bon repas 日記

bon repas 日記

料理好き、ワイン好きが高じて「料理研究家」の道へすすんだ私。



そんな私の日々の「bon repas(ボン・ルパ)=おいしくて楽しい食事」を綴ります。

《料理教室 bon repas …教室詳細はこちら→☆
  ◆7月の料理教室

   <メニュー> 

       ・桃の冷製パスタ

       ・豚肩ロースの白ワインヴィネガー煮

       ・カフェモカのパルフェ

   <空き状況> 

       7/17(火)1席、18(水)2席
           ☆上記以外の日程でもご希望があればお問合せください。


  ◆8月の料理教室

     夏のランチパーティー

       ~ポーランド・ドイツ・チェコ・フィンランドの美味しかったもの~

      実習なし・レシピ付きで食事をお楽しみいただきます。

      定員:6名様 料金:5000円

     <開催日> 8/26(日)~31(金) ☆12時スタートです


《bon repas ワインのクラス》詳細はこちら→
    内容:「自分好みのワインを知る」ことを目的に、

        ワインのブラインドテイスティングや料理とのマリアージュを

        参加メンバーと会話しながらお楽しみいただきます。

    料金:7000円/人  定員:6名様(男性のご参加もOKです) 
 

   ◆7月のワインのクラス

       テーマ:世界のスパークリングワイン

       開催日:7月29日(日) 満席御礼

   ◆8月のワインのクラス

       テーマ:夏の旅のお土産食材とワイン

       開催日:8月19日(日) 満席御礼

 

☆出張料理教室・出張ワイン教室、プライベートレッスンなど、随時承っています。

   日時、内容はご相談に応じて。 お気軽にお問合せください♪

注意
キャンセル料のお願い
 「料理教室」については前日・当日のキャンセルは、受講料を全額頂きます。

 「ワインのクラス」については、1週間前以降から半額、前日・当日は全額頂きます

 レシピ・資料はお渡しします。また、代理の方のご参加も歓迎いたします。

 食材、ワインの準備手配の都合上、どうかご了承ください。  


テーマ:
6月の自宅料理教室では、今が旬の桑名の蛤で夏らしい一皿に。
蛤の出汁と夏野菜のジュレをぷりっとした蛤の身に絡めて。

旬の蛤は貝殻いっぱいに身がぷっくりと詰まっていてとてもミルキー。
優しい出汁は旨みたっぷり!旬のおいしさを気軽に味わえるって幸せだと思います。
 
メイン料理は、カツレツ風。
衣には卵と小麦粉は使わずに、パン粉のみで揚げ焼きにしているので、簡単&ヘルシー♪
付け合わせのペコロスも揚げ焼きすると、しゃきしゃき食感とジューシーさが楽しめます。
 
デザートは、先日ブログで紹介した「フルーツグラタン 真っ赤なアマニオイルのソース
シンプルなおいしさが好評でした。是非、色々と季節のフルーツなどアレンジしてお楽しみくださいね。
 
料理に合わせたワインはPicpoul de Pinet 2015 Domaine Morin Langaran
フランス・ラングドック地方のピックプール・ド・ピネのワインです。
軽やかなフルーティーさと豊かなミネラル感があって、蛤にはピッタリ!
この産地、南仏から地中海沿いにスペイン・バルセロナに向かう電車の中から見えるんです。
これ、2014年の秋に滞在していたモンペリエからバルセロナに向かう電車の中で、偶然に撮っていた写真。
湖(トー湖)の向こう側に見える小高い丘陵地あたりが、ピックプール・ド・ピネの産地です。
モンペリエにもまた行きたい!(笑)
 
テーブルは梅雨時だから、爽やかにグリーンのクロス&ブルーのプレートで。
実家の庭に咲いた紫陽花を飾って。
これから暑さ本番!美味しく食べて元気に乗り切りましょう♪
7月も皆さまのお越しをおまちしております。
 

テーマ:
5月のワインのクラス。テーマは「日本ワイン&スペインワイン」でした。

1.Lagar de Costa Albariño 2016Lagar de Costa

  産地:スペイン・ガリシア州・バル・ド・サルネスD.O.Rias Baixas アルバリーニョ100

2.Tabletop ロザリオビアンコ 2017/清澄白河フジマル醸造所      

醸造地:東京都・江東区・清澄白川 山形県産ロザリオビアンコ100

3.ファーマーズ・メルロー奥山農園2016/清澄白河フジマル醸造所 

醸造地:東京・江東区・清澄白川 山梨県塩山奥山農園のメルロー100%

4. NACメルロー 2016/井筒ワイン

産地:長野県・桔梗が原NACNagano Appellation Control) メルロー100

5.Ribeira Sacra Mencía 2015Tolo Do Xisto Coca i Fitó

産地:スペイン・ガリシア州D.O.Ribeira Sacra  メンシア100

☆日本のあわ(ロゼ) 長野メルロー/メルシャン メルロー主体

 

白は、アルバリーニョが全員一致の人気ぶり。生き生きとした酸とアフターの苦みが

心地よいワインで帆立の甘味も引き立ててくれました。

ロザリオビアンコ…って品種は、実は初めて。フジマル醸造所らしい造りからか

酵母が活き活きとしたやわらかな味わいで、白身魚の天ぷらや酢の物などに合いそう。

 

赤は日本のメルロー2種とスペインのメンシア。

フジマルのメルローはスミレや赤いバラのような香りから紅茶のニュアンスで
酸味と果実味のバランスがよくて穏やかな味わい。井筒ワインのメルローは
ブルーベリージャムのような甘い香りとまろやかな口当たり、軽い渋味が
心地よくて、どこか懐かしい…。メンシアは、カカオの香りから丁子やシナモン
のスパイス香、アメリカンチェリーのコンポートのような甘味をイメージする香りから
口に含むと香りからは予想できなかった豊かな酸味が果実味とバランスよよくて
軽やかな面も。…私は好きなタイプ。(笑)
 
 
ワインに合わせた料理は…。

 ・自家製フレッシュチーズと柑橘&あごんちょびのサラダ

 ・帆立とアスパラガスのポワレ ベアルネーズソース

 ・新牛蒡と豚肩ロースのグリル トマトのソース

 ・山椒の香りのブランマンジェ 

 

ロザリオビアンコがスキンコンタクトをしっかりとしていることや、アルバリーニョに海のニュアンス

があることをイメージして、あごんちょび(飛魚のアンチョビ)をアクセントにしたサラダに。

日本のメルローに感じる土っぽさに合わせて新牛蒡と豚肉を一緒にグリルしてみました。

教室の後、残ったワインで面白い発見、井筒ワインのメルローと、大判焼き(小豆餡)の
組み合わせがとても美味しくて!!
 
〆泡も、またメルロー。メルシャンの泡シリーズも、色々な表情があって面白いですね。
メルローのロゼは、とても穏やかな味わいでした。
 
6月のワインのクラスは、ホワイトアスパラガスをメインに、色々な白ワインを合わせて
みたいと思っています。

 


テーマ:

5月の料理教室、一皿目は旬のグリーンアスパラガスと帆立で。

オリーブオイルでポワレして、瑞々しさとプリッと感を味わっていただきました。

そして、実家の畑で収穫したグリーンピースをぷっくりと茹でて飾りに。

獲れたてのグリーンピースって香りが美味しいんですよね。

この食材に組み合わせるのは、やっぱりベアルネーズソース!
卵黄の風味にレモンの酸味と塩味のバランスが取れたらハーブの香りとバターのコクを効かせて
仕上げます。フランスでは、スーパーで瓶詰めが売られている程ポピュラーなソースなんですよ。
でも、ポイントさえ押さえれば、家庭でも簡単に作れます。出来立てのソースは美味しいですしね♪
 
メイン料理は、鶏モモ肉と春キャベツのブレゼ。
鶏肉の皮目を香ばしく焼いたら、あとはキャベツと一緒に蒸し煮にするだけのお手軽レシピです。
蒸し煮にすることで、オーブンで焼くよりも身がふっくらと柔らかく仕上がりますよ。
 
デザートは、グレープフルーツのフラン。オーブンで焼き上げたら、アイスクリームを添えて。
熱くて冷たくて、グレープフルーツの苦みと酸味がアクセント♪な、大人の夏のデザートです。
・・・これ、実は節約レシピなんです。
ベアルネーズソースに卵黄を使うので、残りの卵白を使うデザートレシピを考えました。(笑)
卵白をメレンゲにすることで、スフレっぽい食感をだしています。ラム酒と魔法の粉(スパイス)で
風味をひき立てて。
 
ワインは、ボルドーの白ワイン。
スッキリとしたフルーティーさと程よいコクを兼ね備えた、万能な白ワインです。
あまり冷やしすぎずに飲むのがおススメ。魚介類は勿論、軽めの肉料理にも。
Chateau Mont Perat Blanc 2015Famille Despagne

テーブルは爽やかに、白とグリーンで。紫陽花の季節になりましたね。

6月は桑名の蛤を使ったレシピをご紹介します。
まもなく梅雨入りですが、美味しく食べて楽しく過ごしましょう!

テーマ:

GWの合間に、素敵なホームパーティーにケータリングさせていただきました。

テーブルコーディネートを学ばれている方達と先生方も参加されて、総勢12名、

名古屋市内のマンションのスイートルームでのパーティー。

デーブルコーディネートとフラワーアレンジは、先生方のご指導を受けながら、

生徒さん皆さんでされました。あっという間に空間が華やいで、素敵に ‼

 

用意されている器などをお聞きしていたので、盛りつけのイメージをしながら

料理の準備をしていきました。彩りと味わいのバランスも考えて…。

そして、盛りつけはご参加の皆さんにもお手伝いいただきました。

そして、食べたときの「驚き」も隠し味として…。(笑)

 

「おいしい!」は勿論、「これ、なんだろう?」って言っていただけるのは

実は嬉しかったりします。

今回は、肉料理NG、甲殻類と貝NGという制約があって、メニューを考える

のに、少々悩みもしましたが、女性ばかりのパーティーということもあって

ヘルシーさも意識したメニュー構成に。(写真以外に、温かい魚料理もあります。)

何とか皆さんに喜んでいただけたようで、ホッとしました。

 

ご参加の皆さんの女子力の高さには、少々圧倒されたりもしましたが

こういう機会をいただけるご縁に感謝です。ありがとうございました!

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス