北の読書環境シンポジウム、その後…「ゆるレファ!」を開催します! | 一般社団法人北海道ブックシェアリング ブログ

一般社団法人北海道ブックシェアリング ブログ

暮らしに寄り添い、まちづくりに役立ち、心やすらぐような読書環境の整備を進めています。
 ◆公式HPはhttp://booksharing.wixsite.com/bookshare


テーマ:

 

6月24日に開催した「北の読書環境シンポジウム」。

公共図書館・学校図書館・書店の切り口から、

道内読書環境の現状について理解を深める場になりました。

 

「あの時に、道内読書環境を定期的に考える場をつくると言っていたのに、

あれから1か月以上が経っている…その後の情報がまだ何もない…」

と思っている方いらっしゃるかと思います。

お待たせしました!

定期的に集まって考える場を企画しましたので、

詳細をご覧ください!

 

○本や読書について、ゆるやかに深堀りしましょ!

(↑こちらの写真はイメージです)

研究会「ゆるレファ!」の開催について

 「ゆるレファ!」とは、読書や図書にかかわるあれやこれやについて「参考・参照(レファレンス)」となる資料を用意し、お菓子と飲み物を味わいながら、ゆるやかに深堀りする研究会です。

研究を進めるにあたって要となるレファレンス資料は、ずばり「人」です。

深堀りするテーマに沿った専門家を講師にお招きして、「語る資料」になっていただきます。
 「ゆるレファ!」をシリーズで開催することで、参加者(研究生)に読書環境に関するさまざまな視点や考察力、価値と価値を結びつける力を育んでもらいます。

局面に応じては、研究生自身が地域における課題解決の参考・参照(レファレンス)になる、という展開も視野に入れています。

そのときは「ゆるぎないレファレンス」という意味で「ゆるレファ」を名乗っていただければと願っています。

 

■ 開催頻度:3カ月に1度 ※毎回テーマが変わります。

■ 参加費:800円(ぶっくらぼ会員は500円) 
※毎回出席しなくても全然大丈夫です。
参加希望者は事前にメールか電話でご連絡をいただき、参加費は当日、会場でお支払いください。
毎回、品代わりでマニアックなお菓子をご用意します。

珈琲はその場で荒井がv60で煎れさせていただきます。

紅茶やお茶もご用意いたします。

■ 会場:札幌エルプラザ会議室(部屋は毎回変わりますので、事前にご連絡いたします)

■ 定員:各回20名

また、研究会のメーリングリストを作成し、参加者同士で情報を共有できるようにします。

 

【第1回】 当世本屋事情 講師:荒井宏明
2018年8月29日(水)午後6時半~ 札幌エルプラザ研修室1
18:15~開場
18:30~座長から研究会と本日のテーマの説明 
18:45~講師による講義   
19:45~質疑応答   
20:00~ 休憩
20:15~お菓子と飲み物を味わいながら討議   
21:15~次回案内、事務連絡
21:30 終了

【第2回】生涯学習社会ってなんなの? (講師・日時・タイムテーブルとも調整中)
【第3回】図書館と図書室はどう違う? (同上)
【第4回】本の流通の過去・現在・未来 (同上)
【第5回】旅をしてでも行きたい図書館 (同上)

 

■お申込み・お問い合わせ

電話 011-378-4195

ファクス 011-378-4196

メール bookshare001@yahoo.co.jp

「お名前、ご連絡先、参加人数」をお知らせください。

 

 

 

北海道ブックシェアリングHP
http://booksharing.wixsite.com/bookshare

北海道ブックシェアリングFacebook

www.facebook.com/HokkaidoBookSharing

北海道ブックシェアリングtwitter
https://twitter.com/h_booksharing

 

☆寄付のお願い☆

北海道ブックシェアリングは、道内の読書環境整備を目的に活動している非営利団体です。寄付についてご検討いただけると幸いです。

https://kessai.canpan.info/org/booksharing/

 

読者登録してね

 

北海道ブックシェアリングさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります