静岡,三島書道家房仙ブログ,

書道家福田房仙の日常
一般社団法人全国いのちの食育書道展協会理事長としての活動


テーマ:

房仙会とは

 

なんだろう?

 

指導者育成を柱に掲げ立ち上げました。

 

継続は力なりのとおり

継続してこつこつ教えてきて

 

房仙会に集まる人は

それぞれの方が優秀で自慢せずにはいられない生徒が集まってきています。

 

その中のお一人 浜田えみなさんがブログに書いてくれています。

 

http://blog.livedoor.jp/yumiyoyu-bosenkai/archives/5208943.html

 

その前のブログも時間があったらお読みください。

 

http://blog.livedoor.jp/yumiyoyu-bosenkai/archives/4871585.html

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

お稽古の30分前頃教室に入ると既に掃除が完了、遠くから参加される方以外、全員が揃っていました。

 

実は前日、話をしました。
大阪教室は個人のマンションをお借りしてのお稽古です。

大阪に来た当初は、やはりお借りしての教室でしたが、長年、早く行ける時は早く行き、生徒がくる前にトイレ掃除したり、玄関周りを掃除してきました。

しかし、誰にもいうことも無く、何年もやっていて、誰かが気がつくことを願っていましたが、

気がつきませんでした。

 

今回は同じことを繰り返したくないので、

早めに言うことにし、伝えてはいました。

 

開始30分前から掃除が始まると思っていたのが

1時間前からスタートでした。

一日目は、机を移動したり作業が沢山あります。

シートを敷く。
トイレ掃除から部屋全体の掃除。
大きな机を外に出す。
コーヒーを作る・・・・お茶の支度・・・

 

様々なことがあり、誰が早く手伝ってくれているか?みたいこともあり、前日入りしていたので

主人は「早すぎても悪いから」と

もう少し、遅く行ったほうがいいと言うのを振り切り
9時少し前にホテルをでました。

すでに、お部屋の家主の岡田耕一さんと理津子さんが掃除をしてくれていました。

即、勿論、私も手伝います。

「先生はいいです!私がトイレ掃除をしたかったのです。」と今まで私がみる限り夫の耕一さんが掃除していましたので、妻が掃除するのを内心は喜んでくれているのではないか?と、少し嬉しく感じたりしながら行う掃除は大好きです。
彼は黙々と窓ふきをしていました。

 

次にやってきたのが、8○歳の生徒。
現役で会社経営に関わり、しゃんとしていらっしゃり、先月も外国に遊びに行って帰ってきたばかり。
「先生、私が代わり、掃除させてください。早くきまいした!。」

 

そんなことできる訳がありません。
何も話さずしても、想像出来ていたに違いありません。

このまま、何も言わず過去と同じようになりたくないと
「喝」を入れさせていただいたと言う訳です。

 

ここに、昇級、昇段試験に参加されている方々と先生の意気込みを感じ、自分のつまらない言い訳と意識の低さの反省からスタートするお稽古となりました。

そうではありません。
あなたは聞いてなかっただけなんです。
なぜならば、

3時間弱もかけて通ってきているのですから。
 

 

昨日のお稽古から帰宅後の夜遅くまで、早朝のお稽古前、徹夜で作品を書きそのまま参加される方、最高レベルの気合の入ったお稽古であるという認識が薄かった事に申し訳ない気持ちになりました。

 

確かに朝まで書いていました!と言う人が二人もいました。もしかしてもっといたかもしれません。

 

今日、先生に”孝雪先生の指導を聞いてみて”とアドバイスを頂いた。
”孝雪先生がなぜ、適切に指導できるのか”

答えは、


1つ目 

先生のお手本を深く読み解く事ができるので
個々に合わせたお手本の手法レベルを使い分けられる

2つ目 

文字の基本形の上にお手本の文字の多様性を覚えている
3つ目

直す必要なポイントがわかる

からではないのかと感じた。

 

私は初心者だった時教えて頂いた手法を忘れている、文字の基本の形や多様性もあまり分かっていないため、ポイントがずれる。練習不足のため、新しい手法が身についていないという事に気が付いた。

これは言われるよりも、自分で気がつかないと

ずっと気がつかず終わってしまうので、

上達の大切なポイントとなります。

 

やはり、練習不足、努力不足なのだと再認識したお稽古で、もっと上達しないとな!!と今月もまた思いました。

もっと、もっと上達することができます。

私から言われて気がついてもどうにもなりません。

自分で気がついたことが、今後変化出来ると確信できました。

 

