boncheminのブログ
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2018-11-26 19:54:09

クライングフリーマン

テーマ:ひとり言
こないだ久しぶりにブログを投稿したら、ビックリするアクセス数!ありがとうございます😊
さて。今月から、ランチは3000円と6500円、ディナーは平日6000円と9500円、土日祝日は7200円と9500円という今までよりシンプルな構成にしてます。好評です!
前回のブログで戦略的な意味合いもあると書きました。
ここ数年、最高の食材でお客様にお料理を出したいと考える自分がいました。
一方で今日は気軽に〇〇が食べたいなと思う自分がいました。
だから、値段が安くても手を抜かないお得なメニュー、最高ではなくても、最高に近い食材で勝負するメニューの二本立てでお客様と向き合う事を前から考えてました。
やっと踏みきれたのはある意味追い詰められたから。
スタッフが少なくて、実際に来てくださるお客様の満足を、最優先するにはこの方法がいいかなと。
選べないから、最初のお客様へのファーストアタックとしては弱いかもしれないけど、来てくださったお客様の反応は想像以上です。
今は余裕がなくて、素材まかせの料理が多いかも知れませんが、もっともっと満足していただける内容にバージョンアップしていきます。
今、僕は自由になったけど悲しい、泣いてるけど自由なんだ。
そんな気分です。(今回のブログの内容とは関係ありませんが)
抽象的ですが、1つ言えるのは、お客様に好きなレストランになっていただけるようにこれからも地道に頑張って参ります!
いつもボンシュマンを応援して下さるお客様、そして仲間達、本当にありがとうございます!
これからもよろしくお願いします。

ランは応援団長📣

2018-11-09 15:55:00

新生

テーマ:気持ち
大分長い間ブログを書いてなくてすいません。
ボンシュマンは少し変わりました。
今まで働いてくれたスタッフが辞めて、新しい若いスタッフが入ってくれました。
まだあまり経験がない子で、当面は今まで以上に僕がやる範囲が大きいので、思い切ってランチもディナーもおまかせのみにさせていただいてます。
お昼は3000円の日替わりコース(日替わりと言っても便宜的な意味で、2日連続で同じメニューの時もあります。)、こちらは真ん中に当店のガルビュールスープを入れて前菜とメインディッシュ(お魚かお肉)デザート、コーヒーまで、お料理3皿とデザートのコースです。
お客様の選択肢が減った分、内容はかなりお得な構成にしています。
ちなみに今日は真カジキのマリネ⇨ガルビュール風ポタージュ⇨仔羊のブランケット⇨チョコレートムースでした。
それと前からのシェフのおまかせコース6500円、こちらは材料のグレードを上げながら作るお料理だけで4皿、と、こちらもカリテプリ的にはかなりお得です。
アラカルトでフォワグラと牛頬の赤ワイン煮込みをご用意しています。
夜は平日は6000円の週替りコース(こちらはお昼とは逆にマックスで1週間のメニュー内容になります)
と、シェフのおまかせコース9500円
土日は7200円と9500円のシェフおまかせコース
この2つの違いは皿数です。
鴨のコンフィや牛頬の赤ワイン煮込みなどは常備してます。ご予約の際にある程度のご希望を聞きながらメニューも作れます。
プリフィクスが無くなり申し訳ありませんが、ここ数年、悩みながら、今回の決断になりました。
お昼も夜も、以前より安いコースにて設定したのは、今後の展望と、もっと多くのお客様にいらして欲しいから。
もしかして、僕が大変と感じられるかもしれませんが、楽しく働かせてもらってます。
皆様新生ボンシュマンにぜひいらして下さい。
久しぶりにブログに登場
パグ座り
食いもんまだ?と言ってます。

2018-09-16 14:58:42

16ans

テーマ:感謝
はっきり言って、ブログサボってます。
まー、一応フェイスブックやらインスタグラムなどもやってます。これらもそれほどマメに更新はしてませんが、、、
自分が思った事や感じた事を綴るのはブログのみなので、やはり時々は書きます、です。

さて、ボンシュマンはおかげさまで16年が経ちました。
いつも支えてくれるお客様、お師匠様、先輩、後輩、仲間たち、スタッフ、元スタッフ、業者さん、そして家族、本当に心からありがとうございます。昨年は節目の15年で、たくさんの人たちにお祝いしていただきました。
昨年のオープン月を起点に一年を振り返ると、前半は、まずまずの好スタートでしたが、後半は不本意な面が多く、反省が多い一年になりました。
ここ数年、ボンシュマンは人手不足に悩まされて来ました。その事で、僕自身ある意味弱気になり、疲弊していたと思います。
そんな風に、垣間見えた小さなズレをなおざりにしてきたツケみたいなものを今、痛感しております。
一言で言うと、僕が本来目指していたボンシュマンではない気がします。
わかりづらいですが、営業の仕方とか値段とか、そういう変化ではなく、元々持っていたスタンスがズレてきているなと。
これからも基本的にお客様の満足を見すえつつ、時代の変化や人手不足でもそれをカバーする何かで、いいお店作りを考えていきます。
でも今は、根っこの部分の揺らぎを補強しなければ。
技術や経験は今のまま、スタンスはオープン時のままでいられますように。お願い
花澤は頭が硬いなぁとか、カッコつけてるなんて声もあるかもしれません。
でも例えば毎年記念日に必ず来てくださるお客様がいます。そんな方達に「前の方が好きだった」とか言われたくないです。
元スタッフや、過去の自分自身に後ろ指を指されるお店にはしたくないんです。

まっとうな道を歩むレストランを目指して行きます。
どうかこれからも温かく見守っていただけたら幸いでございます。
17年目もよろしくお願いします❗️

ランの写真が見たい方は僕のインスタを探して下さい。爆笑

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス