第13回田母神道場読書部プレゼン資料(コンピュータの基礎0 〜 あるべきIT教育の御提案) | 本当の日本の歴史と、日本人を知って、自信を持つ日本人になるためのブログ

本当の日本の歴史と、日本人を知って、自信を持つ日本人になるためのブログ

日本の若者に、我々の先祖は、今を築いた立派な人達であることを理解してもらい、未来を切り開く自信を持ってもらうためのブログです。

閉塞した現代日本社会を打開するためにも、日本人としての自信を取り戻す必要があると考えており、そのための分析も試みています。

明けまして、おめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。


本年一発目の記事も、田母神道場読書部プレゼン資料になりました。

コンピュータの基礎0 〜 あるべきIT教育の御提案

と、

コンピュータの基礎1 〜 ファイルって、なに?    

のプレゼン資料を公開しました。


今まで、この会のプレゼンでは、主に歴史、政治を話題にしていました。

前回予告の通り、

今後しばらくは、コンピュータに関するお話を話題にしようと思っています。

実はこの発表も、僕の中では、愛国者の行動として、つながっています。

今回は能書きとして、その説明のプレゼンから始めました。


参考図書は、

 

 

と、

 

です。

Windows と Linux で

OSの説明が一応できている書籍をあげました。


プレゼン資料のpdfは、

能書きが、

コンピュータの基礎0 〜 あるべきIT教育の御提案

 

その第一歩が

コンピュータの基礎1 〜 ファイルって、なに?

 

です。


僕は、このブログの他に、こんなホームページも運営しています。

日本愛国ブロガーが使う1万5千円のパソコン

 


でも、これ時間が取れなくて、

このブログの該当記事のリファレンスに過ぎないページでした。

今回のプレゼン資料をリファレンスする事で、ちょっとだけ、ビジュアル化されました^_^


ページの

第5章 まずはOSを学びましょう



  ・ そもそもOSを学ぶ必要性に関して。



  ・ ファイルとはデータの集まりに名前をつけたものです。

を見てね^_^


また、このブログ記事、このプレゼン資料の告知記事ですから、

僕は、

このプレゼン資料を

ホームページ



ブログ

両方で、公開している事になります。

つまり、

読書部のスピーチで使い、

ブログ記事で使い、

ホームページのアップデートで使い、

3回使いまわしていることになります。


ちゃつかり、って話ではあります。

けど、開き直っちゃいますと、

個人が話せる話なんて、限りがあるわけで、

より多くの人に聞いてもらえるための工夫の方が大事!

そう思っています。


あと、現在の僕はMacユーザーなんで、

スクリーンショットはMacになっちゃっています。

参考 パソコンが壊れました

 

 


どれ使ったって同じ!

参考「OSなんて何でも良い」

 

 

 


が僕の主張です。


少しづつ、Linux版、Windows版も作っていきたいなぁ〜

と、目論んでいます。

 



人気ブログランキングへ


にほんブログ村 教育ブログ 社会教育へ
にほんブログ村

 

Twitterへ:@bscppmm

 

 

<過去記事一覧
スカピッピパパの見解

                  =>トップページ

 

 

<日本愛国ブロガが使う1万5千円のパソコン
ブログの作り方を、パソコンの基礎から説明!

                  =>トップページ

 

 

<日本の本当の歴史を知って、未来を切り開く方法を考える
 ためのメールセミナー>

「このメルマガを読むと、将来に関して、漠たる不安を感じ
ているあなたは、自信がなくても、勇気を持って前に進むこ
との重要性を理解できるようになります。なぜなら、我々の
(つまり「あなたの」)先祖が、自立のために立ち上がった
勇気のある人々であったことが分かるからです。

それにより、まずは、自分の先祖に関して自信が持てるよう
になる。自信がなくても、勇気を持って前に進むことの重要
性を理解できるようになります。」

教科書に書かれていない、「日本の本当の歴史」を知るため
にも、ぜひこのメールセミナーを読んでみてください。

1日目 信教の自由の日に関するネット上の文章への反論
2日目 私が考える日本教とは?
3日目 信教の不自由な宗教と信教の自由な宗教
4日目 先の戦争の悲惨な体験を語り継ぐな
5日目 現代の鶴田浩二 ー傷だらけの人生ー
6日目 今までの社会人生活の中で、現在が一番満足度が高い
7日目 顧客満足第二

※必要がなければいつでも配信解除できます。
※迷惑メールを送りつけたりなんてことは当然ありません。
※ご登録いただいたメールアドレスがどこかに流出することなどは一切ありません。責任を持って管理いたしますので、どうぞご安心ください。

          ⇒登録はこちら(リンク