• 19 Nov
    • 防災ママカフェin京田辺に企画&開催協力しました!

      昨日、11月17日(金)に『防災ママカフェin京田辺』が開催されましたようやく京田辺、関西のママたちに子どものいのちを守るためにできること、防災ママカフェをお届けすることができ感慨深いですというのも、京都府京田辺市は防災ママかきつばた代表のかずちゃんの生まれ育ったまちなのです・・・!結婚し、子育てしながら、災害に備える活動をしているとき、ふと地元はどうなのだろう・・・と調べたとき、驚きの想定が・・・さらには、土地開発がすすみベッドタウン化が進んでいて、子育て世代が多く住んでいます。住んでいる友達に聞いてみても、全然知らなかった!ということが。私自身も調べてみるまで知りませんでした。知って備えてこの京田辺市と上手に付き合って住んでいてほしい!こうしちゃおれない!『防災ママカフェ』を開催せねば!!かもんさんに決意のメッセージを送り、京田辺市に帰省のときにお世話になった子育てひろばのようこさんにメッセージをし、共感してくださるママさんを紹介していただけないか聞いてみました。そして出会ったのが主催をしてくださった『3.11ゆいネット京田辺』のよっしーです。あれから約1年少し・・・。愛知と京都と距離はありますが、帰省の度によっしーと話し合い、インターネット上でやりとりしまくり、開催の約1カ月前には、参加や協賛金のお願いや、プレスリリース、当日の流れなどメールで話し合いまくり、距離を感じさせない仲間となれたのではと思います(チラシもデザインしました~!裏面もぜひ見てくださいね!)私自身も京田辺、関西の子育て団体さま、企業さまと繋がることができてとても嬉しいです。そんなこんなで、想いがつまりまくった『防災ママカフェin京田辺』を簡単にですがレポ!!たくさんのママたちお子さんたちがお越しくださいました!50組定員のところ満席御礼!64名の親子、支援者が参加!!被災地のママたちの声・・・あのとき、どう生き残ったのか、生き残れなかったのか・・・涙ながら真剣に耳をかたむけるママもいました。常に進化し続ける『防災ママカフェ』。かもんさんの6年間の経験・想いがいっぱい詰まっています。きっとママたち、子どもたちの未来は変わります。地震は備えることができる。そのとき、後悔しないためにも、今できることをはじめましょう。京田辺市では、南海トラフ大地震の被災想定のほか、活断層で直下型の地震が起きたときの被災想定、ほか洪水・土砂災害などの被災想定もハザードマップに記載されています。ハザードマップはホームページのほか、市役所、近鉄新田辺駅にある「京田辺市駅ナカ案内所」に設置配布されています。阪神淡路大震災のとき、私は小学3年生でした。おばあちゃんと抱き合っていたのを思い出します。そのときの京田辺市の震度は5。もし活断層で地震がおきたとき、揺れやすい地域では震度7という被災想定です。自分の命をまもるため、子ども、大切な命を守るため、今できることはたくさんあります。被災地のママの声、そして今なにができるか、かもんさんがママの目線で分かりやすくお話してくださいます。『防災ママカフェ』の開催情報はコチラ!お近くで『防災ママカフェ』がやっていないという方、ぜひ主催してみてください!私自身も、きっかけは参加者という立場でした。今住んでいる地域でやらねば!と決意したときは1人です。今ではたくさんの共感してくれたママたちとともに『ママのための防災セミナー(防災ママカフェin刈谷)』を開催し、約200名の親子に届けることができました。さらには、今回は住んでいない地域で開催することもできました!なので、大丈夫です!ぜひ、主催してみてくださいね!今回の『防災ママカフェ』は「3.11ゆいネット京田辺」独自の内容も盛り込んでいます♪第1部は、かもんさんによる「防災ママカフェ」。第2部は、「一緒に考えよう、これからのこと」。『防災ママカフェin京田辺』を引っ張ってくれたよっしー!切り干し大根や大豆ミート、煎り玄米などの試食も行いました♪調理せずにそのまま食べれるので、被災時にもいいですね!試食をしながら、「3.11ゆいネット京田辺」が設立するきっかけとなった、東日本大震災で避難してきたママたちのリアルな声を聴きました。京田辺市、近隣も合わせると、約100名のママたちが避難してきているとのことです。「3.11ゆいネット京田辺」の代表であり、福島県から避難されたさえこさん。避難したママたちのリアルな声はとても響きます。放射能のこと、今も調べないといまいちよくわからないと思います。兵庫県篠山市(ささやまし)が出されている「原子力災害対策ハンドブック」が分かりやすくてオススメです。私もゆいネットのみなさんから聞き、取り寄せました。「3.11ゆいネット京田辺」ではお茶会等イベントを開催されていますので、ぜひご参加くださいね!Facebookページもございます。お話を聞いたあと、参加したママたちに、『今できることはなに』をテーマにメッセージを書いていただきました。ママの決意がいっぱい!!参加者のみなさまと記念撮影みなさま、ありがとうございました!参加したママたち、ぜひご家族・お友達に伝えてくださいねなんと京都では次回開催も決まりました・・・木津川市です!次につなげることもでき、とても嬉しいです。Facebookイベントページではご協賛してくださった企業さま・団体さまや最新情報を発信しています♪「防災ママカフェin京田辺」を開催できたのもご協賛してくださったみなさまのおかげです。ありがとうございます!!また、今回メディアからの取材もありました!京都新聞 山城版 NHK「京いちにち」http://www3.nhk.or.jp/lnews/kyoto/2015744671.htmlケーブルテレビ「松井が丘あいあいコミュニケーションズ」近々放送予定!かもんさん、主催の「3.11ゆいネット京田辺」のみなさん、参加してくださったみなさま、ご協力してくださったみなさまありがとうございます!!防災ママカフェin京田辺のレポ書かれている方いないかな~と思いましたら、書いてくださった方がいらっしゃいました!!☆にじいろヨガのyucoさま☆オーブン粘土ことのはさま☆KYOTANABEMAMAのじゅんさまありがとうございますっ愛知県知立市ではちょうど1カ月後12月17日(日)に『防災ママカフェin知立西中』が開催されますっ!すでに満席御礼!!開催が楽しみです♪(こちらのチラシもデザインさせていただきました♪)また、防災ママかきつばた主催も企画しておりますので、お知らせまでお待ちくださいませ

      7
      テーマ:
  • 18 Nov
    • 防災BBQ開催しました!!

