『僕らの絵本』
東條知美公式サイト


InstagramTwitterお問い合わせ
  • 20Oct
    • 10/11〜10/20のつぶやき絵本の画像

      10/11〜10/20のつぶやき絵本

      10/11今日は国際ガールズデー。「女の子の権利」や「女の子のエンパワーメント」の促進を広く国際社会に呼びかける日です。エンパワーメントを感じさせる絵本、たくさんありますよ!(ほんの一部ですが並べてみました)女の子に限らず、ぜひ手にとって読んでみてくださいね。気づきや勇気をもらえるラインナップ🏋️✨***10/13☆『チリンでんしゃ』(大原悦子 文/村田エミコ 絵 福音館書店)大好きなおばあちゃんと動物園へ。電車の中には、あれれ…キリンの車掌さん!?ゾウの運転士さん!?ユーモアたっぷりで、ちょっぴり不思議で......現実と夢の間を漂うような、不思議な感覚を味わえるお話。温かみを感じる木版画で、ワクワクの道中を愉快に描き出します。躍動感もたっぷり。動物も街の風景も、電車の外観だけじゃなくて運転席や改札まで、すべて木版画で描き出された楽しい絵本です♪***10/14〈イタチは みんなに バカに されていました。それは イタチが めだちたがりやで ほらふきだからです〉◇『もりがもえた』(きむらゆういち 作/堀越千秋 絵 架空社)イタチは生き延びるためにライオンの太鼓持ちになる道を選びます。ところがある日、二人は決裂。折しも森が火事に。ライオンは森の中。さあ、イタチはどうする!?…イタチは思います。利用価値のないライオンが焼け死のうがどうなろうが知ったことじゃない。だけど…〈おまえが いてくれて たすかるよ〉と言った時の、あの照れくさそうなライオンの顔。いつしか芽生えていた、損得勘定とは別の思い。ふたりの絆。共に生きることの意味を問う絵本です。画家 堀越千秋氏が、大胆なタッチでドラマティックに描き出す野生の世界。それを絵本的世界に変換させているのは、登場人物のエモーショナルな表情や、揺れ動く気持ちを細やかに描写した文章です。***10/14「悲しみにくれる人にどんな絵本を?」と聞かれることがあります。悲しみの只中にいる人に、かけられる言葉なんてあるのでしょうか……そんな迷いにひとつのこたえを示してくれる絵本。ただ静かに、傍らに寄り添います。◇『ひばりに』(内田麟太郎 詩/うえだまこと 絵 アリス館)***10/15〈クリームパン どうぞ〉〈ぱくぱく〉甘くて香ばしいあの匂い。いや、本から匂いは出てこないけど…とにかくお腹がすいてきます〜!かじった断面も愛おしい木版画家による作品。リズミカルに読んでね♪(そっくりさんとパチリ)☆『パンどうぞ』(彦坂有紀、もりといずみ作 講談社)***10/15絵本作家の高橋和枝さんと。『うちのねこ』(アリス館)『あめのひのくまちゃん』(同)『あら、そんなの!』(偕成社)等名著多数。以前賑やかなイベントをご一緒させていただいたので「次はじっくりお話を伺う…3分以上沈黙が続いても構わないやつをやりましょう。あのメンバーで」等々。よき日でした🍀***10/17☆『ほんやねこ』(石川えりこ 作 講談社)ここは猫の本屋さん。ある日、窓から強い風が吹き込んで、本の登場人物たちが店の外に飛ばされてしまいます。ピノキオ、シンデレラ、3匹のこぶた、魔法使いのおばあさん……いったいどうなってしまうのでしょうか!?…最初のページを開くと、たくさんの本がびっしり棚に並んでいます。グリム童話やアンデルセン童話、そして…おや?見覚えのあるあの絵本やこの絵本も!「よ〜く見てもらうと自著の他、知り合いの作家さんからOKをもらって描いた表紙もあるので、気づいてもらえると嬉しい」と作者の石川えりこさん。0.7ミリのボールペンで、ダイナミックかつ緻密に描き出される世界。子どもたち、いろんな箇所を指さして喜びそうです♪「最近の子どもはグリムやアンデルセンの童話を昔ほど読まなくなったと聞いて。この絵本をきっかけに、先人の知恵とワクワクがつまったお話にも親しんでもらえたら。」(石川えりこさん)カバーを外すと出てくる真っ赤な表紙も素敵です✨***10/18☆『せんろはつづく にほんいっしゅう』(鈴木まもる文、絵 金の星社)日本中の電車、新幹線が全部描かれています!新幹線を降りた後は在来線に乗り換えて、さあ、次はどこへ向かいましょうか…?🚞スピード感あふれる車体の描写、さらには各県の鳥や駅弁も描かれた、大人の旅心も誘う一冊。〈どこかへ行きたいという生物としての本能があるから、乗り物絵本を好きになるのだと思います〉と、著者のあとがき。電車で向かう先にはいつもと違った景色や食べ物があって、やっぱり私たちと同じように毎日泣いたり笑ったりして暮らしている人がいる…。電車の絵本を読むと、いつもそんなことを思ったりします。***10/19食欲の秋。(10月の絵本棚からこちらをチョイス)☆『おまたせクッキー』(パット・ハッチンス作/乾侑美子訳 偕成社)姉弟で6つずつ分ける予定だった焼き立てクッキー🍪食べようとすると、友だちが次々とやって来ます(総勢12人に!)さらにチャイムが鳴って…はたしてクッキーは彼らに行き渡るのでしょうか?ハラハラの展開をお楽しみに!…もし私が久しぶりに読み聞かせするとしたら選びたい一冊です。表紙をご覧ください。なぜみんな、恐る恐るドアの向こう側を伺っているのでしょうか?なぜ笑顔がないのでしょうか?読み手の興味をぐっと引き付けるビジュアル。中では臨場感あふれる展開が繰り広げられます。はらはらドキドキしながらページをめくります。そして…大団円のラスト!!さすがは世界で愛されるハッチンス作品。お見事です✨✨***10/20東京・谷中のひるねこBOOKSさんで本日より開催の「西村敏雄グランドバザール展」で、思いがけずご本人にお目にかかることができました。「このパンダの絵は表紙に採用されなかったんだけど、何が違うか…」等、貴重なお話を伺わせていただき感激〜!西村敏雄さん、ありがとうございました!(絵本の紹介はまた後日)会場には、西村敏雄さんの絵が全部で106点販売されています。どれもよい!お店には絵本作家のむらかみひとみさんもいらして、「どれも素敵すぎて…!」「ですよね…!」と初対面にも関わらず興奮のひとときを共有させていただきました。お会いできて嬉しかったです✨***栗…芋…そして読書の秋ですね。食べよう。読もう。(年がら年中読書推進やってると忘れちゃうけど)絵本コーディネーター東條知美

  • 15Oct
    • 【掲載】コクリコ『「ハロウィンってなに?」と子どもに聞かれたら一緒に読みたい絵本4選』

      どうして仮装?どうしてオバケや魔女なの?……お子さんに聞かれたらどう答えますか?ハロウィンにまつわる数々の疑問が、楽しい絵本でスッキリ解消できますよ。ハロウィンの由来がわかる物語&魔女になりたい子必携(⁉)の図鑑&かぼちゃの絵本をご紹介。ぜひどうぞ♪ 「ハロウィンってなに?」と子どもに聞かれたら一緒に読みたい絵本4選 ハロウィンってそもそもどんなお祭りなの? ハロウィンを理解するための絵本を絵本コーディネーター・東條知美さんが選書。ハロウィンの基本がわかる4冊として、『ハロウィーンってなぁに?』『ハロウィーンのひみつ』『魔女図鑑 魔女になるための11のレッスン』『パンプキン』を紹介。 via絵本コーディネーター東條知美 Your own website, Ameba Ownd