今日の大事な限られた時間のお稽古に、ご指導をありがとうございました。

つたない私が筆をとらせて頂くのを暖かく受け入れて下さり皆さんにも本当に感謝です。

みんなに、手を取り指導する方(指導者)を否定してはいけないことです。

 

指導者を信用しなくなってしまったら、組織としては成り立ちませんから。

 

でも、私は、尊敬してもらうフォローを忘れずしながら、気がついたことは訂正していきます。

そうしないと、飛び抜けた指導者にはなれませんから。

 

三島教室の先輩生徒が、米子の生徒のFB投稿に対し、素敵なコメントを入れています。

この方は、知る人ぞ知る、人見知り、すぐ泣いてしまう、弱々しい生徒でした。

今は覚悟も決まり、変わっています。

 

これこそ、FBの力も借りての自分のことを言えるようになった例だと思います。

 

最初は半紙から始まり、条幅、謙慎展、読売展と大きな作品にも挑戦する機会を与えてくださり、書けるのかな…と不安が経験を積み重ねていくうちに楽しいと思えるようになりました。

先生に教えていただいていなかったら書道以外においても挑戦することもなく、あきらめてしまうことも多かったのかもしれません。
先生の作品、「がんばらない、あきらめない」は私の好きな言葉です
いつも沢山の学びを与えてくださり、ありがとうございます。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

おはようございます。

 

細野豪志さん、当選しました。


応援ありがとうございます。

 

全国いのちの食育書道展協会の代表理事として
選挙で一つの党に関わってはいけないことも知っています。

 

偏ってはいけない立場もわきまえているつもりです。

 

しかし。今回は別でした。

 

一人の人間として
お世話になっている人の危機に黙ってはいられませんでした。

 

今回はいてもたってもいられず、動きました。

 

お陰様で当選することができました。

 

前回も午後8時には当選確実がでましたが、
今回は内心どきどきでした。

 

お陰様で今回も午後8時にテレビでは即当選が発表されました。

 

ありがとうございました。

多くの方からメッセージ頂戴いたしました。

嬉しかったです。

一人一人にお返し出来ていません。

 

選挙中も、行くといっても行けなくなったところも沢山あります。

いつも無礼で失礼しています。

お許しください。

 

8月6日に一人で民進党を出たときから
丁寧に説明することも叶わず、選挙に突入したのです。

 

その間、なにも本人は言い訳もせず
ただただ一生懸命、党の為動いていました。

 

私はその姿勢に強く動かされました。

 

静かに活動する仲間の後援活動に感動しました。

 

今まで一緒に活動jしていた人も去って行きました。

 

沢山、悲しい場面に直面しました。

10月20日 金曜日 朝6時半から三島駅南口にて本人が
訴えていました。雨でした。

「裏切りもの」  と吐き捨てて去って行く人もいて
側にいて、悲しくて泣きそうでした。


私はとても議員にはなれないなと思いました。

なりませんが。

 

これからどうか細野さん個人を見守ってください。

彼がなぜ一人で党を出たか?
なぜ希望の党の立ち上げに関わったか?

きっと分かる時が来ます。
見守ってください。

 

考え方は実に正統派です。

みんなの愛する細野豪志が益々輝きますように願います。

ありがとうございました。

 

{87B7C700-70C3-4C77-ADC8-916F3F888A08}

 

 

{46865F5C-DF86-47A0-AD30-A3E35DFC47D2}

 

 

 

{E749F229-7CAC-4B01-A556-379EB207BBD8}

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

三島の選挙区からは

細野豪志さんが立候補されています。

 

地元が押さないといけない人です。

みんなで応援したいです。


細野さんとは

全国いのちの食育書道展で多大にお世話になっている恩人です。

 

なので、私も恩をお返しすべく

なりふり構わず応援しています。

今回のような選挙は初めてです。

 

燃えました。

 

逆境に強い私。

 

何か嫌なことがあったら止まりません。

 

民進党にいるときも、いつもあまり愚痴はこぼしませんが。

 

民進党にいたら、彼らしくなくなってしまうと

今回離党したときはとても嬉しかったです。

 

全国いのちの食育書道展は何党を応援するわけではありませんが、

今回だけは、しっかり応援させていただきます。

 

細野さんほど、しっかりした政策を

 


 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

世の中にはこんな会もあるのか?
って言う会が【房仙会】です。

 

【生徒、一人一人が輝いて、それぞれの分野でNO.1を目指す!】


そんな会になれるといいな?
そんな会です!
とつぶやけるところまで来ました。

 

すごいな!と思います。(人ごとの様です)

 

今理念も決めようという時期(遅すぎですが

【房仙流書道を習うと 人生変わる!】

今はこんな理念を思いついています。

一言でいうとこんな感じです!というのに少し近くなりました。

 

もし、こんなのはどうでしょう?と提案いただけましたら
すごく嬉しいです。
(個人的にメッセージください)
       https://www.facebook.com/misakobousen

 

 

10月8日(日)から
10月15日(日)までの8日間 三島を離れていました。

8日から10日の朝まで大阪にいました。
10日から14日の朝まで米子にいました。
14日から15日は大阪に戻りました。

 

【房仙会米子校移動展】
大成功でした。

生徒一人一人がそれぞれが各自、考え動くことが出来てきました。

 

毎日、毎日が書き尽くせないぐらい 沢山の出来事がありました。

ブログに書くことで記憶に留めることが出来ますが。

写真を観て感じていただく事にします。

 

代表してこの文章をご覧ください。

https://www.facebook.com/sachiyo.harada.12/posts/1081024052033233

 

東光園の小林社長との出逢いで私の人生も好転しています。

 

誰に出会うか?とても大切です。

 

応援くださった皆様、心から御礼申し上げます。

 

#折重由美子さん
#七田厚先生 ご協力ありがとうございます。

 

https://www.facebook.com/sachiyo.harada.12/videos/1080485792087059/

 

 

13日、夜の部、最後に書いたものです。

トークしながら書くことが、私には合っているのです。
今までは由美子さんがマイク持っていましたが、私も握らせていただき
今年はおしゃべりできました。

いつも、いつ見ても素敵な

折重由美子さんです。

 

もう、何も気を遣わなくてすむ、この3人だからこそ
この写真。

東光園の石尾支配人。
まだお若いですが。
生徒でもないのに、びしびし指導させていただいております(*^o^*)


なかなか良いショットですよね。

 

やっぱり
みんな大好き
絆大切って書いちゃいました。

書く時々で「夢」という字もちがいますが、今日の夢はちから強い夢でした。

ともかく、クラビオーラの音色を聴くと
ゆったりくつろげます。


東光園には
龍が潜んでいます。

昼観てくれて、また夜きてくれた、大切なお客様は
松原公仁枝さんのお友達でした♥

彼女がきちんとフォローしてくれるからこそ、夜まで観てくださったのだと気がつきます。
一人では、絶対何事も為し得ません。
お客様のお陰で成功しました。
来てくださった皆様、観てくださった皆様、スタッフの皆様
東光園のスタッフのみなさま、本当にありがとうございます。

 

 

 

【風の通り道】
折重由美子さんのCD
今度三島であります。
是非お買い上げくださいませ。
素晴らしいです。

沢山の方が観てくださいました。
夜の部の様子です。
前列の方も昼もいらっしゃってくださっていました。

笑顔が嬉しいです。ありがとうございます。

 

突然
道を書きたくなりました。

道は止まりがありません。
どこまでも果てしなく続く道

作品的には満足していませんが、まだまだです。

 

由美子さんのクラビオーラを聴いていると
いつも手拍子が出てしまう房仙です。

私の道は
馬鹿みたいにまっすぐです♥

 

 

2階席がとてもよく見えるとのこと。次回は是非。

遊びのつもりで書いた作品がラストでした。
最後の作品でしたので、とても楽しく書くことができました。

まだどこかに貼ってくれているとのこと。

東光園様でご覧いただけるかもです。


皆様、ありがとうございます。
私たちも

もっと成長して戻ってまいります。

 

 

11月23日

三島プラザホテルにて

折重由美子さんとのコラボがあります。

 

ぜひおこしくださいませ。

お待ち申し上げています。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

テレビやラジオや新聞で

三島市が取り上げられることが多くなっています。

 

2014年2月沼津インターから直結する

東駿河湾環状道路が開通し、

その後圏央道と東名と直結したことで

都内からのアクセスが格段によくなりました。

 

 

{6021929B-4142-4B9C-B4C9-00B81A2C4EB1}

 

 

2006年から今年までなんと三島を訪れる人の数が2倍に増えました。

 

去年三島市を訪れた人 およそ786万人。

 

 

伊豆フルーツパークも平日の団体バスや日帰りのバスツアーで来場者も昨年の2倍。

地元の食材を使った食堂も大賑わい。

 

 

箱根よりに10分移動すると 三島スカイウォーク

9月21日
来場者数200万人を突破したそうです。

 

三島ももっともっと輝く事でしょう。

 

三島で開催される

全国いのちの食育書道展 

全国いのちの食育書道展表彰式

 

毎年、愉しみにして来てくださるかたが増えています。

 

来年も3月24日に開催予定。

 

お待ちしています。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今朝起きたら、FBでこんなことが書いてある記事を発見。

 

これは書くっきゃないでしょ!と書きだしました。

信頼している優秀な生徒の投稿です。

こちらを勝手に借りて、自分の想いを書いてみたいと思いました。

 (貼り付けました。改行はしました。原文のままです)

 

「やさしいことはつよいいうことや。

つらいこと、かなしいこと、そういう気持ちをしってる人間がつよくなれるんや、やさしくなれるんや

私がありたい自分の奥底にあるもの。

やさしいとは、全てを引っくるめて強さの証だから、何があっても人は許す。

人を諦めたくないのだ。

 

そして夢を叶えようとしている人に意味がないかもしれなくても、携わりたい。

心が喜ぶから。

ウォルトが夢をかなえる秘訣を言っているけど私もそう思う。

 

私は、夢を実現させる秘訣を知っている人が越せない壁があるとは信じられない。

私が思う夢の実現の秘訣は4つのCによって言い表すことができる。

Curiosity(好奇心)、

Confidence(自信)、

Courage(勇気)、

Constancy(一度決心したことを続ける一貫性)。

 

中でも一番大切なのが自信だ。

一度こうだと決めたら、盲目的に、一片の疑いもなく、それに没頭することだ。

 

今日は感じるひとに伝えたくてかきました。」

 

 

この文章を見て、感じました!コメント書こうと書き出しました。しかし、長文になるので、ブログに移動。

 

早速ですが。 この

【信頼関係があるので、許してくれるはず】

と私が勝手に考えるのは、結構 ややっこしくなったりします。

お互いの(そうなったらいいなという想い)は違います。

 

お互いの信頼関係がないと、「許可もなく、どうして?」になりかねない話って結構あるのです。

 

夫婦関係も同じ

あー言った

こー言った

それは違う

という すれ違い。

 

親子関係も同じですよね。

 

信じるってなんですか? 

お一人、お一人に聞いて見たいです。

 

許し合い

認め合えて

支え合うものとしましょう。

 

はじめは信じていた、けど、 一言嫌なことを言われたからって即 分れる 離れる 会いたくないですか?

 

今の子ども達も 持久力ない 体力ない

あきらめが早い そんな子が増えていると言われています。

 

だからこそ 

書を通してあきらめない心

を学んで欲しい!のです。

 

 

自分の書いた字は 習い続けることを続けてさえいれば

クラスで一番上手になるのです。(房仙会実績より)

 

房仙会で変わった人、書き切れません。

 

遊び文字でない

文科省の指導書に書いてある

整った字を書けるようになるのです。

 

整った字の定義を答えられない先生に教えてもらってどうするのでしょう?

書けますか?書けません!

 

だから  私は提案し続けます。

だけど だって と言う心を持っていたら

素直に上達はしないのです。

 

上達するこつは

素直なこころなんです。

先生を信用することなんです。

 

続けられる人は乗り越えられない苦労はなくなります。

お稽古は続けましょう。

 

自分が信じられなくなったら 終わりです。

全てが終わります。

 

 自分のしていることは

自分が一番よく分かっています。

 

 あなたが思った通りに進んでいいのです。

 

それで出した結果はあなたなんです。

 

誰のせいにもしない人生。

 

書を通して学んで見ませんか?

正解をいつも求めませんから。

 

書だけで 習うだけで 人生変わります。

 

房仙流指導方を受けて

人生変わった人は沢山います。 

 

私は愚かと言われようが

馬鹿と言われようが

弱い人間だと言われようが

 

続けられる。

続けてきた!これが自信です。

 

書には書くあなたしか見えない景色がある。

思うように書けないものです。

書けなくていい。

最初から書ける人なんて誰もいない、必ず考えず書けるようになるのです。

それまでは修行だと思って書き続けてください。

きっと私への想いも込めて書いてくれた文章でしょう。

感謝です。

 

 最後まで読んでくださった方。

ありがとうございます。

個人的にコメントいただけると嬉しいです。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

書いた文字を観て、感動してくれて。
涙してくれる人がいる!

それがありがたくって
嬉しくって・・・・。

理屈抜きで自分も感動する。

それがライブ。

ライブ大好き!

私の拙書で良ければ
どこでも行って書きます。

書かせてください。

 

ようこそ  平和から始まりました。

 

 

三島から二人の生徒が前日入りして手伝ってくれました。

一人は緊張し、一人は何かもう壁がなくなり、良い感じにリラックスしていて。とてもよいコンビでした。

 

何か指示は夫がしてくれます。

私は反発もしますが。

こういうときは、ただただ

「はい!」と聞き、ありがたい存在です。

 

 

毎年、和ませてくださりありがとうございます。

私は名前を覚えません。ごめんなさい。お名前教えてくださっているのに。

 

{CF5161FA-8465-4791-A287-F97E3C7B81D3}

尊敬する

吉田正裕大上人様
{577D00BA-1839-4D0C-9A39-5BE5B2227138}
 

 

なんと、東京校の生徒の同級生と言う方が来てくださり。

類は類をといいますが、とても素敵な人でした。

 

岡田耕一さんと言って、大阪校の生徒さんです。

写真撮ってくれました。

1000枚以上撮ってくださり、まだ整理中。

 

 

空海が最初ともした火を1200年以上も守り抜いた

尊い火で、大上人様のお経でお炊きあげされる鶴。

平和を祈り続けたいものです。

この3人でがんばりました。

折重由美子さん、前田順三さん、息ぴったりで素敵な演奏でした。

 

観に来てくださってありがとうございます。

観てくれる人がいないとライブこそ盛り上がりません。

折重由美子さんの御両親です。

image

吉田正裕大上人様 いつも見守ってくださりありがとうございます。

 

南高等学校の素敵な生徒さんが取材してくれました。

何かのコンクールに出すとのこと、責任重大。

 

また来年9月23日にお会いしましょう。

決まりました。

 

こちらの写真提供は

大阪校の下井田紫津子さん

岡田耕一さん

青木美保さん

鈴木良子さん

松原くにえさん

 

ありがとうございます💕

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

9月24日に行われた「平清盛生誕900年前年祭」に参加してきました。

毎年1年に一度 広島へ行き、書かせていただいていて5年目となりました。

 

大聖院で行えるということは

書道家の私にとってはもうありがたい!の一言です。

 

標高535メートル 神の島とされた宮島の主峰 

弥山(みせん)に建つお寺が

【宮島弥山 大聖院】です。

 

【弘法大師(空海)が開祖】したと言われ、修行の祭、炊かれた霊火が1200年以上たった今も燃え続けている由緒あるお寺です。

 

その庫裡で着替えをさせていただき、またお上人様に直々お土産まで頂戴し

恐縮です。

今回思い切って、お土産を披露します。

たぶん一押しのお土産でしょう。次回行った時の参考になれば嬉しいです。

 


 

 

 

正倉院さんの庫裡(くり)  には、代々の首相の書が何気なく飾ってあるのです。

伊藤博文の書もあり、「日本三景の一の真価は頂上の眺めにあり」のことばは有名です。

 

 

 

{FB6C3376-6516-49D7-89AA-8EBF094A02E0}

 

 

{9E067B50-8D9D-4C89-B025-EC76BE8BEDD8}

  

毎年着付けを担当していただく澤井律子さんも、今年は一緒にお寺まで来てくれて

着付けしてくれました。

 

{CD6EDA71-6B62-4DB4-B370-1E2E4B9654A5}

 

 なんと言ってもこの方がいなかったら、広島に行くこともありませんでした。

 

強く深い友情と信頼関係があればこそ。

 

折重由美子さんのクラビオーラとの共演。聴いた人の心を一瞬でつかむことができる大好きなアーティストです。

 

10月13日

米子 東光園にてコラボあります。

観に来て、聴いてください。

 

 

{32D05128-4CB7-47A8-B3EA-92E71A581442}

 

 お部屋では早くから来た米子の生徒たちが紙の準備。

米子を朝5時に出発(井口由美子・岩宮紀子・仲石悦子・松原公仁枝)

 

何を書くか、必死で筆と紙と色を決めてくれている三島の生徒たち(鈴木良子・芹沢康子)

 

カメラ班としてそれぞれがカメラを持参して撮ってくれた大阪の生徒たち(青木美保・岡田耕一・下井田紫津子)

 

石井真奈さんご家族

福山の奥野さんグループ

広島の濱邊さん

寺嶋伸悟さんのお友達及川玄さん

折重由美子さんのファンの金田英明さん

平石智子さん

 

 

 

{D2711EAA-985A-47D8-8CF6-C8E712F61ED8}

 

 見守ってくれて

声かけてくれてありがとうございます。

 

5回目にして初めて落ち着いて準備を終了しました。

 



 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)