
大リセット実現後の世界における特権階級になるのが、米国側ではダボス会議の
出席者たちであり、非米側では中国共産党など既存の特権階級の人々だ。米国側
の金持ちは、大リセット後の特権階級として生き残るためにダボス会議に出たが
っているかのようだ。高い参加費は身代金だ。非米側は、大リセット後も状況が
あまり変わらない。大リセットは、主に米国側の欧米先進国を自滅させて社会主
義的な独裁の貧困国に変質させる覇権転換策になっている。これは「社会主義化」
なので、米欧や日本の左翼リベラルの人々は、大リセットを構成する温暖化対策
やコロナ愚策やウクライナ戦争のウソの構図を喜んで受け入れている。

https://www.zerohedge.com/geopolitical/davos-foreign-minister-slovenia-demands-nations-respect-rules-world-order
Davos: Foreign Minister Of Slovenia Demands That Nations "Respect The Rules Of The World Order"

https://tanakanews.com/220730europ.htm
自滅させられた欧州

インチキな温暖化問題を使って米国側を経済的に自滅させる流れは今後もずっと
続く。米国では(諜報界に入り込まれた)左翼リベラルの民主党が、温暖化対策
としてガスレンジ・ガスコンロの使用を禁止しようとしている。これなどは温暖
化対策の口実で人々の生活を悪化させようとする策の好例だ。米民主党は、この
手の馬鹿げた策をやるほど支持が減り、共和党への支持が強まるが、民主党は選
挙不正のシステムを握っているので、今後も選挙に「勝ち」続ける。米国政治は
不正が肥大化しており、弱体化の一因になっている。効かないコロナワクチンが
延々と人類に接種され続けているのも、製薬会社が米政界に贈賄した結果の巨大
不正だが、エスタブ権威筋の一部であるマスコミが報じないので不正が是正され
ず、ワクチン連打に必要なコロナのパンデミック扱いも、コロナの重篤性の低下
を無視してずっと続く。

https://www.stationgossip.com/2023/01/no-trains-no-planes-no-automobiles-and_15.html
No trains, no planes, no automobiles and NO GAS Welcome to the DE-CIVILIZATION Democrat utopia

https://www.zerohedge.com/geopolitical/new-zeland-beta-test-western-governments-micromanaging-populace
Is New Zealand A Beta Test For Western Governments Micromanaging The Populace?

温暖化対策やコロナやウクライナ戦争といった大リセット関連の事象は、米覇権
を崩壊させ、覇権構造を多極型に転換するために必要とされている。大リセット
は、不合理が露呈しても無視されて延々と続く。日本はG7加盟国で米国側なので、
大リセットの不合理を拒否できずに受け入れている。だが、米覇権に従属して
いるだけで、米国が衰退したら対中従属に切り替えるだけなので、大リセットを
形式的に受け入れるだけで実質的な自滅策をあまりやらされずにすんでいる。日
本は、都市閉鎖もやらなかったし、ロシアから天然ガスを輸入し続けているし、
温暖化対策も掛け声だけでできるだけやらないようにしている。日本がやらされ
ているのは害悪だけのコロナワクチンの接種ぐらいだ。それも政府の強制でなく、
人々は(本人もしくは上司が)間抜けだから接種している。日本がAUKUSに入っ
たりしたら、もっと自滅させられる。

https://tanakanews.com/221111election.htm
選挙不正が繰り返される米国

https://tanakanews.com/220919multipol.htm
世界を多極化したがる米国



この記事はウェブサイトにも載せました。
https://tanakanews.com/230124davos.htm



●最近の田中宇プラス(購読料は半年3000円)

◆バイデンの機密文書放置事件はクーデター未遂?
https://tanakanews.com/230119biden.php
【2023年1月19日】オバマ元大統領らは、ウクライナ戦争などで中露を結束さ
せて米覇権を自滅させているバイデン政権の続投を阻みたい。バイデン政権内
でオバマの息がかかった勢力が、機密文書の放置を公式な話にしてしまう政治
的な失策をわざとやり、スキャンダルを起こしてバイデン政権を危機に陥れ、
共和党にバイデン弾劾劇をやらせたり、民主党内でバイデンを続投させない
動きを広げようとしたのでないか。そんな見方が米政界で出ている。しかし、
この件が報道され始めてから10日経ったが、スキャンダルは大きくならず、
むしろ沈静化している。

◆コロナ対策やめて世界経済の中心になる中国
https://tanakanews.com/230109china.php
【2023年1月9日】中国は今年からゼロコロナ策を放棄して経済成長を再開し、
消費市場もしだいに活況になるが、対照的に欧州など米国側の多くの地域はひ
どい不況とインフレ再燃・金利上昇による経済難が続く。中国は、世界で最も
経済が再活性化していく地域になる。中国は世界の実体経済の中心になってい
く。米国側の企業は、旺盛な消費を再開する中国に製品を売りたいと希望する。
中国側は歓迎だ。しかし、一つだけ条件がある。それは「中国を敵視する国か
らは買いません」ということだ。

◆多極化の決定打になる中国とサウジの結託
https://tanakanews.com/230106oil.php
【2023年1月6日】中露サウジが見ているのは短期やスポットの市場でない。世
界の石油ガス貿易の多くは10-30年の長期契約だ。今後5-15年ぐらいで契約更
新期に入る。欧米諸国が、以前と同じように契約更新できると思っていると、
OPEC側から「石油ガスは人権侵害など歪曲的なレッテルを貼らない中国側に売
ってしまいました。売り切れです」と言われる。米国側は石油ガスを買いにく
くなっていく。25年後までにドルの基軸性が大幅に低下する。ドル建てで売っ
てくれる産油国が減っていく。

 

田中宇の国際ニュース解説 無料版 2023年1月24日 https://tanakanews.com/

●最近の田中宇プラス(購読料は半年3000円)
バイデンの機密文書放置事件はクーデター未遂? https://tanakanews.com/230119biden.php
コロナ対策やめて世界経済の中心になる中国 https://tanakanews.com/230109china.php
多極化の決定打になる中国とサウジの結託 https://tanakanews.com/230106oil.php