  • 11Oct
    • ☆Dear Girls 〜絵本でエンパワーを!(国際ガールズデーに)〜の画像

      ☆Dear Girls 〜絵本でエンパワーを!(国際ガールズデーに)〜

      【国際ガールズデー 💐】今日、10/11は国際ガールズデー。「女の子の権利」や「女の子のエンパワーメント」の促進を広く国際社会に呼びかける日です。☆国際ガールズ・デー(10月11日)|国際NGOプラン・インターナショナル国際ガールズ・デー(10/11)について掲載しています。プラン・インターナショナル・ジャパンは、貧困や差別のない社会を実現するために世界70カ国以上で活動する国際NGO。あなたの寄付や募金で、すべての子どもの権利が守られるよう、とりわけ女の子や女性への支援に力を入れています。www.plan-international.jpというわけで…【Dear Girls 〜絵本でエンパワーを!〜】女の子、女性のエンパワーメントを感じる絵本が近年増えております。その一部を並べてみました。女だから〜〜じゃなきゃだめ?我慢すべき?夢をあきらめなきゃいけないの?……絵本はこたえます。✨いいえ、全然!その苦しさはあなたのせいじゃないよ。あなたの好きなことを、あなたらしくやればいいんだよ。……女の子に限らず、ぜひ多くの皆さまにお読みいただきたいラインナップです。物語の世界を楽しみながら、絵と言葉の織りなすハーモニーに心を乗せながら…きっと、あらたな気づきを得たり、勇気をもらえることと思います。***〜書誌情報(写真いちばん上・左から)〜『しっぱいなんかこわくない!』(アンドレア・ベイティー 作/デイヴィッド・ロバーツ 絵/かとうりつこ 訳 絵本塾出版)、『アリーテ姫の冒険』(ダイアナ・コールス 著/ロス・アスクィス 絵/グループ・ウィメンズ・プレイス 訳 大月書店)、『ルピナスさん』(バーバラ・クーニー 作/掛川恭子 訳 ほるぷ出版)、『サンタのおばさん』(東野圭吾 作/杉田比呂美 画 文藝春秋)、『ママはかいぞく』(カリーヌ・シュリュグ 文/レミ・サイヤール 絵 光文社)、『せかいでさいしょにスボンをはいた女の子』(キース・ネグレー 作/石井睦美 訳 光村教育図書)『ジュリアンはマーメイド』(ジェシカ・ラブ 作/横山和江 訳 サウザンブックス社)、『わたしとなかよし』(ナンシー・カールソン 作/中川千尋 訳 瑞雲舎)、『ガラスのなかのくじら』(トロイ・ハウエル、リチャード・ジョーンズ 作/椎名かおる 訳 あすなろ書房)、『しげるのかあちゃん』(城ノ内まつ子 作/大畑いくの 絵 岩崎書店)、『世界でさいしょのプログラマー エイダ・ラブラスのものがたり』(フィオナ・ロビンソン 作/せなあいこ 訳 評論社)『たかくとびたて女の子』(ラケル・ディアス・レゲーラ 作/星野由美 訳 汐文社)、『エマおばあちゃん』(ウェンディ・ケッセルマン 文/バーバラ・クーニー 絵/もきかずこ 訳 徳間書店)、『3人のママと3つのおべんとう』(クク・チスン 作/斎藤真理子 訳 ブロンズ新社)、『マララさんこんにちは 世界でいちばん勇敢な少女へ』(ローズマリー・マーカニー 文/西田佳子 訳 西村書店)、『おんぶはこりごり』(アンソニー・ブラウン 作/藤本朝巳 訳 平凡社)『月とアポロとマーガレット:月着陸をささえたプログラマー』(ディーン・ロビンズ 文/ルーシー・ナイズリー 絵/鳥飼玖美子 訳 評論社)、『ドラゴンのお医者さん:ジョーン・プロクター は虫類を愛した女性』(パトリシア・バルデス 文/フェリシタ・サラ 絵/服部理佳 訳 岩崎書店)、『数字はわたしのことば 絶対にあきらめなかった数学者ソフィー・ジェルマン』(シェリル・バードー 文/バーバラ・マクリントック 絵/福本友美子 訳 ほるぷ出版)、『ぼくのママはうんてんし』(おおともやすお 作 福音館書店)、『はじまりは、まっしろな紙:日系アメリカ人絵本作家 ギョウ・フジカワがえがいた願い』(キョウ・マクレア 文/ジュリー・モースタッド 絵/八木恭子 訳 フレーベル館)以上21冊***以前神奈川新聞の取材におこたえした記事を、デジタル版「カナロコ」でお読みいただくことができます。絵本コーディネーターに聞く 女性たちにエールを送る絵本 #metoo #youtoo 国際女性デー2021 | カナロコ by 神奈川新聞3月8日は国際女性デー。絵本を題材にジェンダー(社会的性差)や子育て支援の講演などに取り組む「絵本コーディネーター」の東條知美さんに、女性たちにエールを送る絵本を教えてもらった。性別に基づく「らしさ」から解放され、ありのままの自分を肯定で…t.co***「ジェンダー」(社会的に形成される性役割)について考える講座、講演会も。10/24㈰はこちらです。あざみ野サロンVOL.74「ジェンダーとアート ~わたしらしさを拡げる絵本の世界~」【共催】男女共同参画センター 横浜北 アートフォーラムあざみ野www.women.city.yokohama.jpご興味の方、よろしければお運びください。絵本からパワーを、ぜひ💐絵本コーディネーター東條知美

  • 10Oct
    • 10/1〜10/10のつぶやき絵本(ほか)の画像

      10/1〜10/10のつぶやき絵本(ほか)

      10/1季節の移り変わりを豊かに描き出す、ジョン・バーニンガムの詩画集のような絵本です。〈 あきに なったらとびちる はっぱえさを あつめる りすはたけを たがやす トラクター たきびの けむりそらたかく とぶ かりながい ながい よる 〉――ジョン・バーニンガム作/岸田衿子訳『はる なつ あき ふゆ』(ほるぷ出版)より大判の絵本ですが、さらに中には、広げるとこの4倍もの大きさになる(折りたたみ)ページ有り。(春夏秋冬、4枚分)***10/1「よい読者」であり「思考する人」を、じっくりと(計画的に)育んできた、有史以来すべての学校司書たち、もっと敬意を払われてよいと思うのですが。我々が「学校図書館でたまたま出会った本」は、たまたま置かれていたわけでなく、確実になんらかの意図を持って、そこに・その時、人の手を介し配架されたものです。有史、と書いたついでにお知らせしますと、学校図書館は、1902(明治35)年、京都市の尋常高等小学校に寄付金で設置された児童文庫が始まりとされています。120年分の歴史と思い。***10/2☆『ロージーのおさんぽ』(パット・ハッチンス作/渡辺茂男訳 偕成社)めくる手がドラマを動かす、アニメーションのような(感覚を呼び起こす)絵本。悠然と歩く雌鳥ロージーと、彼女を虎視眈々と狙う狐……ただそれだけ。なのに、なぜこんなにもドラマティックなのでしょう。この作品は、はじめから終わりまで、張りつめた〈緊張〉と〈ユーモア〉に貫かれています。読者の目と心は、ずっと彼らに釘付けです。そして、最後に待ち受けている鮮やかなオチ!何よりこの芸術性!ロングセラーにはわけがあります。***10/3トークイベント「イザベル・シムレール 夢みる絵本の生まれるところ」(質疑タイムに)なんとか滑り込み参加。『あおのじかん』(岩波書店)等を通して、"美"を絵本という形で送り届けてくれた作家イザベル・シムレール。知的でエネルギッシュ、いつも「自分が描くべきこと」を意識し、実践している…そんな印象を受けしました。「小さな子どもには(本質的に)絵本が必要」との力強い言葉。同時代に出会えた喜びに震えました。***10/4ユカワアツコ『草木鳥鳥文様』展(銀座教文館)へ。古い抽斗に描かれた野の鳥たちはみな、今にも羽ばたいて何処かへ飛んでいってしまいそう。おどかさないように、そろりそろりと歩きます。展示されていた梨木香歩さんの文章を読んで、サンコウチョウという鳥を、知らないのに、私はもう愛し始めています。(撮影自由でした)***10/4◇『かなしみのぼうけん』(近藤薫美子 作絵 ポプラ社)限定公開の動画・作者のメッセージより一部をご紹介します。〈死をむりに乗り越えなくてよい〉〈どんな哀しみも苦しみも胸に刻んで、共に生きていきたいと思う〉……死を描きながら、同時に力強い生が映し出されます。三輪車の軋む音はレクイエム。すごい。読み終えた後に上下をひっくり返すと、見えなかったものが見えてきます。作者の近藤薫美子さんはこのトリックアート(仕掛け)について、「少しでも明るい気持ちになってもらえたら」と語っています。木炭の黒が、まっさらな白の中に溶けていきます。手にとって隅々まで味わいたい[レクイエム絵本]。私事ですが、今日は祖母の命日なのです。それで、あらためてこの絵本を読み返していました。思い出がつぎつぎと蘇り、なんだか祖母がすぐ近くにいるように感じられ……作品はペットの死をテーマにしたものですが、故郷の墓参りも叶わない今、心の中でよい供養ができました。わすれないよ、ずっと。***10/6(テレビで、ベテラン漫才師の仲たがいを描くドキュメンタリー企画を観た。意地っ張りがそろうと大変だなあ)ムカムカ…やつあたりの連鎖。無邪気なワンちゃんがみんなに「ごめんね」のきっかけを与えます。〈あやまると いいきもちに なりました。〉☆『なかなおり』(シャーロット・ゾロトウ文/アーノルド・ローベル絵/みらいなな訳 童話屋)***10/10☆『だごだごころころ』(石黒みな子、梶山俊夫 再話/梶山俊夫 絵 福音館書店)おばあさんがこしらえただご(だんご)が転がって穴に落ちてしまいます。ところがその穴、鬼たちの棲家だったのです…!懐かしく味わい深い表現で描かれる昔話絵本。副題をつけるなら「赤とんぼの○○返し」?子どもの目が(大人の目も)キラキラと輝く痛快なお話です。心地よい語りのリズムと懐かしさを感じさせる梶山俊夫の絵が、遥か昔、民話の世界へと誘います。***〜雑記〜年がら年中読書推進しているので忘れがちですが、〈読書の秋〉ですね。いろいろ落ち着いたら、角川武蔵野ミュージアムで一日中本を読んで過ごしたいです。こちらでは本がテーマで並んでいるのですが、「ちょうどいい」感じなのです。しゃれすぎず、軽すぎず、重すぎず、専門により過ぎもせず…かといって専門書もさりげなく置かれていて、サブカルもあり、本との出会いにワクワクできる場所といった雰囲気。大人のツボを押さえた角川武蔵野ミュージアム。「本棚劇場」のスペースが有名ですが、その手前にあるこのラインナップが(以前来館した際は)休日の私にちょうどよかったのです。好奇心的にも体力的にも。読書するのに体力って大事ですよね〜(本の量が多すぎても怯むもの)絵本コーディネーター東條知美

  • 01Oct
    • 10月の絵本棚の画像

      10月の絵本棚

      【10月の絵本棚】色づく秋、おいしい秋、森や山歩きをしたくなる秋……大好きなこの季節がやってきました🍁1段目左から『わたしのかわいいめんどり』(アリス・プロベンセン、マーチン・プロベンセン 作/岸田衿子 訳 ほるぷ出版)、『はりねずみのぼうけん』(ディック・ブルーナ 文、絵/松岡享子 訳 福音館書店)、『いまはあき』(ロイス・レンスキー 作/さくまゆみこ 訳 あすなろ書房)、『ロージーのおさんぽ』(パット・ハッチンス 作/渡辺茂男 訳 偕成社)、※写真集『読む時間』(アンドレ・ケルテス/渡辺滋人 訳/谷川俊太郎 冒頭詩 創元社)2段目『おまたせクッキー』(パット・ハッチンス 作/乾侑美子 訳 偕成社)、『ジャイアント・ジャム・サンド』(ジョン・ヴァーノン・ロード 文、絵/安西徹雄 訳 アリス館)、『もりのなか』(マリー・ホール・エッツ 文、絵/まさきるりこ 訳 福音館書店)、『じゃむじゃむどんくまさん』(柿本幸造 絵/蔵冨千鶴子 文 至光社)、『山はしっている』(リビー・ウォルデン 作/リチャード・ジョーンズ 絵/横山和江 訳 すずき出版)3段目『こうえんで… 4つのお話』(アンソニー・ブラウン 作/久山太一 訳 評論社)、『マドレーヌといぬ』(ルドウィッヒ・ベーメルマンス 作、画/瀬田貞二 訳 福音館書店)、『マーシャと白い鳥』(ミハイル・ブラートフ 再話/出久根育 文、絵 偕成社)、『かぼちゃスープ』(ヘレン・クーパー 作/せなあいこ 訳 アスラン書房)、『はるなつあきふゆ』(ジョン・バーニンガム 作/岸田衿子 訳 ほるぷ出版)絵本コーディネーター東條知美

