家づくりが進む大田区南馬込・萩中・西六郷では軸組が完成し、中間検査が行われた後、電気配線工事へとすすみます。

この段階で、現場の給排水設備の配管位置・電気配線位置をチェックしながら、仕上げに向けて詳細寸法の確認を行い、設計・コーディネートでは満足出来ない部分の補足を行います。

 

外部下地の段階では、窓廻りの水切りシート・シルバーの遮熱透湿防水シートの重ね幅、配線排水取出し箇所廻りのブチルテープとシール打ちとの2重防水処理が的確に行われているか確認します。

ビス打ちピッチも良しで、この段階での安全点検良し!