      じゅー!!わいわい美味しい『防災BBQ』!!11月11日(土)に開催しましたー!!参加者は、9組の親子とスタッフ家族合わせて、40名!!みなさまありがとうございます『防災BBQ』は、楽しみながら防災に取り組むきっかけ顔のみえる関係づくりアウトドアが防災につながるご家庭でやってみてほしいなど色々な想いを込めています。今回開催するにあたり、予行練習もしてみましたー!!そのときはカレーをつくりましたよそのときの模様はぜひブログをご覧下さい簡単ながら報告します防災ママかきつばたメンバーで準備開始ロケットストーブに着火🔥今回はなんと東海テレビさんの取材も入りましたー!!テレビ放映済&Yahoo! ニュースで取り上げてくださいました♡今回はあやさん所有のロケットストーブ、鉢りんも持ってきてもらいました!なので、3種類ものロケットストーブが登場です!ロケットストーブは、着火も簡単で、火も安定しやすいです。燃料は木など燃えるものなので、被災時にも瓦礫を使用して燃料としていました。体を暖めるストーブの機能はもちろん、鍋やフライパン等を用いて調理もできます♪防災ママかきつばたで所有していますロケットストーブ焚火缶は『ロケットストーブ学火舎』さま!!NPOサポーター「遊火人」となるとなんとお得にゲットできちゃいますよ!おすすめです準備も進んでいきますー!こちらは……自治会などで所有されていることも多いアルファ米です!!刈谷防災ボランティアさまから提供していただきました!ありがとうございますなんと……50人前!!防災ママかきつばたで、用意したBBQメニューのひとつは豚汁です!!具だけパッククッキングし、あとは温めるだけにしてあります♪そうこうしているうちに時間がやってきました!はじめのあいさつは、ママ防災士であるあやさん!!防災ママかきつばたのミッションや防災BBQを開催した想いなどをお話してくださいました!楽しい防災BBQスタート!!アルファ米は五目ごはん!みんなで分けます♪ 子どもたちもお手伝い!アルファ米、初めて食べた方も……「とっても美味しくてびっくり!」初めましての方も協力し合いましたコーン缶でコーンバター!アルミホイルのなかにはトマトとチーズ焼きが入っています♪エビのアヒージョと、イカの醤油バター焼き♪子どもたちからも大好評でした♪BBQでマシュマロ♪初めてBBQやった!子どもがいるなか、BBQやってみたいけど、やれるか不安で今までできなかった💦という方もとても楽しんでくださいましたご家庭でも、ご近所さん同士でも、お友達同士でもぜひBBQやってみてくださいね!被災時にはBBQの経験が活かされるかもしれません動画はこちら⬇テレビ放映済&Yahoo! ニュース♪

      3
      テーマ:
  • 12 Nov
    • 東海テレビ、Yahoo!ニュースに!

      《東海テレビ、Yahoo!ニュース》東海テレビさまの「みんなのニュースone」にて取り上げてくださいましたー!ぜひご覧下さいませ★Yahoo! ニュースやTwitterでも取り上げてくださいましたー!ありがとうございます!ママたちが企画「防災バーベキュー」 がれき燃料にできるストーブやアルファ米も 愛知みなさまからのご協力、応援のおかげです!これからも頑張っていきますので、よろしくお願いします

      6
      テーマ:
  • 05 Nov
    • 防災BBQ予行練習しました!

      《防災BBQ予行練習!!》こんばんはー!!本日は、防災BBQの予行練習で刈谷市の洲原公園へ洲原公園はバーベキューができるデイキャンプ施設があります参加者は、防災ママかきつばたメンバー大人5人子ども12人です以前教えていただいたロケットストーブ焚火缶を使用しました!!ご協力してくださった学火舎さんではNPO活動サポーターになると焚火缶キットがとってもお得です!焚火缶を設置!!新聞紙などを丸めて着火!薪をいれます。簡単に着火できました〜小さい鍋などが4箇所に載ります。筒のところは火力がとくに強いです🔥お湯もすぐに沸きますよみんなで調理開始ー!!今回は野菜たっぷりカレーを作ってみました子どもたちもお手伝いありがとう〜材料をきり、煮込みます!白飯はパッククッキングカレーもパッククッキングでしたが、カレーは量が多いと効率がよくないため鍋で煮込みましたその間子どもたちはアスレチックへ…そうこうしてるうちにできましたー!!美味しい具沢山カレーができました!みんなで…いただきます楽しかったねー!本番迎える前にメンバー内で予行練習ができてよかったです!!11月11日(土)防災BBQでは、五目ごはんのご提供が刈谷防災ボランティア様からございまして、カレーから五目ごはんと豚汁に変更いたします防災BBQ、わずかながら残席がございますので、お気軽にご参加くださいませお申し込みはコチラ

      7
      テーマ:
  • 01 Nov
    • 非常食DEピクニック開催報告

      本日は、「非常食DEピクニック」を開催いたしました~ファミーユ様、知立市防災ボランティア連絡会様、新地町の区長様にご協力いただき、スムーズに開催することができました!ありがとうございますおかげさまで満員御礼!ご参加のみなさまありがとうございます簡単ですがレポです避難場所である新地公園に向けて出発ハザードマップをみながら現在地を確認し、避難場所までのルートを確認しています。ママ防災士のあやちゃん、知立市防災ボランティア連絡会の中島さんからアドバイスをもらいます歩くときはところを歩き、危険はないか気を付けてみましょう・・・動いてこない・・・倒れてこない・・・落ちてこない参加者みなさまそれぞれ、お家で備えている防災リュックを背負っています。防災リュックを備えていても、実際に背負って歩くことはなかなかないのでは、と思います。実際に歩いてみて、重いと感じられた方は見直したり、まだ防災リュックを備えていない方は備えるきっかけになってほしいと思います電柱から電線等が落ちてくるかもしれません病院があります。AEDが設置されていることが多いですなどなど、何気なく歩いていると気づきませんが、危ないところ、いざというとき命を助けることができるかもしれないことなど、きづくことができましたほかにも★防災リュックは避難所に1泊することを想定して用意しましょう★普段使っている鞄やリュックに防災ポーチを入れておきましょう★避難所に行く際は、普段使っている鞄と備えているリュックを背負って、両手が空くように工夫しましょう・・・などなどアドバイスをいただきましたレッツパッククッキング避難場所である新地公園に到着しました♪パッククッキングなど災害時でも簡単に調理できる方法で、温かなごはんを作ります今日は少し肌寒い日・・・あたたかいものが食べたいですね!カセットコンロなど、家にあるととても便利です。カセットボンベもお忘れなく♪お米もポリ袋に入れて、お湯で調理します♪ポリ袋は耐熱性があるものを使用します。おうちによくストックしているポリ袋。ぜひ耐熱性のものを選んでくださいね防災ママかきつばたで用意しましたレシピはなんと6品白飯お味噌汁きな粉餅お麩のトリュフ切り干し大根のフルーツサラダ豆乳と米粉の蒸しパンほかにも持ち寄った非常食もあり、15品以上はあったかと思います各種アルファ米、缶詰、缶詰スープ、レトルトカレー、レトルトおかずなどアルファ米など非常食・防災食のものも使用しましたが、ほかは普段お家にあるものばかりです。防災だからといって、あえて備えるのではなく、普段からある食料をうまくストックしていって無理なく備えることが、ママ的にも助かりますね♪こちら内閣府で紹介されているローリングストックのすすめです★わいわいと調理しています♪一通りのレシピをメンバーのまりちゃんに教えてもらったあとは、みんなで手分けして作りましたいただきま~す!!あたたかな非常食これ美味しい!簡単!さっそくやってみる~!!などなど素敵な声がたくさん聞こえました子どもたちも美味しそうに食べてました防災グッズのご紹介「非常食DEピクニック」では楽しくワイワイしつつも、災害時のことを想定しながら開催しています!災害時、避難所にいくこと、食事をとること・・・肝心なことがまだまだあります!「トイレ」です普段の生活で食事は1日3回、トイレは1日5回程度。食事はある程度我慢できるかもしれませんが、トイレは我慢できないです。災害時によくある仮設トイレの設置ははやくて3日、遅いと1カ月以上かかるそうです。さらには、設置したとしても汚物の処理ができず、すぐに使用できなくなったり、ちゃんと管理できていないと嘔吐下痢など感染症の原因にもなります。家庭で、防災に取り組む!となると真っ先に思い浮かぶのが防災リュックかもしれません。命を守るために、家具家電固定など安全なスペースをつくること、水・食料の備蓄、トイレの備蓄を真っ先に取り組めればと思います。トイレは1日5回×家族の人数×7日間は最低用意しましょう!携帯トイレ、簡易トイレ、凝固剤のセットなど様々なタイプがあります。もう一つ!「情報」 です防災ラジオなどのラジオ、アプリ、SNS、災害伝言板、災害伝言ダイヤルなど情報を得る・伝える手段がたくさんあります。併用して普段から使ってみましょう♪ありがとうございました本日の感想をみんなでシェアし合いましたみなさんの感想を一部ご紹介安城のプレーパークで早速防災を取り入れて、パッククッキングなどチャレンジしてみます!こんな簡単にできて、とても美味しくてびっくりしました!防災の知識が全然なかったので、学べてよかったです。お家でやってみます!みなさまありがとうございますそして、今回主導してくれたまりちゃんから乳幼児をかかえるママたちへのメッセージ少しご紹介♪大地震はいつくるかわかりません。しかしながら予測としては非常に高く、いつ起こっても不思議ではないのです。その中でママとしてなにができるだろう。防災の知識をえて、実際にやってみる。そしてそれを続けていく。今日ここでみなさんが体感したことを何かひとつでも持ち帰っていただき、試していただき、周りのお友達に伝えていただけたらとても嬉しいです。私たちも1人では難しい。だから一緒に考えましょ。まりちゃんらしいあたたかな言葉で締めくくりましたみなさまありがとうございますなんと今日からメンバーが2人増えました!!嬉しいです!!随時メンバー募集しておりますので、お気軽にご連絡くださいねFacebookページにてライブ配信の動画を投稿しています♪ぜひご覧くださいませ出発踏切の注意ポイント到着♪防災リュックのポイントなどトイレの紹介などパッククッキングの説明パッククッキング調理の様子いただきます♪メディア掲載のお知らせです今回の模様を、中日新聞様ケーブルテレビキャッチネットワーク様に取材していただきましたケーブルテレビキャッチネットワーク様では本日11月1日(水)18:00~、20:00~、22:00~の「KATCH TIME 30」で放送されます♪翌日から1週間インターネット(じもテレ)でも見れますよ!中日新聞様は、11月1日(水)の朝刊の三河版にて掲載されています♪次回の活動ぜひお気軽にお申込みくださいませ♪Facebookのイベントページはコチラです