  • 30Sep
    • 9/11〜9/30のつぶやき絵本(などなど)の画像

      9/11〜9/30のつぶやき絵本(などなど)

      9/11アフガニスタンの子ども図書館、絵本の行方を案じています。かつてシャンティ国際ボランティア会事務局長山本さんや、元アフガニスタン事務所長三宅さんのお話を伺ったことをきっかけに、私も僅かながら支援させていただいております。こちら、ぜひお読みください。【シャンティ国際ボランティア会/アフガニスタン】子どもたちの手で育まれた「子ども図書館」|シャンティブログ【アフガニスタン】子どもたちの手で育まれた「子ども図書館」|シャンティからのお知らせ|公益社団法人 シャンティ国際ボランティア会(SVA)1981年にタイ国内のカンボジア難民キャンプで活動を開始して以来、アジアの子どもたちへ本を通じた教育支援や緊急救援活動を行ってきました。t.co☆SVA訪問記(東條)◆アフガニスタンの絵本(2014年) | 『僕らの絵本』t.co☆やべみつのりさんインタビュー(東條)③僕らの絵本と紙芝居~やべみつのりさんのアフガニスタン・カンボジア・ラオス・ミャンマー~ | 『僕らの絵本』gamp.ameblo.jp***9/12「読み聞かせがツラい!」…うんうん、子育て期はくったくただもんね(´-`).。oO読み聞かせでもなんでも、親が苦痛を感じながら関わるのは逆効果。無理にやらないで〜“絵本の読み聞かせ”9割がツラいと回答… 親の理想と現実に臨床心理士「無理なく工夫することも大事」(ABEMA TIMES) - Yahoo!ニュース 子どもの豊かな心を育み、親子のコミュニケーションとして重要な役割を担っている「絵本の読み聞かせ」。しかし、子育てや絵本にまつわる記事を配信しているメディア・コクリコなどの調査によると絵本の読み聞かnews.yahoo.co.jp…というか。「逆効果」って書いたけど、そもそも効果ばかり気にしなくてよし。子育てに関する情報は「効果」を思わせる見出しをつけたもの(雑誌やサイト)がどうしても多いのですが、それはあくまで読んでもらうためのフックです。子を食べさせて遊ばせて、親子で一日元気に過ごせるだけでよし!みんなよくやっています。えらい。✨🏋️***9/12「ぼくがいちばんしていたいのは、なにもしないでいることなんだ。」…みたいな台詞(正確にはもうちょっと長い)に、子どもの思いを感じてしんみりしちゃうな。□『プー横丁にたった家』(A.A.ミルン 作/石井桃子 訳 岩波書店)***9/13☆『きかせてあなたのきもち 子どもの権利ってしってる?』(長瀬正子 文/momo 絵 ひだまり舎)読み手となる子どもたちにやさしく問いかけながら、子どもの権利についてわかりやすく伝える絵本。当事者が持つべき情報。学校図書館などにも置くとよいと思う。"人権"の話であり、幸せの話🍀ぬりえワークブックつき。入手方法などお問合せ先はこちらです。***9/18〈姿カタチは、愛の深さには関係ないのです。〉これは……たしかに!私が輪廻の話と捉えた部分は、「多様な家族の形」と読みとることもできるのです。絵本『わたしたち』(岩崎書店)翻訳家 星野由美さんによるすばらしい解説です。ぜひご一読ください。わたしの『わたしたち』ーこの絵本との出会いなど|星野由美|note私事ですが、2005年に産んだ双子男子は、今年で16才になりました。正直に言うと、なってしまいましたという感じ。時々、子どもに向かって冗談で「成長よ止まれ~」と手をフリフリしながら呪文をかけることがありますが、「ムリ~」と呆れた声で一掃されます。 双子の出産は、それはもう命がけでした。どんな出産だろうと、女性は子どもを産むとき、みんな命がけなんだと思いま…note.com仕掛けられた暗示、"絵を読む"おもしろさ。***9/19ひとりで高幡不動の山に登って曼珠沙華をみてきました。すばらしかった。それはさておきお寺の境内で開催されていた骨董市で、武井武雄が装丁した『ジャングルブック』(1928(昭和3)年 文藝春秋社発行)をゲット。武井武雄ラバーの私、うう、嬉しすぎます…!***9/21🎑十五夜です。月明かりの夜、わらわらと集まってくる子どもたち。ある者は熊に背負われて、ある者はコウモリに導かれて。そうして熟した真っ赤な木の実を、食べて食べて、食べつくしてしまうのです。こんな満月の夜に……◇『まんげつのこどもたち』(軽部武宏作 イースト・プレス)***9/23🌖十七夜にあたる今夜は「立待月(たちまちづき)」が空に出ています。いまこの瞬間も世界のどこかで誰かが、同じように月を見上げているのですね。私を知らないその人に会うことのないその人に大きく手を振りたくなるような絵本です。◇『きょうはそらにまるいつき』(荒井良二/偕成社)***9/24十八夜🌖は居待月(いまちづき)。〈海のなかには おどろくほどたくさんのくじらが 月にとどくほどたかくとびはね とびあがっています〉…◇『くじらの歌ごえ』(ダイアン・シェルダン作/ゲイリー・ブライズ絵/角野栄子訳 BL出版)一生に一度でも、この美しさをこの目で見ることができたなら。*そして、くじらの歌声を聞きたくなった時……私はいつもこの仕掛け絵本を開いて、大海原で仲間と呼び合う彼らの、低い深いため息のような声に感じ入っていたのでした。◇しかけ絵本『オーシャン』(A.J.ウッド、バレリー・デイビス文/モーリス・プレジャー絵/すぎもとえみ訳 大日本絵画)(切れちゃった音入りしかけ絵本の電池、なかなか売っていなくてかなしい。。。)***9/26寝冷えすると「びーるすに やられて」風邪をひいたりお腹を壊しやすくなるから気をつけよう、という内容をやさしく伝える絵本。「びーるす」(ウィルス)をやっつける免疫体が明らかにウルトラマンっぽいぞ…!堀内誠一、最高です。☆『ねびえ』(毛利子来 文/堀内誠一 絵 1975年 福音館書店)***9/29世界一おいしいスープを作る3匹。ところが、あひるが普段とは違う役割をやると言い出して…?叱った後に後悔したり、腹をくくって(あひるの)好きなようにさせる猫とリスの姿は、親そのもの。絵に、文字に、登場人物の豊かな表情に…遊び心いっぱいの秋の絵本を召し上がれ♪☆『かぼちゃスープ』(ヘレン・クーパー作/せなあいこ訳 アスラン書房)***〜絵本講座のお知らせ〜学びの秋ですね。絵本をもっと学びたい方、絵本に関することを何か始めようかな…と考えていらっしゃる方にお知らせします。えほんやさん主催オンライン絵本講座🌟『絵本のちから 〜子どもの生きる力を育む』(11/13〜連続5回)が今秋も開催されます。この度も講師を務めさせていただくことになりました。「絵本」「子ども」に関わる皆さまのための、基本を押さえた骨太な講座内容となっております。第1講から順に取り組んでいただくことで、基本的な知識、考え方が学べるプログラムです。グループディスカッションや事前課題あり。ぜひご一緒いたしましょう!(☆お申し込みはコチラ)ご厚意により、都内こちらのお店の店頭にちらしを置いていただいております。ご興味の皆さま、よろしければぜひお持ち帰りください。🍀ムッチーズカフェさん(西荻窪)🍀ブックハウスカフェさん(神保町)🍀NENOiさん(早稲田)(いずれも居心地のよいお店です。ぜひお運びください♪)*講座についてのお問い合わせ、お申し込みはえほんやさんまでお願いします。静岡県三島市、三嶋大社から徒歩2分の絵本専門店「えほんやさん」です静岡県三島市、三嶋大社の近くにある絵本専門店「えほんやさん」です。代表は、絵本作家 えがしらみちこ。ベストセラーから新しい絵本まで選りすぐりの本を並べました。あなたのとっておきの一冊に出会えますように。 2018年10月オープンtenkiame.com絵本コーディネーター東條知美

  • 29Sep
    • 【掲載】イオンカード会員誌『mom』(10月号)絵本特集を監修の画像

      【掲載】イオンカード会員誌『mom』(10月号)絵本特集を監修

      イオンカード会員限定誌『mom』(2021年10月号)特集「大人がハマる絵本の魅力」監修を担当しました。〈大人の心を動かす絵本の魅力って?〉のページでは、5つのキーワード(希望がある・癒しがある等)の下に絵本を紹介。大人にとって絵本がどのような意味を持ちうるのかを、とことん語っております。子どもに絵本を。大人にこそ絵本を。『mom』今号では、他にも「アートと紅葉を愛でる」「りんご1箱まるごとレシピ」等、おしゃれで魅力的な記事がもりだくさん。機会がありましたら、ぜひお手に取ってご覧ください。via絵本コーディネーター東條知美 Your own website, Ameba Ownd

  • 22Sep
    • 【掲載】コクリコ「明日はもっといい日になる!“大丈夫だよ”と励ましてほしいときの絵本」

      なかなか収束の気配を見せないコロナ禍。特に小さなお子さんをお持ちの親御さんの気苦労は、いかばかりかと思います。テレビやネットでは日々心配なニュースであふれ、家族や友人に会いたくても会えない......もう2年近く、おじいちゃん、おばあちゃんにお子さんを会わせていない方もいるでしょう。子ども時代の2年は、とても大きいもの。寂しい日々の中で、みなさん、よくがんばっていらっしゃるなと思います。でも、不安ばかりに支配されていては、力のいる子育てを乗り切れません。私は“絵本を通して子育てを応援したい”という思いを胸に活動をしています。パパママが「明日はもっといい日になる!」と信じて、前を向くのに力を貸してくれそうな3冊を選んでみました。 明日はもっといい日になる!「“大丈夫だよ”と励ましてほしいとき」の絵本絵本コーディネーター・東條知美さんが子育て中のパパママのために絵本を選書。今回は「励ましてほしいとき」におすすめの3冊として、『あかちゃんがわらうから』『あさの絵本』『にじいろのさかな』を紹介。 via絵本コーディネーター東條知美 Your own website, Ameba Ownd

