りんすのブログ

りんすのブログ

女装の世界を覗き、本当の自分を垣間見た。
現実社会で堅く生きることだけが人生ではない。

なんて思い始めた今日この頃。殻なんか捨てちおう!!

昨日なんとか神戸マラソン2022を走り終えました。

 

image

先の西宮マラソンで課題となった「関門」を意識して走った。

前半はそれもあってかなり早いペースで走れて対関門突破のためのタイムの貯金ができたが

 

 

20㌔超えた後半はやはり6年間のブランクもあり未知の部分が多かったのでトラブル続き。

 

一気に身体の各所の筋肉が震え痛みだした。

やはり急激にあの「絶望感」が頭の中蔓延しだした。

 

予想はしていた。がやはり「辛い」これは言葉では言い尽くせない辛さ。

 

歩いても足の裏がかえって痛い。筋肉も冷えて固くなっていく、

無理して走り出すとやはり絶望感と脚の四か所の筋肉が交代で肉離れをし始める。

前を見れば 途方もない距離が横たわっている・・・

 

 

 

ゴールできたけど、後半は時々歩いたりもしたし、「走ってる」と言っても、もうヨタヨタした姿だったのは

自分でもわかってた、

何百人もの人にも抜かれた、とても惨めだったし悔しかった。

 

年齢もある。今年で辞めようと思った。

 

 

 

 

******************************************************************************

しかし・・・

朝、新聞に神戸マラソンの記事が載っていた。

 

神戸新聞朝刊記事より

 

彼女は医療従事者でこのコロナ禍の重労働で心身ともに疲れてたのにマラソンと出会えて「走る」ことで何もかも忘れて

自分を見つめなおすことができたという風な記事が載ってた。

タイムもわたしとそう変わらなかった。とても親近感が湧いた。

決して早くはないのだ。同じように辛かったはずなのだ。

なのに彼女の笑顔はなんだよ。同じ境遇のはたくさんいる、、

 

まだウェアを脱ぎたくない。そんな気持ちになった。

 

 

 

 

もう一枚新聞の片隅にあつた記事。

 

この人が 最後のフィッシャーだったそうだ。

78才で全盲。ゴール手前での写真。

 

 

 

マラソンは本来どんなに疲れてても、他人の介助でのゴールは許されない。

ただし左は全盲のための伴奏者

右は1キロ手前で転倒して身体じゅう擦り傷で出血していたためということなので

医療スタッフが付いたのだろう。

 

でもスタッフも居た堪れなかったなかったのだろう、なんとか公然とした理由を見つけて 

この人に駆け寄りたかったのだろう。

両脇のスタッフの顔からもそれが伺える。

 

 

こういう写真はいろいろ美談と脚色が付き物で、ほんとは歩いたんだろとか、悪態でスタッフに当たったんだろうとか・・・

ネット民の方からいろいろコメントする方もいるかもしれない。

 

けど わたしにはわかるんです。

 

なんであろうとも

このゴール前に現れたことは凄いんです。

 

途中いつでも逃げ出せたんです。

それなのにあの風の強い道路

走っても歩いても距離の縮まらない42キロ、一キロが延々と減らない感覚

あの地獄の坂

あの道、あの辛さ

 

そこをどんな姿であろうが 全盲で高齢で

前進し続けたのです。

 

すごいです。

 

 

 

 

年齢を理由にいろいろ諦めるのはよくないと思った。

そう

 

 

走ってて 心折れかけて みつけたものが ある。

 

まだそれが何かは よくわかんない。

うまく言えないが ボロボロの心身でもう何もかも絶望的なときに 心の左横になにか ぼわっとしたモノ。

 

それが まだいける おまえはそう言う奴 と言ってる。そんななにか ぼわっとしたモノ。 

 

取り出し方も使い方も、ほんとにあるかどうかもまったくまだわかんないけど

 

そんなものも見つけれた。

 

 

 

そんなマラソンだった。

 

image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんか、走りも 自撮りもいろいろ限界感あるよねー

ホテルの自撮りも 背景に限界きてる。

 

 

 

マンネリっていうか・・・・

本人は 心地よいのではありますが・・

 

 

 

 

見る方はもう飽き飽きしますよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

踊るか・

 

 

 

 

 

 

いつまで走れるのは無理とは思ってた。

 

でも、できたらいつまでもって思ってた。

 

 

今日は ついに関門にひっかかってしまった。

正確には締まりかけてたのを、少し強引に通り過ぎた感じ。

 