      5
      1
      テーマ:
  • 27 Oct
    • 11/17防災ママカフェin京田辺

      《防災ママカフェ情報:京都》★防災ママカフェin京田辺とき:11月17日(金)10:30-13:00場所:京田辺市福祉センター県外ですが、愛知からもアクセスがよい京都府で初開催されます!ぜひご参加くださいませ☆実は防災ママかきつばた代表のかずちゃんの生まれ故郷での開催です!愛知県で防災に取り組んでいるなか、地元はどうなのだろうと調べたところ・・・・防災ママカフェをぜひ開催したいと決意しました!京田辺で活動されている「3.11ゆいネット京田辺」さんや、いろんな方にご協力いただき、開催することができました。ぜひぜひ、京田辺はもちろん、ひろく関西の方に参加していただきたいですこちらのこくちーず(http://www.kokuchpro.com/event/cafekyotanabe/)からお申込みくださいませ

      3
      4
      テーマ:
    • 11/12あいち防災フェスタ

      《防災イベント紹介:長久手》★あいち防災フェスタとき: 平成29年11月12日(日曜日)午前9時30分から午後4時まで場所: 愛・地球博記念公園(モリコロパーク)地球市民交流センター及びその周辺(長久手市茨ケ廻間乙1533-1)参加費:無料内容:⑴ オープニングセレモニー(午前9時30分から午前10時まで)◇ 開会あいさつ(愛知県副知事 中西 肇)◇ 防災貢献団体の表彰 11団体  1.梅森台防災隊(日進市)、2.宮路町内自主防災会(半田市)、3.加木屋南コミュニティ防災会(東海市)、4.高浜の防災を考える市民の会(高浜市)、  5.津島市高台寺小学校区自主防災会(津島市)、6.川部自主防災会(あま市)、7.防災ボランティア稲沢(稲沢市)、8.あいち防災リーダー会西尾張ブ  ロック清須支部(清須市)、9.社会福祉法人王寿会小松原王寿園(豊橋市)、10.特定非営利活動法人コミュニティサポーターほっぷ(安城市)、  11.株式会社衣浦総合卸売市場(碧南市)⑵ ステージイベント◇ あいち防災キャラクター「防災ナマズン」などの紹介◇ 瀬戸市消防団応援サポーター佐藤梓(さとうあずさ)と学校法人河合塾学園真貴(まき)幼稚園(瀬戸市)園児によるライブ◇ 宇宙戦隊キュウレンジャーショー◇ 瀬戸市立效範(こうはん)小学校バトン部演技⑶ 家具固定推進コーナー(5ブース)⑷ 防災啓発コーナー(28ブース)⑸ 防災車両展示コーナー(18台)◇ 全地形対応車「レッドサラマンダー」⑹ 防災用品コーナー(1ブース)⑺ 燃料電池車「MIRAI」展示⑻ 物販・飲食コーナー◇ 釜石ラーメン・防災用非常食「ごんぱんだ」(缶入りパン)の販売◇ 話題のキッチンカー大集合!

      テーマ:
  • 26 Oct
    • 《第1回~6回議事録》乳幼児親子のための地震防災絵本PJ

      ブログではなかなかご報告できておらず申し訳ございません。『乳幼児親子のための地震防災絵本』少しづつ形になってきています第1回のミーティングは4月28日でしたそのときの模様は刈谷ホームニュースさんに取り上げていただきましたFacebookページでは簡易報告やミーティングのライブ配信をして公開しております。そのこともブログに反映していきたいと思っています。今までの議事録は、こちらからご確認ください。来月までは月の最終金曜日の10時半~12時ごろまで、刈谷市民ボランティア活動センターにて話し合いをしております。次回は、明日10月27日(金)10時半~です次々回は、11月27日(金)10時半~ですぜひお気軽にご参加くださいお茶菓子やキッズスペースご用意しております

      2
      1
      テーマ:
  • 24 Oct
    • 最新情報はFacebookをご覧くださいませ

      《最新情報はFacebook》長らくブログの更新が止まっていまして申し訳ございません『防災ママかきつばた』はバリバリ活動しております現在、乳幼児親子のための地震防災絵本プロジェクトWAKUWAKU防災各地域のイベント出展での防災啓発各地域での講演などなど取り組んでいます。最新情報はFacebookをご覧くださいませぜひいいね!してくださいねまた、随時一緒に活動してくださるメンバーも募集しております♪知立市や刈谷市のママパパさんが中心となっております。関心がある方でしたらどなたでも専門知識の有無問いません。代表も防災知識がなく、学びながら発信しております。お気軽にご連絡くださいませ。chi_co_lab@yahoo.co.jp--(高木)

