ブルーミン'S LIFE 京都で韓国を探せ!

ブルーミン'S LIFE 京都で韓国を探せ!

韓国旅行に行けない今、
京都で韓国っぽいものを探していきます♪
+日常と趣味のブログ
http://ameblo.jp/bloominglife3/


   



京都にある旅行会社のWeb担当をしています。
韓国デザイン雑貨オンラインショップ

ブルーミングライフクローバーのブルーミンです

コロナ禍から旅行会社は仕事がなく大変な状況になり
個人的にも韓国旅行に行けなくなってしまいました。

最近、京都で「韓国っぽい」カフェやポチャ(屋台)などが
増えてきて韓国不足を補ってます♪
インスタでは時々写真をアップしてたのですが、
アメブロもまた少しずつアップしてみようかなと思い、
またもやブログタイトルを変えてしまいました!←何度目!?

「ブルーミン's LIFE 京都で韓国を探せ!」

またまた大胆な・・・

でもちょっとしたことが日常の張り合いになるんですよね!
楽しいこと共有していけたらいいなと思ってます。よろしくお願いします!


 

お久しぶりのブログがCovid19ネタなのですが、

子供が新型コロナウィルス陽性となり、解除されるまで

濃厚接触者である私がどんなことをしていたか

書いてみようと思います。

 

久しぶりにブログを書こうと思ったのは、

今朝のニュースで、感染した人が、家族にうつさないために

車の中で隔離療養生活を送ったというのを見たからです。

 

誰もが「家族に感染させたくない」「感染したくない」と

思っていると思いますので、家族が濃厚接触者となったけど

罹患しなかった私の行動が少しでも参考になれば嬉しいです。

 

 

家族ひとりにひとつ、部屋を用意する

 

これができるかできないかで状況は変わるように思います。

それぞれの部屋を各人のセーフティーゾーンとして、

マスクを外して過ごしていい空間とします。

 

基本的には食事やリモートワークを含め、各人の部屋で過ごします。

連絡がある場合はそれぞれ部屋からLINE電話で話します。

 

リビングや台所、トイレ(2か所ある場合は感染者と使い分け)

お風呂、洗面所は共用部分として、不織布マスクとメガネ

(私の場合は老眼鏡あせる)を着用します。

 

共有スペースはできるかぎり窓を開けて換気します。

それぞれの部屋では時々換気を心がけながら、電気代を気にしないで

無理せずに冷房を使っていました。

 

洗濯物は別々にわけて洗濯をしていましたが、

布団カバーなどの洗濯は、感染リスクが高いと思ったので

隔離解除まで洗濯しませんでした。

 

 

感染者はトイレとお風呂以外は部屋の外に出ない

 

感染者はトイレとお風呂以外は部屋から出ないようにしてもらいます。

部屋から出るときは、手すりや電気のスイッチ以外はできるだけ

触らないようにしてもらいます。

家族はそれぞれ自分がトイレに入る前にアルコール消毒をしながら入ります。

お風呂は、感染者にはお昼に入ってもらい、使った後はお湯を抜き、

窓を開けておいてもらいます。家族は夜に入り時間差を作ります。

食事はすべてトレーに入れて、決まった人が感染者の部屋に運びます。

朝と夜に検温をしますが、部屋の入口のところに来てもらって

非接触型体温計で体温を測ります。

 

 

 

食事は簡単に作れるものにする

 

共有スペースである台所に長時間いなくてもいいように、

食事は簡単に作れるものやお惣菜などを利用しました。

我が家では、うどんとおだしがとっても重宝しましたよ~

 

 

熱がなくなってからは、お寿司とか、アイス、野菜ジュース、プリン

ヨーグルトなど、あっさりして食べたいものを食べてもらってました。

ほぼ元気になったら、大好きなラーメンばっかり食べてましたビックリマーク

 

栄養のことを考えてしまうかもしれませんが、

発症から10日間の隔離なので、陽性と分かってからは1週間程度。

割り切りも必要かなと思います。

 

 

濃厚接触者は免疫力が上がる行動をする

 

家族が感染すると気持ちが落ち込むと思いますが、免疫力が下がると

ただの風邪にさえ罹ってしまいます。

とにかく、自分の免疫力が上がる行動を心がけました。

 

まず、いつも風邪をひきかけたときに飲んでいる「葛根湯液」を

毎晩寝る前に飲みました。苦いけど、効いてる感じの味がします(笑)

メーカーによって少しずつ味が違うんですが、クラシエさんのは

比較的飲みやすいと思う。

 

 

 

 

 

 

食事では、ビタミン不足にならないように毎日トマトを食べてました。

韓国ドラマを見たり、漫画を読んだりして、

楽しく過ごせることを考えるようにしていました。

 

今、やらなければならないこと以外はできるだけ後回しに。

食事、洗濯、換気、除菌と最低限やらなければならないことができたらOK!

 

 

My HER-SYSって何?

 

急に感染者が増えたことで、保健所がかなり逼迫しています。

子供は先週の初めに発症し、連休も重なって

陽性と判明したのが先週半ばでした。

なかなか保健所から連絡が来ないので、ホームページや

SNSでいろいろ調べまくったのですが、最終的には

保健所で聞かないと判断できないことがいくつかありました。

 

本来の流れだと、陽性と判明したら保健所から電話またはSMSが届き、

生活支援物資やパルスオキシメーター(貸出)の依頼や

宿泊療養施設への入所希望ができるようになっています。

それとは別に、My HER-SYSというシステムがあり、

こちらもIDを入れて登録し、日々の体調等について

連絡することができるようになっています。

 

つまり、電話かSMSが届かないと、何もできないんです。

 

京都市にはフォローアップセンターがあるのですが、

こちらに何度かお電話しましたが、結局はSMSか

聞き取りの電話が来ないと何もできないという結論でした。

 

きっと私と同じように、電話をかけてガックリしてる方が

たくさんいらっしゃるに違いない・・・

 

皆さん毎日たくさん電話がかかってくるのに

ずっと同じような案内をされているのかもしれません。

ホームページにこの状況を書いてくれてたら

電話しなかったんですけどね。

 

結局、解除日の前々日に保健所からお電話があり、

解除日の前日にフォローアップセンターにお電話をして

My HER-SYSのIDを教えてもらいました。

 

 

なぜそこまで「My HER-SYS」にこだわるのかというと、

これがないと「新型コロナウィルス感染症」に罹患した

証明が出ないからです。

 

保健所に紙媒体で証明書を請求することはできるのですが、

2~3か月以上はかかるそうです。

 

新型コロナウィルス感染症は傷害保険で見舞金対象になるので

(契約によりますが)保険会社に提出する書類は、

療養解除日後にMy HER-SYSに表示される証明をスクショして

プリントすることになります。

 

久しぶりのブログなのに、長くなってしまいました。

私の体験がどなたかの参考になれば嬉しいです。

 

この状況もいずれピークアウトするはず。

冷静に、日々頑張りましょう!