 

もともと わたしは スポーツマンではない タイムも後ろから数えた方が早かった。

遅いランナーだったのだ。

いつかはひっかかると思ってた。

 

21kmのうち19km走ったところ、

あと2キロだったんだ。

ペース堕ちてきて辛くて辛くて それでも走り切ろうって決心した矢先の関門。

 

ルールとは言え、「頑張る決心をする地点」に関門を作るのは酷だ。

他の人は頑張ってた。

足ひきづってもゴール目指してた。

それなのに門閉めてタイムチップも奪っていって、断念させていた。理不尽だ。

 

交通規制の必要のない 川べりのコースなのに・・・・

 

 

 

 

 

でも 関門前にきちんと過ぎた人たちもたくさんいる。

「遅い」ことは確か。

こんど うまく「関門」を抜けれる自信はもうない。

 

 

マラソン やめる 時がきたのかも 知れない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんかさ、むかし「女装サークル」作っていろいろおしゃべりしたいなぁって思ってて断念したけど・・

 

いまでも ちょい年配(☚ かなりやろ) の人でも良い女装を好む方のちょっとした集まりで

飲んだり、ハイキングしたり、お茶したり、運動したり、お喋りしたり したいなぁぁって。

 

 

いえ、別に女装しなくてもいいんです。 けどちょい女装アイテム身に着けて いっしょにお話しとか・・

そんなレベルでもいいんです。

 

普通のこの手の集まりって 言い方悪くなっちゃうけど

「女装」を顕示する場で綺麗さを競うって感じになっちゃうのが苦手で・・(☚ 自分がレベル低いから・・)

 

 

でも、見栄えでなくて 女装が好きっていう募る想いや、同じ気持ちの人としてなにかしらネットだけでなく

陽の下で繋がりたいというのもあると思う。

 

 

うまく言えてないかもしれないけど・・・

 

 

健常者として装いながら人と繋がるより、ずっっと肩の荷りて過ごせると思いませんか?

 

煮詰まったら、それこそ部屋借りてとことん女になり切り 集うのも良し。

 

どうだろ・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

完成したよ。

今回はむかし描いた白黒の「仕返し化粧」のリメイク版。

本来「強制女装百物語2」のひとつのエビとして入れてたけど描いてるうちにページが跳ね上がってしまって

単独リリースということになりました。

百物語中の「不良三人り仕返し女装」の続き描いてたので、そのストーリーも芋づる式に引っこ抜いての豪華単独版となりました。昔の「仕返し化粧」知ってる方もよりグレードアップしてますので是非見てくださいね。 

 

 

 

 

麻薬化粧を塗りたくられた不良たち

虐められっ子田中君が道端で拾った二つのアイテム。一つは男を女性に強制女装させ思いのまま操るステッキ。もう一つは一度塗ったら一生塗り続けないと猛烈な禁断症状に陥る麻薬化粧入りポーチ。

ここに田中君の容赦ない不良グループたちへの強制女装「仕返し」がはじまる。
半裸のドレス姿で買い出しに走らされる佐々木、ぱっつん黒髪のロングヘアーのにされ運動場でチアガールを延々とさせられる熊野、
そしてリーダー勝馬は田中の彼女にされ、髪を美容院で縦ロールヘアーに変え、教室で麻薬ルージュを自ら唇に塗りたくる淫乱女子高生となり果てていく、そして大切なテニスの試合ではさらなる醜態の極致を晒すことになる。今回は百物語2から勢い余ってのシングルカット、その分活きのいい64pフルカラーのmilda7ワールドとなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

神戸マラソン7年ぶりに当たったよ。

 

オッパイもお尻もでっかくなっちゃったから

 42.195km走れるかしら??。。

 

 

            歳もくったし。☜これっしょ 一番の問題。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

彩少尉を知ってる人はすごい・・・

 メスクリン第二小隊隊長・・・だった そして何故か ミルダの作品には出てこない・・・

 

 

 

そう。 死んだから。 

 

その痕跡を 過去の画から 繋いでみよう。 

 

 

 

 

 

 

 

 

これが事の発端のシーンのようである。 公開したのか ただの落書きの未公開のものか、作者も忘れた。

 

 

 

 

 

 

 

そして彩がどの作品にもまったくでなくなった数年後、とある作品で次のようなシーンがあった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

彩を殺ったやつ。 陸自のイコロイに乗ってる奴。

 

誰かわかった人はすごい。