連ドラについてじっくり語るブログ

連ドラについてじっくり語るブログ

連続ドラマでこれは面白いという作品のみをマメにチェック!

その内容紹介、批評、さらに視聴率報告、ヒット分析など、あらゆる情報を

連ドラ好きの方々のために提供するブログです。

NEW !
テーマ:
チアダンス部が太郎先生(オダギリジョー)も顧問を引き受けてくれ、部員も8人そろって、部として認められるまでが描かれました。





夢に向かってまっすぐに進んでいく感じが、見ていて気持ちがいいですね。
酷暑でへたり気味のオジサンには良い清涼剤です。




TBS  金曜22時
「チア☆ダン」第2話

主演…土屋太鳳
脚本…後藤法子
演出…福田亮介




部員が8人にならないと、チアダンス部は成立しないので、わかば(土屋太鳳)と汐里(石井杏奈)は必死で勧誘に励みます。




一人でダンスの練習をしている、一匹狼的ですねてる茉希(山本舞香)や、
教頭(木下ほうか)の娘で勉強ばかりしている優等生タイプの麻子(佐久間由衣)




彼女らはわかばや汐里の言動に感化され仲間に入ることになります。




麻子は実は欅坂の曲をよく聞いていて、ダンスを踊りたいと思っていた、好きなことをやりたい…と背中を押されたんですね。




山本舞香も佐久間由衣も魅力的に演じていて、この二人が入ると期待感が高まりましたね。




麻子がチアダンス部に入ると申し出たら笑った生徒に、わかばが「人のやりたいこと、笑うな❗️」と一喝するシーンは良かったですね。




夢みたいなことに挑む人をせせら笑う人っていますよね。
自分はチャレンジしないで、人の失敗を高見の見物するような人たち。




そんな人たちへのピュアな叫びに、オジサンは素直に感銘を受けました。
割と単純なもので…(笑)





顧問になることに悩む太郎が夢を伝える大人がいてもいいと、決心し妻が後押しするシーンも良かったです。




土屋太鳳や石井杏奈がグイグイと足し算の演技をする一方で、実に自然体に引き算の演技をするオダギリジョーが光ってますね。




今回の評価は…



NEW !
テーマ:
第2話のテーマは女子高生の早産で、産まれた赤ちゃんが超未熟児で命の危険があり…って話でした。




小児外科を扱うドラマとしては、いきなりそこ?と面食らう非常にデリケートなテーマでした。





フジテレビ   木曜22時
「グッドドクター」第2話

主演…山﨑賢人
脚本…徳永友一
演出…金井紘




たださえ、このドラマは主人公が単なる自閉症とはまたちょっと違うらしい障害を抱えていて、扱いに配慮が必要な主人公であるのに…





そこにまた更にいろいろな問題をはらむ女子高生の早産なんてものを持ってくると、丁寧に描かないといけない部分が抜け落ちて、作りが雑に感じてしまい、素直に感動はできませんでした。




赤ちゃんを助けるか、手術をあきらめるかだけの問題じゃないですからね。
学校はどうするのか?父親は?普通に産まれなかった子を引き取る里親はいるのか?




母親と娘で簡単に決められることじゃないと思うんですが…
「コウノドリ」なら2話続きで扱うようなテーマですよね、これって。




医者たちも院長を含め、責任を誰が取る取らないばかりで、そこにも違和感がありました。




病院の中でも患者の扱いがデリケートな小児外科にあえて湊(山﨑賢人)をつかせてるんですから、




病院側もしっかりと指導して、患者や保護者との衝突は避けさせるべきでしょうね。




この繰り返しを毎回見せられたら辟易とします。




制作スタッフはもっと丁寧にドラマ作りをして欲しいと、今回痛感しました。




キャストに否はありません。
脚本、演出の問題です。
今回の評価は…




テーマ:
NHK版とは比べないというスタンスでこのドラマは見ました。




原作の力があるだけにやはり面白いですね。
外資系ファンドが、バブル崩壊後に経営不振になり銀行からも見放された企業を安く買い叩いて買収する…





そのドライなシビアさが魅力になるはずのドラマです。




しかし、主演の綾野剛が気合い入りすぎていて、いかにも役作りしてます…的な感じがリアリティーを損なっているように思いました。





テレビ朝日  木曜21時
「ハゲタカ」第1話

主演…綾野剛
脚本…古家和尚
演出…和泉聖治




まだ初回ですから、なじんで肩の力が抜けてきたら良くなっていくとは思います。




冒頭でNHK版と比較しないと書きながら、やはり念頭にNHK版の大森南朋のイメージが強烈にありすぎるのかもしれませんしね。




主演の綾野剛にはまだ不満があるものの、周りはテレビ朝日らしくガッチリ固めてますね。




光石研や杉本哲太、池内博之らは、すんなりとプロフェッショナル集団を演じていますし、




不良債権を処理する側の渡部篤郎は、ハゲタカに翻弄されっぷりが良く、





その上司で、タヌキ親父でしたたかな小林薫の銀行常務もさすがの好演です。





次回以降は、企業買収がより具体的に描かれていくでしょう。
十分見ごたえあるものになりそうです。




今回の評価は…

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス