acullhie「cry no more」MV制作秘話

テーマ:

僕らが制作に関わらせてもらったacullhie「cry no more」MVが公開されました。

acullhie「cry no more」MV


【制作スタッフ】
制作    Bori、吉岡 秦介(ima studio)
監督    Bori
脚本    acullhie、Bori、吉岡 秦介
撮影    吉岡 秦介(ima studio)、セオサユミ、Bori
編集    Bori



 

acullhieのギター兼ソングライターであるenjuさんとは前のバンドArere?時代からの知り合いで、今回のMVは制作依頼を受けて企画段階から数えると1年以上を費やしてようやく完成しました。このMV撮影の為にブラック・ボーリー号は2回も捕まってしまいました(苦笑)…こうして何とか完成できて本当に良かったなとホッとしてます。



acullhieはライヴ活動よりも創作活動(アルバムやMV制作)の方を主軸にしてるバンド/ユニットで、アルバム用の楽曲から複数の映像制作者にMV制作を依頼してるところが面白い展開でした。その中でこの楽曲ではVJを組合せたMV制作をしたいとのことでVJ活動している僕に打診があり、MV制作を引き受けたという経緯です。

ただし、僕自身がバンド活動からVJ活動、その他諸々忙しい身なので「興味を持てる脚本であること」と「制作期間がかかる」という条件で引き受けることになりました。その時点でまさかこんなに完成が遅れるとは思ってもみなかったけれど…




このMVは大きく分けて2つのシーンがあり、海でのストーリーシーンと室内での演奏シーン、そしてVJを駆使してその2つを繋ぎ合わせたという。acullhieのメンバーと共同で脚本をまとめた時点でこれはなかなか面白い内容になるぞ、と実感が湧きました。



2016年8月頃、海のシーンのロケ地を決める為にacullhieメンバー全員とブラック・ボーリー号に乗って候補地巡りをしました。新宿駅で待合せた僕らはブラック・ボーリー号に乗船していざ出発!という開始早々10分ぐらいで交通違反で切符を切られるハメに…運転手でもある僕の不注意ですがね。

そして2017年10月頃、千葉の雀島というところで海のシーンを撮影しました。実はこの日も新宿駅でメンバーと待合せていざ出発!という開始早々15分ぐらいで再び交通違反…もちろん交通ルールを遵守することが大事なんですが何であんなに厳しく…



撮影はいつもお願いしている吉岡泰介氏(ima studio)とフリーフォトグラファーのセオサユミ氏、そして一部Boriが担当しました。良いカメラを使うとひとつひとつのシーンに説得力が増しますね。

撮影は現地到着した午後から夕方までで撮影して持ち帰った動画を仮編集し、2つの編集バージョンを制作しました。いわゆる正統派な「ポップ・バージョン」と明暗を活かした「アート・バージョン」で、結果的に2つのバージョンを融合した「ポップアート・ミックス」を採用することにしました。



その後、しばらく作業中断してたけれど2017年5月に都内某所にて室内での演奏シーンを撮影することになり、前に編集しておいた海のシーンをVJ映像に組み込んで、バンドメンバーと重ねた演奏シーンを撮影して再編集しました。

ちなみにこのスタジオは以前にstrange world's end「窒息」MVを撮影したところで、その時の経験と反省点がアップデートできたなと思います。


…最終的に約2.5本分のMV編集をしてようやく完成に漕ぎ着けた形になりますね、レイヤーは2.5層という感じです。タイミング調整とかいろいろ大変だったけれど新しい手法を習得することができたし、僕自身にも良い経験になりました。

 

楽曲がポップということもあってMVも淡いライトな感じに仕上がりましたね。




今回のMV制作を依頼してくれたacullhieの皆さんに感謝します。

願わくばこのMVがいろんな方々に拡がってもらえると制作者として嬉しいです。

Bori(LosingMySilentDoors/音景-Onkei-)

 

AD

8/1(火)は東京国際フォーラムへシガー・ロス(Sigur Rós)来日公演を観に行きました。前回観たのが2013年5月の日本武道館だったので約4年ぶりですね。彼らの切り開いたポストロック的な音楽性もさることながら、VJ映像のセンスやステージ舞台装置の演出など毎回、目を見張るものが多くて多角的に刺激を受けて来ました。

チケットはもちろん争奪戦で僕の応募した抽選はハズレてしまったけれど、一緒に行く仲間が確保してくれたので助かりました。

僕らにとってシガー・ロスはビョークに並ぶ音楽界の至宝を体験しに行くようなものですからね。


 

この日の来日公演を心待ちにしてた知り合いがたくさん観に来てたようで、後からSNSで知り合いがこぞって足を運んでたのを知って、とても嬉しくなりました。大好きなアーティストの話ができるのは嬉しいものです。

雨が降りしきるJR有楽町駅から東京国際フォーラムへ、待合せた仲間たちと合流して、物販でTシャツを買って、エスカレーターを昇っていく。僕らの座席はL側2階席のほぼいちばん上の遠い...ステージを正面から観るのでなく斜め上から見下ろす感じ…彼らの音楽を真正面から体験することができない分、ステージ舞台装置の仕組みなど客観的に観ることができて良かった。



 

前回観たライヴの時からメンバーが1人抜けて3人体制になったのだけど、今回はメンバー補強して音を埋めることもなく、「3人だけのシンプルなライヴ」が前提となっていて、ヨンシーの美声も含めて改めて楽曲の力を再確認する場となりました。

ライヴは前半・後半の二部制になっていて、前半は静かに始まりシンプルで静かめなセットリスト中心、それに合わせてVJ映像やステージ演出も極力シンプル、シンプルな中にも1枚1枚のセンスの良さが光ってました。

20分ぐらいの休憩になったのでドリンクバーに行くと知り合いに遭遇できて前半について語れました。1人はこれから自分のライヴがあるからと半分だけ観て去って行きました(笑)



 

後半はやや大きめの楽曲やお馴染みの楽曲中心で、それに合わせてVJ映像も、ステージ照明も派手にリンクして、途中でヨンシーの動きが止まってみんなが息を飲むシーンもあったり、最後はフラッシュがビカビカと大点滅してフィナーレ。

VJ映像に「Takk…」の文字が浮かんで、メンバー3人が2回も深々と頭を下げて、ステージを去って行くと、いろんな感情が頭を過りました。



 

…ここ最近、自分自身がアルバム制作やVJ業務が忙しくて、新しい音楽を作る・歌を歌う、という基本的な部分を忘れがちになってたけれど、改めて音楽は歌心を中心に演奏やサウンドにつながって、そこから照明やVJやイベントなどで外側へ拡がっていくものだから、再び歌心を思い出すことがこれから大切な道標になると再確認できました。

VJ映像でもシンプルながら魅力的な演出が多いに刺激になったし、LEDバーを自由自在に点灯させるのはいつかやってみたい、いつかステージ舞台装置をコントロールしてみたいですね。


久しぶりに観に行って本当に良かった。

ありがとうシガー・ロス!

Bori(LosingMySilentDoors/音景-Onkei-)

AD

亮弦-Ryogen-「GUITAR ROCKS!!!!!!」MV制作の舞台裏

テーマ:

亮弦-Ryogen-さんの新MV「GUITAR ROCKS!!!!!!」が公開されました。最近の亮弦-Ryogen-さんの音楽的志向からすると珍しくロックンロールに傾いた楽曲で、アッパーなスピード感とストレートなエネルギーが伝わってきて自然と身体が動き出しますね。


亮弦-Ryogen-「GUITAR ROCKS!!!!!!」MV

Recorded by Motohiro "Michael" Kuga
Filmed by Taisuke Yoshioka(ima studio)
Directed & Edited by Bori(LosingMySilentDoors/音景-Onkei-)

亮弦-Ryogen-さんとは不遣ノ雨企画でご一緒したのをキッカケに「Dance of Saraswati」MVを制作させてもらって、そこからの付き合いです。

亮弦-Ryogen-「Dance of Saraswati」MV


その流れで新曲「GUITAR ROCKS!!!!!!」MV制作を担当させていただくことになりました。また依頼してもらえることは制作者として素直に嬉しいですね。

MV制作打合せで今回の作品は、「ギター好きが注目する内容にしたい、スタジオ撮影にしたい、手早く仕上げたい」という意向があり、シンプルな演奏シーンだけをマルチアングルで撮影することになりました。


今回も撮影を担当してもらったのは吉岡泰介さん(ima studio)で、彼とのコラボは通算3作目(撮影済を合わせると4作目)になり、お互いの呼吸も徐々に掴めて来ました。

撮影したのは阿佐ヶ谷studio Zotのいちばん広い部屋でドラムセットやギターアンプなど普段のスタジオの雰囲気で撮影することになりました。元々、予定していた内容でギターにフォーカスしてマルチアングルで撮影開始していたら徐々に亮弦-Ryogen-さんのハートに灯がついてしまって、アクションが入り始めて、メタリカ流リフが始まって、コミカルな要素が入って来て…いつの間にか内容を変更して「アクション・ギターヒーロー」という感じになってましたね…。

スタジオ撮影した素材を持ち帰って動画編集した時にイメージしたのは「アクションとスピード感」で、そのノリで一気に高速編集したものを亮弦-Ryogen-さんに見せたところ「何を弾いてるのかさっぱりわからない、これじゃ公開できない、再撮影したい」とのことで…残念ながらこのバージョンはお蔵入りとなりました…。


気持ちを切り替えて当初の撮影内容に原点回帰して再撮影に臨むことになりました。普段のスタジオ風景から余計なものは一切排除して、ギミックなし、亮弦-Ryogen-さんがただギターを弾いてる姿だけ…最初からそうすれば良かったのだけど形にしてみないとわからないこともあるもので、より一層「ギターの演奏を見せたい!」という内容にフォーカスする作品になりました。

亮弦-Ryogen-さんの炸裂するソロギター、撮影者:吉岡さんの心臓の鼓動が伝わってくるような迫力のある映像…各シーンの撮影角度や編集でも亮弦-Ryogen-さんが積極的に関わってくれたので、彼のイメージする「GUITAR ROCKS!!!!!!」に近付けたと思います。ちなみにタイトル「GUITAR ROCKS!!!!!!」の!が6本なのは…ギター好きならお約束ですね(笑)


たくさんの方々に視聴してもらえると制作者として嬉しいです。
今回の機会を与えてくれた亮弦-Ryogen-さんに感謝します。
そして撮影に協力してくれた吉岡さんに感謝します。

Bori(LosingMySilentDoors/音景-Onkei-)

AD