      1
      テーマ:
    • 10/31非常食DEピクニック開催のお知らせ

      《非常食DEピクニック》現在残席3です♪お気軽にお申込みくださいませ★・‥‥……‥‥・‥‥……‥‥・‥‥……‥‥・‥‥……‥‥★色んな非常食が食べられます♪備えの参考になる!★防災士さんからアドバイスがもらえます!★防災を楽しみながら取り組めます!★なんと無料!!・‥‥……‥‥・‥‥……‥‥・‥‥……‥‥・‥‥……‥‥-wakuwaku防災-『非常食DEピクニック』とき:10月31日(火)10:30~13:00場所:新地公園集合:ファミーユ様駐車場(お車もこちらへ)持ち物:防災リュック(ご準備がまだの方は普段お使いのリュック)、非常食1種、水分補給するものなど参加費:無料対象:未就園児の親子、ご興味ある方でしたらどなたでもお申込み方法:メールまたは電話で、もしくはこちらのイベントページからの参加表明でも♪(https://www.facebook.com/events/129949667662857)お問合せ:chi_co_lab@yahoo.co,jp 090-3996-1868(高木)一緒に一時避難所でもある新地公園まで防災リュックを背負って歩きましょう。地域で活動されている防災士さんからのアドバイスを聞いたり、ハザードマップをみて、非常時はどうすればよいのか、今何をすればよいのか学べます。新地公園で非常食をつくり一緒に食べましょう!主催:防災ママかきつばた協力:ファミーユ様、知立市防災ボランティア連絡会様あいちモリコロ基金助成事業

      テーマ:
  • 05 Jun
    • 刈谷ホームニュースに掲載されました♪

      刈谷ホームニュースの2017年5月20日号に、防災ママかきつばた企画の『乳幼児親子のための地震防災絵本プロジェクト』の第1回絵本ミーティングの様子を掲載していただきましたー!!たくさんの方にご協力いただいております。感謝でいっぱいです!これからも随時募集しておりますちょっと気になる!という方もお気軽に絵本ミーティングにきてくださいね♪次回は、6月30日(金)10:30~(12時には終了予定です)、刈谷市民ボランティア活動センターで開催します。11月までは、毎月最終金曜日の同じ時間帯・会場で開催します。参加表明をメールにて頂けますと助かります⭐chi_co_lab@yahoo.co.jp直接会場でも大歓迎ですよろしくお願い致します掲載してくださいました刈谷ホームニュースのみなさまありがとうございます

      7
      2
      1
      テーマ:
  • 05 Apr
    • 東海テレビニュースone「子どもを守るママ防災」

      メディア掲載のお知らせです♪テレビです明日、4月6日(木)東海テレビニュースone16:49~19:00の番組内のどこかで「子どもを守るママ防災」防災ママかきつばたが出演します非常持ち出し袋=防災リュックの紹介、お子さんと遊びながら防災を学んだり、実際に避難所まで歩いていったり、防災ママかきつばたの会議風景だったりと内容盛りだくさんですぜひご覧下さいませ東海テレビ ニュースonehttp://www.tokai-tv.com/smp/minnanonews/

      4
      1
      テーマ:
  • 12 Mar
    • 刈谷市のまなぼうさいに参加しました!

      東日本大震災から6年の2017年3月11日。各地で防災イベントが開催されています。知立市防災講演会の様子はコチラ♪刈谷市の『まなぼうさい』にも参加しましたいつもお世話になっています、刈谷市民ボランティア活動センターを運営されている愛知ネットのみなさま、ありがとうございます防災ママかきつばたは、「こども情報カード」お子さんと離れてしまったとき、お子さんを助けるカードになります。お子さんの情報、家族の連絡先などを記載し、家族写真を貼ります。「非常持ち出し品ゲーム」防災リュックを備蓄されていますか?お子さんが背負って避難所までいける、子どものための防災リュックを考えます。実際に中身を考えて、重さを体感してみましょう!「防災グッズの展示」実際にメンバーが備えている防災ベストや、防災リュックなどを展示。防災ベスト!とっても便利ですー!必要なものをサッと取り出せます。頭を守るヘルメットや、粉塵から守るためにゴーグルやマスクも必須アイテムですたくさんの防災グッズから必要なものを選び、重さを計算します。実際にその重さを体感します!この重さを背負って避難所までいけるかな? 『まなぼうさい』では、刈谷市で防災に取り組むたくさんのブースがあり、お子さま連れの方もとっても楽しめて学べるイベントです!ぜひ来年もお越しくださいねたくさんのブースのなかの一部ですがご紹介します起震車のように地震を体験できる『こなまずごう』!液状化現象がどういうものか分かります!地震の紙芝居も開催されています!炊き出しも!赤十字奉仕団さんの炊き出しでは内容表示がされており、アレルギーをお持ちの方も何が入っているかすぐ知ることができますね!ホットタオルも作れます♪少しのお湯で作れます!お風呂にはいれないときに、タオル1枚でサッパリでできます!刈谷防災ボランティアさんのブースでは、防災倉庫の中をみてみよう!というパネルがありました!防災倉庫ってなかなか見る機会ないですよね、パッと見て何があるか分からない(><)非常食やトイレも市の備蓄品では全然足りません!!自分たちで用意することが生き延びるために必要です。備蓄については、知立市講演会で学びましたのでぜひコチラをご参照ください♪主催してくださった愛知ネットのみなさまありがとうございます!本日12日(日)も各地で防災イベントがあります。Facebookでもイベント情報を発信しております♪

      6
      テーマ:
  • 11 Mar
    • 知立市防災講演会に参加しました!

      イベントレポが実はたくさんたまっていますが...そちらもいつかはちゃんとアップしていきたいです!!!東日本大震災がおこり6年が経ちました。各地で防災の講演会やイベントが行われています。 被災することのリアルを知り、近い未来必ずおこる災害に備えていくことが、今を生きるわたしたちにできることの一つだと思いました。本日は、知立市防災講演会『片付け備蓄が命を繋ぐ~過去の震災から学んだこと~』に参加しました。講師は防災アドバイザーの岡部梨恵子氏です。防災イベント情報はFacebookページにて随時発信しています♪ぜひご覧下さいませ。メモですが...よかったら読んで下さった方の参考になりますように備蓄(はじめる前に)防災行動のハードルは「荷物が多くて片付かない」こと!備蓄しようとしても置き場がない、備蓄してもしまい込んでしまっては忘れてしまう!!まずは片付けしていく!片付けは、まず1年使ってないものを考えることから。1年使ってないものは、2年3年と使わない!備蓄(方法)ローリングストックは横にスライドさせる!!!岡部さんのブログに分かりやすく書かれています♪「防災」がつくことで値段がぐんと上がる。普段使っている食品も1年もつものも多い。防災にこだわらずローリングストックでやろう!栄養バランスを考えて備蓄する。Aご飯炭水化物、B肉類、C野菜果物などと分けると備蓄しやすい。住んでいる土地の災害想定に合った備蓄をする!倒壊の可能性があるなら備蓄品は2階、津波の可能性があるなら、高台の倉庫などに備蓄する。冷蔵庫は備蓄になる!保冷剤を活用してクーラーボックスにできる。しかし、冷蔵庫は転倒しやすいため、しっかり固定しましょう。ウォーターサーバーも固定されていない家庭が多い。小さなお子さんがもしサーバーの近くにいたら...。ウォーターサーバーも固定しましょう!収納できる場所は限られてくるため、リビングや廊下収納などあらゆるところに分散させて備蓄する。しかし、場所には注意(トイレに大量のトイレットペーパーは不衛生...など)。備蓄(おすすめ)防災グッズは100均でもそろうが、100均の品質とメーカー品の品質と選び考えることが必要。アルミ毛布...100均:ガサガサと音がうるさい、メーカー品:静か、カラーがあるものも。栄養と日頃親しんでいるを考えて備蓄する。1日分とれる野菜ジュース(便秘解消にも)、みかんの缶詰(甘いものが欲しくなる)、常温保存できる牛乳が備蓄におすすめ!1番は水!1日1人3リットル×家族分×1週間は最低限備蓄。次に、カセットコロン&ボンベ!トイレットペーパーなどの紙類。携帯トイレはこちらのBOSがおすすめ!驚異の防臭袋 BOS (ボス) 非常用 トイレ セット 15回分【凝固剤、汚物袋、BOSの3点セット ※防臭袋BOSのセットはこのシリーズだけ!】1,944円Amazonこちらほんとに臭いません!!その他防災避難所では子どもの虫歯が多い!子どもを安心させるため甘いもののダラダラ食べやゲームの生活が原因。地震発生後、家族と集合するには、必ず細かな集合場所&時間帯が必要!狭い避難所でも1週間も会えなかった家族もいる。さらには子どもは寒くても暑くても家族と会えるまで集合場所で待っているかも。せっかく生き残ったのに、命を危険にさらしてしまう。マンションやアパートにお住まいの方は水漏れに注意!地震発生後は配管が壊れている可能性が高い!トイレや台所の水を流すことで、階下に水漏れになれば賠償請求の対象になる可能性があります。家具固定は、「絶対大丈夫」はありません。しかし、逃げるときの時間かせぎになります。配給ひとつで長時間並ぶことは辛いですし、ましてや小さなお子さんがいたら相当しんどいです。そうならないために、自分たちのことは自分たちで備えることが大切です。わたしも、いつどこで地震が起きても逃げれるよう、家全体をすこしずつでも片付けていき、日頃から生活しやすい備蓄方法、備蓄品を揃えるよう取り組んでいきます! 講師の岡部梨恵子さん、主催してくださった知立市のみなさまありがとうございます!昨日から販売されている「MAGAZINE HOUSE MOOK クロワッサン特別編集[最新版]女性目線で備える防災BOOK」に岡部さんが掲載されています!

      1
      テーマ:
  • 03 Feb
    • 1/26子どものための防災リュック&お菓子ショルダー 参加者さまの感想♪

      1月26日に開催しました「子どものための防災リュック&お菓子ショルダー」に参加してくださった方の感想をご紹介うれしいことに、参加者さま全員がお子さんのために防災リュックを備える!!と答えてくださいました大地震でなんとか生き残ったあとは、子どもと生き延びること!!避難所にいっても何もないと考え、自分たちの分は自分たちで備えましょう。大人はなんとか我慢できても、お子さんは我慢できません。お子さんのためにも、備えていきましょう。備えについてはコチラで♪わたし自身も4歳の息子を子育て中で、気になる講演会や学べる講座があっても参加できないことが多かったです。お子さんと一緒に学べる講座を今後も開催していきます!防災ママかきつばた以外にも、防災に関するイベント等開催されているところが多数あります!他団体さまのイベント情報はFacebookで主に発信していますので、ぜひご覧になって参加してみてくださいねひとりでも多くのママたちに知って備えてもらえますように・・・

      2
      テーマ:
    • 12/12家具固定ワークショップ 参加者さまの感想♪

      12月12日に開催しました「おうちですぐできる!家具固定ワークショップ」に参加してくださった方の感想を一部ご紹介します「家に帰って早速家具固定したいと思います。」「赤ちゃんがいることを考えた防災対策をしることができてよかった。」などうれしいコメントをいただきましたまずそのときを生き残るには、少しづつでも家具固定をしてくださいこれからお家を購入予定の方は、その土地の地盤なども考慮ください参加してくださったみなさまありがとうございます!

      テーマ:
  • 28 Jan
    • 《2》防災ママペーパー2まいめ

      お待たせしました!「防災ママペーパー2まいめ」発行しました♪今回は、前回の防災ママペーパーを深堀りしまして、生き残るための『家具固定』生き延びるため『こどものための防災リュック』を取り上げました!PDF:ダウンロードはこちらからお願いします♪防災ママペーパー2まいめ1P防災ママペーパー2まいめ2P

      テーマ:
    • 子どものための防災リュック&お菓子ショルダー

      平成28年度ラストのママのための防災セミナー!『子どものための防災リュック&お菓子ショルダー』1月26日(木)に刈谷市民ボランティア活動センターにて開催しました28人の親子が参加してくださいました今回は、お子さんと生き延びるために必要な防災リュックを備えてほしいお子さんと楽しみながら備えてほしい日常的に、親子で防災について考えれたらという思いをこめました少人数開催なこともあり、お子さんはキッズスペースで遊んだり、お茶菓子を食べたり♪ママも学びながらもほっとできるような場になったと思います。はじめに第1回ママのための防災セミナー(防災ママカフェin刈谷)から半年以上経った今、改めて、なんのために備えるのか、被災のリアルを知ってもらいたいと思い、被災地の映像をながしました。ママのための防災セミナー『絶対役立つ家具固定講座』『家具固定ワークショップ』のプチ復習にもなりました真剣な面持ちでみているママたち。YouTubeなどで検索するとたくさんの被災地の映像がありますので、ぜひお時間ある方はご覧下さい。子どもののための防災リュック防災士として活躍しているあやさん&防災ボランティアとして活躍されている順子さんに『子どものための防災リュック』の必要性をお話してもらいました防災リュックは避難所に1泊することを想定したものです。あやさんの説明、心に響きました!!いつどこで災害に巻き込まれるか分かりません。いつものママバッグにはお子さんの着替えやお菓子など入っていると思います。そこに少し防災グッズをプラスすることで、対策になります。お子さんの成長ははやいです!防災リュックの中身の見直しも短期間が望ましいです。お子さんが歩けるようになったら、お子さんにも防災リュックを用意しましょう!防災リュックの中身の提案は《防災ママペーパー2まいめ》をご参照ください♪ご家庭によって必要なものは変わってきます。アレコレと必要に感じますが、お子さんによっては背負いきれないことも... 「非常持ち出し品ゲーム」を使って、実際に重さをお子さんやママに感じてもらいました!「非常持ち出し品ゲーム」とは、様々な防災に必要な品(重さも)をカードにし、そのカードを必要だと思う数だけとります。そのカードに書かれた重さを合計して、防災リュックの重さを知ります。防災士のあやさんのアイデアで、実際に防災リュックの重さを感じてもらいました♪空の子どもリュックにその重さ分のペットボトルを入れて、目安を感じてもらいました!背負っている様子です♪「重くて背負えないみたい」「背負えた〜!!」「思ったより重い!!」などなど色々な声が聞こえましたこの重たい防災リュックを背負い避難所まで歩きますので、より厳選して必要最低限なものに抑えたいです中身はご家庭によって必要なものはちがっていますので、今回を通して、ご家庭でよりより防災リュックを用意できるお手伝いとなれば嬉しいです。コープあいちさまよりお菓子のご協力とお菓子が防災食にもなることの説明お菓子ショルダーをつくるときに使用しますお菓子をコープあいちさまにお願いしました♪お菓子を選ぶときも、コープあいちさまと防災ママかきつばたとともに乳幼児親子のみなさんのことを考えて選びました♪被災時は貴重になる水分をとりすぎないよう、ビスケット類に偏らせない栄養素があるものお子さんが喜ぶものコープあいちさまからのご説明から一部ご紹介♪非常食はいざというときお子さんは嫌がって食べない場合もあります。普段から食べ慣れているものを用意したいですね。非常時は、お子さんはショックでなにも食べない場合もあり、「お菓子」はお子さんの気持ちを落ち着かせる方法の一つになります。お子さんを思い浮かべながら、お子さんの食べ慣れているもの、好きなものを用意してみましょう。賞味期限が短いものや、水分がほしくなるもの、歯にくっつきやすいもの、夏場のチョコレートなど気をつけてくださいね。意外とおすすめなのがポップコーンだそうです。食物繊維やビタミンなど栄養素も入っています!分かりやすく説明してくださいました♪実際に試食もしながらなので、和気あいあいな雰囲気でしたお菓子ショルダーづくりあいちコープさまからのご説明のあとに、お菓子ショルダーをつくってみました!まっちゃんが説明してくれました〜!ご家庭にあるポリ袋、テープ、紙、紐、お菓子があればできちゃいます!かさばらないので、そのまま防災リュックに入れれますし、お菓子ショルダーを身につけて防災リュックを背負うこともできます。アップで撮れていませんが、可愛いくまさんやねこさんが《 名前、賞味期限 》が書かれた紙をもっています♪防災リュックやお菓子ショルダーにはお子さんの保護者の連絡先やお子さんの情報が書かれたカードなどを入れておきましょう!参加者のみなさまに記入していただきました!こちらのこども情報カードを作成しました♪随時イベントなどでも配布していきます♪これからよりよいこども情報カードにしていきます!お菓子ショルダーとっても可愛いです!とっても簡単なのでお子さんと一緒につくれちゃいます♪防災って、難しい...大変そう...というイメージはあると思いますが、せっかく取り組むなら楽しく備えたいそれが生き延びることにつながります!ご協力してくださいました、コープあいちさま、刈谷市民ボランティア活動センターのみなさまありがとうございます!ご参加してくださいましたママ、お子さんたちありがとうございます!みなさまからいただいた感想も近々ご紹介しますね→ご感想はコチラで紹介しております来年度もよろしくお願いします*ˊᵕˋ*防災ママかきつばたでは、随時一緒に活動してくださるメンバーを募集しておりますので、ぜひお気軽にご連絡くださいchi_co_lab@yahoo.co.jp

      2
      テーマ:
  • 25 Jan
    • 《1》防災ママペーパー創刊号

      そういえば公開していなかった・・・!!!とっても遅くなりましたが、昨年6月に発行しました防災ママペーパー創刊号です。はじめての発行ということもあり、刈谷市知立市での想定されている地震での被害乳幼児の親子にとって問題となるものその対策としての知識や備え実際に考えて取り組むことが大事!家族の行動計画など盛りだくさんの内容です♪PDF:こちらからダウンロードしてご覧ください♪防災ママペーパー創刊号1P防災ママペーパー創刊号2P

      テーマ:
  • 14 Dec
    • おうちですぐできる!家具固定ワークショップ

      12月12日(月)に、ママのための防災セミナー第4弾『おうちですぐできる!家具固定ワークショップ』を開催しました!12月は大掃除の季節です。大掃除してピカピカにして、ついでに家具固定もしちゃいましょう!家具固定をテーマにしたセミナーは2回目です。前回の様子はコチラせっかくやるならパワーアップしたい!今回は、前回も講師できてくださいました豊田市の藤岡防災クラブ代表の宮地成美さん、会場からすぐのホームセンターコーナン知立店さん、賃貸不動産も取り扱われる野村開発さん、前回もご協力していただいた知立市防災ボランティア連絡会のみなさんご参加してくださった、知立市安心安全課の職員さんと、地域の防災団体×企業×行政とコラボできました!防災ママかきつばたは、乳幼児親子に向けて防災啓発してますが、ママたちだけではなく地域で活動されているいろーんな方と一緒に取り組みたい!お互いに知って欲しいと思っていますので、今回も近づけて嬉しいですご協力してくださいましたみなさま、ありがとうございます!それでは簡単にですが一部ご紹介しますまずは宮地成美さんによる家具固定ワークショップ!小さなお子さんがいる家庭での防災対策についてお話してくださいました《赤ちゃんを守る態勢》地震が起きたとき、小さなお子さんでしたら、お子さんを守るためには、お子さんの頭をママの股の間に入れお尻を抱え、座ってお辞儀をするようにお子さんに覆い被る態勢をとるのが望ましいそうです。普段からスキンシップ・遊びながら、いざというときお子さんのいのちを守れるママになりましょう!《赤ちゃんのミルク》ほかにも、赤ちゃんのミルクをつくる際、飲料水にも気をつけて備蓄しないといけません。硬度40%未満の軟水が適しています。もしミネラルウォーターであった場合、栄養を多くとりすぎることになり、赤ちゃんの負担が大きすぎて下痢を引き起こす可能性があるそうです。地震が起こったとき、その瞬間に生き残るため、そしてその後逃げるため、家の中を安全にしないといけません。家具固定の方法を学びました!こちらは転倒防止プレートの説明です。このように家具の手前に差し込むことで、家具の重心を壁側にもっていくことで、前に倒れづらくなります。こちらは転倒防止の耐震マットです。テレビや電子レンジなどなど倒れやすいものに使用します。前回も好評でした体験!飛散防止フィルムを実際に貼ってみました!宮地さんのお話の後に、賃貸ではどうするの?という声があり、野村開発さんへの質問タイムでした!家具固定はしていいの?飛散防止フィルムは貼ってもいいの?などなど質問がでました不動産を取り扱う会社や大家さんによって、方法は違いますので、お気軽に相談されてみてはいかがでしょうかその後は、コーナン知立店さんの防災グッズの紹介です♪店頭でみてても、使い方が分からなかったり、お家の家具等んに対応しているか分からなかったり・・・実際に使って紹介してくださり、とても分かりやすかったです!こんな防災グッズもあったんだ!と発見もありましたこちらは、通電火災を防止するための防災グッズ「簡易タイプ感震ブレーカースイッチ断ボールⅢ」です!詳しい説明はコチラの商品ページへ生き残るための家具固定グッズはもちろん、生き延びるための防災食など幅広く取り扱っています!宮地さんがご紹介された防災グッズもほの揃えているとのことです!ぜひコーナン知立店さんへ家具固定のワークショップ、防災グッズの紹介のあとは・・・司会のあやさんの提案で車座になっての質問タイムスタートさらにはおいしい防災食パンの缶詰、ビスコ缶の試食を行いましたいろんな種類がありますね試食しながら、みんなでまぁるくなって、気楽に質問し合いましたさいごに知立市防災ボランティア連絡会さんからパネル展示の紹介♪熊本地震が起こったとき、すぐに支援に行かれたとき、本震も体験された会長。被災者にならないために、日ごろから備える大切さを教えてくださいました!終わりの言葉をスタッフのまぁちゃんが素敵に締めてくださいましたご協力していただきましたみなさまありがとうございます!!!参加してくださった方の感想はコチラ次回は、1月26日(木)に『子どものための防災リュック&お菓子ショルダー』開催します!お子さんと生き延びるために必要な防災リュック・・・中身には何が必要か?を防災士のあやさん、防災ボランティアの順子さんと一緒にみんなで考えますお子さんの大好きなお菓子!そんなお菓子もぜひ防災食としてストックしてほしいです。お菓子も賞味期限が長いもの、栄養素が高いもの、なによりお子さんの安心感にもつながります。今回は、コープあいちさんのご協力により、安心安全で防災食に適しているのではと一緒に考えましたお菓子を使ってお菓子ショルダーを作ります。ぜひご参加ください!!・・・なのですが、すみません昨日の段階で、満員御礼となりまして、キャンセル待ちとなります。今回限りではなく、来年度も開催したいと思っていますので、ご都合あわなかった方、参加できなかった方はぜひ来年度よろしくお願いいたします!

      2
      テーマ:

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。