  • 20Sep
    • 敬老の日に 〜おじいさん、おばあさんの絵本〜の画像

      敬老の日に 〜おじいさん、おばあさんの絵本〜

      9/20は敬老の日。コロナ禍で、おじいさんやおばあさんとの再会がなかなか叶わない人も多いのではないでしょうか。会えなくてさみしい…そんな時は、絵本の中の素敵なおじいさん、おばあさんに会いに行ってみませんか。***【おばあちゃんに会いたい】☆『あと、いくつ?』(ひろかわさえこ作 アリス館)カレンダーを眺めながら、おばあちゃんの家を訪ねるその日を心待ちにしている「くるみちゃん」。おばあちゃんだって、きっとそれ以上に、くるみちゃんに会える日を心待ちにしていますよ。〈おばあちゃんに あったら、なんていおう?〉…楽しみで、ドキドキしちゃって、心落ち着かない……すっかり大人になった私にも、そのソワソワした感じには覚えがあります。待つ時間もまた宝物。もうすぐ もうすぐ🍀***【瑞々しいおばあちゃん】72歳の誕生日、家族に贈られた故郷の絵は、おばあちゃんの記憶の風景とは違っていて……そこからスタートする、おばあちゃんの絵描き人生!自由に穏やかに、こんな風に歳を取っていけたら。◇『エマおばあちゃん』(ウェンディ・ケッセルマン文/バーバラ・クーニー絵/もきかずこ訳 徳間書店)ところで『エマおばあちゃん』には、木に登って降りられなくなった猫をおばあちゃんが助け出す美しいシーンが出てくるのですが、これ絶対に、『ちいちゃな女の子のうた "わたしは生きてるさくらんぼ"』(デルモア・シュワルツ 文/バーバラ・クーニー 絵/白石かずこ 訳 ほるぷ出版)の少女と対比させてみせましたよね?作者。(似たような木に登る少女が同ポジションで描かれています。)人はやがて皆歳をとる。でも、内側にある瑞々しさまで失われることはないのだ…と高らかに歌い上げる少女の(同時におばあちゃんの)声が、胸に響いてくるようでした。バーバラ・クーニーの描く女の人生。いつもぐっときます。***【人生を楽しむ姿】お次は「孫から見た祖父」と「お隣のビジネスマン(ライトさん)」を対比的に描く、ポルトガル発のスタイリッシュな絵本。◇『ぼくのおじいちゃん』(カタリーナ・ソブラル 作/松浦弥太郎 訳 アノニマ・スタジオ)(使われる色は赤、緑、茶色だけの版画絵本。シンプルでかっこいい!)時計職人でもないのにいつも時計を見ては忙しない、お隣りに住むライトさん。ああ…思い当たる節、ありますよね〜。しかし、働かなければならない我々の世代。ある程度のあくせくは仕方なし(…かなあ)。一方、〈ぼくの おじいちゃんの いちにちは とっても たのしそうだ。ぼくは おじいちゃんが だいすき。〉…人生をとことん謳歌するおじいちゃんと、その姿に憧れを抱く小さな子どもの目。しっかり見ているんですよね。見られているのですよね……。手をしっかりと繋いだおじいちゃんを見上げる孫の「目線」。表紙のアングルがすべてを物語っています。***【仲睦まじきことは素晴らしきかな】〈ワニばあちゃんの はなの あなには アリじいちゃんが すんでんのよ〉…☆『ワニばあちゃん』(おくはらゆめ 作 理論社)おくはらゆめによる、のほほん温かい老夫婦の物語。…いや、別にふたりを夫婦と限定する必要なんてないのかもしれません。ともに生きるふたりが夫婦とは限りません。ともかくワニばあちゃんとアリじいちゃんは、いつでもどこでも一緒。いつも朗らかに笑っています。〈ときどき かがみを みながら おしゃべりすんのよ〉…このままずーっと仲睦まじく暮らしてほしいな。ユーモラスな表現(ばあちゃんの鼻毛で遊ぶおじいちゃん等…)にニマニマしつつ、あたたかな想いに満たされていく絵本です。老老。朗々。***【言葉はなくても】マールと大の仲良しのおばあちゃん。ある日、倒れて言葉を失ってしまいます。でも、マールにだけはおばあちゃんの心がわかるのでした…。祖母と孫の心の交流を描く、美しい愛の絵本。◇『マールとおばあちゃん』(ティーナ・モリティール作/カーティエ・フェルメール絵/江國香織訳 ブロンズ新社)カーティエ・ヴェルメールは、ベルギー(フランダース地方)出身の画家。見返しに至るまで、コラージュを含む様々な画法が用いられた、芸術性の高い作品です。病院で目を覚ました時には「たくさんのことをわすれて」しまっていたおばあちゃん。たとえばこの場面を描くページには、点滴の管が、家族の写真を収めた額や(二人の思い出の木に棲む)リスへと繋がり描かれています。病魔に侵されたおばあちゃんを「繋ぎ止める」ものが、愛する家族であり、思い出であることを暗示しています。言語外の心象表現がとにかく巧み。絵が物語る 美しい絵本です。***【ありがとう】おじいちゃんと孫娘の交流をチャーミングに描く『おじいちゃん』(ジョン・バーニンガム作/谷川俊太郎訳 ほるぷ出版)は、10代の私にとって、大好きだった祖母との悲しい別れを初めて乗り越え、楽しかった日々をようやく宝物と思えるようになる…そのきっかけをくれた大切な絵本です。〈ぬいぐるみのくまが おんなのこだなんて しらんかったよ。〉…一緒におままごとをしたり、人形で遊んだり、釣りを楽しんだり。ときにはケンカも。おじいちゃんと孫娘の日々がフラッシュ映画のように次々と映し出されます。絵と言葉の両方が揃って、はじめて物語が意味を成すジョン・バーニンガムの作品。大切なことに気づかせてくれてありがとう💐***元気で優しい、思慮深く賢い、あるいは年齢なんて忘れちゃうほどぶっとんでいる……素敵なおじいさんやおばあさんを描く絵本は、ほかにもたくさんあります。ぜひあなたのお気に入りを探してみてくださいね。*(追記)まるで「エマおばあちゃん」みたいなグランマ・モーゼスの展覧会、東京は11/20〜世田谷美術館で開催。(静岡から順に巡回)【公式】グランマ・モーゼス展 ― 素敵な100年人生Just another WordPress sitewww.grandma-moses.jp楽しみです。絵本コーディネーター東條知美

  • 16Sep
    • ゲストティーチャーとして登壇しました。(大田区立出雲小学校)の画像

      ゲストティーチャーとして登壇しました。(大田区立出雲小学校)

      去る9月8日、大田区立出雲小学校にゲストティーチャーとしてお招きいただき、「絵本の絵を読む/文章から絵を想像する」というテーマのもと、1年生の児童のみなさんにお話をさせていただきました。当日の様子は出雲小学校 「令和3年 WEB日誌」9/8の記事をご覧ください。令和3年度 WEB日記|大田区教育委員会www.ota-school.ed.jp図工・国語の2科目を横断する研究授業(研究主題:未来を創る力の育成)にあたり、1年生児童に「ものづくりの喜び」を感じてもらい、「物語からイメージしたものを表し伝える力を育むこと」を目標にした取り組みの、前座のような役割を求められてのご依頼です。加えて先生方は、児童のみなさんに、絵本や物語によりいっそう親しんでもらいたいと願っていることを事前に伺いました。そこで、絵本の面白さや魅力をお知らせすると共に、「読む」「イメージする(想像する)」作業の面白さもお伝えできるよう、簡単なプログラムをご用意させていただきました。***□ 世界で最初の絵本せっかく〈絵本コーディネーター〉にお声かけいただいたわけですから、「大人もあまり知らないような、専門の学問の話をいたしましょう!」と、(子どものための初めての「絵本」)『世界図絵』(コメニウス 著/1658年)の話から始めさせていただくことにしました。(教育者だった)コメニウス先生が、なぜこの「絵と言葉で編む本」を作ろうと思ったのか?そこにはどのような願いが込められていたのか?etc…小学1年生のみなさんに「絵本学」で学ぶような内容をシェアさせていただきました。「363年前って、ぼくらのおばあちゃんは生まれていましたか?」(いいえ、もっとずっと昔です。)「コメニウスってどこの国の人ですか?」(現在のチェコ共和国。ヨーロッパにある国です。)…児童のみなさんからいくつもの質問が投げかけられました。好奇心がいっぱいです!すばらしい学びの姿勢に、私の方がワクワクしてまいりました。ここでは、「絵本」が(基本的には)「絵」と「文章(ことば)」で中身を伝えるものであるということも、あらためて確認しました。□ イメージを言葉にしてみる次にしたお話は、「イメージの言語化」について。…と言っても1年生にわかるように、またその作業を面白いと感じてもらうようにしなければなりません。実際の絵本を何冊か開きながら、わたしたちが普段何気なく行っている「目で見た風景から起きている出来事を想像する」作業、「絵本の絵を読む」作業を、一緒にやってみることにしました。(学校HPより写真をお借りしました)絵本の絵を読む作業。「登場人物はこの時、どんな気持ちだったのかな?」「おじいさんとおばあさんは、この時、どんな話をしていたと思う?」「どんな匂いがするのかな?熱いかな?冷たいかな?」「この人たちはなぜ怒っているのかな?」…頭で考え、五感で感じ、「イメージ」を思い浮かべ、それを「言葉であらわしてみる」と、意外なほどにたくさんの情報が絵の中につまっていることがわかります。また、絵をすみずみまで読み解くことで、わたしたちは、文章に書かれていないことも、無意識のうちにたっぷりと「言葉に置き変えて理解している」ことに気がついてもらえました。□ 言葉からイメージしてみる続いて試みたのは、「言語のイメージ化」です。絵本の文章や物語の流れから、「登場人物の表情」やその変化を、みんなで想像してみました。「クマくんがトイレのドアをノックして…使用中だったら、どんな表情になるかな?」「最後に無事トイレを済ますことができたクマくんは、どんな表情をしていると思う?やってみよう!」…児童のみなさん、とてもいいお顔を作って見せてくれましたよ。さらにここでは、「昔話の文章を耳で聞いて、その場面の絵を思い浮かべてみる」ワークを試みました。最後に「この絵本作家さんはこう描きましたよ」と見せると……「私の思っていたおじいさんはもっと体の細いおじいさんだった」「(思い浮かべた)顔はこんなに丸くなかった」「もっと真面目な感じのおじいさんの顔を思っていた」……みなさんそれぞれの頭の中に創り出された、豊かなイメージを教えてもらうことができました。「知っていることがあるから、それを元にイメージ(想像)することができる」というお話も、少しだけさせていただきました。□ 一人一人が持つすばらしい力最後に、すべてのワークを終えて、私が今日児童のみなさんの中にみつけた「すばらしい力」を発表させていただきました。〜出雲小学校の1年生のみなさんが持っている力〜☆想像する力☆形にする力☆伝える力これらは生きていく中で、何をおこなう上でも役に立つ力です。多くの絵本作家さんは、絵本を創り出し、届けることで、363年前のコメニウス先生の思い(子どもの未来のために…)を今も引き継いでいます。みなさんはこれから、絵本や物語の本、図鑑をたくさん読んだり、たくさん遊んだり、様々な体験をすることで、この力をどんどん大きく育てることができますよ……とお伝えして、授業を終えました。すばらしい可能性を秘めた1年生のみなさんに、私から大きな拍手を贈らせていただきます。✨👏***「外部の様々な専門家の話に触れ多様な刺激を受けることで、児童には、"自分で考え、行動し、創り出す"イメージを今から育んでもらいたい」と、関眞理子校長先生。出雲小学校1年1組・2組・3組のみなさん、担任の先生方、校長先生、小林正明副校長先生、この度はありがとうございました。お声がけいただいた中谷先生、繋いでくださった読書学習司書の植木さんにも、この場を借りてお礼申し上げます。ありがとうございました。ゲストティーチャーとして子どもたちの前に立つ体験は、私にとっても学び多いものとなりました。未来を担う児童のみなさんが「ものづくり」の面白さを知り、自由な発想で「自分だけの表現」をどんどん生み出していってくれますように。いつも応援しています!絵本コーディネーター東條知美

  • 15Sep
    • ◇愛をうたい 巡る命をうたう、チリ発の絵本〜『わたしたち』(岩崎書店)の画像

      ◇愛をうたい 巡る命をうたう、チリ発の絵本〜『わたしたち』(岩崎書店)

      〈 でも あるひ あなたは とびたってゆくそうして なりたいあなたになって もどってくるでしょうそのときは わたしも かわっているかもしれない 〉――『わたしたち』(パロマ・バルディビア 作/星野由美 訳 岩崎書店)よりわたしたち - 株式会社岩崎書店 このサイトは、子どもの本の岩崎書店のサイトです。わたしたち詳細をご覧いただけます。www.iwasakishoten.co.jp***"無償の愛"を描くチリ発の絵本。泣くまいと心を引き締めるも…こみ上げてくる涙を抑えることができませんでした。愛おしい我が子。けれど、親子の関係が時々で変わってゆくことはこの身をもって知っております。あんなに可愛かったのに...私のことが大好きだったのに...腕の中の甘酸っぱい匂い。あたたかな季節もあれば、やがて寒々とした季節に身を置くこともあるでしょう。この絵本をめくる時間は、苦しい寂しい季節にいる親と子を、どちらも救ってくれるんじゃないかなと思います。もう一方でこの作品は、"巡る命"をうたう絵本でもあります。姿かたちを変えて私たちの命は継がれ、生き続ける……そんなイメージがシンプルかつ豊かに描き出されます。読む人によって、読むときによって、違った思いがわきあがる作品。名作ですね。***パロマ・バルディア(チリ)、すばらしい絵本作家です。デフォルメの表現で描かれたすべてのもの……人も動物も草木も花もみな息づいています。(デフォルメされた絵が、絵本において時に無機質すぎたりキャラクター化し過ぎでは?と感じさせる作品も多い中で、バルディビアの絵には体温を感じます。)全体の色味もシックで落ち着いており、すっかりこの作家のファンになってしまいました。また、絵本では(詩のように)言葉がわずかであるほど、抒情性はそのままに別の言語に変える…翻訳作業の困難を思わずにいられないのですが、落ち着いた心地よいリズム胸を揺さぶる間合いやわらかな語りの口調......気がつけばどっぷりと作品の世界に浸りきっていました。絵本が「絵」と「言葉」との相互作用の芸術であることを忘れない翻訳家 星野由美による名人芸。さらに、"作品のこころ"を、目に見える形・手に取れる最高の形に……デザインを手掛けたのは椎名麻美。『わたしたち』は、名人たちに手掛けられた幸福の翻訳絵本。ですね。***久しぶりにべた褒めしてしまいました。ぜひ多くの方に手に取っていただき、感じていただければ。〈 いつだって あなたは わたしのこども 〉……あなたの思いを好きなようにのせて。絵本コーディネーター東條知美

  • 11Sep
    • 9/1〜9/10のつぶやき絵本の画像

      9/1〜9/10のつぶやき絵本

      9/1〈むくどりは 「そろそろ やすみたいな」とか「ぼくって ほんとうは ひとりが すきなんだ」なんて かんがえることが あるのか〉…知らないって、すごく寂しくてすごく自由だなあと思う。秋のはじまり。◇『わたしはしらない』(まつむらまいこ/えほんやるすばんばんするかいしゃ)***9/1関東大震災(1923.9.1)の前年、幼児が対象の絵雑誌『コドモノクニ』が創刊された。「子供のための」「たのしくてわかりやすい読み物」が広まったのは絵雑誌からだった。大正デモクラシーの潮流...…"子ども中心主義"の教育で授業改造を試みた「大正自由教育」が全国で盛んに興った時代でもある。...これが戦争へ向かう流れの中で、あっという間にしぼんでいってしまう。志ある者たちの悔しさをおもう。大正期は新しい教師、子どもの本の作り手にとって大きな変革の時。***9/2「ドゥマゴ文学賞」で絵本の受賞って、初めてのことなのですね!堀川理万子さん、あらためましておめでとうございます。受賞のニュースBunkamuraドゥマゴ文学賞 | Bunkamurawww.bunkamura.co.jp〈だれでもみんな、心の中は自由だから。それをそのまま、描いちゃえばいいのよ。どんなふうにだっていいのよ〉…おばあちゃんが子どもだった頃、絵描きさんと共に過ごした6日間の物語。かけがえのない人生の栞のような「あの時」がふと蘇る絵本。◇『海のアトリエ』(堀川理万子 著 偕成社)***9/4善い悪いを説くばかりが物語じゃない。それは子どものために書かれたものも同じ…と、安房直子の物語を読む度に思う。日常にふと現れる異形。一瞬の交わり。「不思議」「ちょっぴり不安」…揺れ動く感情と余韻を味わう文学。☆『きつね山の赤い花』(安房直子作/えがしらみちこ絵 マイクロマガジン社)全編明るい色調に貫かれているのですが、さいごのさいごに(なんか…こわい!)って本能的に感じたゆみ子の緊張した感じの背中がとてもよかったです。***9/5幻想児童文学…壮大な世界観で描かれたファンタジー長編とはまた別の、日常にふと紛れ込む異世界(異形)を描く物語が、Eテレの「怖い絵本」みたいに実写+アニメ化されたら面白そう。"正体不明"の余韻、謎めいた魅力……日本の作家だと(パッと思い浮かんだのは)鈴木のりたけ、しおたにまみこ、シゲリカツヒコ、安房直子あたり。左上から時計回りに☆『ケチャップマン』(鈴木のりたけ 作 ブロンズ新社)☆『そらからきたこいし』(しおたにまみこ 作、絵 偕成社)☆『なわとびょ〜ん』(シゲリカツヒコ 作 KADOKAWA)☆『雪窓』(安房直子 作/山本孝 絵 偕成社)(「幻想児童文学」って広すぎてどこやねんと言われそうだ。現実と地続きのちょっと奇妙な世界。広い…けどせっかく読むなら巧みな絵本を選びたい。)***9/6首都圏の新型コロナ感染者数が減りつつあります。ここが踏ん張りどころでしょうか。お子さんが、しばらくぶりのおじいちゃん、おばあちゃんに会えるのも、もうすぐかな?待つ間も…〈たのしいきもちを たーくさん もらったよ〉元気で過ごしましょうね。☆『あと、いくつ?』(ひろかわさえこ作/アリス館)***9/9〈おれに にたこは いないかな〉〈おれに にたこは いないんだ〉…賑やかで楽しげな輪の外側にいる、私はそんな君も好き。雨の中今日もそれぞれにひとりひとりゆかいに行こうね。☆『やっぱりおおかみ』(佐々木マキ 作 1973年 福音館書店)***🍀雑記🍀先日、外部講師としてお招きいただき、小学1年生の3クラスで「絵本」のお話をさせていただきました。詳細については別途まとめようと思いますが、私にとっても気づかされることのたくさんある、実り多い時間となりました。お世話になった皆さまに感謝いたします。「これあげる」ってプレゼントしてくれた1年生ありがとう。(ハリセン…?😊)絵本コーディネーター東條知美

  • 03Sep
    • トミー・ウンゲラーの画像

      トミー・ウンゲラー

      トミー・ウンゲラーの絵本が好きだ。ブラックユーモアをピリッと効かせた表現、そこに現れる「ちょっとへんな」人々……たとえばこれ、◇『月おとこ』(トミー・ウンゲラー作/田村隆一、あそうくみ訳 評論社)〈月おとこはろうやに入れられ、特別法廷でとりしらべが行われました。〉…せつなくなってしまうのは、この月おとこが憧れやって来た地球はあまり居心地のいい場所ではなくて、だから彼はもう二度と来てくれないんじゃないかと思うから。(短い時間だけどご婦人とダンスできたのはよい思い出になったようだが。)月おとことダンス、してみたかったなあ……夜空を見上げながらふと思う。***トミー・ウンゲラー(仏)の作品にはいつも異質な者(泥棒や人喰い鬼やヘビ)が現れて、遊んだり人を助けたり…といった様子が描き出される。そこから去っていく者もあれば、幸せの在処をみつけて留まる者もある。そしてそこには異邦人である彼らと(街の)人々を繋いだり助けようとする人物が、かならずいる。異邦人と街の住人を繋ぐのは、いつだって"ちょっとステキな変わり者"だ。***ウンゲラー談〈子どもの本は絵にキャプションをつけただけのものだ――などという人がありますが、とんでもないことです。私は子どものレベルに調子を下げて書いたような本は、大きらいです。そんなものにはなんの価値もありません。〉―光吉夏弥著『絵本図書館』(1990年 ブックグローブ社)よりウンゲラー、今なら炎上しそうな発言もちょいちょいみつかる。『みづゑ』2004年夏号には、同年2月ドイツ・カールスルーエ大学における記念講演で語られた言葉が抜粋掲載されている。〈たくさんの教育者や児童専門家たちにとって、僕は危険をはらんだ怪物。大人をからかうことを子どもに教えている、悪夢のような存在です。子どもにショックを与え不安に陥れている、と責められます。ええ、その通り。しかし、トラウマとは、わたしたちの気骨や独自性を発達させてくれる肥やしなのです。〉…***かつての欧米(とくにアメリカ)では「児童図書館vs.作家や出版社」といった構図(論争)がよく見られた。「子どもにとって、その絵本は どうなのか?」……個人における作品の是非については、子ども観、芸術観、道徳観etc…それらすべてひっくるめた価値観や経験に基づいてジャッジされるはずだし、商業出版がなされた時点で、作者だけでなく出版社もそのジャッジに身を委ねるよりほかないと思う。しかしその作家の背景を知ることは、作品の奥に込められた思い・隠された(かもしれない)願いを知るために必要な作業に違いない。・ウンゲラーは"異質な者"について、誰よりも意識的に描いた絵本作家だった。・"善"と"悪"、"暴力"や"不平等"について、子どもの頃から否応なしに体験したことを自ら語っている。(彼は子供の頃、第二次大戦時にドイツ人のふりをして生きざるをえなかった。ナチスの教育を受けさせられた。)・後に"広告クリエイター"として活躍した人物である。…ウンゲラーの鮮烈で強烈な印象を与える作品、そして発言に触れるたびに、わたしはこれらのことを思い返す。苦しみやさみしさをすべてブラックユーモアに包み込み、ウンゲラーは幼少時のトラウマを克服し、見事に作品に昇華した。はず。そしてそこにはかならず、"異質な者"を助け出す人物を登場させたのだ。絵本コーディネーター東條知美

  • 02Sep
    • 視野がパッと開かれる爽快感。 〜地球史や進化論の絵本〜の画像

      視野がパッと開かれる爽快感。 〜地球史や進化論の絵本〜

      〈これは、はじめ はじめの ものがたり〉大昔、宇宙の粒が生まれた。私もあなたもこの本も、宇宙の粒でできている…!"今ここに在ること"の奇跡に、胸がいっぱいになる絵本です。☆『きみはどこからやってきた?』(フィリップ・バンティング作/ないとうふみこ訳/北山太樹監修 KADOKAWA)「どこから来てどこへ行くのか」…って、小さな頃の私には切実な問題だったなあ。こんな風にひとつひとつ順を追って、やさしく、時にユーモアを交えて語りかける絵本が傍らにあったなら。創世記絵本は、日々ストレスにさらされる大人にも、視野がパッと開かれるような爽快感を与えてくれますよ🌍✨*翻訳家のないとうふみこさん、貴重なお話をありがとうございます!***おおきなものを描く絵本には、「視野がパッと開かれるような爽快感」があります。続けて、コロナ禍の今だからこそ読みたい"遥かかなたを思う絵本"をご紹介します。◇『せいめいのれきし』(バージニア・リー・バートン文、絵/石井桃子訳/真鍋真監修 岩波書店)地球の誕生生物のたえまない進化そしてつい最近 現れたにすぎない私たち 。「さあ、このあとは、あなたのおはなしです。主人公は、あなたです」***1859年11月24日 、1,250部限定で発行された『種の起源』はその日のうちに売り切れになったそうです。(その後1901年に初版の著作権が切れるまでに10万4000部を突破)☆『目で見る進化 ダーウィンからDNAまで』ロバート・ウィンストン/著 相良倫子/訳 田島薫美/装画・装丁(2009年 さ・え・ら書房)わたしたちは、どこから来たのだろう?どこへ向かうのだろう?この世にこれほど多様な生き物が存在するのはどうして? …前半の39ページまで、ダーウィンの仕事とその生涯に(私的な部分に)焦点を当てています。後半はダーウィンの自然選択説を裏づけることとなった 後の「遺伝学」について。DNAとかゲノムとか、生物多様性とか…最後の章には「サイボーグ」「惑星移住」といったワードも。誰も気づかないようなことを、コツコツコツコツ…気の遠くなるような歳月をかけて研究し、実証を試みたダーウィンを始めとする19世紀の学者たちは私にとって、実に興味深い人々です。***なんとなく気持ちが落ち着かない…そんな時は、"そこ"から視線を外してみる。遥かなものに思いを馳せてみることをおすすめします。大きく深呼吸してそれぞれの場所で。🌏🌋🐝🐟🐒🛸🍀絵本コーディネーター東條知美

  • 01Sep
    • 9月の絵本棚の画像

      9月の絵本棚

      【9月の絵本棚】テーマ「月」月を眺めるのが好きで、気がつけば「月」の絵本が並べきれないほどたくさん。(一冊だけ「月」の描かれていない…『わたしはしらない』は、月を見上げる夜にふと思い出される絵本です)2021年の十五夜🎑は9月21日。いい月夜になるといいですね。***1段目左から『おつきさんどうしたの』(E.M.プレストン 文/バーバラ・クーニー 絵/岸田衿子 訳 岩波書店)、『わたしはしらない』(まつむらまいこ 作、絵 えほんやるすばんばんするかいしゃ)、※絵事典『ちいさな手のひら事典 月』(ブリジット・ビュラール・コルドー 著/佐伯和人 監修/いぶきけい 訳 グラフィック社)、※ムーミン・コミックス第10巻『春の気分』(トーベ・ヤンソン、ラルス・ヤンソン 著/冨原眞弓 訳 筑摩書房)、『月夜とめがね』(小川未明 作/高橋和枝 絵 あすなろ書房)2段目『ゆめくい小人』(ミヒャエル・エンデ 作/ブックス・フーバー 絵/佐藤真理子 訳 偕成社)、『ながいよるのおつきさま』(シンシア・ライアント 作/マーク・シーゲル 絵/渡辺葉 訳 講談社)、『リスとお月さま』(セバスティアン・メッシェンモーザー 作/松永美穂 訳 コンセル)、『ミシンのうた』(こみねゆら 作 講談社)、『ムーン・ジャンパー』(ジャニス・メイ・ユードリー 文/モーリス・センダック 絵/谷川俊太郎 訳 偕成社)3段目『まんげつのこどもたち』(軽部武宏 作 イースト・プレス)、『月おとこ』(トミー・ウンゲラー 作/田村龍、あそうくみ 訳 評論社)、『A QUE SABE A LUI ?』(マイケル・グレイニエツ 作 Kalandraka社)、『まんげつダンス!』(パット・ハッチンス 作/中川千尋 訳 福音館書店)、『夜のあいだに』(テリー・ファン&エリック・ファン 作/原田勝 訳 ゴブリン書房)つぎ1段目左から『サルくんとお月さま』(谷口智則 作 文溪堂)、『おやすみなさいおつきさま』(マーガレット・ワイズ・ブラウン 作/クレメント・ハード 絵/瀬田貞二 訳 評論社)、『おつきさまこんばんは』(林明子 作 福音館書店)、『おつきみ』(あまんきみこ 作/黒井健 絵 ひさかたチャイルド)2段目『つきとうばん』(藤田雅矢 作/梅田俊作 絵 教育画劇)、『かえるの竹取ものかたり』(俵万智 文/斎藤隆夫 絵 福音館書店)、『スイッチョねこ』(大佛次郎 文/安泰 絵 フレーベル館)、『きょうはそらにまるいつき』(荒井良二 著 偕成社)絵本コーディネーター東條知美

  • 30Aug
    • 8/21〜8/30のつぶやき絵本(+児童文学など)の画像

      8/21〜8/30のつぶやき絵本(+児童文学など)

      8/21☆『もりのえほん』(安野光雅  福音館書店)リス、ヘラジカ、魔法使いにドクロ?森に隠された動物を探しながら読み進めます。さあ、美しい森を散策しましょう!数ある"かくれんぼ絵本"の中でも、この『もりのえほん』の美しさにはいつもとくべつな感動をおぼえます。奥付を見ると初出は1977年。一枚ずつ丁寧に描かれた葉、手触りの感じられる木肌、光と影、開かれる雄大な景色……デジタルでない、緻密な手作業による描写。手描きの味わいと魅力を存分に味わえる一冊。*著者のエッセイ『かんがえる子ども』(福音館書店)にはこう記されています。〈自分で見つける所に喜びがある本〉教えられたらつまらない。待つことがだいじ。***8/21この生真面目な紳士の物語が好きでたまらない。判で押したように規則正しく、何もかもきちんとしていないと気が済まないマジノ・マジヒコ氏の家には、昔から「夜中のうちにまじめな空気をほぐしてくれる」幽霊が棲んでいる。ある夜偶然に出くわした二人。その日から彼らの運命は徐々に変化を見せる……。□『紳士とオバケ氏』(たかどのほうこ作/飯野和好絵 フレーベル館)〈その夜マジヒコ氏は、考えていたとおり、夜中の二時に始まる映画『ジキル博士とハイド氏』のことを手紙に書こうとして、ふと手を休めた〉……ジャンルは児童文学だけど年齢関係なくおすすめしたい。(重版未定?図書館でぜひ)***8/23少しずつ大事に読んでいた『メッセージ―トーベ・ヤンソン自選短篇集』(トーベ・ヤンソン 著/久山葉子 訳 フィルムアート社)を読了。最高にクールだった。トーベが生涯最後に編んだ傑作選の最後のタイトルは「メッセージ」……親しい者からの、ファンからの、見知らぬ他人からの多種多様なメッセージ。***8/24☆『ちへいせんのみえるところ』(長新太 作、絵/ビリケン出版)空と海を分ける地平線がページのまんなかをすうっと走ります。でました。...なにが?本を読む行為は「めくりたい」欲求を叶えながら進められるもの。長新太作品を読む時、私の中にほとばしるもの。*幼年童話も最高よ。うっかり卵と間違えられた積み木がお父さんに告げます。「ハ、ハ、ハ、われわれをあついフライパンに入れて、めだまやきにしようとしたから、ねこをあたまにつんでやったのだ」警察署長に化けた積み木はやりたい放題!積む!□『つみつみニャー』(長新太 作・画 あかね書房)こちらもぜひ泣く泣くカットの“もう一冊”をご紹介!~9/28放送☆『タイプライターズ』(東條セレクト)~ | 『僕らの絵本』gamp.ameblo.jp***8/24ハァ…お出かけしない私、ついにあれを自分で作るかもしれない。この絵本のさいごの見返しにあれのレシピがあるんだ。枡野さんのあれへの愛。目黒さんの描く飲食店の絵の魅力。◇『あれたべたい』(枡野浩一 文/目黒雅也 絵 あかね書房)#ババロア。言っちゃった。#デニーズ新作も食べたいぜ。枡野浩一さんの最新レシピを5.7.5.7.7でいただく幸せ…(ありがとうございます!)***8/25なかなか「一緒に」が叶わないコロナ禍。友だちとの遊びで育まれる社会性やルールの理解等は、発達心理学的にはおよそ4歳以降といわれています。それ以前なら、絵本を通じて土台を築くのにピッタリの時期。たとえばこんな絵本😊☆『いっしょにするよ』(風木一人作/たかしまてつを絵 KADOKAWA)表紙の水色(実物は写真よりきれい)とやわらかな茶色、白、強すぎない赤色がキュートに効いています。私は蛍光色や強すぎる原色の刺激がやや苦手なので、こういう色味の絵本にとても安心できます。そして、(ああ)列になって歩くみんなで泥んこ手足ベタベタ電車ごっこ……「いっしょ」はいいねえ✨(´;ω;`)風木一人さん、ありがとうございます!***8/26☆『みつ』(timatima/金の星社)コロナ禍でなかったら作られなかった絵本。言って聞かせても夢中で遊んでいるうちに、ついついくっついちゃうのが子どもというもの。読んであげて近くに置けば、注意喚起の効果も高い。「"みつ"の中からあのこを探そう」遊びも楽しい♪丈夫な絵本だから集団の場にも⭕こういう「今だけすごく必要な絵本」を出版するのって、たいへんなのではないかしら。いつ頃企画が上げられたのか…すんなり通ったのか…などと思いを馳せつ。「(遠くからでも見せてあげられる)大型絵本もほしい!」と現場から無数の声も聞こえてくるようだ。(あ、パンダみつけた🐼)***8/27〈ほげたさんは、こうなったら、きょうは、やまのかいしゃへいこうとおもいました。〉……「山間部に支社?」「ついにキレた」「わかる...私もいつもギリギリのところにいるから」「いいなあ」深呼吸できる場所へ。☆『やまのかいしゃ』(スズキコージ作/かたやまけん絵 福音館書店***8/29学校が始まって、あるいはもうすぐ始まることで気が重くなっている(かもしれない)お子さんと、ぜひ一緒に読んでもらいたい「気持ちが楽になる絵本」を集めてみました。集団の場が苦手だったり、お家や一人の方が楽しめるって子には、しんどい時期だろうな…と思います🍀(左上から)☆『アブアアとアブブブ』(長新太/ビリケン出版)☆『たぷの里』(藤岡拓太郎/ナナロク社)☆『パンどろぼう』(柴田ケイコ/KADOKAWA)☆『ちこくのりゆう』(森くま堂/北村裕花/童心社)☆『なわとびょ〜ん』(シゲリカツヒコ/KADOKAWA)☆『ねこのセーター』(及川賢治/竹内繭子/文溪堂)#学校に行きたくない君へ***8/30◇『カテドラル』(デビッド・マコーレイ作/飯田喜四郎訳 岩波書店)架空の建築物〈シュトロー大聖堂〉完成までの86年間のドラマ。克明な記録が綴られた絵本。司教、参事会、職人、石工、大工、鍛冶屋等、様々な者や物が役割を果たします。まずは森で仕事場を作るための木材伐り出し作業から…。*ページの端々から、13世紀ゴシック建築への憧れと職人の仕事に対する畏敬の念が伝わってきます。作品はニューヨーク・タイムズ(1973)でも大きく取り上げられました。Cathedral (Published 1973)Macaulay, David: Book Cathedral. The Story of Its Construction, by D Macaulay, revd by N K Burgerwww.nytimes.com私はこの絵本をきっかけにゴシック建築の美しさを知り、旅先ではより多くの感動を得ました。(旅は20年も前のこと)2年前に待望の復刊。まっててよかったー!*こちらも。◇『絵で見るある町の歴史 タイムトラベラーと旅する12000年』(S・ヌーン絵/A・ミラード文/松沢あさか高岡メルヘンの会訳  さ・え・ら書房)ある町を紀元前1万年から定点で描く絵本。タイムトラベラーが様々な歴史的事件に巻き込まれちゃうドラマも!バトンは渡されていくのですね。***【雑記】8月が終わります。なんにもなかった8月。いろんなことがあった8月。思いだけが自由。絵本コーディネーター東條知美

  • 21Aug
    • 8/11〜8/20のつぶやき絵本の画像

      8/11〜8/20のつぶやき絵本

      8/11書くのは嫌い…でも宿題だからやらなきゃ…と思い詰めちゃうマジメな子のための読書感想文マニュアルです。埋めちゃえばいい (ΦωΦ)✐ 🌟『読書感想文でおいつめられている子どもたちへ~《 緊急用☆さっさと埋める感想文マニュアル》』『読書感想文でおいつめられている子どもたちへ~《 緊急用☆さっさと埋める感想文マニュアル》』☆夏休み応援企画☆~はやくも読書感想文で追いつめられている子どもたちへ~ 《①~⑨の書き出しでOK! 緊急用☆さっさと埋める感想文マニュアル》※注意※…ameblo.jpどうしても「書く」ことに困難がある子どもには、このような場合も。〈識字障害〉・ディスグラフィア・ディスレクシアディスグラフィア(書字障害)とは1 はじめにこの記事は、LITALICO発達ナビのホームページに掲載されている記事を、発達ナビ編集部の許諾を得た上で、文章やテキストの一部をEDUPEDIA読者向けに再編集したものです。○LITALICO発達ナビの元記事はこちらからご覧いただけます。2 LITALICO発達ナビとはLITALICO(りたりこ)発達ナビは、ADHD(注意欠陥・多…edupedia.jpよく見てあげてほしい。***8/13有名人による心無い発言に、心が冷えびえとすることがありました。「ホームレスの命はどうでもいい」人間と猫の命を比較し… メンタリストDaiGo氏の発言に批判殺到www.buzzfeed.com絵本や児童文学には「命の大切さ」「共生」を伝える作品が多くありますが、子どもには数あるチャンネルの一つに過ぎません。またその機会はほぼ偶然に委ねられているのが実情です。いま、多くの子ども(価値観を形成中)の圧倒的時間はネットの中にあります。普遍の真理(人にとって大切なこと)を説く絵本や児童文学が、今こそ必要とされているのでは……。子どもの本よ、頑張れ。*☆『ハリネズミと金貨』(ウラジミール・オルロフ原作/田中潔文/ヴァレンチン・オリシヴァング絵 偕成社)老いたハリネズミが拾った金貨で買おうとすると…「金貨は靴につかうといいわ」「そのお金はどこかにしまっときなよ」厳しい季節を前に、皆が彼を当たり前のように助けてくれます。***8/15酷さを伝えられた者として、悲惨を語り継がれた者として、核廃絶・非戦への賛同は当たり前かつ"現実的"な話です。命の問題については、ひたすらに真っ当であることを。76年目のこの日にあらためて。🔷リブログ『みんな忘れてしまうから…手渡したい絵本 〜終戦から75年目の夏に』『みんな忘れてしまうから…手渡したい絵本 〜終戦から75年目の夏に。』8月15日。終戦から75年。私の祖父の弟は、75年前からずっと、あどけなさの残る顔で仏壇の前に飾られています。19歳で非業の最期を迎えました。小作農の三男。長…ameblo.jp***8/16「幼い頃、怖かった絵本」わたし調べでは、・三びきのやぎのがらがらどん・ねないこだれだ・おしいれのぼうけん…この3冊がよく聞かれるタイトルです。三びきのやぎのがらがらどん|福音館書店三びきのやぎのがらがらどん。子どもたちに長く読み継がれる絵本・童話・科学書を作り続けている福音館書店の公式サイト。www.fukuinkan.co.jpねないこだれだ|福音館書店ねないこだれだ。子どもたちに長く読み継がれる絵本・童話・科学書を作り続けている福音館書店の公式サイト。www.fukuinkan.co.jpおしいれのぼうけん (絵本・ぼくたちこどもだ) :ふるたたるひ/たばたせいいちおしいれのぼうけん ふるたたるひ/たばたせいいち お昼寝前に、ミニカーのとりっこでけんかをしたさとしとあきらは、先生に叱られておしいれに入れられてしまいます。そこで出会ったのは、地下の世界に住む恐ろしいねずみばあさんでした。ふたりをやっつけようと、追いかけてくるねずみばあさん。でも、さとしとあきらは決してあきらめません。手をつないで走りつづけます―。80ペ…www.doshinsha.co.jp皆さんストーリーはほぼ覚えていないのにも関わらず、トロルの骨が砕かれる音、化け物のように伸びていく(子どもの)爪、「押入れ」という恐怖の仕掛けを……イマココにある現実のように感じとっていたようなのです。イメージの力ってすごいですね。***8/18可愛くてちょっとせつない『おしゃべりくらげ』(あまんきみこ 作/みずうちさとみ 絵 JULA出版局)の原画展が、本日8/18より9/5までティールグリーン(大田区千鳥2-30-1)で開催されます。刺繍で描かれるみずうちさとみさんの絵が好きなので、ちらっとお知らせ。ご近所の方はぜひ。☆子どもはいつも先に行く。大人はちょっとだけさみしい。 〜『おしゃべりくらげ』(JULA出版局) | 『僕らの絵本』gamp.ameblo.jp《みんなが、ほねなしってわらうんだもの。》《おまえは、いつのまに、あたりをうかがいながら、自分をきめるようになったんだい?》作中のくらげ母さんの言葉が好きです。***8/19今朝の朝ドラ 「おかえりモネ 」では、過去に災害に遭った土地の人が「子どもたちに未来は明るいと伝えたい」…と、固い決意をもって語るようなシーンが映し出されました。〈かなしいニュースを見るたびに 世界は どしゃぶりのように 感じられ 未来は どこまでも はいいろの雲で いっぱいで――〉それでも〈これから生きていく世界を ひどいと 決めつけないでよ!〉未来は明るいと子どもたちに。◇『あかちゃんがわらうから』(おーなり由子 著 ブロンズ新社)***不安な日々が続きますが、たとえばスーパーのレジの所で、通りかかった広場で…ふと目にする子どもの笑顔は、いつも私を元気づけてくれます。子どもという存在自体が「希望」だなあとしみじみ思います。盆も暮れも正月も、年がら年中絵本のことを呟いているのは、これ(子どもの本)が美しい絵と言葉で"こうあってほしい世界"を提示する「希望のメディア」であり「希望の芸術」だから。扉を開けば心わき立つ物語の世界にも水のような静けさをたたえる時間にも明るい未来にも連れ出してくれる「絵本」。手元にお気に入りの絵本が一冊あるというのは、なかなかいいものですよ🍀絵本コーディネーター東條知美

  • 18Aug
    • 【掲載】コクリコ「ダメだとわかっているけど…「わが子とほかの子を比べてしまうとき」におすすめの絵

      今回もお題をいただいてお答えしました。SNSの広がりと「ネガティブな感情」。日本中、世界中のキラキラ家族が目に入るようになって、自分たちとの違いをイヤでも感じる時代になりました。まず、私たちが強く意識しなければならないのは、SNSの中のすべてが事実ではないという点。これについては、パパもママも頭に置いておかなくてはなりません。子どもは大事なたったひとつの存在。ならば、親は丸ごとそれを受け入れ、寄り添うだけでいい。そう思わせてくれる3冊をご紹介しました。親についても同じことが言えます。今回ご紹介の絵本は、3冊とも「レジリエンス(折れない心)」を育む絵本といってよいと思います。 ダメだとわかっているけど…「わが子とほかの子を比べてしまうとき」におすすめの絵本絵本コーディネーター・東條知美さんが子育て中のパパママのために絵本を選書。今回は「わが子とほかの子を比べてしまうとき」におすすめの3冊として、『ぼくだけのこと』『ぞうのエルマー』『あなたのすてきなところはね』を紹介。 via絵本コーディネーター東條知美 Your own website, Ameba Ownd

  • 11Aug
    • 大いなるイメージの力 〜『ぼくは川のように話す』(偕成社)の画像

      大いなるイメージの力 〜『ぼくは川のように話す』(偕成社)

      泣いてしまいそうなときは、このことばを思いだそう。―― ぼくは川のように話す。***吃音を、口の中に木の根が張り巡らされたように感じていた少年が、自身の話し方を「川のイメージ」に重ねることで、大きな一歩を踏み出します。美しく、力強い、骨太な翻訳絵本。☆『ぼくは川のように話す』(ジョーダン・スコット 文/シドニー・スミス 絵/原田勝 訳 偕成社)(タイトル文字は荒井良二)ぼくは川のように話す | 偕成社 | 児童書出版社「朝、目をさますといつも、ぼくのまわりはことばの音だらけ。そして、ぼくには、うまくいえない音がある」 苦手な音をどもってしまうぼくは、クラスの朝の発表でもまったくしゃべることができなかった。放課後にむかえにきたお父さんは、そんなぼくを静かな川べりにつれていって、ある忘れられない言葉をかけてくれた。 吃音をもつカナダの詩人、ジョーダン・スコットの実体験をもと…www.kaiseisha.co.jp作者はあとがきに記します。〈 ぼくの吃音はぼくだけのものですが、同時に、うまく回らない口で毎日を生きている、たくさんの人たちのものでもあります。 〉…「内側に張り巡らされた(松の木の)根」のイメージと、「自然の中でぶつかり、砕け、波打ちながら、やがて穏やかに流れていく川」のイメージが対比的に描き出されます。吃音を持つ人に限らず、うまく話せない、口ごもる、黙り込む……言葉が出しづらい状況にあるすべての人に、勇気をあたえてくれる作品ではないでしょうか。必要な人に、必要な時に、そばに置いてほしい。川だってどもってる。ぼくとおなじように。…原田勝の名訳が心を揺さぶります。川のように話そう。私も。絵本コーディネーター東條知美

  • 10Aug
    • 8/1〜8/10のつぶやき絵本の画像

      8/1〜8/10のつぶやき絵本

      8/4〈こわかった , さびしかった , とても かなしかった 〉…でもスイミーはひとりぼっちになって初めて、海の様々な美しさに出会います。この時間はスイミーに力を与えたはず。会いたい人になかなか会えない夏に。☆『スイミー』(レオ・レオニ作/谷川俊太郎訳 好学社)〈一番多くページが割かれているのは(中略)その世界の美しさを味わう場面なのです。これは自分が生きている世界の美しさ、すばらしさを知ることの大切さを伝えています。〉〈そして、最も大切なことは、主人公が自らの意志で行動する異質な存在だということ〉〈「スイミーのように、子どものための絵本の作者はほかの人のために『見る』責任があります。作者は美しさと意味を明らかにする使命を持っています。」(レオ・レオーニの言葉)〉―「だれも知らないレオ・レオーニ」(森泉文美、松岡希代子 著/玄光社)よりレオ・レオーニ関連ではこちらも。(時代の栞)「あおくんときいろちゃん」 1959年刊、レオ・レオーニ 絵本の名手のデビュー作:朝日新聞デジタル ■色遊びに込めた、多文化の融和 絵本コーディネーターの東條知美さん(48)が『あおくんときいろちゃん』を手に語った。「若い頃、小さな子の色遊びの本ととらえていました」。昨年末に静岡県三島市の「えほん…digital.asahi.com朝日新聞夕刊特集「時代の栞」以前出講したオンライン講座に取材が入りました。(有料記事)***8/7こねこは言います。〈海が とてつもなくおおきいように この島は とてつもなくちいさい〉〈島は、どう 世界とつながってるんだ?〉「それを知る」相手を信じて学ぶねこ。素晴らしい。☆『ちいさな島』(ゴールデン・マクドナルド作/レナード・ワイスガード絵/谷川俊太郎訳 童話館出版)いつも私の胸にある島。☆読者への信頼を感じる絵本 ~『ちいさな島』(童話館出版)~ | 『僕らの絵本』gamp.ameblo.jp【文】マーガレット・ワイズ・ブラウン(ゴールデン・マクドナルドはペンネーム)×【絵】レナード・ワイスガードの作品は他にもたくさんあるのですが、絶版のものも多く残念。ぜひとも復刊してほしいものです。***8/7献本拝受。「子どものために美味しいパンを焼くきれいな女性」と「子どもを恐怖に陥れる悪い魔女」。二つの面を内に抱える当事者と近親者へのケアを、同時に優しく示唆する物語です。様々な心の病気を抱える者だけでなく、子育て中に多くの親が思い悩む……「いつも優しいママでいたいのに」といった葛藤に触れてくる作品でもあります。「見捨てないでほしい」亡き作者の声にならない叫びがかすかに聞こえてくるようでした。☆『マートくんのレストラン』(たざわたえこ 作/ひすいしょう 絵 銀の鈴社)【児童書】『マートくんのレストラン』たざわたえこ作、ひすいしょう絵 物語と子への愛を残し - 産経ニュースwww.sankei.com***8/8星めぐりの歌 (宮沢賢治)あかいめだまのさそりひろげた鷲のつばさあをいめだまの小いぬ、ひかりのへびのとぐろ。オリオンは高くうたひつゆとしもとをおとす、アンドロメダのくもはさかなのくちのかたち。大ぐまのあしをきたに五つのばしたところ。小熊のひたいのうへはそらのめぐりのめあて。◇『双子の星』(宮沢賢治 作/遠山繁年 絵 偕成社)***「月夜でないよ。銀河だから光るんだよ。」ジョバンニはいいながら、まるではね上りたいくらい愉快になって、足をこつこつ鳴らし、窓から顔を出して、高く高く星めぐりの口笛を拭きながら一生けん命延びあがって、その天の川の……◇『銀河鉄道の夜』(宮沢賢治作/清川あさみ絵 リトルモア)より***8/10私の住む街では気温が39度まで上がる予報が出ております。皆さまの安全をお祈りします。(お出かけの方は特に)こんな日は、目に涼やかな「青」の絵本を。遥か遠くの雪山に、睡蓮の池に……静かな時が流れます。◇『あおのじかん』(イザベラ・シムレール 文、絵/石津ちひろ 訳 岩波書店)贈りたい絵本7月の絵本棚 〜あの人に贈りたい絵本〜 | 『僕らの絵本』gamp.ameblo.jp***(雑記)天野慶さん(歌人/絵本作家)がゲームデザインした、短歌で遊ぶカードゲーム『57577』 (幻冬舎)。どこにも出かけられない夏だけど、楽しかった😊偶然や運だけじゃなくて、プレイヤーの好みや意外な内面が浮き彫りになるから面白い✨(3人家族でプレイ。得票数の多かった短歌を披露します)※左から読んで。遅刻しといてペリーの態度!何があった…!?どえらいナルシスト!絵本コーディネーター東條知美